YouTubeショートの1分動画の収益は?儲かる?現役動画投稿者が解説

YouTubeショートの1分動画の収益は?YouTube

「YouTubeのショート動画って儲かるの?」

「短い動画はバズってるけど投稿する意味ある?」

このような悩みを持っていませんか?

YouTubeショートの動画って1000万再生も超えているような動画もあって凄いですよね。

単純に1再生0.1円と考えると100万円貰えることになるのでとんでもない金額を稼げそうですが、本当にそうなるのでしょうか?

そこで今回は現役でYouTubeに動画投稿をしているcHaskが

YouTubeの1分動画の収益

について解説していきます。

記事作成者

ゆっくり雑談解説氏【cHask】
仮面ライダー関連のゆっくり解説&雑談を投稿しています。 チャンネル登録、高評価してもらえると動画製作の励みになるので、お願いします。 #仮面ライダーゆっくり解説 #仮面ライダー #ゆっくり解説 #cHask ゆっくり雑談解説の再生リスト↓ Twitter↓ このチャンネル↓ ニコニコ動画にも投稿はじめました!↓ ...
スポンサーリンク

1分動画って儲かるの?

YouTubeで1分の動画といえば「YouTubeショート」です。

YouTubeショートで見かける動画は10万再生を超えている動画も非常に多いですが

YouTubeショートとして再生された動画は広告が一切入りません。

(2021/04/19の場合)

したがって、YouTubeショートは一切儲かりません!

下の写真は実際の1分動画の再生回数と収益ですが

ショート動画の再生回数と収益

約4000回再生されて15円しか収益がありません。

1再生あたりだと0.00375円です。

しかも、この収益はもちろんYouTubeショートでは無く

  • チャンネルページから再生
  • 関連動画から再生
  • YouTube検索から再生
  • 外部に埋め込まれたURLから再生

主にこれらで再生されたものが収益源となっています。

1分動画だと普通に再生されても動画自体が短いため広告が頻繁に出ないようになっています。

あまりにも広告が出ると広告の方が主体になってしまいますからね。

そのため、1分の動画であればこれくらいの収益単価なのは普通です。

仮にこの動画の1再生あたり0.00375円を1000万回再生された動画に当てはめると収益額は37500円となります。

3万円を超えているなら多いと思うかもしれませんが、1000万再生なんてYouTubeショートで再生される割合がほぼ100%です。

例であげた動画の再生元はYouTubeショートが2.4%で、他は通常の動画として再生されています。

4000回再生された動画×YouTubeショート以外の割合97.6%=15円です。

この結果を考えると

よくYouTubeショートにはTikTokの無断転載を上げて数十万再生を出しているチャンネルがありますが、ほとんど収益は0でしょう。

(収益化審査に通るかも怪しい、、、)

おそらくその方達は自己満足であったり、他に宣伝したいものがあって行っているのであまり収益は気にしていないでしょう。

少し話は外れましたが結論としては、1分動画は元々の単価も低い上、YouTubeショートで再生されると広告が一切入らないため全く収益は得られません

また、動画の視聴回数あたりの収益単価については下の記事でさらに詳しく書いてあるので合わせて読むことをオススメします。

YouTuberの1再生当たりの収益は0.1円?

スポンサーリンク

1分動画は無駄な努力なのか?

1分動画では一切稼げないことが分かりました。

しかし、1分動画を収益アップにつなげる事は出来ます。

1分動画は動画時間が短いため、気軽に動画を見てもらいやすいです。

特にYouTubeショートに載ることが出来れば1万回以上見てもらうことも難しくありません。

そのため、自分のチャンネルの宣伝に繋がります

1分動画で人を集めて長い動画で収益を稼ぐことやチャンネル登録者数を増やすことが出来るので1分動画は決して無駄ではありません。

実際にYouTubeショートには大物チャンネルも頻繁に動画を出しているため、効果があることが分かります。

ただし、視聴者にとって有意義な動画を作っておく必要があります。

いくら1分動画が良くても通常の動画のクオリティが低ければ、逆に自分のチャンネルの悪いところばかり目立ってしまうので注意です!

また、動画の長さによるメリット&デメリットは下の記事で詳しく解説しているので合わせて読むことをオススメします。

2021年最新,YouTubeの動画時間は短いのと長いのどっちがいい?

1つだけ注意

1分動画を利用することで視聴回数やチャンネル登録者数が増えてチャンネルの宣伝にはなります。

しかし、1分動画ばかり人気になってしまうと通常の動画が全く伸びないことがあります。

視聴者さんの目線だと「このチャンネルは短い動画が面白いから好き」、「長い動画は求めていない」となってしまうことがあります。

これは投稿しているチャンネルの雰囲気や内容にもよりますが、この現象に陥った場合は通常の動画を伸ばそうとするのはかなり大変です。

そのため、「1分動画ならYouTubeショートで簡単に伸びるから」と頼りすぎないことも大切です。

スポンサーリンク

まとめ

YouTubeに1分動画を投稿しても儲からない

ただし、チャンネルの宣伝に繋げることは出来る。

まだチャンネルが大きくない方にとってはYouTubeショートを利用するのは大きな手段の一つであるため、オススメです。

また、下の記事では動画編集にオススメの編集ソフトを紹介しています。YouTubeショートに対応するための盾動画編集を備えた編集ソフトもあるため合わせてお読みください。

【比較】Win版動画編集ソフト初心者にオススメはどれ?動画投稿者解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました