本サイトではASP広告を利用しています

メタバースは低スペックでも可能?推奨PCやノートパソコンも解説

ゲーム関係

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • メタバースにオススメのPCは?
  • メタバースに必要なPCスペックは?
  • メタバースは低スペックでも可能?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から言うと、メタバースの多くはゲーミングPCの利用を前提としており、低スペックPCでは重すぎて動かないケースが多いです。

特にVRヘッドセットを使うメタバースでは低スペックPCや一般的なノートPCではスペック不足になりやすいです。

マウスコンピューターのG-TuneシリーズであればノートPCでもメタバースが可能であり、手数料無料で分割払いも可能なのでオススメです。

出典元:マウスコンピューター
スポンサーリンク

メタバースは低スペックやノートPCでも可能?

メタバースには様々なゲームやツールがあるので、一概には言えませんが、低スペックPCやノートPCの場合は下記のようになります。

  • 2Dメタバース:一部の低スペックやノートでも可能
  • 3Dメタバース:ハイスペックなノートなら可能
  • VRメタバース:ゲーミングPCが必要

2Dメタバース

2Dメタバースとは、主にドットなどを用いた2次元上の空間であり、昔のポケモンやドラクエに近い雰囲気のメタバースです。

具体例としてはMetaLifeやテラリアがあり、MetaLifeは主にメタバース上のバーチャルオフィスとして利用されています。

2DメタバースはPCだけでなく、スマホやタブレットにも対応している場合があり、幅広いデバイスでメタバースを利用できます。

ただし、MetaLifeの場合でもメモリは8GB以上が推奨されているので、7年以上前のノートPCなどで起動することは難しいです。

メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。

←ストレージ メモリ→

作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。
複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。

ちゃすく
ちゃすく

メモリが不足すると「PCが重くなる」「ソフトが急に落ちる」などの不具合で発生します

そのため、2Dメタバースの場合でも一般的な業務用ノートPC以上のスペックが欲しいです。

3Dメタバース

3Dメタバースとは空間上に縦・横・奥行きが存在するメタバースであり、代表的なゲームにはMinecraftやFortniteなどがあります。

2Dメタバースよりも現実に近くなりますが、2DよりもPCへ負担がかかるため、低スペックPCや一般的なノートPCでは重くなりやすいです。

実際にMinecraftの推奨スペックを確認すると、家電量販店で売られているノートPCでは推奨スペックを満たせません。

項目必要動作環境推奨スペック
OSWindows 10 / macOS / LinuxWindows 10
CPUIntel Core i3-3210以上
AMD A8 7600 APU 以上
Intel Core i5 4690以上
AMD A10 7800 以上
メモリ4GB RAM8GB RAM
GPUIntel HD Graphics 4000
Geforce GTX 400シリーズ
NVIDIA GeForce GTX 700シリーズ
AMD Radeon RX 200シリーズ
ストレージ4GBの空き容量SSD:4GBの空き容量
ちゃすく
ちゃすく

映像処理に必要なグラフィックボードやミドルレンジ以上のCPUが推奨されてます

メタバースの中でも1番ユーザー数が多いですが、基本的にはゲーミングPCを持っている人向けのコンテンツと考えるべきでしょう。

VRメタバース

VRメタバースとは、VRヘッドセットを利用することで自身がメタバース上へ入ったように感じられるコンテンツです。

有名なVRメタバースにはVR ChatやClusterなどがあり、メタバースの中を一人称の視点で楽しめます。

ただし、3DメタバースよりもPCへ負担がかかるため、低スペックPCでは起動すら怪しい場合があります。

Meta Quest 2であればPCなしでもVR ChatなどのVRメタバースを楽しめるため、低スペックPCしか持っていない場合はオススメです。

メタバースに必要なPCスペックと注意点3選

厳密なメタバースの必要PCスペックはありませんが、一般的には下表以上のPCスペックが推奨されています。

項目メタバースの必要スペック
OSWindows10以降
CPUIntel Core i5 10世代以上、AMD Ryzen 5 3世代以上
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 3060以上
AMD Radeon RX 5600 XT以上
メモリー16GB以上
ストレージSSD:500GB以上

価格帯で言えば15万円以上のゲーミングPCがメタバースに推奨されています。

しかし、ゲームや用途によっても必要なPCスペックが異なるため、詳しい注意点を解説します。

ちゃすく
ちゃすく

PCパーツの基本的な説明は下記を参考にしてください

OSは「オペレーションシステム」の略称であり、パソコン全体を管理するシステムです。
PCへインストールしたソフトのアイコンをクリックするだけで起動するのはOSのおかげです。
OSにはWindows、MacOS、LINUXなど様々な種類がありますが、ソフトやデバイスによって対応OSが異なるので注意してください。
CPUは「セントラルプロセッサーユニット」の略称であり、プログラムの演算・解釈・実行を行う役割です。
人間の脳に似ており、ソフトウェアの処理や動画の再生にも利用されます。
高性能なCPUを搭載すればPCの処理能力が上がり、高負荷な作業も快適に行えます。
PC全体へ影響を与えるパーツなのでPC選びでは重要です。
グラフィックボード(グラボ)は画面の描画を担当するパーツであり、「GPU」と呼ばれる演算用プロセッサが搭載されています。
連続的な演算処理能力に優れており、PCゲームの描画や仮想通貨のマイニング、CADの3Dモデリングなどで重要になるパーツです。
一般的に「ゲーミングPC=グラボ搭載PC」と認識されています。
内蔵GPUはCPU内部へ搭載されたGPU機能であり、映像をPCモニターへ映す役割を持っています。
グラフィックボードと同じ機能ですが、演算処理能力はグラボよりも低く、PCゲームや動画編集などではスペック不足になりやすいです。
ただし、グラボを搭載しなくても良い分、PCの価格が安くなります。
メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。
作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。
複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。
ストレージはデータやソフトウェアなどを保存するパーツであり、本棚へ例えられることが多いです。
ストレージには「SSD」と「HDD」の2種類があります。
SSDは高速なデータ処理が可能であり、物理的な衝撃にも強いです。HDDは安価で大容量ストレージを用意できますが、SSDよりもデータ処理が遅いです。

注意点1:VRヘッドセットの有無で必要スペックは変わる

メタバース系のソフトやゲームではVRヘッドセットの使用も多いですが、VRヘッドセットを使う際は必要なPCスペックも上がります。

VRゴーグル、VRヘッドセット

正直、VRヘッドセットを使わないメタバース系ゲームなら、5万円以内のノートPCでも動くことがあります。

しかし、定価20万円超えのVRデバイス「VIVE Pro Eye」の推奨PCスペックは下表であり、最低でも10万円程度のゲーミングPCは必要です。

コンポーネント推奨されるシステム要件最小システム要件
プロセッサIntel Core i5-4590
AMD FX 8350 の同等品以上
Intel Core i5-4590
AMD FX 8350 の同等品以上
GPUNVIDIA GeForce GTX 1070/Quadro P5000 以上
AMD Radeon Vega 56 以上
NVIDIA GeForce GTX 970 以上
AMD Radeon R9 290 以上
メモリ4 GB RAM 以上4 GB RAM 以上
ビデオ出力DisplayPort 1.2 またはそれ以降DisplayPort 1.2 またはそれ以降
USB ポート1x USB 3.0 またはそれ以降1x USB 3.0 またはそれ以降
OSWindows 10, Windows 11Windows 7 SP1、Windows 8.1 以降、Windows 10

もちろん、メタバース系ソフト自体が重ければ上記以上のPCスペックが必要なので、14万円以上のゲーミングPCが推奨されています。

ちゃすく
ちゃすく

余裕のあるPCスペックがベスト!

マウスコンピューターのゲーミングブランド「GTune」であればメタバース向けモデルが多く、コスパも十分に高いです。

マウスコンピューター:GTune、ゲーミングPC
出典元:マウスコンピューター

しかも、G-TuneならVRヘッドセットを簡単に取り付け・取り外しができるので、ヘッドセットユーザーにはオススメです。

注意点2:大人数メタバースならハイエンドPCも要検討

メタバースはゲームによって参加できる人数が異なっており、例えばVRChatなら同じ空間に10人以上が集まることもあります。

しかし、自身の画面に多くの人や物が描写されるとPCへ大きな負担がかかるため、動作が急激に重くなります。

そのため、大人数系のメタバースをプレイしたい場合はCPUとグラフィックボードでハイエンドモデル以上も検討した方が良いです。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンドローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

具体的にはCPUへCore i7やRyzen7、グラボへRTX4080やRTX3090などを採用したハイエンドPCです。

パソコン工房のLEVEL-R779-LC139KF-XL8XであればIntelのCore i9とRTX4090を採用しており、コスパも高いのでオススメです。

注意点3:映像美を意識するならレイトレーシング必須

メタバース系ソフトでは映像美を楽しむコンテンツが多く、レイトレーシング対応ゲームも多いです。

レイトレーシングとは

レイトレーシングとは、水面やガラスによる光の反射が現実世界へ近くなる設定。
レイトレーシングONの場合は、必要になるPCスペックも高くなる。

※レイトレーシングはGeForce RTXかRadeon RX 6000以降のみ対応

一応、メタバースへカテゴライズされるMinecraftもレイトレーシングへ対応しており、映像の綺麗さが全く異なります。

そのため、メタバースの映像美を楽しみたいのであればレイトレーシングへ対応したグラボが必須です。

特にNVIDIAのGeForce RTXシリーズであればレイトレーシングだけでなく、DLSSにも対応しており、メタバースとも相性が良いです。

DLSSとは?

