【デメリット】動画投稿と配信どっちが稼げる?登録者3万人が解説

【デメリット】動画投稿と配信どっちが稼げる?登録者3万人が解説YouTubeよくある悩み

この記事は下記の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • YouTubeを始めたいけど動画と生配信どっちが伸びるか分からない
  • 動画と生配信のメリットやデメリットを知りたい
  • 生配信の方が稼げそうな気がするけど、実際はどうなの?

はじまして。ブログ運営と動画投稿をしている「ちゃすく」です。

チャンネル登録者数3万人突破

この記事では実際に動画投稿をしており、登録者数10万人超えVtuberのコンサルもしている私が「動画投稿とライブ配信はどちらが稼げるのか」解説していきます。

ちゃすく
ちゃすく

ブログと動画投稿やってます。

アカウントの詳細はこちら

スポンサーリンク

【結論】稼げるのは〇〇だけど…

結論から言うと、時給で考えれば動画投稿よりもライブ配信の方が圧倒的に稼げます。

やはりライブ配信はスーパーチャットによって報酬を直接受け取れる点が大きく、登録者数1万人程度のライブ配信者でも月に50万円以上稼ぐことが出来ます。

そのため、労力あたりの報酬で考えれば圧倒的に動画投稿よりもライブ配信の方が稼げますが、「集客」も考えるとどちらが有利なのか分かりにくくなります。

ちゃすく
ちゃすく

配信の閲覧者が0人だと意味ないからね

そこで、次の章では動画投稿とライブ配信のメリット&デメリットを比較しながら、集客面もあわせて考えていきます。

スポンサーリンク

動画投稿とライブ配信のメリット&デメリット

まず、前提として「動画投稿とライブ配信どっちもやる!」という意見もありますが、チャンネルが小さいうちはどちらかに専念した方が固定の視聴者が付きやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

つまり、登録者が減りにくい!

例えば動画を見たいのに長い配信ばかりだと見る気が起きない視聴者もいますし、配信者と直接コミュニケーションをとりたい視聴者からすれば動画ばかりだとモヤモヤします。

そのため、一定数の登録者が揃うまではどちらかへ力を入れた方がチャんネルは成長しやすいです。

それでは、動画と配信のメリット&デメリットを解説していきます。

動画編集におけるメリット&デメリット

動画編集は動画投稿とライブ配信の最大の違いと言っても良く、それぞれのメリット&デメリットも特徴的です。

まず、動画と配信に必要な作業の流れは下記の通りです。

  • 動画:テーマ決定→動画撮影→動画編集→YouTubeに投稿
  • 配信:テーマ決定→事前準備→生配信→配信のアーカイブが残る

私の経験上の話でもありますが、YouTube活動において最も時間がかかる作業は動画編集です。

チャンネルごとに差はありますが、最近は10分の動画を編集するのに4〜10時間くらいかけているチャンネルが多く、撮影時間もあるので動画1本に10時間以上かかることは珍しくありません。

ちゃすく
ちゃすく

20〜30分の動画を投稿してる場合はもっと時間が…

しかも、今のYouTube運営は再生時間が長い動画を優先的にオススメへ表示しているため、バズるためには嫌でも再生時間を伸ばす必要があります。

そのため、現在のYouTubeだと一人で毎日投稿することは非常に難しく、時間をかけて動画を編集したのに全く伸びない事も多々あります。

一方で、ライブ配信は事前にある程度の準備は必要ですが、動画編集をする必要がありません。

ちゃすく
ちゃすく

サムネを作る必要はあるけどね

ライブ配信は動画投稿に比べると、毎日配信することも簡単であり、活動日数を増やしやすいです。

単純に配信回数が増えれば視聴者が配信者を知る機会も増えるため、チャンネルも伸びやすくなり、収益増加にも繋がってきます。

したがって、動画編集をしなくても収益を見込めるライブ配信のメリットは非常に大きいです。

必要機材によるメリット&デメリット

動画投稿とライブ配信では同じネット活動ではありますが、必要になる機材や価格帯が異なってきます。

もちろん、スペックの低い機材でも活動は出来ますが、画質や音質に問題があると再生回数や収益にも影響が出てきます。

ちゃすく
ちゃすく

ヒカキンさんも機材には昔からお金を使ってるよ

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=hrp8s5e7kQw&t=608s

そして、ざっくりと言えば、初期費用はライブ配信よりも動画投稿の方が安くなりやすいです。

例として動画投稿もライブ配信も多いゲーム実況で比較していきますが、ライブ配信は下記の点で初期費用がかかりやすいです。

  • キャプチャーボードとPC
  • 防音室
  • マイクとオーディオインターフェイス
  • ネット回線

動画投稿の場合は安いPCとキャプボでも十分高画質で録画できますが、ライブ配信はリアルタイムで配信の処理がある分、安いPCとキャプボでは高画質のライブ配信が出来ません。

ちゃすく
ちゃすく

ちなみに「安いPC≒グラボが無いPC」だよ

また、ライブ配信の場合は何が起きるか分からないため、事前に防音室を用意したり、ネット回線を早くしたりすることも珍しくありません。

実際にライブ配信メインで活動しているVtuberは防音室や防音マンションを利用しているケースが多いです。

そのため、快適なライブ配信には大きな初期費用がかかりやすく、動画投稿よりも活動へのハードルが高いです。

投稿形式によるメリット&デメリット

動画投稿とライブ配信では投稿形式に「動画」と「アーカイブ」の違いがあります。

実は、動画はアーカイブよりも集客力が高く、下記のようなメリットがあります。

  1. 後付け出来るため質の高い動画を作りやすい
  2. アーカイブに比べて動画時間が短く、クリック率も高いのでバズりやすい
  3. 長期的に動画が再生されるため不労所得になりやすい

1.は動画編集によって字幕で内容の補足が出来るうえ、効果音を付けられるため、視聴者が動画を長く再生しやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

つまり、視聴者維持率が上がる!

また、視聴者の維持率が高い動画はインプレッション数(YouTubeからオススメされる回数)が増えるため、再生回数と収益が増加しやすいです。

2.は動画のメリットというよりもアーカイブのデメリットであり、どうしてもアーカイブは配信後の伸びが悪く、バズる可能性が動画よりも圧倒的に低いです。

一応、切り抜きによってアーカイブが伸びることもありますが、そもそもライブ配信を見たい視聴者はリアルタイムで反応してくれる配信者を見たいわけです。

そのため、過去のアーカイブをわざわざ見返したいと思うことは少なく、基本的に熱心なファンしかアーカイブを見ないです。

ちゃすく
ちゃすく

動画とはペルソナがちょっと違うんだよね

3.は評価の高い動画の場合、定期的に関連動画やオススメ動画として表示されるため、再生回数を安定して増やすことができ、急な病気などで活動が出来なくても一定の収益を稼げるようになります。

実際に、私のチャンネルで100万再生を超えている動画は5本あり、ジワジワとずっと伸びています。

ジワジワと動画が伸びてくれるメリットは非常に大きく、実質的な不労所得を得ていることになります。

もしライブ配信メインのチャンネルで1ヶ月間配信活動をできなくなった場合、登録者数が1万人を超えているようなチャンネルであっても、月の収益が10分の1以下になる可能性があります。

ちゃすく
ちゃすく

ライブ配信は稼げるけど、休むリスクも高い

したがって、安定した活動をしたい人には動画投稿がオススメです。

視聴者との交流によるメリット&デメリット

まず、ライブ配信は視聴者との距離感が近いので視聴者が満足感を得やすく、プレミア公開の動画よりも投げ銭をもらいやすいです。

また、ライブ配信はアーカイブの時間が長いため、熱心なファンが配信の切り抜きを作って布教してくれることもあります。

切り抜きの条件やシステムによっては配信者にも切り抜きの収益が入るため、動画投稿には無い大きなメリットです。

ちゃすく
ちゃすく

実業家系YouTuberがよくやる方法だね

しかし、ライブ配信には視聴者との距離が近いが故のデメリットも存在します。

まず、過度な信者が誕生しやすく、視聴者によるトラブル起きやすいことです。

熱心なファンは配信者としては嬉しいですが、あまりにもファンの度が過ぎると新規の視聴者がコミュニティへ入りづらくなります。

また、いき過ぎた布教活動(ほとんど売名みたいな行為)をする信者のせいで配信者は何もしていないのに炎上し、そのままオワコンになるケースもあります。

他にも、生放送だとカットすることが出来ないため、失言やハプニングによって炎上する場合もあります。

引用元:https://www.youtube.com/channel/UCl_gCybOJRIgOXw6Qb4qJzQ

炎上の仕方にもよりますが、例えばアイドルみたいな売り方をしているのに部屋に異性が居たり、通知画面が映ってしまったりすると、熱心なファンであればあるほど悲しくなってしまうため激しく炎上するケースが多いです。

ファンの中には配信者の事情を理解してあげる優しい人もいますが、高額なスパチャをした人の中には納得いかない人もいます。

ちゃすく
ちゃすく

お金と愛憎が絡むとね…

しかも、切り抜きなどを許可していた場合は自身が意図しない編集で拡散されることもあるため、炎上が余計に広がりやすいです。

このように、ライブ配信はファンが増えやすくて収益性も非常に高いですが、炎上しやすいうえ、炎上の騒動が激しくなる傾向にあります。

したがって、ライブ配信は大きく稼げますが、大きな損失や問題も起きやすいです。

集客力によるメリット&デメリット

動画の場合は投稿を続けていれば割と誰でも再生回数3桁くらいを達成することは出来ますが、ライブ配信は最初から一定数の集客力を持っていなければ視聴者が一人も来ません。

ライブ配信での集客力には下記のような例があります。

  • スタイルやルックスが常人よりも優れている
  • 何か人よりも得意な事がある(ゲーム、スポーツ、ノウハウetc)
  • 他のSNSでフォロワーがいる・既に著名人である

上で紹介したうちの何かが無ければ、わざわざ登録者数が少ないライブ配信に行く人はいません。

ちゃすく
ちゃすく

底辺の時に来た視聴者は変わり者ばかりやった

もちろん動画投稿においても上の事は非常に大事ですが、ライブ配信はリアルタイムである以上、動画よりも集客力が必要になるので自信が無い場合は動画がオススメです。

スポンサーリンク

結局、YouTubeで稼ぐためには何すれば良い?

ここからは動画投稿とライブ配信で何をすれば効率的に稼げるようになるのか簡単に紹介・解説していきます。

ちゃすく
ちゃすく

ざっくりと3点ずつ解説するで

動画投稿で稼ぐ場合

動画投稿で効率的に稼ぐ場合は下記3点のことを意識したいです。

  • チャンネルのジャンルやテーマ性
  • 動画編集作業の効率化
  • インプレッション数の増加

チャンネルのジャンルやテーマ性

「チャンネルのジャンルやテーマ性」は動画のバズりやすさと最終的なチャンネル登録者数へ関係してきます。

例えば、ライバルが少ないジャンルであれば動画投稿を始めたばかりの段階でも再生回数をとれますし、視聴者の数が多いジャンルであれば最終的なチャンネル登録者数も大きくなりやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

各ジャンルトップの登録者数は結構違うからね

ジャンルやテーマ性については下記事で解説しているので、気になった場合は読んでみてください。

動画編集作業の効率化

「動画編集作業の効率化」は投稿頻度の増加と時給を上げるために必要な要素です。

例え100万再生の動画をアップできても、編集に1ヶ月ほど使っていたら時給だと最低賃金以下になる可能性があります。

また、投稿頻度が多いほどインプレッション数が安定しやすいので、やはり編集作業を効率化することは大切です。

具体的な動画編集作業を早くする方法については下記事で解説していますし、ココナラクラウドワークスで動画編集グループを作ることもオススメです。

インプレッション数の増加

「インプレッション数の増加」は再生回数や知名度を増やすために絶対に意識したいポイントです。

そもそもインプレッション数とは「動画の表示回数」のことであり、インプレッション数が低ければ再生回数も知名度も全く伸びません。

ちゃすく
ちゃすく

表示されなきゃクリック率も意味ないからね

インプレッション数が増えると再生回数が増える

そして、YouTubeの機能でインプレッション数を最も効果的に伸ばす方法が「ブラウジング機能」です。

ブラウジング機能についてはかなり長い話になるので、下記事へまとめてあります。

ライブ配信で稼ぐ場合

ライブ配信で効率的に稼ぐ場合は下記3点のことを意識したいです。

  • 自分の実績や肩書きを公表
  • サムネと配信機材へこだわる
  • 配信中のトラブル防止

自分の実績や肩書きを公表

「自分の実績や肩書きを公表」はライブ配信で集客するために必要な要素になります。

例えばゲーム実況であれば下画像のような内容が実績や肩書きであり、これらがあることで視聴者を獲得しやすくなります。

肩書きや魅力を数値化するゲーム実況者たち

特に、登録者数が少ないうちは実績や肩書きが無いと本当に配信へ人が来ないので、今自分が持つ実績をライブ配信へ活かすことがオススメです。

サムネと配信機材へこだわる

「サムネと配信機材へこだわる」はライブ配信のクリック率と同時閲覧者数を最低限キープするために必要です。

今や、ゲーム配信であればフルHD&60fpsで高音質が当たり前になっており、視聴者もそのクオリティに慣れています。

実際に人気実況者は数十万円するゲーミングPCを使い、Vtuberは数万円するマイクを使用しており、ライブ配信のクオリティが高いです。

明かに他のゲーム配信者と比べてクオリティが低いと、それだけで閲覧者数をキープ出来なくなるので絶対に平均点以上のクオリティが出せる機材を用意しておきたいです。

また、ライブ配信は動画編集作業が無い分、配信者たちはサムネイルにこだわっており、オリジナルイラストを使ったサムネも多いです。

特に、Vtuberの場合はサムネのイラストで伸びが大きく変わるため、絶対に意識しておきたいです。

配信中のトラブル防止

「配信中のトラブル防止」は炎上や身バレを防ぐためにも絶対に必要です。

前章でも書いた通り、配信者は炎上しやすいうえ、炎上の規模も大きくなりやすいのでDiscordやメールの通知が配信画面へ映らないように設定してください。

また、ある程度有名になってくると配信中に話す内容も気をつけるべきです。

実際にあった例としてとある女子プロゲーマーが配信中に「身長170cm無い男に人権無い」と言った内容が拡散され、そのままプロとしての契約が解除になりました。

引用元:https://twitter.com/pdrnotpds/status/1495020038147145728

もちろん、契約が解除になっただけでなく、世間からめちゃくちゃに叩かれたのでインフルエンサーとして生きていくことも出来ない状態になりました。

このような事例もあるため、事前に防げそうなトラブルは出来るだけ防いでおくことがオススメです。

また、当ブログ「ちゃすろぐ」では他にもYouTube活動で役立つ記事を投稿しているので、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました