本サイトではASP広告を利用しています

DavinciResolve用おすすめ安いノートパソコン6選!推奨スペックや選び方を解説

ノートパソコン
この記事がオススメな人
  • DavinciResolveを使いたい
  • DavinciResolveの推奨スペックは?
  • DavinciResolve用ノートPCが欲しい

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事ではDavinciResolveにおすすめの安いノートパソコンを紹介しています。

DavinciResolveへ必要な推奨スペックや選び方を解説しているので、DavinciResolve用ノートパソコンを探している場合は参考にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

DavinciResolveの推奨スペック一覧

必要動作スペック

Davinci Resolveの必要動作スペックは下表になっており、一般的なノートパソコンでも満たせるスペックになっています。

Davinci Resolve必要動作スペック
OSmacOS 10.13.6以上
Windows 10以上
CPU3GHz以上のCPU
グラフィックス内蔵GPU
メモリ8GB以上

ただし、CPUの条件は直近2~3年に発売されたミドルレンジ以上のCPUでなければ超えることが難しいです。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンド超ローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
用途や
できること
3Dゲーム開発
VRゲーム
PCゲーム
プログラミング
動画編集
軽量なPCゲーム
動画視聴
文章作成
ネットサーフィン
軽量なSNSの閲覧
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

3GHz以上の条件を満たせないCPUは多いので、Davinci Resolve用のノートパソコンを探している場合は注意が必要です。

また、メモリは8GB以上が推奨されており、8GB未満しか搭載していない格安ノートパソコンではDavinci Resolveは重すぎて動きません。

メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。
作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。

←ストレージ、メモリ→

複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。

家電量販店で販売されているノートパソコンには「メモリ4GB」「3GHz未満のCPU」があるため、Davinci Resolve用ノートパソコンを探している場合はBTOパソコンメーカーがオススメです。

BTO(Build to Order)パソコンメーカーは、顧客の要求に合わせてカスタマイズされたパソコンを提供する企業です。
これらのメーカーは、顧客が自分のニーズや予算に合わせてPCを構成できるように、様々なオプションを提供しています。
(代表的なBTOパソコンメーカー:「マウスコンピューター」「パソコン工房」)

出典元:マウスコンピューター

BTOパソコンメーカーの利点は、顧客が自分のニーズに合わせてパソコンを注文できることです。
これによって不要な部品を省くことができ、コストを節約できるだけでなく、特定の用途や目的に最適化されたパフォーマンスを実現できます。

また、BTOパソコンメーカーは直接顧客にPCを販売するため、中間業者や小売業者の手数料を支払う必要がありません。
このため、製品の価格が家電量販店のPCよりも低くなる傾向があります。

一部のBTOメーカーはゲーミングPCやビジネス向けPC、クリエイター向けPCなど、特定の市場に特化したモデルも販売しています。

推奨スペック

Davinci Resolveの推奨スペックは下表になっており、グラフィックボードの搭載が推奨されています。

Davinci Resolve推奨スペック
OSmacOS 10.13.6以上
Windows 10以上
CPUIntel Core i7 7700K以上
Appleシリコン
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX1080以上
※VRAM8GB未満では4Kのタイムラインを構成できない
メモリ16GB以上

グラフィックボードがなければフルHD以上の動画を快適に編集できないため、本格的に動画編集をするならグラボが必須です。

グラフィックボード(グラボ):画像や映像を表示するための部品が集積されたPCパーツ。
連続的な演算処理能力に優れており、ゲーミングPCには搭載されている。
非搭載の場合はCPU内蔵パーツ(内蔵GPU)が同じ働きをするが、性能はグラボより低い。

ちゃすく
ちゃすく

PCゲームやライブ配信で映像を処理するために使われるPCパーツです。
でも、価格が高いので一般的なパソコンには搭載されてません。

推奨されているグラボは2016年に発売されたハイエンドモデルのGeForce GTX1080なので、当時のプロゲーマーや人気配信者が使っていたほどのグラフィック性能があります。

現在でもCPU内蔵GPUでは超えられないスペックなので、フルHD以上の動画を滑らかなに編集したい場合は必須のPCパーツです。

CPUは2017年に発売されたIntelのハイエンド以上が推奨されており、グラボと合わせると2017~2018年時のハイスペックゲーミングPCほどの性能があります。

