光回線乗り換えで最大10万円プレゼント!詳細はこちら
PR

SoftBank光をソフトバンクユーザー以外が使うメリット3選!オプションやおすすめ光回線5選を解説

光回線
この記事がオススメな人
  • ドコモだけどSoftBank光を使いたい
  • auでもSoftBank光を使える?
  • SoftBank光を使うメリットは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から書くと、SoftBankユーザー以外がSoftBank 光を使うメリットには下記があります。

  • マンションタイプや10Gbpsプランの月額料金が安い
  • 田舎や都会でも安定した高速通信
  • Yahoo! BBプレミアムや光BBユニットなどのオプション

Yahoo! BBプレミアムにはLINEやPayPayの特典を受けられる「LYPプレミアム」が含まれており、下記のようなサービスがあります。

Yahoo! BBプレミアムの特典
  • 1200万種類以上の有料LINEスタンプを利用可能
  • PayPayの基本還元率アップ
  • Yahoo!ショッピングのPayPay還元率2%アップ
  • 会員限定のPayPayクーポン
  • LINEのアルバムがオリジナル画質へ対応
  • Yahooメールで追加で10個作成可能
  • 50GBのクラウドストレージを使える

マンションタイプや10Gbpsプランの基本料金はドコモやauよりも安く、上記の特典を受けられるオプションを追加できるため、SoftBankユーザー以外でも十分なメリットがあります。

今なら最大25000円分のキャッシュバックがあるため、SoftBankユーザー以外でもオススメです。

スポンサーリンク

SoftBank光の基本情報や料金

SoftBank 光は、ソフトバンク株式会社が提供する光回線インターネットサービスです。

SoftBank 光は最大10Gbpsの高速通信が可能で、全国で安定したインターネット接続を提供しています。

項目Softbank光
月額料金戸建て1Gbps:5,720円、戸建て10Gbps:6,380円
マンション1Gbps:4,180円、マンション10Gbps:6,380円
契約期間の縛り縛りなし、2年、5年から選べる
解約違約金5,720円、オプションありでも最大16,500円まで
開通工事費の残金
開通工事費4,620円または31,680円
(新規乗り換えであれば2年利用で無料)
IP v6プラス対応
特典最大25,000円キャッシュバック
他社からの乗り換えで6か月間は月額料金980円
光回線開通までSoftBank AirかポケットWi-Fiの無料レンタル可能
Softbankユーザーは追加の割引あり
支払い方法クレジットカードまたは口座振替

光BBユニットや開通までのSoftBank Air無料レンタルなどのオプションも充実しています。

SoftBank 光ではNTTのフレッツ光回線を利用しており、全国的に広いエリアで安定したサービスを提供しています。
NTTフレッツ光回線を契約するのと同じであるため、地方でも安定した高速インターネットを利用できるのが魅力です。

さらに、SoftBank 光では固定IPアドレスの提供やIPv6高速インターネット接続といった追加サービスも利用可能です。

スポンサーリンク

SoftBank光はSoftBankユーザー以外でも契約できる?

結論から書くと、SoftBank 光はSoftBankユーザーやYmobileユーザー以外でも契約できます。

ただし、SoftBankやYmobileのスマホ回線を契約している人であればSoftBank 光とセットで契約するとスマホの月額料金が1100円引きになります。

他のスマホキャリアではスマホの月額料金が割引にならないため、SoftBank 光を契約する場合はSoftBankまたはYmobileユーザーがお得です。

とはいえ、SoftBankやYmobileユーザー以外がSoftBank 光を使うメリットもあるので、詳しい内容を解説していきます。

スポンサーリンク

ソフトバンクユーザー以外でも使えるメリット3選

ソフトバンクユーザーでなくても、SoftBank 光には以下のようなメリットがあります。

価格競争力が高い

SoftBank 光は月額料金が比較的安価で、他の光回線サービスと比べても十分コストパフォーマンスが高いです。

実際に大手3キャリアで光回線のプランを比較すると、「マンションの1Gbps」や「10Gbps」ではSoftBank 光が最安になっています。

光回線SoftBank光ドコモ光auひかり
戸建て契約1Gbps:5720円
10Gbps:6380円
1Gbps:5720円
10Gbps:6380円
1Gbps:5610円
10Gbps:6468円
マンション契約1Gbps:4180円
10Gbps:6380円
1Gbps:4400円
10Gbps:6380円
1Gbps:4180円
10Gbps:6468円

数百円の差ですが、少しでもお得に光回線を契約したい場合はSoftBank 光を検討してもよいでしょう。

また、SoftBank 光には下記のキャンペーンやキャッシュバックがあり、SoftBankユーザー以外でもお得です。

  • 10Gbpsの契約は6ヶ月目まで月額500円で使える!
  • 最大25000円分のキャッシュバック
  • 回線が開通するまでSoftBank AirかポケットWi-Fiの無料レンタル可能
  • 他社からの乗り換えなら6ヶ月目まで月額980円で使える
  • 他社からの乗り換えでかかる違約金をSoftBank 光が全額負担
  • 2年払いなら回線工事費用全額割引

上記のような初期費用のキャッシュバックキャンペーンや割引プランも多く、利用開始時の負担を軽減できます。

安定した通信速度

SoftBank 光は最大10Gbpsの契約が可能であり、PCゲームをプレイする方や大家族で利用したい方にオススメです。

1Gbpsの契約でも実測で500Mbpsほどの通信速度があるため、人気ゲームや動画視聴を十分楽しめます。

ちゃすく
ちゃすく

FPSやMMORPGなどのPCゲームは300Mbps以上の速度があれば十分快適なので、SoftBank 光なら1Gbpsの契約でも十分

また、SoftBank 光はIPv4だけでなく、IPv6のプロトコルにも対応しており、光回線が混雑する時間帯でも安定した高速通信が可能です。

IPv4やIPv6とは、インターネット上のデータ通信のための基本的なプロトコルである「インターネットプロトコル(Internet Protocol)」のバージョンを指します。
IP(Internet Protocol)は、データがどの経路を通って送信されるかを決定し、送受信されるデータのパケット化(小さなデータの単位に分割)を行います。
現在、主に使用されているIPのバージョンにはIPv4とIPv6の2つがあり、IPv6が新しいです。

IPv4とIPv6には下表の違いがあり、アドレスの割り当てが速く、セキュリティが強固なIPv6はIPv4よりも通信が高速で安定しやすいです。

項目IPv4IPv6
アドレスの形式
と供給量
32ビットのアドレス、ドットで区切られた10進数
(例: 192.168.1.1)
約43億のアドレスを提供するが、
インターネットの急速な拡大によりアドレスが不足中
128ビットのアドレス、コロンで区切られた16進数
(例: 2001:0db8:85a3:0000:0000:8a2e:0370:7334)
ほぼ無限とも言える約340澗のアドレスを提供し、
将来的なインターネット拡張に対応
自動設定の機能DHCPでデバイスにIPアドレスを割り当て
混雑時には時間がかかる
DHCPだけでなく、SLAACでデバイスが自動的にアドレスを生成
アドレスを生成するので混雑時でも時間がかからない
セキュリティ機能セキュリティは考慮されておらず、
追加のセキュリティ措置を施す必要あり
IPsec(安全なインターネットプロトコル)
がデフォルトで組み込み済み
パケットの構造ヘッダが比較的複雑
オプションが含まれる場合があり
ヘッダが単純化されており、処理が高速化
オプションは拡張ヘッダとして分離

実際に光回線が混雑しやすい20時台にIPv4とIPv6で通信速度を比較すると下画像ほどの違いがあります。

SoftBank 光であればIPv6の高速通信がデフォルトになっているため、混雑しやすい時間や地域でも安定した高速通信を利用できます。

多彩なオプション

SoftBank 光には下記のオプションなどがあり、SoftBankユーザー以外でも申し込めるオプションばかりです。

  • 光BBユニット(月額513円)
  • Yahoo! BBプレミアムを月額605円で利用可能
    →特典内容にはLYPプレミアムも付属
  • BBセキュリティ
  • ホワイト光電話

特にYahoo! BB「プレミアム」は「1,200万種類以上の対象スタンプが使える」「会員限定PayPayクーポン」などの特典があるため、日常生活でも役立ちます。

ちゃすく
ちゃすく

他にも「Yahooメールを10個まで追加で作成できる」「50GBのオンラインストレージを利用できる」などのメリットがあります

LINEやPayPayであればSoftBankユーザーでなくても利用している方が多いため、オプション目当てでSoftBank 光を利用するのもオススメです。

スポンサーリンク

SoftBank光と他社の光回線を比較

SoftBank 光と他社の光回線を比較すると下表のようになっており、単純な月額料金だけであれば楽天ひかりNURO 光の方が安いです。

項目Softbank光auひかりドコモ光楽天ひかりNURO光GMOとくとくBB光
月額料金戸建て1Gbps:5,720円、戸建て10Gbps:6,380円
マンション1Gbps:4,180円、マンション10Gbps:6,380円
戸建て1Gbps:5,610円、戸建て10Gbps:6,468円
マンション1Gbps:4,180円、マンション10Gbps:6,468円
戸建て1Gbps:5,720円、戸建て10Gbps:6,380円
マンション1Gbps:4,400円、マンション10Gbps:6,380円

