本サイトではASP広告を利用しています

審査なしのオススメ光回線4選!審査落ち原因5選や対処法を解説

光回線
この記事がオススメな人
  • 光回線の審査が不安…
  • 光回線で審査落ちするかも…
  • 審査なしの光回線は?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から書くと、ほとんどの光回線は信用情報の審査が無いため、クレジットカード情報などに問題がある場合でも契約できるケースが多いです。

ただし、光回線によっては支払い方法が「クレジットカードのみ」である場合があるため、結果的に光回線を契約できない場合もあるでしょう。

下表の光回線であればクレジットカード以外の支払い方法があるため、審査や信用情報に不安がある人でも契約しやすいです。

項目Softbank光So-net 光 (auひかり)ドコモ光楽天ひかり
月額料金戸建て1Gbps:5,720円、戸建て10Gbps:6,380円
マンション1Gbps:4,180円、マンション10Gbps:6,380円
戸建て1Gbps:5,610円、戸建て10Gbps:6,468円
マンション1Gbps:4,180円、マンション10Gbps:6,468円
戸建て1Gbps:5,720円、戸建て10Gbps:6,380円
マンション1Gbps:4,400円、マンション10Gbps:6,380円
戸建て1Gbps:5,280円、マンション1Gbps:4,080円
契約期間の縛り縛りなし、2年、5年から選べる縛りなし、2年、3年から選べる2年縛り2年または3年から選べる
解約違約金5,720円、オプションありでも最大16,500円まで
開通工事費の残金
7,700円~16,500円
開通工事費の残金
マンション契約4,180円、戸建て契約5,500円
開通工事費の残金
マンション契約4,180円、戸建て契約5,280円
開通工事費の残金
開通工事費4,620円または31,680円
(新規乗り換えであれば2年利用で無料)
戸建て契約41,250円、マンション契約33,000円
(契約期間の縛りに合わせて分割払いすれば実質無料になる)
新規申し込みであれば開通工事費は無料3,300円~22,000円
IP v6プラス対応対応対応対応
特典最大25,000円キャッシュバック
他社からの乗り換えで6か月間は月額料金980円
光回線開通までSoftBank AirかポケットWi-Fiの無料レンタル可能
Softbankユーザーは追加の割引あり
最大40,000円キャッシュバック
他社からの乗り換えで23か月間1980円~へ割引
IP v6プラス対応Wi-Fiルーターを6か月間無料レンタル可能
auユーザーやauスマートパス加入者は追加割引あり
最大40,000円キャッシュバック
最大17,000円分のdポイントをプレゼント
IP v6プラス対応Wi-Fiルーターを無料レンタル可能
ドコモユーザーは追加割引あり
6か月間月額基本料無料
楽天モバイルとセットで楽天市場での還元率7倍
支払い方法クレジットカードまたは口座振替クレジットカード支払い、口座振替、コンビニ支払いクレジットカード支払い、口座振替クレジットカード支払い、口座振替、楽天銀行デビットカード
公式サイトSoftBank 光So-net 光×auひかりドコモ光楽天ひかり
スポンサーリンク

光回線が審査なしで申し込める理由

光回線の契約で確認されるのは下記の3つであり、クレジットカード会社などの信用情報が開示されることはありません。

  • 契約エリアが光回線対応エリアかどうか
  • 契約エリアの住所
  • 申し込み内容や契約プラン

光回線の申し込み手続き自体は存在するものの、上記だけであれば信用情報が審査されることは無いため、ほとんどの方が光回線を契約できます。

また、光回線は機器を分割して購入することが無いため、基本的にローンを組む必要がありません。

大手キャリアでスマホを購入する場合などであれば12~36か月でローンを組むため、クレカや借入金の信用情報が大切になります。

しかし、ローンを組まない契約であれば信用情報を重視しないため、スマホの分割払いほどの厳密な審査がありません。

しかも、光回線は契約したエリアでしか使えないので、勝手に譲渡&悪用されるリスクも低いです。

上記によって光回線業者のリスクが低いため、基本的に光回線では審査をしないケースが多いです。

ちゃすく
ちゃすく

光回線業者はいつでも光回線を止められるので、審査を厳しくする必要がない!

