2021年YouTubeで稼げるジャンル5選!現役投稿者が解説,月収10万?

2021年YouTubeで稼げるジャンル5選!現役投稿者が解説,月収10万も夢じゃない?YouTube

「YouTubeで稼げるジャンルが分からない、、」

このような悩みはありませんか?

今回は現役動画投稿者である私が

個人的に熱いと思うYouTubeのジャンル

について話します!

YouTubeに動画投稿しているcHaskです。

ゆっくり雑談解説氏【cHask】
仮面ライダー関連のゆっくり解説&雑談を投稿しています。 チャンネル登録、高評価してもらえると動画製作の励みになるので、お願いします。 #仮面ライダーゆっくり解説 #仮面ライダー #ゆっくり解説 #cHask ゆっくり雑談解説の再生リスト↓ Twitter↓ このチャンネル↓ ニコニコ動画にも投稿はじめました!↓ ...
スポンサーリンク

2021年にYouTube始めるのは遅い?

この記事を読んでいる方の中には

「YouTube始めたいけど、今更稼ぐなんて無理でしょ…」

「自分がトップユーチューバーになるなんて想像できない」

と考えてる方もいらっしゃると思います。

確かに今、YouTube業界は参入者が多い上、企業系ユーチューバーや芸能人ユーチューバーなど一般人の個人チャンネルなんかでは太刀打ちのしようがないチャンネルが増えています。

また、新規が参入しやすいジャンル(やってみた系、ゲーム実況、レビュー系など)はすでに先駆者が多いため、必死に動画を作っても誰も見てくれない状況になりやすいです。

以上のことから何の考えもなしに一般人がYouTubeを始めると資本では企業に負け、知名度&人気では芸能人に負け、必死で動画を作っても自分の上位互換がゴロゴロいるという現実にぶつかります。

詳細は下の記事に!
2021年にYouTubeを始めて稼げるの?現役投稿者が徹底解説!

ここまで、聞くと「YouTubeを今から始めるなんて無理じゃん!」と思うかもしれません。

しかし、YouTube業界には一般人だからこそ参入しやすいジャンルもあります!

そのようなジャンルであれば、企業や芸能人と十分な差別化ができて稼ぐことが出来るようになります。

今回は以下のジャンルについて詳しく説明していきます。

  • ネガティブ(炎上)レビュー系
  • 専門解説系
  • 切り抜き系
  • 懐かし(レトロ)系
  • 逆張り系

ネガティブ(炎上)レビュー系

ネガティブレビュー系とは「悪い評判の商品やサービスについてのレビュー」を行うことです。

企業や芸能人、トップユーチューバーは立場上、商品やサービスに対して悪い評価をしにくいです

(企業なら自社のイメージダウン、芸能人とトップユーチューバーなら炎上や案件がなくなることを恐れるため)

そのため、一般人の方が評判の悪いものを紹介しやすいといったメリットがあります。

実際に、炎上レビューとYouTubeで検索して出てくるチャンネルは比較的最近できたチャンネルが多いです。

まだ、先駆者が多くないため狙い目のジャンルです。

ただし、デメリットも存在します。

それはチャンネルが炎上しやすいことです。

なぜなら悪い評価ばかりのモノを扱ってるため、視聴者さんが不快な思いをする傾向にあります。

また、モノを提供している企業から直接連絡が来て最悪の場合裁判になることもあり得ます…

これらのデメリットは選ぶ題材やレビューの仕方で対応できるため、入念な事前準備が必要です。

専門解説系

専門解説系とは「プログラミングやスポーツ、営業スキルなどの技術やノウハウを解説するチャンネル」です。

YouTube上ではそれらすべてを合わせて「ビジネス系YouTuber」とも呼ばれています。

専門技術などを提供するチャンネルであるため、参入障壁が高くライバルが多くないことが大きなメリットです。

逆に言えば参入障壁が高いこと自体がデメリットでもあるため、自分に見合った専門を題材にしなけえればなりません。

ここの記事でさらに詳細について書かれているので、こちらを合わせて読むことをおススメします。

2021年にYouTubeを始めて稼げるの?現役投稿者が徹底解説!
初めまして! YouTubeに動画投稿しているcHaskです。 YouTubeチャンネル 2021年になって副業の文化もかなり浸透してきました。 副業としてYouTube始めたいけど、ちゃんと稼げるのか不安に...

切り抜き系

切り抜き系とは「他人の生放送などから面白い部分を切り取って動画にするチャンネル」です。

YouTubeでは主にライブ配信をメインで活動する方がおられるので、その方々の配信を切り抜きするわけですね。

(切り抜きを許可されている場合のみ行いましょう)

ライブ配信(生放送)と動画の違いは下の記事を参照
2021年,動画投稿と生配信どっちがいい?YouTube投稿者が解説

切り抜き系の良いところは切り抜き先の人気に依存するため、初めての動画投稿でも再生回数が一定数見込めることです。

また、自分の好きな配信者であれば切り抜き作業もあまり苦にならない利点もあります。

しかし、切り抜きには悪い部分も存在します。

まず、配信者が切り抜きと収益化を許可していても、動画が重複しているため収益化できないことがあります。

YouTubeのシステム上、先に投稿されている動画が本家として登録してあるので配信者の意図に関係なくペナルティを受けることがあります。

他には、動画の人気が切り抜きを行なっている自分ではなく配信者にあるため、自分をブランド化できないというデメリットがあります。

趣味の一環として切り抜きを行うのは良いですが、本業や副業にはあまり向いていないかもしれませんね。

懐かし(レトロ)系

懐かし系とは「昔流行した音楽や商品をメインに扱うチャンネル」です。

企業や芸能人は懐かしのモノよりも最先端の流行を扱うことが多いです。

そのため、企業や芸能人とチャンネルを差別化することができます。

また、すでに終わった流行であるため現在の流行に左右されません。

つまり、安定した再生回数=安定した収益を得られるというメリットが存在します。

しかし、最近はレトロゲームのブームもあったため、レトロゲーム業界のみはライバルが多いです。

狙うならレトロゲーム以外の分野の方が成功率は高いですね。

  • レトロ音楽
  • レトロ商品
  • 引退した芸能人関連

逆張り系

逆張り系とは「世論に反する動画をあげて炎上することで大きくなるチャンネル」です。

通常の逆張り系ではあえて炎上を狙うことで再生回数を稼ごうとしますが、今回説明する逆張り系は少し違います。

それは世論に反することを理論的に述べるチャンネルです。

これでは分かりにくいと思うので具体的なタイトルで表すと「〇〇は悪くない」ではなく「✖️✖️による影響で〇〇は〜したと考えられる」となります。

通常の逆張り系では無理やり感ある言い訳で擁護しますが、今回の逆張り系では対象の詳細を分析した上で推測した原因を語ります。

このように理由が明確で理論的にも筋が通っていれば、一つの立派な意見となるため視聴者さんから理解が得られるようになります。

逆張り系によくある煽ったり、悪い表現を使うなどは用いないことが前提です

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、2021年に儲かりそうなYouTubeのジャンルでした。

私が気付いていないだけで、開拓できるジャンルはたくさんあると思うので是非この記事を参考にしながら新規開拓を頑張ってください!

また、下の記事では初心者におススメの編集ソフトをまとめてあるので合わせて読むことをおススメします。

【比較】Win版動画編集ソフト初心者にオススメはどれ?動画投稿者解説

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] 2021年YouTubeで稼げるジャンル5選!現役投稿者が解説,月収10万も夢じゃない?初めまして! YouTubeに動画投稿しているcHaskです。 今回は現役動画投稿者である私が個人的に熱いと思うYouTube […]

  7. […] 2021年YouTubeで稼げるジャンル5選!現役投稿者が解説,月収10万も夢じゃない?初めまして! YouTubeに動画投稿しているcHaskです。 今回は現役動画投稿者である私が個人的に熱いと思うYouTube […]

タイトルとURLをコピーしました