本サイトではASP広告を利用しています

原神はノートパソコンだと壊れる!?グラボなしやオススメPCを解説

パソコン
この記事がオススメな人
  • ノートPCで原神はできる?
  • 原神をノートパソコンでやると壊れる?
  • 原神にオススメのノートパソコンは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から書くと、原神をグラフィックボードなしのノートPCでプレイするとノートパソコンが壊れる可能性が十分にあります。

グラフィックボード(グラボ)は画面の描画を担当するパーツであり、「GPU」と呼ばれる演算用プロセッサが搭載されています。
連続的な演算処理能力に優れており、PCゲームの描画や仮想通貨のマイニング、CADの3Dモデリングなどで重要になるパーツです。
一般的に「ゲーミングPCやクリエイターPC=グラボ搭載PC」と認識されています。

原神は「NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB」以上のグラボを推奨しており、グラボなしノートPCでは推奨グラボ以上のグラフィックス性能がありません。

推奨スペックを満たしていないノートPCで原神をプレイするとノートパソコンに負荷がかかりすぎるため、パソコンの寿命を急速に縮め、いずれは壊れてしまいます。

そのため、原神をノートパソコンでプレイしたい場合は下記どちらかの対処法がオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

本記事では上記の詳しい対処法を解説していきます

スポンサーリンク

原神はグラボなしのノートPCでプレイできる?壊れる?

冒頭でも書いた通り、原神をグラボなしノートパソコンでプレイするとパソコン本体が壊れてしまうリスクがあります。

PCスペックも大事:ちゃすろぐ

原神の最低動作スペックと推奨スペックは下表のようになっており、最低動作スペックの段階でグラフィックボードが必要になっています。

項目必要動作PCスペック推奨PCスペック
OSWindows 7 SP1 64-bit、Windows 8.1 64-bit、
Windows 10 64-bit 以上
Windows 7 SP1 64-bit、Windows 8.1 64-bit、
Windows 10 64-bit 以上
CPUIntel Core i5(第4世代以上) Intel Core i7(第4世代以上)
グラフィックスNVIDIA GeForce GT 1030以上NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB以上
メモリ8G16GB
ストレージ30GB以上30GB以上

「NVIDIA GeForce GT 1030」であれば2018年に発売されたエントリー向け、「NVIDIA GeForce GTX 1060」は2016年に発売されたミドルクラス向けグラボなので、最新のノートPCであってもグラボなしではプレイできないでしょう。

ちゃすく
ちゃすく

グラボなしノートPCでも原神は起動しますが、プレイ中に壊れるリスクがあります

グラボなしノートPCでは原神をプレイできない原因は「ノートパソコンで原神が重い・壊れる原因4選と解決法」で詳しく解説していくので、原神用のPCを選んでいる場合は参考にしてください。

原神にオススメの高コスパノートパソコン5選

原神にオススメしたい高コスパノートパソコンは下記なので、詳しい内容や特徴を解説していきます。

マウスコンピューター G-Tune P6-I7G50BK-A

原神を快適にプレイできるオススメのゲーミングノートPC1台目は、マウスコンピューターの「G-Tune P6-I7G50BK-A」です。

G-Tune P6-I7G50BK-Aの価格は114,800円であり、具体的なPCスペックは下表になります。

項目G-Tune P6-I7G50BK-A
OSWindows 11 Home 64ビット
CPU Intel Core i7 12650H
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4050
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB
特徴
  • 15.6インチの大きめディスプレイ
  • 10コア16スレッドのCPUなので、マルチタスク性能が高い
  • YouTubeや攻略情報を見ながらプレイ可能
  • RTX4050によって原神や他のPCゲームもプレイ可能
  • 16GBのメモリでゲームが重くなりにくい
  • 500GBの大容量ストレージのおかげで原神のアプデが怖くない