ちゃすく
ちゃすく

実質、Davinci Resolveには2017年時のハイスペックゲーミングPC以上が推奨されている感じ

スポンサーリンク

Davinci Resolve用おすすめ安いノートパソコン6選

ここからはDavinci Resolveにおすすめの下記ノートパソコンを紹介していきます。

パソコン工房 SENSE-15FH127-i7-UHSX

Davinci Resolveにオススメしたい1台目の安いノートパソコンは、パソコン工房の「SENSE-15FH127-i7-UHSX」です。

パソコン工房:SENSE、ノートPC
出典元:パソコン工房

SENSE-15FH127-i7-UHSXの価格は104,800円であり、パソコン工房のクリエイター向けPCです。

項目SENSE-15FH127-i7-UHSX
OSWindows 11
CPUIntel Core i7 12650H(10コア16スレッド)
グラフィックスIntel Iris Xe Graphics
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

グラボ非搭載ノートPCですが、Intelの高性能内臓GPUを搭載しており、Davinci Resolveの最低動作スペックを上回っています。

特徴
  • Windowsなので幅広いソフトに対応
  • 15.6インチの大きめディスプレイ
  • 安心安全の国内メーカー
  • 16GBの大容量メモリを搭載
    →動画編集ソフトと他ソフトの同時起動可能
  • 高性能内蔵GPU
    →フルHD未満や短いフルHDの編集に対応
  • 最大36回までクレカなしで分割払い可能

M.2SSDなので起動や読み込みも早く、16GBのメモリを搭載していることでグラボなしでもDavinci Resolveの編集が重くなりにくいです。

ディスプレイサイズが15.6インチなのでデスクトップ用モニターより小さいですが、ノートPCであれば十分すぎるサイズです。

マウスコンピューター mouse F4-I5U01CG-A

Davinci Resolveにオススメしたい2台目の安いノートパソコンは、マウスコンピューターのノートPC「mouse F4-I5U01CG-A」です。

出典元:マウスコンピューター

mouse F4-I5U01CG-Aの価格は119,800円であり、具体的なパソコンスペックは下表になります。

項目mouse F4-I5U01CG-A
OSWindows 11 Home
CPUIIntel Core i5-1240P
グラフィックスIntel Iris Xe Graphics
メモリ16GB
ストレージSSD:256GB

CPUにIntelの12世代ミドルクラスを採用しており、軽量な2D系PCゲームもプレイできるIris Xe Graphicsを内蔵しています。

特徴
  • Windowsなので幅広いソフトに対応
  • 14インチディスプレイで持ち運び対応
  • 安心安全の国内メーカー
  • 16GBの大容量メモリを搭載
    →動画編集ソフトと他ソフトの同時起動可能
  • 高性能内蔵GPU
    →フルHD未満や短いフルHDの編集に対応
  • 最大36回までクレカなしで分割払い可能

14インチの小さめサイズなので、どこでも持ち運んでDavinci Resolveを編集したい場合にオススメのモデルです。

マウスコンピューター G-Tune P6-A7G50BK-A

Davinci Resolveにオススメしたい3台目の安いノートパソコンは、マウスコンピューターの「G-Tune P6-A7G50BK-A」です。

出典元:マウスコンピューター

G-Tune P6-A7G50BK-Aの価格は139,800円であり、ミドルクラスのゲーミングPCになります。

項目G-Tune P6-A7G50BK-A
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 7 7735HS
メモリ16GB
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop
ストレージSSD:512GB

Davinci Resolveの推奨スペックをCPUやメモリで上回っており、RTX3050のグラフィックボードを搭載しています。

特徴
  • Windowsなので幅広いソフトに対応
  • リフレッシュレート165Hz対応液晶パネル搭載
  • 8コア16スレッドのRyzen 7によりマルチタスク性能も高い
  • 14インチディスプレイで持ち運び対応
  • 16GBの大容量メモリを搭載
    →動画編集ソフトと他ソフトの同時起動可能
  • FPSやクリエイター向けソフトへオススメのRTX3050搭載
  • 最大36回までクレカなしで分割払い可能
  • 安心安全の国内メーカー

14万円以内の低価格でグラフィックボードを搭載しているので、できるだけDavinci Resolveを低予算で使いたい場合はオススメです。

パソコン工房 SENSE-15FX155-i7-PLSX

Davinci Resolveにオススメの安いノートパソコン4台目は、パソコン工房のノートPC「SENSE-15FX155-i7-PLSX」です。

パソコン工房:SENSE、ノートPC
出典元:パソコン工房

SENSE-15FX155-i7-PLSXの価格は174,700円であり、具体的なパソコンスペックは下表になります。

項目SENSE-15FX155-i7-PLSX
OSWindows 11
CPUIntel Core i7 13700H(14コア20スレッド)
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4050
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