戸建て1Gbps:5,280円、マンション1Gbps:4,080円
2Gbps:5200円~
10Gbps:5700円
戸建て1Gbps:5,390円、戸建て10Gbps:5,940円
マンション1Gbps:4,290円、マンション10Gbps:5,940円
契約期間の縛り縛りなし、2年、5年から選べる縛りなし、2年、3年から選べる2年縛り2年または3年から選べる2年または3年縛りなし
解約違約金5,720円、オプションありでも最大16,500円まで
開通工事費の残金
7,700円~16,500円
開通工事費の残金
マンション契約4,180円、戸建て契約5,500円
開通工事費の残金
マンション契約4,180円、戸建て契約5,280円
開通工事費の残金
解約手数料¥3,740~4,400
+基本工事費の未払分最大\44,000
0円、開通工事費の残金がある場合は支払いが必要
開通工事費4,620円または31,680円
(新規乗り換えであれば2年利用で無料)
戸建て契約41,250円、マンション契約33,000円
(契約期間の縛りに合わせて分割払いすれば実質無料になる)
新規申し込みであれば開通工事費は無料
3,300円~22,000円
事務手数料\3,300、工事費¥44,000 (分割可能)3,300円~26,400円
(3年利用すると実質無料になるキャンペーンあり)
IP v6プラス対応対応対応対応対応対応
特典最大25,000円キャッシュバック
他社からの乗り換えで6か月間は月額料金980円
光回線開通までSoftBank AirかポケットWi-Fiの無料レンタル可能
Softbankユーザーは追加の割引あり
最大40,000円キャッシュバック
他社からの乗り換えで23か月間1980円~へ割引
IP v6プラス対応Wi-Fiルーターを6か月間無料レンタル可能
auユーザーやauスマートパス加入者は追加割引あり
最大40,000円キャッシュバック
最大17,000円分のdポイントをプレゼント
IP v6プラス対応Wi-Fiルーターを無料レンタル可能
ドコモユーザーは追加割引あり
6か月間月額基本料無料
楽天モバイルとセットで楽天市場での還元率7倍
他社解約金最大\60,000還元
工事費用実質
無料

最大101,000円キャッシュバック
高性能Wi-Fiルーター無料レンタル可能
支払い方法クレジットカードまたは口座振替クレジットカード支払い、口座振替、コンビニ支払いクレジットカード支払い、口座振替クレジットカード支払い、口座振替、楽天銀行デビットカードクレジットカード、口座振替、キャリア決済クレジットカード払いのみ
公式サイトSoftBank 光auひかりドコモ光楽天ひかりNURO 光GMOとくとくBB光

ただし、楽天ひかりは最大1Gbpsまでしか契約できないため、プロゲーマーや大家族では回線が遅いと感じるかもしれません。

また、NURO 光には1Gbpsのプランが存在しないため、一人暮らしやネットをあまり利用しない人にとっては割高になりやすいです。

各社によって光回線の価格や最大速度に特徴があるため、自身の生活スタイルや家族の人数に合わせてプランを選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク

SoftBank光以外のおすすめ光回線5選

SoftBank光以外のおすすめ光回線には下記があるため、詳しい価格や特徴を解説していきます。

SoftBank以外1:NURO光

NURO 光は最大2Gbpsという高速通信が可能で、特に関東地方でのサービス提供が強みです。

項目NURO光
初期費用事務手数料¥3,300、工事費¥44,000 (分割可能)
月額料金(マンション)¥5,200~
月額料金(戸建て)¥5,200~
通信速度最大2Gbps or 10Gbps
対応エリア主に近畿・東海・関東・北海道
解約手数料¥3,740~4,400 + 基本工事費の未払分最大¥44,000
キャンペーンや特徴・工事費用実質無料
・他社違約金最大¥60,000還元
公式サイトNURO 光

通常他のプロバイダであれば、下り最速1Gbpsですが、NURO 光は最大2Gbpsとなっているので、およそ2倍の速度で通信することも可能です。

大量のダウンロードやアップロードをする人や、オンラインゲームを行う人にとっては、最適と言えます。

また、キャンペーンによって初期費用が無料&他社違約金も還元しているので、コストパフォーマンスが非常に高いです。

SoftBank以外2:ドコモ光

ドコモ光は、全国的な提供エリアと安定した通信品質を誇るインターネットサービスです。特にドコモのモバイルユーザーにとって、ドコモ光は非常に魅力的な選択肢と言えます。

ドコモ光の最大の特徴は、ドコモのモバイルサービスと組み合わせることで適用されるセット割引です。この割引により、通信費の総額を大きく抑えることができます。

ぽむきゃっと
ぽむきゃっと

都会だけじゃなくて郊外でも高速インターネットを利用できるにゃぁ~!