マウスコンピューター NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

原神を快適にプレイできるオススメのゲーミングノートPC2台目は、マウスコンピューターの「NEXTGEAR J6-A5G60GN-A」です。

NEXTGEAR J6-A5G60GN-Aの価格は139,800円であり、エントリークラスのゲーミングノートPCです。

項目NEXTGEAR J6-A5G60GN-A
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 5 7535HS
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB

AMDのミドルレンジCPUとNVIDIAのノートPC向けグラボを採用しており、PC版原神を高グラフィック設定でプレイできるノートパソコンです。

特徴
  • FPSやクリエイター向けソフトへオススメのRTX4060搭載
  • リフレッシュレート165Hz対応液晶パネル搭載
  • 6コア12スレッドのRyzen 5によりマルチタスク性能も高い
  • クレカなしでも36回まで分割払い可能&金利0
ちゃすく
ちゃすく

CPU性能は少し控えめですが、グラフィックス性能が高いのでゲームプレイであれば全く問題なし!

ディスプレイが165Hzまで対応できるため、原神だけでなく、他のPCゲームを高フレームレートでプレイしたい場合にもオススメのモデルです。

マウスコンピューター G-Tune E4-I7G60DB-B

原神を快適にプレイできるオススメのゲーミングノートPC3台目は、マウスコンピューターの「G-Tune E4-I7G60DB-B」です。

出典元:マウスコンピューター

G-Tune E4-I7G60DB-Bの価格は179,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目G-Tune E4-I7G60DB-B
OSWindows 11 Home
CPUIntel Core i7-12700H
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB

IntelのハイエンドCPUとNVIDIAのノートPC向けグラボを採用しており、PC版原神のゲーム配信も可能なスペックです。

ちゃすく
ちゃすく

高いグラフィックス性能を持つRTX4060のおかげでゲーム配信ができるスペックなのに、20万円以内で買えるのは高コスパ!

しかも、ディスプレイが165Hzまで対応できるので、他のPCゲームを144fpsで遊びたい場合にもオススメです。

マウスコンピューター G-Tune E6-A7G70BK-A

原神にオススメのノートPC4台目は、マウスコンピューターのノートPC「G-Tune E6-A7G70BK-A」です。

G-Tune E6-A7G70BK-Aの価格は279,800円であり、具体的なPCスペックは下記の通りです。

項目G-Tune E6-A7G70BK-A
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 7 7840HS
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB
特徴
  • AMDのハイエンドCPUによって高性能なマルチタスク性能を実現
  • 32GBのメモリがあるため、PC版原神をプレイしながら動画配信も可能
  • RTX4070の高グラフィックス性能によって4Kでのプレイも可能
  • 原神で遊ぶだけでなく、人気FPSやVtuberの3Dモデリングができる
  • 1TBの大容量ストレージのおかげで原神のアプデが怖くない

パソコン工房 LEVEL-17WG181-i7-VLSX

原神にオススメの安いノートパソコン5台目は、パソコン工房の「LEVEL-17WG181-i7-VLSX」です。

出典元:パソコン工房

LEVEL-17WG181-i7-VLSXの価格は406,800円であり、ハイエンドモデルのゲーミングノートPCになります。

モデル名LEVEL-17WG181-i7-VLSX
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7 13700HX
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4080 laptop
メモリ32GB (16GB×2)
ストレージ500GB(M.2 SSD)

ノートパソコン向けグラフィックボードとして最高クラスのGeForce RTX 4080を採用しており、原神だけでなく、ゲーム開発やモデリングにも使える高スペックPCです。

特徴
  • Intelの13世代ハイエンドCPUで処理性能が高い
  • 32GBの大容量メモリを搭載
    →PC版原神をプレイしながら動画配信も可能
  • RTX4080の高グラフィックス性能で4Kでのプレイも可能
  • クレカなしでも36回まで分割払い可能&金利0
  • 17.3インチの大画面ディスプレイ

