本サイトではASP広告を利用しています

ビックカメラのローン審査は厳しい?審査落ちの実例やカメラレンタルも解説

ガジェット
この記事がオススメな人
  • ビックカメラでローンを組みたい
  • ローン審査が厳しい
  • 高性能なカメラが欲しい!

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から書くと、ビックカメラのローン審査は厳しくありませんが、収入が不安定な方や高額な商品の購入を検討している方は審査に落ちやすくなります。

もしどうしても高額なカメラや機器を使いたい場合は「APEXレンタル」や「GOOPASS」で借りてみるのもオススメです。

スポンサーリンク

ビックカメラのローン審査は厳しい?

結論から言うと、普通に働いていればビックカメラのローン審査で厳しいと感じることはないでしょう。

実際に私もビックカメラのローン審査を通過していますし、Twitter上でもローン審査に合格している人たちがいます。

しかし、ビックカメラのローン審査に落ちた人たちがいることも事実なので、詳しい内容を解説します。

ビックカメラのローン審査に落ちた人は?

実際に、X(Twitter)で「ビックカメラ ローン 落ちた」で検索してみると、「落ちた」と投稿している人が一定数存在します。

ちゃすく
ちゃすく

高額な商品を購入する場合はローン審査に落ちやすいようです

ビックカメラのローン審査へ落ちた人たちの特徴を紹介していきます。

ビックカメラのローン審査で落ちやすい人の特徴4選

ビックカメラのローン審査で落ちやすい人には下記の特徴があるため、詳しい内容を解説します。

特徴1:「返済能力が低い」と判断された人

ビックカメラのローン審査を受ける場合、重視されるのは「返済能力」です。

返済能力が低いと判断された場合、審査は厳しくなるでしょう。

例えば、「雇用形態が安定していないため、途中で返済できなくなる可能性がある」と判断されると、審査に通らない可能性が高まります。

そのため、ビックカメラのローン審査を受ける前には、「返済が可能かどうか」を十分に考えてください。

特徴2:ビックカメラでトラブルを起こした

ビックカメラでローン関連のトラブルを過去に起こしたとします。

例えば、「ビデオカメラをローンで購入したが返済が滞った」といったケースです。

このようなトラブルがある場合、以降のローン審査は厳しくなります。

「トラブルを起こした人は信用できない」と判断されることが一般的です。

そのため、過去にローン関連のトラブルがある場合は、「現在の返済能力が高いこと」を強調し、信頼を得る必要があります。

特徴3:信用情報に傷がある人

過去に金銭トラブルを起こした経験があると、信用情報に傷があると見なされます。

SKIMAの支払い方法は?変え方や決済手数料などを解説【PayPay】

その結果、ビックカメラのローン審査が厳しくなる可能性があります。

例えば、過去にクレジット関連のトラブルでブラックリスト入りした場合、信用できないと判断され、ローン審査で落ちる可能性があります。

特徴4:高すぎる買い物をする

ビックカメラで高額な商品を購入しようとすると、ローン審査が厳しくなります。

例えば、「10万円のビデオカメラ」をローンで購入するより、「50万円のビデオカメラ」をローンで購入する場合、審査は厳しくなります。

あなたが何円の商品をローンで購入しようとしているかは重要な問いです。

もし、「自身の身分に見合わない高額な商品」を購入しようとしている場合、ローン審査に落ちる可能性があることを覚悟してください。

ビックカメラのローン審査に通った後が大変?

ビックカメラのローン審査へ無事に通過したと仮定しても商品を手に入れた後の返済が問題となります。

下記のような問題が起きるため、ビックカメラでローンを組む時は事前によく考えるべきでしょう。

毎月の返済が大変

高額ローンの「毎月の返済」は思った以上に厳しいかもしれません。

例えば、ビックカメラのローンを利用してビデオカメラを購入し、「月1万円の返済」を5年間行うことになったとします。

しかし、5年間も「月1万円の返済」を続けられるでしょうか。

あなたの生活スタイルが変わる可能性もあります。結婚や出産などで、予想以上にお金が必要になるかもしれません。

そんな時に「月1万円の返済」が負担に感じられるかもしれないため、ローンを組むときはしっかり考えるべきでしょう。

購入した商品が不要になることも

商品をローンで購入したものの、それが不要になることもあります。

例えば、ビデオカメラをローンで購入した場合を考えてみましょう。

しかし、「想像していたのと違う」と感じたり、想定外のトラブルで壊れてしまう可能性もあります。

そのような事態になった場合、「使わない商品」のためにローンを払い続けることになります。

「購入した商品が不要になる(壊れる)」というのも、ローンのリスクの一部と言えます。

ちゃすく
ちゃすく

フリマアプリなどで売れますが、もったいない…

カメラレンタルサービスを使う方法

ビデオカメラが欲しいけど「ローンは大変そう」「審査に落ちるかも」と感じた場合、ビデオカメラのレンタルサービスが一つの解決策となります。

カメラのレンタルサービスには「APEXレンタル」や「GOOPASS」があるため、詳しい内容を解説していきます。

APEXレンタルの特徴

APEXレンタルはカメラレンタルサービスの老舗であり、最新の高級カメラやお手軽価格のカメラも取り扱っています。

出典元:APEXレンタル

APEXレンタルには下記の特徴があり、ほとんどの場合で送料無料で利用できます。

特徴詳細
製品の種類豊富なカメラ機材、250種類以上のレンズ
料金お手頃、安心補償プランあり
利用のしやすさ24時間オンライン申し込み、柔軟な返却選択肢
配送と予約2泊3日以上または3,000円以上で送料無料、返送時の送料別途

APEXレンタルを運営する株式会社ビデオエイペックスは、昭和38年に創業し、50年以上の歴史を持つ会社で、YouTubeなどで活躍する人々にも利用されるカメラのレンタルショップです。

他社よりも低価格でレンタルできるため、カメラのローンで悩んでいる人にはオススメのサービスです。

GOOPASSの特徴

GOOPASSとは、カメラやレンズ、ドローンなどの撮影機材を月額定額制でレンタルできるサブスクリプションサービスです。

ちゃすく
ちゃすく

GOOPASS株式会社が運営し、ビックカメラとも業務提携しています


出典元:GOOPASS

GOOPASSには下記の特徴があり、月額サブスクで自由にカメラをレンタルできます。

特徴詳細
サービス内容写真機材のレンタルサービス
利用のしやすさ会員登録後、PASS購入でレンタル可能
料金体系機材ランクに応じた月額料金
顧客評価利便性が高いが、手続きの手間に関する指摘あり

例えばPanasonicの「LUMIX GH5 M2」は月額11,980円で自由に利用でき、SONYの「HDR-AS300」であれば月額7,480円からレンタルできます。

しかも、パスの契約期間中であれば何回でもレンタル機材を入れ替えられるため、Lv2パス以上であればLUMIX GH5 M2とHDR-AS300の両方を試せます。

各カメラを実際に使ってから購入を検討できるため、ローンを組む前にカメラを参考にしたい場合はオススメです。

タイトルとURLをコピーしました