また、ドコモ光はNTT回線を利用しているので、全国どこでも利用することができ、一貫した高品質のサービスを提供しています。

項目ドコモ光
初期費用事務手数料\3,300
工事費¥22,000(分割可能)
月額料金(マンション)¥4,400~+ プロバイダ料金
月額料金(戸建て)¥5,720~+ プロバイダ料金
通信速度最大1Gbps or 10Gbps
対応エリア全国
解約手数料¥2,970~  14,300
(契約満了月の当月~翌々月は\0)
キャンペーンや特徴・工事費用無料
・最大\40,000キャッシュバック
公式サイトドコモ光

ドコモ光はコスパに優れ、全国どこでも安心して利用できるため、多くの家庭や企業にとって最適なインターネット環境を提供します。

ドコモの携帯電話をお使いの方には特におすすめのサービスとなっています。

SoftBank回線を利用している間はスマートフォンもSoftBankを利用している人も多いですが、ドコモ回線に乗り換えるならahamoを利用するのが一番おすすめです。

月20GBを2,970円で利用できて月額料金も安くできます。大盛りプランもあるので、月100GBを4,950円で利用することができます。

安心なドコモ回線を使用できるので、日本国内どこでも安心です。

ahamo契約者のみが契約できるahamoひかりは1Gbpsなら月額3,630円、最高速10Gbpsの回線なら月5,610円で利用できるので、とってもお得に使えます(2年契約の場合)。

SoftBank以外3:auひかり

auひかりも最大1Gbpsの速度で全国的にサービスを提供しており、auのスマートフォンユーザー向けの割引が大きなメリットです。全国のいろいろな場所で安定した通信品質が期待できます。

5Gbpsという速度があるのもauひかりの特徴の一つです。下り最大10Gbpsが現行最速ですが、5Gbpsでも十分な速さが期待できます。

項目auひかり
初期費用¥42,424 (分割払い可能)
月額料金(マンション)¥2,500~ (割引後の料金)
月額料金(戸建て)¥2,880~ (割引後の料金)
通信速度最大1Gbps or 5Gbps or 10Gbps
対応エリア全国
解約手数料契約解除料最大¥16,500 (2年以内)
キャンペーンや特徴・各プランに割引項目が沢山
・乗り換えで最大¥40,000還元
公式サイトauひかり

auひかりは、高速で安定した光ファイバー接続を提供し、特にファミリー向けプランが人気です。

他のサービスと比較して高速プラン(5Gbpsや10Gbps)の料金がリーズナブルで、さらにauの携帯電話とセットで使用すると月額料金が割引されます。

オプションで電話やテレビサービスも追加が可能となっています。

SoftBank以外4:GMOとくとくBB光

GMOとくとくBB光は低価格で提供されており、キャンペーンを利用するとさらにお得になります。

項目GMOとくとくBB光
初期費用事務手数料¥3,300 + 回線工事費¥26,400 (分割可能、実質無料キャンペーンあり)
月額料金(マンション)¥3,773~
月額料金(戸建て)¥5,940~
通信速度最大1Gbps or 10Gbps
対応エリア関東、関西、中部、北海道の一部
解約手数料解約金免除キャンペーンあるため0円
キャンペーンや特徴・最大¥101,000キャッシュバック
・無料ファイバー設置
・回線工事費実質無料
公式サイトGMOとくとくBB光


通信速度は最大10Gbpsまで対応しており、特定の地域(関東、関西、中部、北海道の一部)に限定されています。

オプションサ-ビスでは、VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスやセキュリティソフト、Wi-Fiルーターのレンタルなどを提供しています。

GMOとくとくBB光は、新規契約者向けにキャッシュバックキャンペーンや月額料金の割引が頻繁に行われています。これにより、初期費用を抑えることが可能です。

SoftBank以外5:楽天ひかり

楽天ひかりは大手3社よりも安い月額料金が魅力的であり、楽天銀行の利用者であればデビットカードでの支払いも可能です。

項目楽天ひかり
月額料金戸建て1Gbps:5,280円、マンション1Gbps:4,080円
契約期間の縛り2年または3年から選べる
解約違約金マンション契約4,180円、戸建て契約5,280円
開通工事費の残金
開通工事費3,300円~22,000円
IP v6プラス対応
特典6か月間月額基本料無料
楽天モバイルとセットで楽天市場での還元率7倍
支払い方法クレジットカード支払い、口座振替、楽天銀行デビットカード

他社に比べると「10Gbpsのプランがない」「キャッシュバックの金額が小さい」というデメリットがありますが、それでも月額料金が安い点は大きなメリットです。

ちゃすく
ちゃすく

シンプルに月額料金が安い会社を探しているなら楽天ひかり

楽天モバイルを利用していれば楽天市場での還元率が7倍になるため、楽天経済圏で活動している場合はオススメです。

タイトルとURLをコピーしました