2021年,動画投稿と生配信どっちがいい?YouTube投稿者が解説

2021年,動画投稿と生配信どっちがいい?YouTube

「動画投稿と生放送どっちをメインにするか迷っている!」

動画と配信だとそれぞれに良さがあるから、どっちをメインの活動にするか迷いますよね。

この記事ではあなたが動画投稿と生配信どちらに向いているのかを現役動画投稿者が解説します。

YouTubeチャンネルの運営に悩んでいる方は是非最後まで読むことをおススメします。

ということで、現役動画投稿者のcHaskです!

ゆっくり雑談解説氏【cHask】
仮面ライダー関連のゆっくり解説&雑談を投稿しています。 チャンネル登録、高評価してもらえると動画製作の励みになるので、お願いします。 #仮面ライダーゆっくり解説 #仮面ライダー #ゆっくり解説 #cHask ゆっくり雑談解説の再生リスト↓ Twitter↓ このチャンネル↓ ニコニコ動画にも投稿はじめました!↓ ...
スポンサーリンク

動画投稿と生配信とは

私自身ゲーム実況で生放送経験もあるため、その体験談なども生かして解説していきます。

ちなみにどっちもやるという意見もありますが、チャンネルが小さいうちはどちらかに専念した方が固定の視聴者さんが付きやすく登録者の離脱も起きにくいです。

動画を見たいのに長い配信ばかりだと見る気が起きないという方もいますからね。

今回はYouTubeでの活動をベースに動画投稿と生配信の違いを振り返ります。

まず、動画投稿とはYouTube上で最も一般的な行動であり、主に

「動画テーマ決定→動画撮影→動画編集→YouTubeに投稿」

の流れとなっています。

一方、生配信はテレビの生放送と同じようなものです。主に

「配信テーマ決定→事前準備→生配信→配信のアーカイブが残る」

という流れになっています。

動画投稿と生配信の大きな違いは、動画編集の有無と視聴者さんとの交流になります。

そこで動画編集と視聴者さんとの交流に着目して、どういう人は動画投稿に向いていてどのような人が生配信に向いているのか解説します。

動画編集の有無

これは私の経験上の話でもありますが、YouTube活動において最も時間がかかるのは動画編集です。

チャンネルごとに差はありますが、最近は10分の動画を編集するのに4〜10時間くらいかけているチャンネルが多いです。

(私はゆっくり解説系なので、その2倍くらい時間がかかってます…)

当然、動画を撮影する時間もあるので動画一本に10時間以上かかることはどのチャンネルでもよくあることです。

そのため、一人で毎日投稿するのは非常に厳しいですし、時間をかけて動画を作ったのに全く伸びなかったということもあり得ます。

一方で、生配信は事前にある程度準備は必要ですが、編集を行う必要がありません。

そのため、体力が続けば毎日配信することは毎日投稿に比べれば楽です。

しかも毎日配信すれば、チャンネル登録者数も増えやすいです。

これだけ述べると、生配信の方がよく聞こえますが、動画投稿にはメリットがあります。

動画は投稿者が活動を行っていない時であっても再生されるため、収益が蓄積されやすく、生配信活動よりも収益が安定しやすいことです。

もし配信メインのチャンネルが怪我などで1ヶ月間配信活動をできなくなった場合は登録者数が1万人を超えているようなチャンネルであっても、月の収益が通常の1000分の1以下になる可能性があるでしょう。

ライブのアーカイブはほとんど再生されないor再生されてもすぐ視聴離脱されるため期待できません。

一方で、動画投稿メインのチャンネルであれば1ヶ月ほど投稿を休んでも、月の収益が半分ほどで済む場合があります

これは投稿本数が多いほど下がりにくくなります。

以上のことから、「動画編集の労力」と「チャンネルの安定性」どちらを取るかが重要になります。

動画編集の労力>チャンネルの安定性の場合は、ライブ配信がオススメです。

動画編集の労力<チャンネルの安定性の場合は、動画投稿がオススメです。

動画投稿に必須なおススメ編集ソフトについては下の記事にまとめてあります。

【比較】Win版動画編集ソフト初心者にオススメはどれ?動画投稿者解説

視聴者さんとの交流

まず、ライブ生配信は視聴者さんとの距離感が近いためファンになってもらいやすく、プレミア公開の動画よりも投げ銭をもらいやすいです。

また、距離が近くてアーカイブの時間が長いため、熱心なファンの方が配信の切り抜きを作って布教してくれることがあります。

普通の動画投稿ではそのようなことは起こりにくいので、ライブ配信の大きなメリットと言えます。

しかし、放送には視聴者さんとの距離が近いが故のデメリットも存在します。

まず、信者が誕生してしまうことです

熱心なファンは配信者としては嬉しいですが、あまりにもファンの度が過ぎると新規の視聴者さんがコミュニティに入りづらくなります。

また、いき過ぎた布教活動(ほとんど売名みたいな行為)をする信者のせいで配信者は何もしていないのに炎上し、そのままオワコンになるケースがあります。

他にも、生放送だとカットすることが出来ないため、ハプニングによって炎上する場合もあります。

炎上の仕方にもよりますが、例えばアイドル的な売り方をしているのに部屋に異性が居たり、通知画面が写ってしまったりすると、熱心なファンであればあるほど悲しくなってしまうため激しく炎上するケースが多いです。

ファンの中には配信者の事情を理解してあげる優しい方もいますが、高額なスパチャをした方は納得いかない場合は多いです。

このように、生配信はファンが増えやすく収益性も非常に高いですが、炎上しやすい上、炎上の騒動が激しくなる傾向にあります。

そのため、ローリスクローリターンな動画投稿に対してハイリスクハイリターンな生配信といえます。

スポンサーリンク

まとめ

  • 動画編集の労力>チャンネルの安定性の場合は、ライブ配信
  • 動画編集の労力<チャンネルの安定性の場合は、動画投稿
  • ローリスクローリターンは、動画投稿
  • ハイリスクハイリターンは、ライブ配信

となりました。

動画投稿と生配信、どちらにも良い点と悪い点が存在するので自分の活動内容に合わせて決めてもらえると幸いです。

また、配信で人が来なくて悩んでいる方は以下の記事をおススメします。

2021年ゲーム配信しても人が来ない理由5選!動画投稿者解説YouTube

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました