光回線乗り換えで最大10万円プレゼント!詳細はこちら
PR

SoftBank光の実測回線速度が遅すぎる理由5選!上り下り目安値や改善策を解説

光回線
この記事がオススメな人
  • SoftBank光の実測回線速度が遅い
  • SoftBank光の上り下り速度は?
  • SoftBank光を早くする改善策は?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から書くと、SoftBank 光の実測が遅くなる理由には下記があり、それぞれ適切に対処すれば回線速度を改善できます。

下の計測では回線速度をリアルタイムで計測できるので、まずは現状の実測を確認してみてください。

ちゃすく
ちゃすく

有線接続なら300Mbps以上、無線(Wi-Fi)なら50Mbpsは欲しい

上記の計測でSoftBank 光が遅かった場合は光回線の乗り換えを検討する必要もあるので「SoftBank光から乗り換え!オススメ光回線6選」をチェックしてください。

スポンサーリンク

SoftBank光の実測回線速度一覧

SoftBank 光の実測回線速度は下表のようになっており、IPv6プラスの有線接続であれば上り下り共に500Mbpsを超える実測になっています。

SoftBank光千葉県我孫子市宮城県大崎市香川県高松市東京都板橋区神奈川県愛川町
契約プラン1ギガプラン1ギガプラン1ギガプラン1ギガプラン10ギガプラン
プロパイダYahoo!BB(ソフトバンク)Yahoo!BB(ソフトバンク)Yahoo!BB(ソフトバンク)Yahoo!BB(ソフトバンク)Yahoo!BB(ソフトバンク)
接続方法有線無線(Wi-Fi)無線(Wi-Fi)有線無線(Wi-Fi)
接続端末PCスマホスマホPCスマホ
住宅の種類戸建て住宅戸建て住宅集合住宅集合住宅戸建て住宅
プロトコルIPv4IPv6IPv6IPv6IPv6
上り速度37.71Mbps318.97Mbps320.57Mbps760.27Mbps775.48Mbps
下り速度95.36Mbps646.8Mbps556.54Mbps789.18Mbps920.88Mbps
Ping値8.5ms14.0ms21.0ms4.5ms14.2ms
データ出典元:https://minsoku.net

IPv4やIPv6とは、インターネット上のデータ通信のための基本的なプロトコルである「インターネットプロトコル(Internet Protocol)」のバージョンを指します。
IP(Internet Protocol)は、データがどの経路を通って送信されるかを決定し、送受信されるデータのパケット化(小さなデータの単位に分割)を行います。
現在、主に使用されているIPのバージョンにはIPv4とIPv6の2つがあり、IPv6が新しいです。

一方でIPv4で接続した千葉県我孫子市の場合は上り下り共に100Mbpsを下回っており、1Gbpsの契約プランにしては遅いです。

ちゃすく
ちゃすく

IPv6なら無線(Wi-Fi)でも300Mbps以上なので、IPv4は結構遅い印象

ただし、SoftBank 光ではIPv6に対応したルーターを持っていれば設定&追加料金不要でIPv6接続ができるため、高速なインターネット環境を実現しやすいです。

SoftBank 光の実測が遅くなる理由は「SoftBank光の実測が遅すぎる理由&改善策5選」で解説しますが、適切に契約して環境を整えれば十分速い回線なのでオススメです。

推奨速度:上り回線速度(アップロード)

SoftBank 光の上り回線実測は1Gbpsのプランで目安が300~700Mbpsとなっており、十分速い回線速度です。

上り回線速度とは

上り回線速度(アップロード速度)とは、インターネットを利用して自分のデバイスからデータを他の場所に送信する速度です。
例えば、ファイルをアップロードしたり、ビデオ通話をしたりするときに重要になります。速度が速いほど、データの送信がスムーズに行われます。

上り回線速度は映像や音声をサーバーへ送信する際に重要な速度であり、オンライン会議やPCゲームをプレイする際に大切な速度です。

一般的に有線接続で300Mbps以上、無線(Wi-Fi)であれば50Mbps以上で快適にインターネットを利用できます。

SoftBank 光の上り回線は上記の条件をどちらも実測で満たしているので、十分速い回線と言えます。

ただし、他の理由や原因で実測が遅くなるケースもあるので、遅いと感じた場合は「SoftBank光の実測が遅すぎる理由&改善策5選」を参考にしてください。

推奨速度:下り回線速度(ダウンロード)