Intelの13世代ハイエンドCPUと2023年に発売されたNVIDIAのグラフィックボードを搭載しており、Davinci Resolveの編集やPCゲームも可能なスペックです。

特徴
  • 15.6インチの大きめディスプレイで編集できる
  • 14コア20スレッドのCPUなので、マルチタスク性能も高い
  • RTX4050でグラフィックスの処理性能が高い
    →&GBのビデオメモリで4K編集に対応
  • 16GBの大容量メモリを搭載
    →動画編集ソフトと他ソフトの同時起動可能
  • 最大36回までクレカなしで分割払い可能
  • 安心安全の国内メーカー

パソコン工房であれば36回まで分割払いでき、故障などがあっても各都道府県のパソコン工房実店舗やオンラインで修理をお願いできるのでオススメです。

マウスコンピューター G-Tune E5-I7G60BK-A

Davinci Resolveにオススメしたい5台目の安いノートパソコンは、マウスコンピューターのノートPC「G-Tune E5-I7G60BK-A」です。

出典元:マウスコンピューター

G-Tune E5-I7G60BK-Aの価格は239,800円であり、具体的なPCスペックは下記の通りです。

項目G-Tune E5-I7G60BK-A
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-13650HX
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop
メモリ16GB(増設可能)
ストレージSSD:500GB

IntelのハイエンドCPU、グラフィックボードとしてコスパに優れたRTX 4060 Laptopを搭載したモデルです。

特徴
  • 15インチの大きめディスプレイを搭載
  • RTX4060でグラフィックスの処理性能が高い
    →&GBのビデオメモリで4K編集に対応
  • リフレッシュレート240Hz対応液晶パネル搭載
    →PCゲームを240fpsでプレイ可能
  • 14コア20スレッドのCore i7でスペックが高い
  • 16GBのメモリでPCゲームや動画編集も快適
  • 500GBのSSDでソフトやPCの起動が早い
  • クレカなしで最大36回まで分割払いでき、分割払い手数料0円
  • 国内生産のマウスコンピューターなので安全&安心

デスクトップPCのゲーミングPCにも負けないスペックがありながら25万円以内の低価格で購入できるため、破格の安さと言えます。

マウスコンピューター G-Tune E6-A7G70BK-A

Davinci Resolveにオススメの安いノートパソコン6台目は、マウスコンピューターのノートPC「G-Tune E6-A7G70BK-A」です。

出典元:マウスコンピューター

G-Tune E6-A7G70BK-Aの価格は279,800円であり、具体的なPCスペックは下記の通りです。

項目G-Tune E6-A7G70BK-A
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 7 7840HS
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop
メモリ32GB(増設可能)
ストレージSSD:1TB

コスパに優れたRyzen 7 7840HS、ノートパソコン向けグラボでトップクラスの性能を持つRTX 4070 Laptopを搭載したモデルです。

特徴
  • 16インチの大きめディスプレイを搭載
  • RTX4070でグラフィックスの処理性能が高い!
    →&GBのビデオメモリで4K編集に対応
  • リフレッシュレート240Hz対応液晶パネル搭載
    →PCゲームを240fpsでプレイ可能
  • 8コア16スレッドのRyzen 7でスペックが高い
  • 32GBのメモリでPCゲームや動画編集も快適
    →YouTubeへの高画質ゲーム配信もできる
  • 1TBのSSDでソフトやPCの起動が早い
    →フルHD(1080p)動画なら約166時間分保存できる
  • クレカなしで最大36回まで分割払いでき、分割払い手数料0円
  • 国内生産のマウスコンピューターなので安全&安心

デスクトップのゲーミングPCにも負けないスペックがありながら30万円以内の低価格で購入できるため、破格の安さと言えます。

金額自体は大きいものの、最大36回まで分割払いできるため、人気クリエイターを目指す場合はオススメのモデルです。

Davinci Resolveにおすすめのノートパソコンの選び方

Davinci Resolveにおすすめのノートパソコンを選ぶ時はいくつかの注意点があるため、各PCパーツごとに解説していきます。

選び方1:OS

Davinci ResolveではWindowsまたはmacOSを利用でき、基本的にはどちらを選んでも動画編集できます。

ただし、WindowsとmacOSには下記の違いがあるため、安く買いたい場合はWindowsを選ぶとよいでしょう。

  • Windows:幅広いソフトウェアに対応しており、MacBookよりもコスパが高い
  • macOS:Rentaディスプレイで現実に近い描画が可能、性能の当たり外れは無い

