本サイトではASP広告を利用しています

ホットクックは1人暮らしでいらない?サイズや作り置きを解説

ガジェット
この記事がオススメな人
  • ホットクックは1人暮らしでいらない?
  • 1人暮らしはホットクックのどのサイズがオススメ?
  • ホットクックで作り置きは可能?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に言うと、1人暮らしの場合はホットクックが要らないこともありますが、炊飯器代わりとして持っておくのはオススメです。

ゲオあれこれレンタルで借りることも可能なので、1人暮らしで使うどうか分からない場合は実際に試してみるのも良いでしょう。

[itemlink post_id=”15272″]

スポンサーリンク

ホットクックは1人暮らしでいらない?

「ホットクックは1人暮らしに要らない」という意見も多いですが、私は下記に当てはまる人なら持っておいても損は無いと思います。

  • 自炊を普段からする人
  • 外食する機会を減らして節約したい人
  • 料理が苦手な人
  • シニア世代で1人~2人暮らしの世帯

そこで、上記に当てはまる人たちについて詳しく解説します。

自炊を普段からする人

1人暮らしでもホットクックをオススメしたい人の特徴1つ目は「自炊を普段からする人」です。

「メニューがワンパターンになってしまう」「複数の料理を作るのが面倒に感じる」といった、自炊ならではの悩みを抱えている方は多くいるのではないでしょうか。

また、料理を楽しみたいけど、日々の忙しさに翻弄されて簡単な料理で済ませてしまう方であれば、栄養面を気にすることもあるのではないかと思います。

しかし、ホットクックを利用すれば下記が可能なので、自炊による悩みを解決できます。

  • 日々の献立を自動で提案してくれる
  • 栄養にこだわった料理を気軽に食べられる
ちゃすく
ちゃすく

1人暮らしでも栄養面に気を使うならホットクックがオススメです

外食する機会を減らして節約したい人

1人暮らしの場合でも外食する機会を減らし、節約したい人にはホットクックがオススメです。

と言うのも、忙しい毎日を過ごしていると中々料理に時間を割けられず、ついつい外食やコンビニで済ませてしまう方も多いのではないかと思います。

外食は手軽に食べられる分、自炊よりも出費がかさんでしまいます。

「節約したいけど、外食する機会を減らしにくい」といった、多忙で料理に時間が割けられない方にとってもホットクックは便利な家電です。

使用する食材にかける費用を吟味し、下ごしらえしてしまえば、後はホットクックが仕上げてくれるので自炊への抵抗を減らせます。

自炊による節約をしつつ、料理へのハードルを下げたい方にとってもホットクックはおすすめです。

[itemlink post_id=”15271″]

料理が苦手な人

料理があまり得意ではない1人暮らしの人にもホットクックはオススメです。

と言うのも、材料を用意して調味料や火加減をみながら行う料理は行程が多く、人によって得手不得手がどうしても出てきます。

料理に対して苦手意識を持ってしまうと、なかなか状況を改善することは難しいですが、ホットクックを活用するとそのハードルを下げてくれる働きがあります。

なぜなら、ホットクックは材料・調味料の分量をパネルに表示してくれるので、下記の不安を解決できるからです。

  • どのくらい用意すればいいのか分からない
  • どうやって作ればいいのか分からない

料理が苦手な人でもホットクックを使えば調理を楽しくなるので、1人暮らしで料理に自信がない場合はオススメです。

シニア世代の一人暮らし

働く世代にとってホットクックは強い味方ですが、シニア世代の1人暮らし家庭でも活躍できます。

料理ではどうしても火加減を調整したり、時には力のいる調理を行わなければなりません。

体を思うように動かすことができなかったり、料理をすることが億劫になっていると、だんだん日々の献立を作ることが辛くなってしまいます。

しかし、ホットクックは調理で行う火加減や混ぜる行程などが全てお任せなので、調理につきっきりにならず、美味しいご飯をすぐに食べられます。

また、料理で火を使っている時に起こりがちな消し忘れによる火事トラブルも防止できます。

そのため、一人暮らしで火の扱いが不安な場合もホットクックを利用するとよいでしょう。

[itemlink post_id=”15272″]

ホットクックを一人暮らしでも持つべき5つの理由

ホットクックといえば2人で暮らす世帯や子どもがいる世帯が持つイメージですが、実は一人暮らしの方でも持っておいて損はない家電です。

一人暮らしの方でも持っておくと便利な理由には、以下のようなことが挙げられます。

  • 料理をする時間がなくても美味しいごはんが作れる
  • 外食やコンビニ飯を食べる機会が減り、節約になる
  • 狭いキッチンでも本格的な料理ができる
  • 炊飯器代わりになる
  • 健康に気を使えるようになる

ホットクックの特徴とともに解説していきますので、ぜひ購入時の参考にしてみてください。

時間がなくても料理が作れる

ホットクックは材料・調味料を入れておけば、火加減などを自動で料理してくれる調理家電です。

一食作るのにも大体30分程度かかる時間をホットクックに任せられるので、その時間を他のことへ費やすことができます。

例えば、ホットクックが調理している間に別の料理を作ったり、たまっている家事を済ませることも可能です。

また、一部メニューであれば予約調理できるので、朝に下ごしらえを終わらせ、ボタンを押しておけば帰宅時にできたての料理を楽しめます。

[itemlink post_id=”15271″]

外食する機会が減り節約になる

一人暮らしをしていると、下記のような悩みを感じている方は多いのではないでしょうか。

  • どうしても料理をする手間が面倒に感じる
  • 忙しくてなかなか自炊する時間を設けられない

ついつい外食をしたり、コンビニで済ませ、出費がかさんでしまうなんて事もあるのではないかと思います。

しかし、ホットクックがあれば料理の手間を短縮できるので、気軽に自炊することも可能です。

仮に外食にかかる費用が1日2500円程度だとすると、一週間で17,500円ほどかかってしまいます。

しかし、自炊で使用する食材を厳選したり、作り置きをするようになれば1日1000円以内に収めることも余裕です。

1000円以内におさめれば一週間で7,000円程度の食費となり、一週間で約10,500円程度の節約ができるようになります。

料理が苦手な方や時間がない方でもホットクックを使えば自炊のハードルが下がり、無理なく節約を行えるでしょう。

限られたスペースで料理ができる

一人暮らし向けに作られた間取りでは、キッチンがどうしても省スペースになりがちです。

限られたスペースでの調理は品数が限られてしまったり、作れるメニューもレパートリーがワンパターンになってしまうことがあります。

しかし、一人暮らし用のキッチンでホットクックを利用すれば、限られたスペースでも本格的な料理を楽しめます。

ちゃすく
ちゃすく

ホットクック自体は横幅30cmくらいありますが、炊飯器代わりになるので、省スペースでもOK

[itemlink post_id=”15272″]

炊飯器代わりになる

ホットクックは自動で調理してくれる家電ですが、炊飯器のように使用することも可能です。

例えば、まとめてホットクックで炊飯し、ご飯のストックを何日分かに分けて冷凍することもできます。

炊飯器と調理の2役こなしてくれるので「炊飯器もホットクックも両方置くとスペースが足りなくなる…」という方でも、ホットクックがあれば日々の自炊をカバーしてくれます。

健康に気を使えるようになる

ホットクックはカレーや肉じゃがといった普通のメニューだけでなく、健康やダイエットにも役立つヘルシー料理の提案も行ってくれます。

一人暮らしだと家事や仕事も一手に引き受けなくてはならず、時間に追われて自分の健康管理が怠りやすくなります。

ホットクックを使えば日々の献立から健康やダイエットに特化したメニューも提供してくれるので、手軽に食事管理を行えます。

また、スマホアプリと連携すれば下記が可能なので、自炊のマンネリ化を防ぐこともできるようになります。

  • おすすめの料理を提案してくれる
  • 使いこなし度によって自分にあったメニューを提供してくれる
ちゃすく
ちゃすく

メニューが増えれば自炊も続けやすい

[itemlink post_id=”15271″]

一人暮らし用ホットクックのサイズや目安

ホットクックは現在、1.0Ⅼ・1.6Ⅼ・2.4Ⅼの3サイズが展開されています。

1人暮らしで使うのであれば1.0Ⅼもしくは1.6Ⅼのサイズを購入するとよいでしょう。

では、それぞれにどんな違いがあるのか詳しく解説していきます。

1.0Lサイズは副菜やスープを作るのに便利

ホットクックの1.0サイズは1〜2人家族の小世帯向けに作られたモデルです。

サイズホットクック 1.0L
22.0㎝
高さ24.0㎝
奥行30.5㎝
重さ‎4.59kg

カレーであれば1〜2人前程度の量が作れるので、普段の料理で使用するのにも問題なく利用できます。

メインだけでなく、副菜やスープを作るのにも使えるので、省スペースのキッチンでいくつか料理を作りたいときにも役立つ製品です。

作り置きできるほどの量はありませんが、保温機能があったり、無線LAN接続ができるので、朝セットしておけば夕ご飯にできたてのご飯が食べられます。

[itemlink post_id=”15271″]

1.6Lサイズあると作り置きができる

ホットクックの1.6Ⅼサイズになると、1.0Ⅼサイズよりも一回り大きいモデルになります。

サイズホットクック 1.6L
33.0㎝
高さ24.0㎝
奥行28.2㎝
重さ5.5kg

かきまぜユニットも1本から2本へ増え、より量の多い料理が作れる設計になっています。

おおよそ2人〜4人分の料理が作れますが、1人暮らしだと少し多いです、

そのため、作り置きをする方や今後同棲&結婚をする予定の方は、このモデルを持っておくと使い勝手がよいでしょう。

また、1.6Ⅼモデルは液晶パネル部分が少し大きくなるので、よりメニューが見えるものにしたい場合もおすすめです。

[itemlink post_id=”15272″]

タイトルとURLをコピーしました