SoftBank 光の下り回線実測は1Gbpsのプランで目安が300~700Mbpsとなっており、こちらも上り回線と同じように十分速い実測です。

下り回線速度とは

下り回線速度(ダウンロード速度)とは、インターネット上の他の場所から自分のデバイスへデータを受信する速度です。
ウェブページの閲覧、映画のストリーミング、ファイルのダウンロードなどがこの速度に依存します。速度が速いほど、データの受信が早く、インターネットの閲覧などが快適になります。

下り速度は映像や音声を受け取る際に重要な速度なので、動画視聴やネットサーフィンでも重要な速度です。

下り速度も登り速度同様に有線接続で300Mbps以上、無線(Wi-Fi)であれば50Mbps以上で快適にインターネットを利用できます。

ルーターやプロトコルがしっかり設定されていればSoftBank 光の実測は上記を超えるため、決して遅い光回線ではありません。

推奨速度:ping値(遅延時間)

SoftBank 光の実測ping値は4~35msになっており、ping値はルーターや端末スペックの影響を受けやすいので目安値の幅が大きくなりやすいです。

ping値とは

ping値は、インターネット上でデータパケットが送信されてから目的地に到着し、そして元の送信地に戻ってくるまでの時間をミリ秒(ms)単位で示します。
この値が低いほど、インターネット経由での通信が速く、リアルタイム性が高いことを意味します。特にオンラインゲームやビデオ通話では、低いping値が望まれます。

ネットの用途ping値の必要目安ping値の推奨目安
WEBサイトの閲覧100ms以下50ms以下
オンラインミーティング50ms以下15ms以下
動画視聴50ms以下30ms以下
オンラインゲーム30ms以下15ms以下
ちゃすく
ちゃすく

ping値はコントローラーやキーボードの操作が実際に反映されるまでの時間を表しています

SoftBank 光の上り下り回線が速かった場合でもルーターや接続端末の処理性能が低ければping値は上がってしまうので、「ping値が低い=光回線が悪い」という訳ではありません。

SoftBank 光のping値が低くなる原因はいくつかあるので「SoftBank光の実測が遅すぎる理由&改善策5選」を参考にしてください。

スポンサーリンク

SoftBank光の実測が遅すぎる理由&改善策5選

SoftBank 光の実測は十分速いですが、下記の条件が加わると遅くなるため、詳しい内容や改善策を解説していきます。

実測遅い1:IPv6ではない

SoftBank 光で実測が遅い場合、光回線のプロトコルでIPv4を採用している可能性があります。

SoftBank 光のプロトコルは「IPv4」と「IPv6」へ両対応しており、最大1Gbpsの光回線を契約していた場合でもIPv6はIPv4よりも実測が速くなりやすいです。

というのも、IPv4とIPv6には下記の違いがあるため、IPv4はIPv6よりもアドレスの割り当てで時間がかかりやすいです。

項目IPv4IPv6
アドレスの形式
と供給量
32ビットのアドレス、ドットで区切られた10進数
(例: 192.168.1.1)
約43億のアドレスを提供するが、
インターネットの急速な拡大によりアドレスが不足中
128ビットのアドレス、コロンで区切られた16進数
(例: 2001:0db8:85a3:0000:0000:8a2e:0370:7334)
ほぼ無限とも言える約340澗のアドレスを提供し、
将来的なインターネット拡張に対応
自動設定の機能DHCPでデバイスにIPアドレスを割り当て
混雑時には時間がかかる
DHCPだけでなく、SLAACでデバイスが自動的にアドレスを生成
アドレスを生成するので混雑時でも時間がかからない
セキュリティ機能セキュリティは考慮されておらず、
追加のセキュリティ措置を施す必要あり
IPsec(安全なインターネットプロトコル)
がデフォルトで組み込み済み
パケットの構造ヘッダが比較的複雑
オプションが含まれる場合があり
ヘッダが単純化されており、処理が高速化
オプションは拡張ヘッダとして分離

時間がかかるといっても人間の感覚では一瞬の差ですが、それでもIPv4とIPv6では下画像ほどの違いがあります。

ちゃすく
ちゃすく

上画像はちゃすくの家の回線をIPv4とIPv6へ切り替えた時の比較です

人口が密集している地域や混雑しやすい時間帯であればIPv4とIPv6の差が大きくなるため、IPv4を使っている場合はIPv6へ切り替えるとよいでしょう。

SoftBank 光はIPv6へ対応したルーターを使えば自動でIPv6接続へ変えられるので、ルーターがIPv4とIPv6のどちらを利用しているのかチェックが必要です。

下の計測にはあなたが利用しているプロトコルが表示されるので、IPv4とIPv6のどちらを使っているかチェックしてください。

もしIPv4だった場合、ASUSのゲーミングルーターなどを使ってIPv6へ切り替えれば実測が改善されるので是非試してみてください。

実測遅い2:端末のスペックが低い

SoftBank 光の実測回線速度が遅いと感じた場合、利用している端末のスペックが低い可能性があります。

例えばスマホよりも高性能なパソコンで接続した場合は上り下り速度が大きくなっており、Ping値も大幅に改善されています。

SoftBank光スマホパソコン
契約プラン1ギガプラン1ギガプラン
接続端末スマホPC
プロトコルIPv6IPv6
上り速度320.57Mbps760.27Mbps
下り速度556.54Mbps789.18Mbps
Ping値21.0ms4.5ms
データ出典元:https://minsoku.net

ping値は、インターネット上でデータパケットが送信されてから目的地に到着し、そして元の送信地に戻ってくるまでの時間をミリ秒(ms)単位で示します。
この値が低いほど、インターネット経由での通信が速く、リアルタイム性が高いことを意味します。特にオンラインゲームやビデオ通話では、低いping値が望まれます。

ネットの用途ping値の必要目安ping値の推奨目安
WEBサイトの閲覧100ms以下50ms以下
オンラインミーティング50ms以下15ms以下
動画視聴50ms以下30ms以下
オンラインゲーム30ms以下15ms以下
ちゃすく
ちゃすく

ping値はコントローラーやキーボードの操作が実際に反映されるまでの時間を表しています

同じ回線契約であっても使用している端末のスペックが低ければ回線速度に影響を与えやすく、特にPing値へ与える影響は大きくなりやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

Ping値はデバイス側で処理し、データを送信してから実際に反映されるまでの時間。
デバイスのスペックが低いと、処理にかかる時間がPing値へ大きな影響を与えます。

動画視聴や軽量なスマホアプリゲームであればPing値が低くてもあまり気にしなくてよいですが、PCゲームやゲームハードで遊ぶときはPing値を可能な限り抑えることが大切です。

SoftBank 光で「Ping値が大きくて遅い気がする…」と感じた場合は端末やデバイス側に問題があるかもしれません。

実測遅い3:有線接続ではない

SoftBank 光に限った話ではありませんが、インターネットへの接続は無線(Wi-Fi)よりも有線の方が速くなりやすく、安定しやすいです。

実際にSoftBank 光の実測でも有線と無線(Wi-Fi)では下記の違いがあり、有線接続は上り下り共に速度が大きいです。

SoftBank光東京都板橋区埼玉県鶴ヶ島市
契約プラン1ギガプラン1ギガプラン
プロパイダYahoo!BB(ソフトバンク)Yahoo!BB(ソフトバンク)
接続方法有線無線(Wi-Fi)
接続端末PCPC
プロトコルIPv6IPv6
上り速度760.27Mbps476.63Mbps
下り速度789.18Mbps477.72Mbps
Ping値4.5ms6.7ms
データ出典元:https://minsoku.net
ちゃすく
ちゃすく

有線接続はPing値も小さくなりやすいので、ラグを抑えたいPCゲームなどでは必須!

有線LANの差込口があるパソコンやタブレットであれば、そのまま有線LANを挿すだけで実測を改善できます。

スマホの場合であっても有線LANアダプタを利用すれば有線接続ができるため、少しでも実測を改善したい場合は利用してみるとよいでしょう。

有線LANアダプタ

SoftBank 光はもともと速い回線&プロバイダなので、有線接続へ切り替えれば実測が速くなります。

実測遅い4:ルーターのスペックが低い

SoftBank 光の実測が遅い場合、利用しているWi-Fiルーターのスペックが低い可能性もあります。

ルーターには最大回線速度が設けられており、SoftBank 光が速くてもルーターの最大回線速度が遅ければ意味がありません。

例えば下のASUSゲーミングルーターだと、2.4GHzの無線(Wi-Fi)接続では最大574Mbpsまでしか速度が上がりません。

上のルーターよりもスペックが低ければさらに遅い速度までしか上がらないため、SoftBank 光の速度が速くても無駄になってしまいます。

また、ルーターのスペックが低いと接続台数が増えたときに適切な処理ができないことで速度が遅くなりやすいです。

しかも、古いWi-FiルーターはIPv6のプロトコルに対応していないため、IPv6よりも速度が遅く遅くなりやすいIPv4でしかインターネットへアクセスできません。

ルーターのスペックが低いとSoftBank 光の実測が大幅に遅くなってしまうため、遅いと感じたらWi-Fiルーターの買い替えがオススメです。

実測遅い5:プロバイダで混雑中

SoftBank 光の実測が遅い場合、SoftBank 光のプロバイダであるYahoo!BBで処理に手間取っている可能性があります。

インターネット接続サービスを提供する会社のこと。プロバイダと契約することでインターネットが利用できるようになる。

プロバイダは個人や企業にインターネットへのアクセスやセキュリティなどを提供しています。

ちゃすく
ちゃすく

光回線の設備を保有しているキャリアにはNTT東日本やNTT西日本、auなどが

利用者が多い地域や時間帯ではプロバイダの処理が混みやすいので、回線の実測が遅くなりやすい傾向にあります。

ちゃすく
ちゃすく

他の理由で遅くなってた訳じゃない場合、プロバイダが原因である可能性があります

自身が利用している地域や時間帯でプロバイダが混雑しやすい場合、下記のような対処法があります。

  • ネットへ接続する時間帯を変える
  • 他のプロバイダ(他の光回線)へ乗り換える

SoftBank光から乗り換え!オススメ光回線6選」ではSoftBank 光から乗り換える際にオススメの光回線を紹介しているので、プロバイダが原因で実測が遅かった場合は参考にしてください。

スポンサーリンク

SoftBank光から乗り換え!オススメ光回線6選

プロバイダが原因でSoftBank 光が遅い場合、光回線を乗り換えるしかないため、下表のおすすめ光回線を紹介&解説していきます。

項目SoftBank光NURO光ドコモ光auひかりビッグローブ光フレッツ光GMOとくとくBB光
初期費用事務手数料3,300円、工事費~¥31,680 (分割可能)事務手数料\3,300、工事費¥44,000 (分割可能)事務手数料\3,300、工事費¥22,000(分割可能)¥42,424
(分割払い)
申込手数料1,100円+¥28,600(分割払いで実質\0)契約料880円+工事費例¥19,800 (分割可能)事務手数料\3,300+回線工事費¥26,400 (分割可能、実質無料キャンペーンあり)
月額料金(マンション)¥4,180~
(6ヶ月目まで¥980)
¥5,200~¥4,400~+ プロバイダ料金¥2,500~(割引後の料金)¥3,980~¥2,860~ + プロバイダ料金¥3,773~
月額料金(戸建て)\5,720~(6ヶ月目まで¥980)¥5,200~¥5,720~+ プロバイダ料金\2,880~(割引後の料金)\4,980~¥3,520~ + プロバイダ料金¥5,940~
通信速度最大1Gbps or 10Gbps最大2Gbps or 10Gbps最大1Gbps or 10Gbps最大1Gbps or 5Gbps or 10Gbps最大1Gbps or 10Gbps最大1Gbps最大1Gbps or 10Gbps
対応エリア全国主に近畿・東海・関東・北海道全国全国全国全国関東、関西、中部、北海道の一部
解約手数料¥10,450~16,500(契約期間満了月の当月~翌々月は\0)解約手数料¥3,740~4,400
+基本工事費の未払分最大\44,000
¥2,970~  14,300(契約満了月の当月~翌々月は\0)契約解除料最大\16,500 (2年以内)違約金\3,000~4,620 (2年以内)違約金\4,400(割引適用期間の満了月~翌々月は\0)解約金免除キャンペーンあり
キャンペーンや特徴・他社違約金最大\42,000還元
・工事費用実質無料
・6ヶ月目まで\980 他
・他社解約金最大\60,000還元
・工事費用実質
無料
・工事費用無料
・最大\40,000キャッシュバック
・乗り換え特典最大\40,000還元
・各プランに割引
・最大\123,304キャッシュバック・最大\70,000キャッシュバック
・NTTグループの安定したサービス
・最大\101,000キャッシュバック
・無料ファイバー設置あり
公式サイトSoftBank 光NURO 光ドコモ光auひかりビッグローブ光NTTフレッツ光GMOとくとくBB光
最新の情報は各種HPを御覧ください
光回線の乗り換えについて

現在の回線に用いられている配線や設備が新しいサービスプロバイダーの技術基準に合致している場合、追加の工事が不要になることがあります。
回線工事費については不要になる場合もありますが、高速回線等への乗り換えの場合は回線工事費が必要になることもあります。
そのため、今回の紹介では回線工事費用がかかる場合を前提としてオススメを紹介しています。

ちゃすく
ちゃすく

SoftBank 光の解約や乗り換え方法の詳細は下記事を参考にしてください

乗り換え先1:NURO光

NURO 光は最大2Gbpsという高速通信が可能で、特に関東地方でのサービス提供が強みです。

項目NURO光
初期費用事務手数料¥3,300、工事費¥44,000 (分割可能)
月額料金(マンション)¥5,200~
月額料金(戸建て)¥5,200~
通信速度最大2Gbps or 10Gbps
対応エリア主に近畿・東海・関東・北海道
解約手数料¥3,740~4,400 + 基本工事費の未払分最大¥44,000
キャンペーンや特徴・工事費用実質無料
・他社違約金最大¥60,000還元
公式サイトNURO 光

通常他のプロバイダであれば、下り最速1Gbpsですが、NURO 光は最大2Gbpsとなっているので、およそ2倍の速度で通信することも可能です。

大量のダウンロードやアップロードをする人や、オンラインゲームを行う人にとっては、最適と言えます。

また、キャンペーンによって初期費用が無料&他社違約金も還元しているので、コストパフォーマンスが非常に高いです。

乗り換え先2:ドコモ光

ドコモ光は、全国的な提供エリアと安定した通信品質を誇るインターネットサービスです。特にドコモのモバイルユーザーにとって、ドコモ光は非常に魅力的な選択肢と言えます。

ドコモ光の最大の特徴は、ドコモのモバイルサービスと組み合わせることで適用されるセット割引です。この割引により、通信費の総額を大きく抑えることができます。

ぽむきゃっと
ぽむきゃっと

都会だけじゃなくて郊外でも高速インターネットを利用できるにゃぁ~!

また、ドコモ光はNTT回線を利用しているので、全国どこでも利用することができ、一貫した高品質のサービスを提供しています。

項目ドコモ光
初期費用事務手数料\3,300
工事費¥22,000(分割可能)
月額料金(マンション)¥4,400~+ プロバイダ料金
月額料金(戸建て)¥5,720~+ プロバイダ料金
通信速度最大1Gbps or 10Gbps
対応エリア全国
解約手数料¥2,970~  14,300
(契約満了月の当月~翌々月は\0)
キャンペーンや特徴・工事費用無料
・最大\40,000キャッシュバック
公式サイトドコモ光

ドコモ光はコスパに優れ、全国どこでも安心して利用できるため、多くの家庭や企業にとって最適なインターネット環境を提供します。

ドコモの携帯電話をお使いの方には特におすすめのサービスとなっています。

SoftBank回線を利用している間はスマートフォンもSoftBankを利用している人も多いですが、ドコモ回線に乗り換えるならahamoを利用するのが一番おすすめです。

月20GBを2,970円で利用できて月額料金も安くできます。大盛りプランもあるので、月100GBを4,950円で利用することができます。

安心なドコモ回線を使用できるので、日本国内どこでも安心です。

ahamo契約者のみが契約できるahamoひかりは1Gbpsなら月額3,630円、最高速10Gbpsの回線なら月5,610円で利用できるので、とってもお得に使えます(2年契約の場合)。

乗り換え先3:auひかり(So-net光)

auひかりも最大1Gbpsの速度で全国的にサービスを提供しており、auのスマートフォンユーザー向けの割引が大きなメリットです。全国のいろいろな場所で安定した通信品質が期待できます。

5Gbpsという速度があるのもauひかりの特徴の一つです。下り最大10Gbpsが現行最速ですが、5Gbpsでも十分な速さが期待できます。

項目auひかり(So-net光)
初期費用¥42,424 (分割払い可能)
月額料金(マンション)¥2,500~ (割引後の料金)
月額料金(戸建て)¥2,880~ (割引後の料金)
通信速度最大1Gbps or 5Gbps or 10Gbps
対応エリア全国
解約手数料契約解除料最大¥16,500 (2年以内)
キャンペーンや特徴・各プランに割引項目が沢山
・乗り換えで最大¥40,000還元
公式サイトauひかり

auひかりは、高速で安定した光ファイバー接続を提供し、特にファミリー向けプランが人気です。

他のサービスと比較して高速プラン(5Gbpsや10Gbps)の料金がリーズナブルで、さらにauの携帯電話とセットで使用すると月額料金が割引されます。

オプションで電話やテレビサービスも追加が可能となっています。

乗り換え先4:ビッグローブ光

ビッグローブ光は月額料金が比較的安価であり、初期費用の割引キャンペーンが充実しています。

全国対応エリアとしては他のサービスと同等であり、コストを重視するユーザーに適しています。

項目ビッグローブ光
初期費用申込手数料¥1,100 + 回線工事費¥28,600 (分割払いで実質¥0)
月額料金(マンション)¥3,980~
月額料金(戸建て)¥4,980~
通信速度最大1Gbps or 10Gbps
対応エリア全国
解約手数料違約金¥3,000~4,620 (2年以内)
キャンペーンや特徴・最大¥123,304キャッシュバック
・回線工事費実質無料
・レンタルルーター無料
公式サイトビッグローブ光

キャンペーンの条件にもよりますが、キャッシュバックを受けることによってコスパ◎が期待できます。

今なら、下記公式サイトから申し込むことで、回線工事費用が実質無料になる上に利用後11ヶ月目に¥50,000キャッシュバックがありますので確認してみましょう。

乗り換え先5:フレッツ光

NTTフレッツ光はNTTグループが提供する安定したサービスであり、全国どこでも対応しています。

回線の質が信頼できるNTTグループが提供しているので、サービスの質を最優先するユーザーには適しています。

項目フレッツ光
初期費用契約料¥880 + 工事費例¥19,800 (分割可能)
月額料金(マンション)¥2,860~ + プロバイダ料金(→今なら¥2,530)
月額料金(戸建て)¥3,520~ + プロバイダ料金
通信速度最大1Gbps
対応エリア全国
解約手数料違約金¥4,400 (割引適用期間の満了月~翌々月は¥0)
キャンペーンや特徴・最大¥70,000キャッシュバック
・NTTグループの安定したサービス
公式サイトNTTフレッツ光

月々の費用が何と言っても安いですが、今ならキャンペーン中で¥2,530~利用することができます。

回線速度は最大1Gbpsで他プロバイダの10Gbpsと比較すると劣ってしまいますが、1Gbpsでも十分に速いです。

ぽむきゃっと
ぽむきゃっと

1Gbpsあれば、映画のストリーミング、オンラインゲーム、大容量データのダウンロードなどがスムーズに行えるにゃぁ

乗り換え先6:GMOとくとくBB光

GMOとくとくBB光は低価格で提供されており、キャンペーンを利用するとさらにお得になります。

項目GMOとくとくBB光
初期費用事務手数料¥3,300 + 回線工事費¥26,400 (分割可能、実質無料キャンペーンあり)
月額料金(マンション)¥3,773~
月額料金(戸建て)¥5,940~
通信速度最大1Gbps or 10Gbps
対応エリア関東、関西、中部、北海道の一部
解約手数料解約金免除キャンペーンあるため0円
キャンペーンや特徴・最大¥101,000キャッシュバック
・無料ファイバー設置
・回線工事費実質無料
公式サイトGMOとくとくBB光


通信速度は最大10Gbpsまで対応しており、特定の地域(関東、関西、中部、北海道の一部)に限定されています。

オプションサ-ビスでは、VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスやセキュリティソフト、Wi-Fiルーターのレンタルなどを提供しています。

GMOとくとくBB光は、新規契約者向けにキャッシュバックキャンペーンや月額料金の割引が頻繁に行われています。これにより、初期費用を抑えることが可能です。

タイトルとURLをコピーしました