もちろん、予算があればMacBookを選んでも快適に動画編集できるため、自身の用途や予算に合わせて選んでください。

選び方2:CPU

Davinci Resolveでは下表のCPUが必要であり、「2017年以降に発売されたハイエンドモデル以上のCPUが必要」と考えるとよいでしょう。

Davinci Resolve必要動作スペック推奨スペック
CPU3GHz以上のCPUIntel Core i7 7700K以上
Appleシリコン

また、2020年以降に発売されたミドルレンジ以上のCPUであれば2017年以降に発売されたハイエンドモデルに相当する性能があります。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンド超ローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
用途や
できること
3Dゲーム開発
VRゲーム
PCゲーム
プログラミング
動画編集
軽量なPCゲーム
動画視聴
文章作成
ネットサーフィン
軽量なSNSの閲覧
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能
ちゃすく
ちゃすく

CPUの性能は年々上がっているので、新しいCPUならハイエンド相当以上の性能があります

ミドルレンジCPUはハイエンドCPUよりも低価格で搭載できるため、Davinci Resolveが使えるノートパソコンを安く手に入れたい場合はミドルレンジでもよいでしょう。

もしCPUのスペックがよくわからない場合は「Davinci Resolve用おすすめ安いノートパソコン6選」を参考にしてください。

選び方3:グラフィックス

Davinci Resolveでは下表のグラフィックス性能が推奨されており、フルHD未満や短い動画であればグラフィックボード非搭載でも編集できます。

Davinci Resolve必要動作スペック推奨スペック
グラフィックス内蔵GPUNVIDIA GeForce GTX1080以上
※VRAM8GB未満では4Kのタイムラインを構成できない
ちゃすく
ちゃすく

1分動画なら内蔵GPUでも編集できる

一方、10分程度のフルHD動画をDavinci Resolveで編集したい場合はGTX1080以上のグラフィックボードが必要になります。

GTX1080は2017年にプロゲーマーやトップクリエイターが使っていたほどの性能があり、最新CPUの内蔵GPUでもGTX1080の性能は超えられません。

既にGTX1080を搭載したパソコンは発売されていませんが、現在のパソコンであればRTX3060がGTX1080に近い性能を持っています。

RTX3060以上を搭載したパソコンであれば15万円以内の低価格なので、現在ならDavinci Resolve用のパソコンを安く購入できます。

スポンサーリンク

選び方4:メモリ

Davinci Resolveでは最低でも8GB以上、可能であれば16GB以上のメモリが推奨されています。

Davinci Resolve必要動作スペック推奨スペック
メモリ8GB以上16GB以上

メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。

←ストレージ メモリ→

作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。
複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。

ちゃすく
ちゃすく

メモリが不足すると「PCが重くなる」「ソフトが急に落ちる」などの不具合で発生します

ただし、実際にはDavinci Resolveと一緒に他のソフトを使うケースが多いため、16GB以上のメモリはもはや必須です。

むしろ4K動画を編集する際は16GBのメモリでも足りないため、32GB以上のメモリが必要になってきます。

ちゃすく
ちゃすく

メモリが足りなくなるとフリーズや落ちる原因になります

メモリ不足はパソコンやソフトの動作に直接的な影響を与えるため、余裕のあるメモリ容量を選んでおきたいです。

もしメモリのスペックがよくわからない場合は「Davinci Resolve用おすすめ安いノートパソコン6選」を参考にしてください。

選び方5:ストレージ

Davinci Resolveの推奨スペックではストレージの条件が提示されていませんが、動画編集をするのであればSSDを搭載したパソコンがオススメです。

SSDはHDDよりも読み込み速度が速く、パソコンやソフトの起動がスムーズになります。(下グラフ)

出典元:https://note.cman.jp
比較HDDSSD
価格安い少し高い
保存容量多い少ない
転送速度遅い速い
本体の寿命約3年約5年
衝撃への耐性壊れやすい壊れにくい

パソコン工房などのゲーミングPCであればSSD搭載が当たり前なので気にする必要はありませんが、家電量販店などでPCを選ぶ場合は注意してください。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました