【月30万を楽に稼ぐ】切り抜き動画は本当に稼げるのか?現役動画投稿者が解説

楽に月30万 切り抜き動画は 本当に稼げるのかYouTube

この記事は以下の要望や悩みを持つ方にオススメです。

  • 切り抜き動画が流行っているけど、本当に稼げるの?
  • 切り抜きチャンネルってBANされない?
  • 切り抜きチャンネルを今から初めて稼げるか知リたい

現在、ひろゆきさんや人気Vtuberの存在によってライブ配信の面白い場面や珍しい場面のみを切り抜いた動画である”切り抜き”が大人気です。

また、切り抜きを投稿している切り抜きチャンネル(切り抜き師)の中にはサラリーマン以上の収入を得ている人がいると噂されるほど、収入面からも人気です。

しかし、切り抜きは人の著作物を利用したコンテンツであるため、実際に稼げるのか疑問に思う人も多いです。

そこで、この記事では動画投稿活動もしている私(切り抜きでは無い)が

切り抜きで本当に楽して稼げるのか

解説します。

記事製作者cHask

ブログのアイキャッチ(サムネ)にはCanvaを用いています。

スポンサーリンク

本当に切り抜きチャンネルは稼げているのか確認してみる

まずは数値上、切り抜きチャンネルが本当に稼げているのか確認してみましょう。

YouTube検索で「切り抜き」と入力して表示された以下のチャンネルをYouTubeの収益を推定できるSocialBlade.comで調べてみます。

ただし、SocialBlade.comは収益計算がガバガバなので私のチャンネル収益計算と照らし合わせながら、どれくらい稼いでいるのか予測してみます。

また、今回上のチャンネルを選んだ理由は切り抜きチャンネルの中でも公開している登録者数が多かったからであり、個人的な忖度があるわけではありません。

切り抜きチャンネル(ジャンル:Vtuber関連)

切り抜きチャンネルさんは非公式のVtuber関連の切り抜きチャンネルであり、現在のチャンネル登録者数は約5万人です。

SocialBlade.comで推定収益を計算すると、下画像が表示されます。

切り抜きチャンネル収益

中央に表示されている$6.4K~$101.8Kが一か月間の推定収益、$76.3K~$1.2Mが一年間の推定収益になります。

仮に1ドル=100円として計算すると、月収は64万~1018万円であり、年収は763万~1億2千万円となります。

これだけ書くとめちゃくちゃ稼いでいるように見えますが、この収益は複数広告などを考えずに全てのチャンネルで同じ再生単価を用いていると考えられます。

そのため、再生時間が短い切り抜きチャンネルは表示されている収益の半分ほどしか貰っていない可能性があります。

また、月収だけを見ると64万~1018万円とかなり幅があり、正確なデータが分かりません。

私のチャンネルだと月収が1万2千~19万円と表示されますが、実際には1万2千の方が近いです(笑)

これらを考えると、切り抜きチャンネルさんの月収は30万~50万円ほどが妥当かもしれません。

ただし、これは全ての動画で収益化をしていると仮定した場合の話であるため、実際は大きく異なる可能性も十分にあります。

あくまで参考程度に考えてください。

ひろゆきの部屋【切り抜き】(ジャンル:ひろゆき、収益は折半)

次に、登録者数28万人であるひろゆきの部屋【切り抜き】さんの推定収益を確認していきます。

*ひろゆきの部屋【切り抜き】さんはひろゆきさんの認めている公式チャンネルであり、収益も折半になっています。

ひろゆきの部屋【切り抜き】の収益

上で説明した切り抜きチャンネルさんと同様の方法で日本円で収益を表示すると、月収が118万~1887万円、年収が1415万~2億3千万となります。

ただし、ひろゆきの部屋【切り抜き】さんも投稿している動画は3分前後の短い動画が多いため、複数広告は付いていません。

そのため、実際には表示されている収益よりも低いと考えられます。

また、収益はひろゆきさんと折半になっているため、実際の収益は半分になっています。

したがって、実際に受け取っている収益は30万~60万ほどではないでしょうか?

あくまでガバガバ計算のSocialBlade.comから計算した結果なので参考程度に考えてください。

加藤純一切り抜き集(ジャンル:加藤純一、収益は折半)

最後に登録者数47万人の加藤純一切り抜き集さんの推定収益を確認します。

*加藤純一切り抜き集さんは加藤純一さんから許可を頂いているチャンネルであり、収益は折半となっています)

加藤純一切り抜き集の収益

上の説明で行った方法と同じ方法で日本円に変換すると、月収は93万~1482万円、年収は1112万~1億8千万円となっています。

また、加藤純一切り抜き集さんは切り抜きですが、8分を超える動画もあります。(直近20本中8本が8分超え)

そのため、収益単価は他の切り抜きチャンネルに比べると高いと予測出来ます。

ただし、収益自体は加藤純一さんと折半になっているため半額となります。

以上を踏まえて考えると、月収は35万~50万円ほどではないでしょうか?

こちらもあくまで再生数からしか判断できない為、あくまで参考程度に考えてください。

スポンサーリンク

切り抜きは稼げるが、もう楽には稼げない?