DLSS (Deep Learning Super Sampling) とは、NVIDIAが提供する画質改善技術の一つ。
人工知能を利用することでグラボの負荷を減らし、フレームレートや解像度を改善できる。

マウスコンピューターのG-TuneであればGeForceRTXシリーズを搭載したモデルがほとんどなのでオススメです。

メタバースにオススメのゲーミングPC5選

ここからはメタバースに必要なスペックを満たしたオススメのゲーミングPCを紹介します。

マウスコンピューター G-Tune P6-A7G50BK-A

メタバースの必要スペックを満たしたゲーミングPC1台目は、マウスコンピューターの「G-Tune P6-A7G50BK-A」です。

出典元:マウスコンピューター

G-Tune P6-A7G50BK-Aの価格は139,800円であり、ミドルクラスのゲーミングPCになります。

項目G-Tune P6-A7G50BK-A
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 7 7735HS
メモリ16GB
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop
ストレージSSD:512GB
特徴
  • FPSやクリエイター向けソフトへオススメのRTX3050搭載
  • リフレッシュレート165Hz対応液晶パネル搭載
  • 8コア16スレッドのRyzen 7によりマルチタスク性能も高い
  • クレカなしでも36回まで分割払い可能&金利0

RTX3050によって2Dメタバースはもちろん、軽量な3Dメタバースも遊べる高コスパノートPCです。

VRの場合はPCスペックが心許ないですが、3Dメタバースは快適に遊べるため、メタバース初心者にオススメのモデルです。

マウスコンピューター G-Tune P6-I7G60BK-A

メタバースをプレイできるゲーミングPC2台目は、マウスコンピューターのノートPC「G-Tune P6-I7G60BK-A」です。

出典元:マウスコンピューター

G-Tune P6-I7G60BK-Aの価格は229,800円であり、ミドルクラスのゲーミングノートPCになります。

項目G-Tune P6-I7G60BK-A
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-13700H
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

RTX4060 LaptopはRTX3050 Laptopの1.6倍以上もグラフィックス性能があり、ノートPCでもFortniteやMinecraftを楽しめるスペックです。

軽量なワールドであればVR Chatもプレイできるスペックがあるため、ノートPCでメタバースを楽しみたい人にはオススメです。

マウスコンピューター G-Tune DG-A5G60

メタバースにオススメのゲーミングPC3台目は、マウスコンピューターのG-Tune DG-A5G60です。

出典元:マウスコンピューター

G-Tune DG-A5G60の価格は169,800円であり、具体的なPCスペックは下表になります。

項目G-Tune DG-A5G60
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen5 4500
グラフィックスGeForce RTX 3060
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB
付属デバイスゲーミングマウス、ゲーミングキーボード、ゲーミングモニター、
ゲーミングヘッドセット、ゲーミングマウスパッド、ゲームパッド

ミドルレンジのCPUとメタバースへ相性の良いRTX3060を採用しており、レイトレーシングとDLSSも使える高コスパPCです。

ちゃすく
ちゃすく

PCだけでなく、Logicoolやiiyamaのゲーミングデバイスが付属する超お得セット!

低価格帯ゲーミングPCですが、構成に無駄がない上、各種ゲーミングデバイスも付属するのでPCゲームや動画編集でも使える万能なPCです。

マウスコンピューター G-Tune DG-I7G70

メタバースにオススメのゲーミングPC4つ目は、マウスコンピューターの「G-Tune DG-I7G70」です。

出典元:マウスコンピューター

G-Tune DG-I7G70の価格は259,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

モデル名G-Tune DG-I7G70
OSWindows11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7 13700F
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4070
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB

グラボがRTX4070なので、ほぼ全てのVRヘッドセットへ対応できるグラフィックス性能になっています。

ちゃすく
ちゃすく

人気ゲーム「Fortnite」なら4K画質でも100fpsを超えます!

CPUとメモリも十分に高い性能なので、Vtuberの様にモデルを動かすゲーム配信も可能です。

マウスコンピューター G-Tune FZ-I9G80

メタバースのPCスペックを満たしたゲーミングPC5つ目は、マウスコンピューターのデスクトップPC「G-Tune FZ-I9G80」です。

マウスコンピューター:ゲーミングPC

G-Tune FZ-I9G80の価格は529,800円であり、具体的なPCスペックは下表になります。

項目G-Tune FZ-I9G80
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i9 13900KF
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4080
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB

RTXシリーズで最高モデルのRTX4080、超ハイエンドのCore i9を搭載しており、メタバースを4K画質で楽しみたい人へオススメのスペックです。

メモリが32GB、SSDも1TBあるので、メタバース分野でのゲーム実況やライブ配信を考えている場合も候補に入るPCです。

タイトルとURLをコピーしました