光回線で審査落ちした事例4選

光回線で審査落ちした事例としては下記などがあり、どれも丁寧に対応すれば解決できる問題です。

  • 過去にスマホの料金を大幅に滞納した人が大手キャリアが運営する光回線へ申し込んだ
    →大手キャリア以外が運営している光回線へ申し込む
  • 未成年が勝手に親の名義を使って光回線へ申し込んだ
    →保護者へ頼み、保護者が正式に申し込む
  • 申し込み内容の住所と実際に光回線を引く場所の住所が異なる
    →申し込み内容の住所を訂正する
  • カード情報に問題のある人がクレカ払いのみ光回線へ申し込んだ
    →銀行引き落としやコンビニ払いを利用できる光回線へ申し込む

スポンサーリンク

光回線で審査が無いのに審査落ちした原因5選

光回線の申し込みで審査がないのに審査落ちした原因には下記が考えられるため、詳しい内容や対処法を解説していきます。

光回線の申し込み情報にミス

光回線へ申し込みをする際に申し込み内容と本人確認できる書類や公共機関などの情報が一致していない場合は審査落ちになります。

よくある情報の不一致には下記などがあり、小さなミスであることが多いです。

  • 銀行口座番号の入力ミス
  • 申し込み住所の書き方が公共機関の情報と完全一致していない
  • 電話番号の入力ミス

上記以外でも入力ミスや本人確認書類との不一致があれば正式な手続きに入れないため、まずは申し込みの情報が正確に入力されているのか確認してみましょう。

光回線のエリア対象外

光回線は各社で対応エリアが異なっており、人気な光回線の対応エリアは下表のようになっています。

光回線業者対応エリア
光コラボ全国(一部半島や過疎地を除く)
フレッツ光全国(一部半島や過疎地を除く)
auひかりマンション:全国、戸建て:関西と東海以外
NURO光北海道、東北、関東、関西、中国、九州
eo光関西、福井県の一部
コミュファ光東海
ピカラ光四国
メガ・エッグ中国
BBIQ光九州

光コラボには「GMOとくとくBB光」や「SoftBank 光」などがあり、ドコモ光もフレッツ光と同じ対応エリアになります。

光コラボであればほぼ全国に対応していますが、一部半島や過疎地、島では光回線が提供されていない場合もあります。

光回線のエリア対象外にいる場合は申し込みをしても審査落ちになるため、他の通信手段を検討するとよいでしょう。

モバイルWi-Fiルーターの「GMOとくとくBB WiMAX」であれば月額1250円~でデータ使い放題なので、光回線の対象エリア外に住んでいる場合はオススメです。

最大2万円のキャッシュバックあり!

特典目当ての短期解約を繰り返し

光回線は新規適用や乗り換えで大規模なキャッシュバックや特典プレゼントを行なっており、ユーザーの中には特典目当てで短期解約を繰り返している人がいます。

短期解約をされると光回線業者は赤字になるため、過去に短期解約を繰り返していたことが判明した場合は審査落ちになる可能性があります。

料金滞納がある会社へ申し込み

光コラボのおかげで様々な会社が光回線を提供していますが、提供会社や関連会社で支払いを滞納している場合は審査落ちになる場合があります。

例えばドコモでスマホを契約していた人がスマホの料金を滞納した後、ドコモ光へ申し込んでも審査落ちになる可能性が高いです。

料金の滞納がある利用者は会社や関連会社内で情報が共有されているので、滞納している会社や関連会社の光回線へ申し込むことは難しいでしょう。

自身が使用しているスマホキャリア以外でも光回線は契約できるので、滞納していない光回線業者へ申し込むことをオススメします。

項目Softbank光So-net 光 (auひかり)ドコモ光楽天ひかり
月額料金戸建て1Gbps:5,720円、戸建て10Gbps:6,380円
マンション1Gbps:4,180円、マンション10Gbps:6,380円
戸建て1Gbps:5,610円、戸建て10Gbps:6,468円
マンション1Gbps:4,180円、マンション10Gbps:6,468円
戸建て1Gbps:5,720円、戸建て10Gbps:6,380円
マンション1Gbps:4,400円、マンション10Gbps:6,380円
戸建て1Gbps:5,280円、マンション1Gbps:4,080円
契約期間の縛り縛りなし、2年、5年から選べる縛りなし、2年、3年から選べる2年縛り2年または3年から選べる
解約違約金5,720円、オプションありでも最大16,500円まで
開通工事費の残金
7,700円~16,500円
開通工事費の残金
マンション契約4,180円、戸建て契約5,500円
開通工事費の残金
マンション契約4,180円、戸建て契約5,280円
開通工事費の残金
開通工事費4,620円または31,680円
(新規乗り換えであれば2年利用で無料)
戸建て契約41,250円、マンション契約33,000円
(契約期間の縛りに合わせて分割払いすれば実質無料になる)
新規申し込みであれば開通工事費は無料3,300円~22,000円
IP v6プラス対応対応対応対応
特典最大25,000円キャッシュバック
他社からの乗り換えで6か月間は月額料金980円
光回線開通までSoftBank AirかポケットWi-Fiの無料レンタル可能
Softbankユーザーは追加の割引あり
最大40,000円キャッシュバック
他社からの乗り換えで23か月間1980円~へ割引
IP v6プラス対応Wi-Fiルーターを6か月間無料レンタル可能
auユーザーやauスマートパス加入者は追加割引あり
最大40,000円キャッシュバック
最大17,000円分のdポイントをプレゼント
IP v6プラス対応Wi-Fiルーターを無料レンタル可能
ドコモユーザーは追加割引あり
6か月間月額基本料無料
楽天モバイルとセットで楽天市場での還元率7倍
支払い方法クレジットカードまたは口座振替クレジットカード支払い、口座振替、コンビニ支払いクレジットカード支払い、口座振替クレジットカード支払い、口座振替、楽天銀行デビットカード
公式サイトSoftBank 光So-net 光×auひかりドコモ光楽天ひかり

