PowerDirectorでゆっくり実況・解説を編集する方法!動画投稿者が解説

PowerDirectorでゆっくり実況・解説を編集する方法!動画投稿者が解説ゆっくり実況・解説

この記事は下記の悩みや要望を持つ人にオススメです。

  • ゆっくり解説をPowerDirectorで編集できる?
  • PowerDirectorでゆっくり実況は無理なの?
  • ゆっくりムービーメーカーを使った方が良い?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

チャンネル登録者数3万人突破

この記事では実際にゆっくり系動画を編集している私が「PowerDirectorでゆっくり実況・解説を編集する方法」について解説していきます。

ちゃすく
ちゃすく

ブログと動画投稿やってます。

アカウントの詳細はこちら

2022年5月からYouTubeがゆっくり系動画の規制を強め、収益化が回復しないチャンネルも増えています。

ゆっくりの収益化停止画面

そのため、まだゆっくりボイスを使っている場合はVOICEROIDの導入がオススメです。

スポンサーリンク

結論:PowerDirectorでもゆっくり実況・解説できるが…

結論から言うと、PowerDirectorでもゆっくり実況やゆっくり解説の編集は可能です。

しかし、PowerDirectorでは手間がかかり過ぎるため、ゆっくりムービーメーカーを使った方が快適に動画編集ができます↓

YMM4で画面を拡大表示

ゆっくりムービーメーカーであればゆっくろボイスやVOICEROIDの音声を作りながら、同時に字幕も生成出来るので編集が楽になりやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

正直、PowerDirectorで編集したら地獄やで…

とは言え、編集のしやすさや機能の多さではPowerDirectorの方が優秀なので、PowerDirectorでゆっくり実況・解説を編集する方法を解説していきます。

PowerDirectorでゆっくり実況・解説を編集する方法

PowerDirectorでゆっくり実況・解説を編集する手順は下記の通りです。

  1. ゆっくり音声ソフトでゆっくりボイスを作る
  2. PowerDirectorでゆっくりボイスを読み込む
  3. ゆっくりボイスに合わせて字幕や立ち絵を付ける
  4. 上記1.〜3.を繰り返して動画を編集していく
ちゃすく
ちゃすく

詳細は順番に解説!

手順1:ゆっくり音声ソフトでゆっくりボイスを作る

ゆっくりボイスを作成できるゆっくり音声ソフトには下記があります。

  • ゆくも!(公式サイトはこちら)
  • SofTalk(追記:現在は使えないです)

個人的にはウェブ上で動いてくれるゆくも!を使用すると、PowerDirectorと相性が良いのでオススメです。

では、それぞれの特徴と導入方法について解説していきます。

注意:上記2ソフトとも(株)アクエストの音声合成ライブラリを使用しているため、収益化にはライセンスを購入する必要があります。

ゆくも!の特徴と導入方法

引用元:https://www.yukumo.net/#/

ゆくも!の特徴

  • 収益化しない場合は完全に無料(収益化はライセンスが必要)
  • ブラウザ上で動くため簡単に利用できる
  • 29種類の音声の中から選べる
  • Pro版(無料)で細かい設定も可能
  • MP3で保存するため編集ソフトで扱いやすい

ゆくもの導入方法

  1. ゆくも!公式サイトにアクセス
  2. 簡単な設定の場合はそのまま、詳細な設定をしたい場合は「Pro」をクリック
  3. セリフを入力して確認、MP3でダウンロードする
  4. 編集ソフトでMP3の音声ファイルを読み込む

SofTalkの特徴と導入方法(追記)

2022年7月にSofTalkがAquesTalkへの対応を中止したため、「ゆっくり霊夢」や「ゆっくり魔理沙」に該当する音声が作れないようになりました。

そのため、今からPowerDirectorでゆっくり実況・解説を編集する場合はゆくも!1択になります。

手順2:PowerDirectorでゆっくりボイスを読み込む

ゆくも!で作りたいゆっくりボイスを入力し、「保存」のボタンをクリックします。

すると、作成したゆっくりボイスがMP3でダウンロードされるのでPowerDirectorで読み込みます。

これでPowerDirectorへゆっくりボイスを追加することが出来ました。

手順3:ゆっくりボイスに合わせて字幕や立ち絵を付ける

PowerDirectorへゆっくりボイスを追加しただけではゆっくり実況・解説っぽく無いので、字幕や立ち絵を付けていきます。

PowerDirectorで字幕を付けたい場合は「タイトルルーム」か「字幕ルーム」を選択し、字幕の入力と装飾を行います。

文字サイズや文字位置、フォントなどを好みに合わせて設定してください。

字幕を入力したらゆっくりボイスと同じタイミングで表示されるように、表示開始時間と表示終了時間を調整してください。

PowerDirectorで立ち絵を付けたい場合は事前に用意した立ち絵をPowerDirectorへ読み込ませます。

読み込ませた後、立ち絵の位置やサイズを調整してください。

立ち絵の差分や追加パーツがある場合はシーン毎に追加すると、心境や雰囲気が伝わりやすくなります。

口パクと目パチも立ち絵の差分を利用することで再現できるため、手間がかかっても良い場合はやってみてください。

あとはひたすらゆっくりボイスを生成し、字幕と立ち絵を付けていけばゆっくり実況・解説の編集が終わります。

ちゃすく
ちゃすく

かなりメンドイのでゆっくりムービーメーカーがオススメ

スポンサーリンク

【余談】今からゆっくり実況・解説を始めるのは危険

結論から言うと、今からゆっくろボイスを使って動画投稿をする事は絶対にオススメしません。

実は、2022年からYouTubeの収益化審査が厳しくなり、これまで以上にゆっくり系動画は収益化剥奪を受けやすい状況になりました。

ちゃすく
ちゃすく

AIの誤判断による収益化停止を受けた様子↓

今までは収益化を剥奪されても再審査請求を送ることで半数のゆっくり系チャンネルは収益化状態へ戻っていましたが、今後は動画の撮影や編集の様子を伝える再審査用の動画が必要になります。

しかし、再審査用の動画を審査する人は日本人では無いうえ、ゆっくり系動画は普通の動画に比べると非常に異質です。

ちゃすく
ちゃすく

ゆっくりみたいな動画は日本でしか流行ってない

そのため、ゆっくり系チャンネルは再審査で非常に落ちやすく、2022年から数多くのゆっくり系YouTuberが収益化剥奪状態から戻っていません。

つまり、現在のゆっくり系チャンネルはAIによる収益化剥奪を受けたら、復活が難しい状態になっています。(詳細は下記事へ)

ゆっくりの収益化剥奪対策にはコレ!

そもそも、ゆっくり系動画が収益化剥奪を受けるのは「ゆっくりボイス」が原因であると考えられます。

そのため、今もゆっくりを使っている動画投稿者はゆっくりボイスよりもAIの誤判断を受けにくいVOICEROIDの導入をオススメします。

VOICEROIDは実在する人間の声がベースとなっており、ゆっくりボイスよりも収益化停止を受けにくい音声になっています。

しかも、VOICEROIDはゆっくりムービーメーカーで使用できるため、編集の手間や方法はゆっくり霊夢&魔理沙と変わりません。

YouTubeは一度始めた規制を緩める事は絶対に無いため、今もゆっくり音声を使っている場合はVOICEROIDへの乗り換えがオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

オススメのVOICEROIDはこちら↓

他のゆっくり系投稿者はこんな記事も読んでいます

当ブログ「ちゃすろぐ」では他にもゆっくり実況・解説に関係する記事を執筆しているので、良かったら他の記事も読んでください。

ちゃすく
ちゃすく

ブックマークもよろしく!

タイトルとURLをコピーしました