【100万再生達成】YouTubeで再生回数を増やすコツ5選

YouTubeの悩み

この記事は下記の悩みや要望を持つ方にオススメです。

この記事がオススメな人
  • YouTubeの再生回数を増やしたい
  • 再生回数が増えるコツは?
  • 100万再生を達成する為のコツは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2000万回超え。
ブログは月間13万PV達成!インフルエンサー向けのお悩み相談もしてます。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

先日、私の動画が100万再生を達成したので、YouTubeで再生回数を増やすコツを解説します。

基本的に初心者YouTuber向けのコツなので、これから動画投稿を始める人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

YouTubeで再生回数を増やすコツ5選

YouTubeで再生回数を増やすコツは下記があるので、詳しい内容を解説します。

  1. 動画投稿ジャンルを最初に分析
  2. 伸びるまでは短い動画に集中
  3. 視聴者維持率を意識する
  4. 初期は被リンク獲得も有効
  5. 再生回数に依存しない収益

コツ1:動画投稿ジャンルを最初に分析

YouTubeで再生回数を増やす1つ目のコツは、動画投稿するジャンルやテーマを最初に分析することです。

動画ジャンル:ちゃすろぐ

そもそもYouTubeのアルゴリズムは相対評価がベースなので、自身よりも魅力的なYouTuberが多いジャンルは再生回数が増えにくいです。

例えば、あなたが剣道の全国大会で優勝をしているなら、剣道のジャンルで再生回数を集めやすいです。

しかし、今から剣道を始めたばかりの素人では剣道のジャンルで再生回数を集められないので、別のジャンルへ挑戦した方が良いでしょう。

また、YouTubeの各ジャンルは視聴者の規模数が異なるので、ラッコキーワードなどのツールを使って事前に調べておくことをオススメします。

引用元:https://related-keywords.com

動画投稿ジャンルの詳細と視聴者の規模数を調べる方法は、下の「YouTubeで伸びる/伸びないジャンルと需要の調べ方」にまとめてあるので参考にしてください。

コツ2:伸びるまでは短い動画に集中

YouTubeで再生回数を増やす2つ目のコツは、短い動画をメインにして投稿することです。

初心者YouTuberの動画には下記の要素があり、人気YouTuberよりも動画のクオリティが低くなる傾向にあります。

  • テロップやbgmが付いていないor少ない
  • 動画で伝えたいことがまとまっていない
  • 身内しか分からないようなネタを入れる

しかも、最近のYouTubeは視聴時間が長い動画をオススメしており、初心者YouTuberでも10分以上の長い動画を投稿する傾向にあります。

しかし、動画のクオリティが低いうえ、無駄に長い動画を誰も再生しようとは思いません。

その為、苦労して作った動画を誰にも再生してもらえず、仮に見てもらえてもクオリティが低いので視聴者はすぐ他の動画へ流れてしまいます。

ちゃすく
ちゃすく

撮影と編集作業が無駄になってしまう…

上記のパターンが1番最悪なので、まずは短い動画を投稿しながら編集や撮影の経験を積むことが大切です。

AdobeのPremiere Proであれば自動字幕や自動カットによって編集の手間を減らしつつ、動画のクオリティを上げられるのでオススメです。

コツ3:視聴者維持率を意識する

YouTubeで再生回数を増やしたい場合は「視聴者維持率を意識する」をコツとして覚えた方が良いです。

そもそも視聴者維持率とは、視聴者があなたの動画をどれだけ再生していたのかを表す数値です。

視聴者維持率変化の様子

YouTubeでは視聴者維持率を上画像の様に毎秒測定しており、シーンによって同一動画内でも視聴者維持率に差があります。

また、YouTubeは「視聴者維持率が高い=視聴者を魅了する内容=バズるべき動画」と判断しており、動画の表示回数が増えやすくなります。

なぜなら、視聴者維持率が低い動画は表示回数自体が下がってしまうため、クリック率が高くても再生回数が増えにくくなるからです。

再生回数低下:ちゃすろぐ
ちゃすく
ちゃすく

サムネ詐欺を防止する為にできた指標でもあります

そのため、YouTubeで再生回数を増やしたいのであれば視聴者維持率を上げることが大切であり、基本的な上げる方法としては下記があります。

  • 動画の続きが気になる脚本作り
  • 視聴者にストレスを与えない編集
  • 動画内容とサムネを合わせる
  • 動画のテンポを上げる編集

特に若い世代へ向けた動画の場合は「ジェットカット」が非常に有効なので、視聴者維持率を上げるコツとしてオススメです。

コツ4:初期は被リンク獲得も有効

動画投稿を始めたばかりのタイミングであれば、「被リンク獲得」も再生回数を増やす際にオススメのコツです。

被リンクとは、外部サイトや他社のページから貼られた自サイト向けのリンクです。
被リンクをより多く獲得することで、サイトやページの評価が上がり、検索順位や表示回数が上昇しやすくなります。

ちゃすく
ちゃすく

下の場合だと、下動画がちゃすろぐから被リンクを獲得したことになります

自身でWebサイトを立ち上げてYouTubeチャンネルを宣伝するだけでも被リンクを獲得できるので、意外と難しくはありません。

ただし、TwitterやInstagramなどのSNSへYouTubeのリンクを貼っても「nofollow」扱いなので、被リンクにはなりません。

そのため、被リンクで再生回数を増やしたい場合はConoHa WINGなどを使い、自身でWebサイトを立ち上げることがオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

当ブログもConoHa WINGで立ち上げてます

コツ5:再生回数に依存しない収益

ここまではYouTubeの再生回数を増やすコツについて解説しましたが、再生回数のみに頼る運営方法はオワコン化しやすいです。

おそらく「再生回数を増やしたい≒広告収益を増やしたい」だと思いますが、すでにYouTube市場の成長は止まり始めており、広告収益に頼る運営は破綻しやすいです。

出典元:https://youtu.be/np_1mRNoFFQ

そのため、これからYouTuberになるのであれば、少ない再生回数でも収益が手に入る方法を考えながら運営すると良いでしょう。

よくある手法としては「アフィリエイト」「有料会員制度」「企業案件」「イベント開催」などがあります。

ちゃすく
ちゃすく

広告収益以外でマネタイズできれば、再生回数はYouTube広告で増やせます

具体的な手法などは下の「広告収入以外の収益化方法」でも紹介しているので参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました