【解明】人気が無いゆっくり実況の理由5選!動画投稿者が解説YouTube

{"A?":"B","a":5,"d":"B","h":"www.canva.com","c":"DAAAAAAAAAA","i":"dx","b":1617619524075,"A":[{"A?":"K","A":356.0567780509194,"B":597.3900159431064,"D":1110.634616285266,"C":685.6889013333333,"N":"title","a":{"A":[{"A?":"A","A":"ゆっくり実況\n人気が無い人\n理由5選\n"}],"B":[{"A?":"A","A":{"font-size":{"B":"171.55549333333354"},"tracking":{"B":"116.0"},"text-align":{"B":"center"},"font-family":{"B":"YADK30shh-I,0"},"text-transform":{"B":"uppercase"},"color":{"B":"#eff2f4"},"font-weight":{"B":"bold"}}},{"A?":"B","A":18},{"A?":"A","A":{"font-style":{"B":"normal"}}},{"A?":"B","A":1},{"A?":"A","A":{"font-size":{"A":"171.55549333333354"},"tracking":{"A":"116.0"},"text-align":{"A":"center"},"font-family":{"A":"YADK30shh-I,0"},"text-transform":{"A":"uppercase"},"color":{"A":"#eff2f4"},"font-weight":{"A":"bold"},"font-style":{"A":"normal"}}}]},"b":{},"j":{"A":[{"A":"splice","B":{"thickness":"0.8","offset":"0","angle":"-45","color":"#5e17eb"}}]},"d":"A","g":false,"h":"A"}],"B":2240,"C":1260}ゆっくり実況・解説

「ゆっくり実況投稿してるけど人気が無い…」

「ゆっくりって2021年でも人気になるの?」

このような悩みを持っていませんか?

ゆっくり実況は動画制作に時間がかかるので、人気がでなかったら生声実況以上に凹みますよね。

私自身もゆっくり解説の動画を現役で投稿しているため、気持ちがよく分かります。

今回はその様な状況を変えるために人気が無いゆっくり実況の特徴&理由を解説していきます。

記事製作者cHask

スポンサーリンク

人気が無いゆっくり実況の理由5選

ジャンルがマイナーすぎる

ゆっくり実況は編集の労力が大変かかるため、通常の実況者に比べてライバルが少ないです。

しかし、ファンになってくれる(登録してくれるかた)視聴者さんも少ないです。

2021年現在、ゆっくり実況で登録者数日本一は「たくっち」さんで登録者数は108万人。

一方で中高生からの人気日本1の「はじめしゃちょー」さんは914万人。

単純に考えると、ゆっくり動画の市場は通常の動画市場の9分の1しか無いことになります。

(通常の動画市場の投稿者はゆっくり投稿者の9倍以上いるので視聴者当たりのライバルは少ない)

そのため、マイナーすぎるゲームやジャンルでゆっくりを用いると見てくれる視聴者さんが限られてしまいます

人気が無い場合はある程度知名度のあるゲームやジャンルでゆっくり動画を投稿する事をオススメします。

YouTube上では学生層が一番アクティブに活動しているため、若者向けのジャンルで活動するべきです。

ゲーム実況であれば小学生、中学生に人気なニンテンドーSwitch系列の作品などですね!

ゆっくり実況に向いているゲームの特徴は下の記事で紹介しているので合わせて読むことをおススメします。

人気が出るゆっくり実況に向いてるおススメゲーム3選!

投稿頻度が低すぎる

ゆっくり動画は動画編集時間が長くなってしまうため、投稿頻度が低くなりがちです。

投稿者によっては1ヶ月に1本も出せ無い方もいるくらいです。

通常、YouTubeアルゴリズムに動画投稿の頻度は大きく影響しません。

Youtubeの動画投稿頻度はアルゴリズムに影響する?現役投稿者解説

しかし、ゆっくり動画で

  • あまりにも動画投稿の頻度が低い
  • 動画本数が少ない

これらの場合は話が別です。

まず、ゆっくりの動画は通常の動画よりも長い期間をかけてジワジワと視聴回数が伸びていく傾向にあります。

しかし、ジワジワ伸びていくという事は動画本数がある程度存在しないと大きな視聴回数にはなりません。

そのため、投稿頻度を上げて動画本数を増やす必要があります。

特に、動画のクリック率&視聴者維持率に問題が無いのにチャンネルの人気が無い方は投稿頻度が低さが理由である事が多いです。

と言っても、動画編集にかかる時間はそれぞれであり

仕事や学業の進み具合によっても変わるため改善する事は非常に難しいです。

役に立つかは分かりませんが、私の動画編集の効率化方法をまとめた記事を下に紹介しています。

YouTubeの動画編集を効率化5選!毎日投稿した方がいいの?現役投稿者が実践

クオリティが低い

ゆっくり動画の人気が無い理由には単純に動画のクオリティ(面白さや分かりやすさも含めて)が低い事が原因である場合もあります。

ゆっくり動画は多くの実況者が同じキャラクターを同じ機械音声を用いて作っています。

そのため、台本を除けば動画のクオリティ差が出にくい動画に仕上がります

しかし、人気が無いゆっくり動画には

  • 字幕が無い(必要な箇所で)
  • BGMが大き過ぎる
  • セリフ量が少ない(間が多い)
  • 画質音質が悪い

これらの特徴が見られます。(体験談も有り)

これらの特徴があると動画のクオリティが下がり、視聴者さんが動画を離脱しやすくなります。

そのため、人気を出したい場合は他のゆっくり実況者さんが当たり前に行なっているクオリティまで引き上げる必要があります。

基本的な動画のクオリティさえあれば、台本があまり面白く無くても安定して見てもらう事が出来ます。

初投稿から期間が短い

YouTubeではどれだけ面白い動画を作っても

投稿初期から人気になるという事はほとんど無いです。

実際に、私のチャンネルでも登録者数が1000人を超えるのに4ヶ月ほどかかりました。

YouTubeチャンネル登録者数5000人突破までの推移&伸び方を解説!

元々知名度のある方であればすぐに伸びますが、基本的にはゆっくり時間をかけて伸びていくことが普通です。

そのため、まだ投稿初期であれば時間が経つまで我慢するしかありません。

投稿本数30本あるいは初投稿から半年経つまでは人気を気にせずに動画投稿する事をオススメします。

クオリティが十分あり、マイナー過ぎなければ必ずどこかのタイミングでチャンネルがバズります。

投稿者の人格が避けられている

人気が出ない理由は動画では無く、他のSNSでの発言にあるかもしれません。

動画投稿者の多くはTwitterやInstagramで日々の活動を視聴者さんに知らせています。

しかし、中には視聴者さんにとってあまり心地よく思わない発言をしている方もいます

人それぞれの相性もありますが、大多数の方が見て心地良く思わない発言をしている場合は動画の内容が良くても視聴者さんはチャンネルの事を良く思いません。

動画を投稿している以上は動画外の発言にも気をつける事をオススメします。

また、発言以外でも相互登録やTwitterで相互フォローをしていると印象は最悪です。

登録者数はTwitter相互フォローで伸びなくなる理由3選!

スポンサーリンク

まとめ

  • ジャンルがマイナーすぎる
  • 投稿頻度が低すぎる
  • クオリティが低い
  • 初投稿から期間が短い
  • 投稿者の人格が避けられている

以上の5つがゆっくり実況で人気が出ない理由でした。

今、ゆっくりを投稿していて人気が無い方(登録者数1000人以下)は下の記事も合わせて読むことをオススメします。

2021年チャンネル登録者1000人到達までやってよかったこと4選

コメント

タイトルとURLをコピーしました