【体験談】YouTubeのインプレッション数が減った理由を動画投稿者が解説

YouTube インプレッション数が減る理由YouTube

先日、私が投稿した動画のインプレッション数が激減しました!

ショック過ぎて笑うことしか出来ないです(笑)

ネット上で同じような状態になった方がいないかと探しましたが、あまり見つからなかったので記事にすることにしました。

意外と同じ悩みを持っている方はいるはず!

そこで今回は私の体験談をもとに

なぜインプレッション数が減ってしまったのか

話していきます。

記事製作者cHask
スポンサーリンク

なぜインプレッション数が減った?

そもそもインプレッション数って何?

まずは誤解を生まない為にもインプレッション数とは何なのか説明します。

インプレッション数とはYouTube利用者に何回動画のサムネが表示されたかを表す指標です。

インプレッション数

ちなみにインプレッション数にカウントされるのは、サムネが50% 以上且つ1 秒以上画面に表示された時のみです。

YouTubeに投稿した動画が伸びる為には動画のインプレッション数を増やす必要があるため、動画投稿者にとって非常に大事な指標です!

そのためインプレッション数が減少するのはユーチューバーにとって死活問題に繋がります(笑)

インプレッション数が下がるまでの経緯

まず簡単に私の状況をまとめると、チャンネル全体のインプレッション数が下がった訳ではなく、いつも通り投稿した動画のインプレッション数のみ下がりました

普段は動画を投稿すると初日で約7~10万回のインプレッション数を得られました。

(得られたというよりYouTube運営から与えられていた)

しかし、インプレッション数が急に減少した動画は初日で約2万回ほどになりました。

もちろん動画ごとにインプレッション数に差が出るのは当たり前ですが、こんなにも露骨に下がったのは初めてですね。

他の動画と詳しく比較してみても、クリック率や視聴者維持率が減少した訳では無いんですよね。 

クリック率比較:   インプレッション数が減少した動画インプレッション数が減少した動画↑

通常の動画のインプレッション数通常の動画1↑通常の動画2のインプレッション数通常の動画2↑

つまり、動画の価値は今までと変わらない(むしろ高い)のにインプレッション数が減少したという事です。

インプレッション数が減少した理由

減少した理由はインプレッション数が減少した動画を投稿する前に投稿した動画にありました。

実はその動画は編集にミスがあった為、修正後に再アップした動画でした。

ミスした動画が既にある程度拡散されていたので、再アップした動画が伸びることはありませんでした。

そのため運営からの私のチャンネルの評価が一気に下がったのだと考えられます

実際に再アップした動画はインプレッション数はいつも通りなのにクリック率、視聴者維持率が大幅に減少しています。

YouTube運営も儲けなければならないので、クリック率&視聴者維持率が低い動画ばかりにインプレッション数を使うと利益が減るわけですね。

その結果、YouTube運営から「このチャンネルは動画の価値が一気に下がったから、今後のインプレッション数も下げよう」と判断されたと考えられます。

まさか一回のミスが露骨に次の動画に響くとは、、、

補足:
今回は普段と同じ動画なのに価値が下がったことが原因です。

明らかに今まで異なるシリーズなどであれば急激に下がる事は無いかもしれません。

逆にインプレッション数を上げる方法は?

インプレッション数が下がってピンチですが、これはどうすればインプレッション数が上がるのか分かるチャンスでもあります。

動画の価値が下がってインプレッション数が下がるのであれば、動画の価値が上がればインプレッション数が上がるはずです。

なぜなら価値が高い動画は収益面でも価値が高く、その様な動画のインプレッション数を増やす方がYouTube運営の収入も増加するからです。

実際に価値が高い動画=視聴者維持率やクリック率が高い動画は収益単価が高くなります。

したがって、インプレッション数を上げる方法は動画の価値=クリック率×視聴者維持率を上げる事です。

実はインプレッション数を上げる=動画をおすすめされる方法は以前の記事でも紹介していました。

YouTubeに動画をオススメされる方法4選!バズる為にはブラウジング機能?
「動画投稿してるけど全然バズらない!」 「バズる方法があるなら教えて欲しい!」 このような悩みを持っていませんか? 今回は無名の状態から二回も収益化を達成したことがある私が ブラウジング機能で動画をバズらせる方法 につ...

今回のインプレッション数の減少を通じてこの記事にさらなる確信を持つことが出来る様になりました(笑)

インプレッション数を上げる詳細についてはそちらの記事を見て頂けると嬉しいです。

下がったインプレッション数は戻るのか?

結論から言うと、次の動画からインプレッション数を上げることは可能ですが、下がった動画のインプレッション数を戻すのは難しい。

YouTubeの動画は投稿されて24時間以内の伸びで今後伸びるかどうかが決まります。

(後伸びもあるが、稀な例です)

つまり、最初の評価が良い動画は伸びてもユーザーからの評価が基本的に良いので更に伸びます

ですが、最初の評価が悪いとYouTube運営がオススメしようとしない為、動画は全く伸びなくなります。

そのため徐々にYouTube運営からの評価を取り戻す必要があるでしょう。

追記:
インプレッションが減少した動画ですが、視聴者さんからの評判が良かったおかげでインプレッション数が回復しました。

見てくださった方々、本当にありがとうございます!!!

戻った理由は「クリック率の高さ」と「視聴者維持率の高さ」でした!

やはり動画の評価が高ければインプレッション数は上がるんですね。

クリック率を上げる方法は以下の記事にまとめてあります。

YouTubeサムネのクリック率を上げる方法4選!現役動画投稿者解説

クリック率×インプレッション数は視聴回数に直結するので絶対に対策しておく必要があります。

また、視聴者維持率を上げる方法は以下の記事にまとめてあります。

2021年YouTubeの視聴者維持率を上げる方法&コツ4選!現役投稿者解説

視聴者維持率はその後のインプレッション数に大きく関わるので視聴回数の増加とチャンネルの拡大には絶対に対策必須です。

スポンサーリンク

まとめ

インプレッション数が下がるのは「動画の価値が下がったから

私の場合は再アップによってあからさまに下がりましたが、徐々にクリック率や視聴者維持率が下がることで気づかないうちにインプレッション数が下がる場合も考えられます。

常にインプレッション数の変化を細かくチェックするべきですね!

また、インプレッション数を上げる≒動画がバズるにはブラウジング機能も必要になります。

ブラウジング機能については以下の記事を合わせて読むことをオススメします。

YouTubeに動画をオススメされる方法4選!バズる為にはブラウジング機能?

【オススメ記事】
ココナラで動画素材の外注方法を動画投稿者が解説

コメント

  1. […] YouTubeのインプレッション数が減った理由を現役動画投稿者が解説 先日、私が投稿した動画のインプレッション数が激減しました! ショック過ぎて笑うことしか出来ないです(笑) ネット […]

タイトルとURLをコピーしました