パソコン工房であればPayPayの大還元キャンペーンやセールがあるため、定価よりも安く購入できる可能性があります。

スポンサーリンク

ノートパソコンで原神が重い・壊れる原因4選と解決法

ノートパソコンで原神が重くなる原因には下記があり、最悪の場合はPCが壊れる原因にもなります。

ちゃすく
ちゃすく

上記原因の詳細と解決法をゲーミングPC使用歴7年超えのちゃすくが解説します

壊れる1:ノートPCの冷却性能が足りていない

ノートPCの冷却性能が低いと、原神をプレイしている時にノートPCの内部が熱くなり、CPUやグラフィックボードの処理性能が落ちてしまいます。

ちゃすく
ちゃすく

あまりにも熱が溜まると、PCパーツが壊れる原因にもなります

特にゲーミングノートPCはデスクトップPCよりも冷却性能が低いので、原神が重たい時は下記のような解説法が必要です。

解決法詳細
処理が重くなったらPCを休ませるノートPCが熱くなったら、原神を終了してからスリープモードへ変更する。
熱くなる度にスリープモードが必要だが、壊れるよりはマシ。
外部冷却ツールを使用する冷却パッドや外付けファンを利用し、ノートPCを冷却する。
冷却パッドは少ない消費電力でノートPCの温度を下げられるのでオススメ。
デスクトップPCへ変更するデスクトップPCはPC内部の空間が大きく、冷却ファンも複数搭載している。
高い冷却性能によって、CPUやグラボの性能が落ちにくい。

まずはノートPC用の冷却パッドを導入し、それでも冷却性能が足りない場合はデスクトップPCへの乗り換えがオススメです。

壊れる2:ノートPCのメモリ不足

原神はあまり重くないゲームですが、メモリの使用量は大きいのでメモリ不足へ陥りやすいです。

実際、原神の推奨PCスペックでもメモリは16GB以上が推奨されており、8GB以下では動作が重くなりやすいです。

項目推奨PCスペック
OSWindows 7 SP1 64-bit、Windows 8.1 64-bit、
Windows 10 64-bit 以上
CPU Intel Core i7(第4世代以上)
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB以上
メモリ16GB
ストレージ30GB以上

しかも、ノートPCなら常に動作しているソフトが多いので、原神をプレイする場合は最低でも16GB以上が必須です。

ちゃすく
ちゃすく

一般的な家電量販店に売ってるノートパソコンだとメモリが8GBしかないモデルもあるので、そういうモデルだとノートパソコンが壊れるリスクがあります…

マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」であれば16GB以上のメモリを搭載しており、コスパも高いです。

出典元:マウスコンピューター

何かトラブルが起きた場合でも各都道府県の実店舗で相談できるので、初めてゲーミングPCを買う人にはオススメです。

壊れる3:グラフィックスの設定が高い

PC版原神の推奨スペックではGTX 1060以上のグラフィックボード(グラボ)が必要であり、このスペックを満たしていない場合はグラフィックス性能を下げなければいけません。

項目必要動作PCスペック推奨PCスペック
OSWindows 7 SP1 64-bit、Windows 8.1 64-bit、
Windows 10 64-bit 以上
Windows 7 SP1 64-bit、Windows 8.1 64-bit、
Windows 10 64-bit 以上
CPUIntel Core i5(第4世代以上) Intel Core i7(第4世代以上)
グラフィックスNVIDIA GeForce GT 1030以上NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB以上
メモリ8G16GB
ストレージ30GB以上30GB以上

一般的な家電量販店で販売されているノートパソコンは上表のようなグラフィックボードを搭載していないので、原神の高グラフィックスを処理できません。

ちゃすく
ちゃすく

無理なグラフィックス設定だと、壊れる原因になります

上表の推奨スペックを満たしていた場合でもPCのバックエンド処理によって性能が足りないこともあるので、下記のような対策が必要です。

  • グラフィックの設定を下げる
  • グラボ等のPCパーツを強化する

「ノートPCが重たいけど、設定関連がよくわからない」という時は、「低」または「最低」への変更がオススメです。

ただし、低以下設定の場合はフレームレートが30に自動で変更されるので、60を維持したい時は気をつけてください。

もし原神の画質やフレームレートを下げずにプレイしたい場合は「原神にオススメの高コスパノートパソコン5選」を参考にしてください。

ちゃすく
ちゃすく

GeForceNOWを使えばグラボなしノートPCでも原神をプレイできるので、そちらもオススメ!(詳細はこちら

壊れる4:ノートPCのスペックが足りていない

原神の推奨スペックは下表ですが、推奨PCスペックを満たした場合でも必ず快適に動作するわけではありません。

項目必要動作PCスペック推奨PCスペック
OSWindows 7 SP1 64-bit、Windows 8.1 64-bit、
Windows 10 64-bit 以上
Windows 7 SP1 64-bit、Windows 8.1 64-bit、
Windows 10 64-bit 以上
CPUIntel Core i5(第4世代以上) Intel Core i7(第4世代以上)
グラフィックスNVIDIA GeForce GT 1030以上NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB以上
メモリ8G16GB
ストレージ30GB以上30GB以上

実際、推奨スペックを満たしたPCでも「エフェクトが多い」「多数のキャラが動いている」などによってPCが重くなることはあります。

ちゃすく
ちゃすく

推奨スペックを満たしていればノートパソコンが壊れることはないけど、快適にプレイできない可能性があります

もし原神に合わせてノートPCのスペックを上げたい場合は「原神にオススメの高コスパノートパソコン5選」、クラウドゲーミングを利用する場合は「GeForceNOWならグラボなしノートPCで原神を遊べる」を参考にしてください。

GeForceNOWならグラボなしノートPCで原神を遊べる

グラボなしノートPCで原神をプレイすると壊れるかもしれませんが、実はauスマートパスプレミアムで提供さrているクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」を使えばノートPCでも快適にプレイできます。

GeForce NOW(ジーフォースナウ)とは、クラウドゲーミングサービスのことであり、低スペックPCやスマホでも高負荷のゲームを楽しめます。

なぜなら、クラウドゲーミングではゲームの処理をGeForce NOWのサーバー側が負担しており、私たちのスマホやPCには負担が無いからです。

クラウドゲーミングサービス

私たち利用者はまるで「高スペックゲーミングPCを遠隔操作している状態」なので、普段は遊べない重いゲームも快適にプレイできます。

ちゃすく
ちゃすく

ノートPCでも原神を楽しめる!

au版のGeForce Nowはauユーザー以外でも使えるので、ドコモやSoftBankユーザーでもGeForce Nowでゲームを楽しめます。

auスマートパスプレミアムとは、月額548円で利用できる映像・音楽・書籍・ゲームの総合サービスです。

auユーザー以外でも利用でき、具体的なサービスには下記などがあります。

  • テレビ朝日の動画配信サービス「TELASA」
  • 音楽や電子書籍が聴き読み放題
  • ライブや映画館の割引チケット配布
  • GeForceNOWの無料利用
  • auPAYマーケットのクーポンや還元率UP
  • ローソンやミスドの割引キャンペーン

個人的には映画の割引特典がメリットとして大きく、毎月1回以上の映画閲覧で月額料金よりもお得になります。

出典元:auスマートパスプレミアム

GeForceNOW以外のメリットも大きいため、グラボでなしPCや低スペックPCでPCゲームをしたい時にオススメです。

auユーザー以外も加入可能!
今なら4000円分のお買い物クーポンも貰える!

実際に私もGeForceNOWを使っており、グラボなしノートPCやタブレットでも高画質&高フレームレートでゲームをプレイしています。

auスマートパスプレミアム(月額548円)に加入すればGeForceNOWを無料で利用できるため、グラボを搭載していないノートPCでも原神をプレイできるようになります。

詳しい始め方や特徴は下の「GeForceNOWで原神はできない?無料方法と手順を解説」にまとめてあるので、ノートパソコンで原神をプレイしたい場合はオススメです。

タイトルとURLをコピーしました