切り抜きチャンネルを調べた結果、切り抜きで月収30万以上稼いでいるチャンネルもありました。

しかし、全ての切り抜きチャンネルが上で説明したチャンネルの様に稼げているわけではありません。(そもそも上のチャンネルは各ジャンルのトップチャンネル達)

登録者数が少ないチャンネルを探すと、3か月以上投稿しているのに収益化出来ていないチャンネルもありました。

また、一か月以上切り抜きを投稿していないチャンネルも多く、再生回数も大手の切り抜きチャンネルへ集中しています。

つまり、段々と新規or登録者が少ない切り抜きチャンネルは稼げないようになっています。

考えられる原因には以下があります。

  • 本人が収益化を許可していない
  • 切り抜きチャンネルが多すぎる
  • 切り抜き作業は楽でない
  • 切り抜きが嫌いな人もいる(運営)

本人が収益化を許可していない

まず、切り抜きは勝手に行った場合、著作権違反になるため、いつ動画が削除されてもおかしくありません。

しかし、現在多くの切り抜きが行われているチャンネルは収益を折半or収益化禁止で切り抜きを許可しています。

収益化禁止であれば最初から問題ありませんが、折半の場合は本人または代理の方に収益化の許可を頂く必要があります。

しかし、現在では十分な数の切り抜きチャンネルが存在するため、新規の切り抜きチャンネルの収益化を許可していないケースが多いです。

そのため、切り抜きで稼ぎたい場合はまだ収益化を許可しているチャンネルにお願いするか、無断で収益化することになります。

無断で収益化していると、YouTubeのシステム上必ず分かるようになっているので絶対にオススメしませんが、収益化をまだ許可しているチャンネルはそもそものコンテンツ力が低い場合が多く、労力に見合わない収益にしかならないケースもあります。

切り抜きチャンネルが多すぎる

次に切り抜きが稼げなくなっている原因は切り抜きチャンネルが多すぎることです。

YouTubeではライバルが多いジャンルほど競争が厳しくなっており、切り抜きジャンルも競争が激しいです。

さらに、切り抜き動画は誰が切り抜いても基本的には同じ動画になるため、他の切り抜きチャンネルと差別化することが難しいです。

通常のYouTuberであれば投稿内容が被っても投稿者が全然違うため説得力や表現方法が異なってきますが、切り抜きは同じ部分を切り抜くと誰が切り抜いても同じような動画にしかならないため視聴者は”どの切り抜きチャンネルを見ているのか”気づいていないことも珍しくありません。

その結果、登録者数が多い切り抜きチャネルだけ登録しておき、他の切り抜きチャンネルは関連で出たら見る程度にしている視聴者が多いです。

この状態になると再生回数だけは増えますが、登録者数が中々増えなくて断念する人が出てきます。

切り抜き作業は楽でない

記事のタイトルにも「楽」とありますが、切り抜きは決して楽な作業ではありません。

元々、切り抜きが趣味な人や推しを切り抜いている人は楽に感じるかもしれませんが、収益の為だけに推しでも無い人の配信を数時間分見返し、字幕や補足を付けてサムネも作り、切り抜き編集することは非常に大変です。

しかも、収益化条件を達成しなければ1円も入ってこないうえ、収益化出来てもライバルが多ければ視聴者を取られやすいので労力に見合わない額しか稼げないこともあります。

実際に私も動画投稿をしていますが、1本の動画を作るのに10時間以上はかかるので時給で考えるとアルバイトをしている方がはるかに効率が良いです。

おそらく、動画編集作業を続けられる人は「動画編集が好きな人」か「扱っているコンテンツ」が好きな人だけなので収益目当てだと途中で心が折れやすいです。

切り抜きが嫌いな人もいる(運営)

切り抜き動画に需要があることは事実ですが、オリジナルで無い切り抜き動画を嫌っている人がいることも事実です。

例えばPROWRESTLING SHIBATAR ZZのシバターさんは切り抜き動画を「オリジナル性が無い動画」として嫌っています。

また、切り抜き動画によってVtuberが過剰に炎上したり、論破していないのに【論破】とタイトルに付ける切り抜きが存在しているため、切り抜きを嫌う人や質の高い切り抜きのみを好む人は増えています。

一方で、YouTube運営は切り抜き需要に応えるために「クリップ」機能を一部の投稿者に付けてテストしています。

クリップ機能では、動画や配信の一部を5秒から60秒まで切り抜いて新しいURLと共に共有出来ます。

しかも、クリップとして作成された動画は元動画のページで再生されます。

つまり、切り抜きを新規の動画としてアップしなくても、切り抜きが作れてしまいます。(もちろん切り抜いた人に収益は入らない)

投稿者目線だと切り抜きチャンネルを管理することは非常に大変であるため、このクリップ機能は非常に嬉しい存在です。

逆に言えば、クリップ機能は切り抜きチャンネルにとって大きなライバルとなります。

YouTubeはオリジナルコンテンツを優遇する傾向にあるので、アップデートがある度に切り抜きチャンネルの立場は弱くなっていくと考えられます。

スポンサーリンク

まとめ

切り抜くコンテンツを間違えなければ今からでも稼げるが、新規ライバルチャンネルやYouTubeのアプデによって切り抜きチャンネルの立場は弱くなると考えられる。

また、下の記事では無断転載で収益を貰えるか解説しているので一緒に読むとオススメです。
【参考記事】YouTubeにTikTokの動画を無断転載して稼げる?

コメント

タイトルとURLをコピーしました