クレジットカード払いしかない

クレジットカードの信用情報に問題があるにもかかわらず、クレカ払いしかできない光回線を申し込むと審査で落ちてしまいます。

次章ではクレジットカード払いだけでなく、口座振替が利用できる光回線を紹介していくので、そちらを参考にしてください。

審査なしで申し込めるオススメ光回線4選

口座振替を利用できる審査なしのおすすめ光回線には下記があるため、詳しい内容や価格を解説していきます。

項目Softbank光So-net 光 (auひかり)ドコモ光楽天ひかり
月額料金戸建て1Gbps:5,720円、戸建て10Gbps:6,380円
マンション1Gbps:4,180円、マンション10Gbps:6,380円
戸建て1Gbps:5,610円、戸建て10Gbps:6,468円
マンション1Gbps:4,180円、マンション10Gbps:6,468円
戸建て1Gbps:5,720円、戸建て10Gbps:6,380円
マンション1Gbps:4,400円、マンション10Gbps:6,380円
戸建て1Gbps:5,280円、マンション1Gbps:4,080円
契約期間の縛り縛りなし、2年、5年から選べる縛りなし、2年、3年から選べる2年縛り2年または3年から選べる
解約違約金5,720円、オプションありでも最大16,500円まで
開通工事費の残金
7,700円~16,500円
開通工事費の残金
マンション契約4,180円、戸建て契約5,500円
開通工事費の残金
マンション契約4,180円、戸建て契約5,280円
開通工事費の残金
開通工事費4,620円または31,680円
(新規乗り換えであれば2年利用で無料)
戸建て契約41,250円、マンション契約33,000円
(契約期間の縛りに合わせて分割払いすれば実質無料になる)
新規申し込みであれば開通工事費は無料3,300円~22,000円
IP v6プラス対応対応対応対応
特典最大25,000円キャッシュバック
他社からの乗り換えで6か月間は月額料金980円
光回線開通までSoftBank AirかポケットWi-Fiの無料レンタル可能
Softbankユーザーは追加の割引あり
最大40,000円キャッシュバック
他社からの乗り換えで23か月間1980円~へ割引
IP v6プラス対応Wi-Fiルーターを6か月間無料レンタル可能
auユーザーやauスマートパス加入者は追加割引あり
最大40,000円キャッシュバック
最大17,000円分のdポイントをプレゼント
IP v6プラス対応Wi-Fiルーターを無料レンタル可能
ドコモユーザーは追加割引あり
6か月間月額基本料無料
楽天モバイルとセットで楽天市場での還元率7倍
支払い方法クレジットカードまたは口座振替クレジットカード支払い、口座振替、コンビニ支払いクレジットカード支払い、口座振替クレジットカード支払い、口座振替、楽天銀行デビットカード
公式サイトSoftBank 光So-net 光×auひかりドコモ光楽天ひかり

光回線1:SoftBank光

SoftBank 光はSoftBankのモバイルサービスとセットで利用すると割引が適用されるため、SoftBankのスマートフォンを利用している人には特におすすめです。

項目Softbank光
月額料金戸建て1Gbps:5,720円、戸建て10Gbps:6,380円
マンション1Gbps:4,180円、マンション10Gbps:6,380円
契約期間の縛り縛りなし、2年、5年から選べる
解約違約金5,720円、オプションありでも最大16,500円まで
開通工事費の残金
開通工事費4,620円または31,680円
(新規乗り換えであれば2年利用で無料)
IP v6プラス対応
特典最大25,000円キャッシュバック
他社からの乗り換えで6か月間は月額料金980円
光回線開通までSoftBank AirかポケットWi-Fiの無料レンタル可能
Softbankユーザーは追加の割引あり
支払い方法クレジットカードまたは口座振替

Softbankが提供しているので、安定した速度でインターネット回線を利用でき、Softbankユーザー以外でもクレカ情報の審査なしで契約できます。

ちゃすく
ちゃすく

Softbankユーザー&マンション住みなら月額料金が4000円以下まで割引できるかも

SoftBankのスマートフォンを使用している家庭や、光回線とモバイルのセット割引を最大限に活用したい人に最適です。

光回線2:So-net 光 (auひかり)

So-net 光×auひかりはauひかりネットワークを使用し、SONY傘下のSo-netがプロバイダとなって高速インターネット接続を提供しています。

項目So-net 光 (auひかり)
月額料金戸建て1Gbps:5,610円、戸建て10Gbps:6,468円
マンション1Gbps:4,180円、マンション10Gbps:6,468円
契約期間の縛り縛りなし、2年、3年から選べる
解約違約金7,700円~16,500円
開通工事費の残金
開通工事費戸建て契約41,250円、マンション契約33,000円
(契約期間の縛りに合わせて分割払いすれば実質無料になる)
IP v6プラス対応
特典最大40,000円キャッシュバック
他社からの乗り換えで23か月間1980円~へ割引
IP v6プラス対応Wi-Fiルーターを6か月間無料レンタル可能
auユーザーやauスマートパス加入者は追加割引あり
支払い方法クレジットカード支払い、口座振替、コンビニ支払い

auひかりなのでauのスマートフォンや他のauサービスとのセット割引もあり、auユーザーが特にお得に利用できます。

ちゃすく
ちゃすく

auユーザー以外でも契約できますし、auスマートパスプレミアムなどへ加入していればさらに安くなります

また、auひかりは自社光回線を利用しているので、他の光回線よりもネット通信が混雑しにくい特徴があります。

少しでも混雑しにくいインターネット回線を求めている場合はSo-net 光×auひかりを選ぶとよいでしょう。

光回線3:ドコモ光

ドコモ光は、NTTドコモが提供する光回線サービスで、ドコモのスマートフォンや他のドコモサービスとの組み合わせでセット割引が適用されます。

項目ドコモ光
月額料金戸建て1Gbps:5,720円、戸建て10Gbps:6,380円
マンション1Gbps:4,400円、マンション10Gbps:6,380円
契約期間の縛り2年縛り
解約違約金マンション契約4,180円、戸建て契約5,500円
開通工事費の残金
開通工事費新規申し込みであれば開通工事費は無料
IP v6プラス対応
特典最大40,000円キャッシュバック
最大17,000円分のdポイントをプレゼント
IP v6プラス対応Wi-Fiルーターを無料レンタル可能
ドコモユーザーは追加割引あり
支払い方法クレジットカード支払い、口座振替

Softbankやauよりも縛り期間がシンプルであり、契約内容が分かりやすい点もドコモ光のメリットです。

ちゃすく
ちゃすく

新規申し込みなら工事費無料なのでインターネットの個別契約にはおすすめ

ドコモのスマートフォンを利用している家庭や、信頼性とサービスの質を重視する人に最適です。

光回線4:楽天ひかり

楽天ひかりは大手3社よりも安い月額料金が魅力的であり、楽天銀行の利用者であればデビットカードでの支払いも可能です。

項目楽天ひかり
月額料金戸建て1Gbps:5,280円、マンション1Gbps:4,080円
契約期間の縛り2年または3年から選べる
解約違約金マンション契約4,180円、戸建て契約5,280円
開通工事費の残金
開通工事費3,300円~22,000円
IP v6プラス対応
特典6か月間月額基本料無料
楽天モバイルとセットで楽天市場での還元率7倍
支払い方法クレジットカード支払い、口座振替、楽天銀行デビットカード

他社に比べると「10Gbpsのプランがない」「キャッシュバックの金額が小さい」というデメリットがありますが、それでも月額料金が安い点は大きなメリットです。

ちゃすく
ちゃすく

シンプルに月額料金が安い会社を探しているなら楽天ひかり

楽天モバイルを利用していれば楽天市場での還元率が7倍になるため、楽天経済圏で活動している場合はオススメです。

タイトルとURLをコピーしました