【目安】初心者YouTuberの再生回数、最初はどれくらい?動画投稿者が解説

初心者のYouTube再生回数、最初はどれくらい?YouTube初心者向け

この記事は以下の要望や悩みを持つ方にオススメです。

  • YouTubeに動画投稿してるけど、みんなどれくらい再生回数あるんだろう?
  • 他のSNSで有名じゃないと再生回数や人気は取れない?
  • 自分の再生回数って他のひとより少ないのか目安が知りたい

YouTubeに動画投稿すると最初は思ったより再生回数が増えなくて「自分の再生回数が低すぎる!」と思っちゃいますよね。

そこで、無名の状態からチャンネルを2回収益化した経験がある私が「初心者YouTuberの再生回数」について解説します。

記事製作者cHask

*ブログのサムネ(アイキャッチ)にはCanvaを用いています。

スポンサーリンク

初心者の再生回数はどれくらいが普通なの?

結論から言うと、完全な初心者YouTuberの1動画あたりの再生回数は

0~10回くらいが普通!

上手く作戦を練っていた場合は3桁ほどの再生回数になることも考えられますが、初心者YouTuberの再生回数はどうしても1桁ほどで最初は止まってしまいがちです。

めちゃくちゃ辛いですが、これが現実です。

他の記事だと動画一本目から すごい再生されてるけど?

他の記事の解説だと動画1本目から

すごい再生されてるけど?

上の発言のように動画投稿1か月で平均再生回数1000回突破と紹介している記事や動画はよく見かけます。

しかし、そのような人たちはYouTuber初心者と言っていますが、以下のどれかに当てはまるケースが多いです。

  • 外部SNSで多くのフォロワーがいる
  • 元々動画投稿経験があり、仕組みを分かっている
  • 映像制作の経験、または映像系の学校に通っていた
  • 肩書がある(有名大学の首席、月収1000万など)
  • 投稿する前から綿密に計算している
  • 顔が良い・スタイルが良い
  • めちゃくちゃ運が良かった

上の条件に当てはまれば、最初からある程度の再生回数を得ることが可能ですが、多くの人は上の条件に当てはまりません。

そのため、全くの動画投稿初心者であれば動画を10本ほど投稿して再生回数は2桁を超えれば良い方です。

実際に私は現在運営中のチャンネルの前にゲーム実況チャンネルを運営していましたが、最初は20本ほど動画投稿しても平均再生回数は50回も行きませんでした!(笑)

私自身も上の条件に当てはまっていなかったので、最初から再生回数を得ることは無理でした。

自分でもよく伸びない状況でゲーム実況を続けられていたな、、、と感心します。

何度もやるゲームや企画を変えることで最終的には収益化まで達成しましたが、時間がかかり過ぎたのであまり効率的なやり方ではなかったです。(収益化まで1年以上)

一方で現在運営しているチャンネルは開設して半年以内に登録者数1000人を突破しその3か月後には5000人を突破しました。(現在は1万人も突破)

動画投稿頻度をもっと高くすれば半分ほどの期間で突破出来ましたが、サボっていたため出来ませんでした(笑)

こちらの記事に5000人までの推移が載っているので興味があったら読んでみて下さい。
チャンネル登録者数5000人突破までの推移&伸び方を解説!

しかし、現在運営しているチャンネルも動画投稿初期から動画1本当たり1000回以上の再生回数があったわけではありません。

動画投稿1か月目は平均すると1本当たりの再生回数は10回ギリギリいかないくらいです。

そのため、初期はゲーム実況をやってる時と変わらない再生回数でした。

つまり、完全な動画投稿初心者であれば後から伸びる動画を投稿していても最初の1か月くらいは再生回数が1桁や2桁ほどで止まってしまうのは自然なことです。

これはYouTubeのシステム上、知名度も何も無い人はYouTubeからオススメ表示されることが無いので仕方ないことです。

完全な動画投稿初心者は新作動画を出すたびにわずかな新規訪問者の目に付き、気に入ってもらえれば過去の動画も見てもらえ、チャンネル全体の再生回数が伸びていきます。

そのため、最初のうちは伸びなくても地道に動画投稿を続けるしかありません。

ただし、正しいやり方で動画投稿をしないと人気になるまでに膨大な時間がかかってしまいます。

スポンサーリンク

伸びる動画を投稿するには?

動画投稿初心者であれば、最初は面白い動画を投稿してもなかなか再生してもらえないので伸びません。

そのため、最初は伸びる動画も伸びない動画も同じように伸びないため、伸びる動画の要素や判断が難しいです。

ある程度チャンネル登録者数がいれば動画投稿を通じて伸びる動画と伸びない動画を判断できるようになりますが、動画投稿初心者の場合はそもそも見てくれる視聴者が少ないので、どの動画が視聴者にとって有益なのか判断が難しいです。

では、有益性や伸びるかどうか判断できない動画投稿初心者はどうすれば良いでしょうか?

いくつか答えはありますが、答えの1つはYouTube検索で出やすい動画を作っていくことです。

YouTube検索であれば視聴者が何を求めているのか分かりやすいため、動画投稿初心者であっても他の投稿者と十分勝負することが出来ます。

YouTube検索ワードを探す場合は便利なツールがあるので利用してみてください↓
【参考記事】YouTube検索対策!サジェストキーワード取得方法を解説

しかし、ライバルが多いジャンルを狙っていては検索上位に表示されることは非常に難しいです。

そのためライバルが少ないマイナージャンルで勝負することをオススメします。

ライバルが少なければ検索された時にあなたの動画が確実に上位表示されます。

そこから確実に再生回数&チャンネル登録者数を増やすことが出来ます。

ただし、ジャンル選びはその後の伸びにも大きく関わるので慎重に選ぶ必要があります。
【参考記事】YouTubeで稼ぐにはジャンル選びが大切!

ジャンルが決まった後は検索上位に動画が表示されるように動画作りを進めていくことも大切です。

全くライバルがいなければ対策は必要ありませんが、ライバル0のジャンルはなかなか見つからないです。

そのため、少ないライバルに勝つためにもYouTube検索で上位表示する対策が必要になります。

上位に表示で気を付けるべきことは以下の記事に書いてあります。
【参考記事】YouTube検索上位表示にする方法5選

【補足】低評価で悩む方へ

「動画の視聴回数は10回くらいなのに低評価だけはある」

そんな動画投稿者の人はいませんか?

実はこれも動画投稿初心者にはよくあることです。

私も最初の頃は謎の低評価で悩んでいました(笑)

実はYouTubeの視聴者の中には、新人動画投稿者に低評価を押すことが趣味の方もいます。

ほとんどの場合は気にしなくても良いので、伸びる動画作成に集中することをおススメします。

もし気になる場合は以下の記事に理由や対策をまとめてあるので参考にしてみてください。
【参考記事】YouTube動画に低評価がつく理由とは

スポンサーリンク

まとめ

  • 完全な動画投稿初心者の再生回数は多くても2桁ほど

新人動画投稿者であっても伸びる動画を作っていれば時間はかかりますが、自然と伸びるため諦めずに動画投稿を続けてください。

また、チャンネル登録者数1000人超えるまでの反省点などを以下の記事にまとめてあるので合わせて読むとオススメです。
【関連記事】チャンネル登録者1000人到達までにやってよかったこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました