本サイトではASP広告を利用しています

iPhoneで撮った動画をPCで編集する方法!転送やソフトを解説

YouTube

この記事は以下の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • iPhoneで撮影した動画をパソコンで編集したい
  • iPhoneで撮った動画をWindowsで編集したい
  • iPhoneの動画をPCへ送る方法は?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に言うと、市販されているPC用動画編集ソフトであれば、ほとんどのソフトがiPhoneの動画を編集でき、やり方もPCの動画と同じです。

Filmoraであれば動画編集初心者でも使いやすく、買い切り版の価格も1万円未満なのでオススメです。

スポンサーリンク

iPhoneの動画をPCへ転送する方法

まずはiPhoneの動画をパソコンへ転送する方法を紹介しておきます。

方法1:Lightning-USBケーブル

1つ目はiPhoneとpcをLightning-USBケーブルで接続して転送する方法です。

ケーブルを使った手順は下記の通りです。

  1. iPhoneとパソコンをiPhoneに付属していたLightning-USBケーブルで接続
  2. iPhoneの画面に「このコンピューターを信頼しますか?」と表示されるため「信頼」をタップ
  3. pcで「エクスプローラ」を開き、「pc」へアクセス
  4. 「デバイスとドライブ」に「Apple iPhone」が表示されるためクリック
  5. 「DCIM」フォルダから保存したい動画を選択してpcにコピーする

Lightning-USBケーブルを使うメリット

  • 通信料が一切かからない
  • Wi-Fiが無くても転送できる
  • 長い動画でも安定した転送が可能
  • まとめてコピーすることも可能

Lightning-USBケーブルを使うデメリット

  • USBケーブルが手元に必要
  • 正規品でないUSBケーブルの場合、転送出来ない事がある
  • 写真や動画が多いとpcで選ぶ時に大変
  • 転送に意外と時間がかかる場合がある

方法2:動画を外付けハードディスクに保存

2つ目はiPhoneの動画を直接外付けハードディスクに保存する方法です。

ちゃすく
ちゃすく

手順を順番に解説!

1.iPhoneにUSBアダプタを接続し、外付けハードディスクとも接続します。

2.iPhoneの「写真」アプリにある動画を選択し、「ファイルに保存」をタップします。

3.「ファイルに保存」をタップすると、接続している外付けハードディスクが表示されるので好きなフォルダへ保存してください。

4.外付けハードディスクへ動画を保存出来れば、PCに外付けハードディスクを接続することで簡単に動画を取り込めます。

動画を外付けハードディスクに保存するメリット

  • 通信料やWi-Fiがいらない
  • 長い動画でも安定した転送が可能
  • まとめてコピーすることも可能
  • 外付けハードディスクをバックアップとして利用可能

動画を外付けハードディスクに保存するデメリット

  • ケーブル、変換アダプタ、外付けハードディスクが必要
  • 正規品でないUSBケーブルの場合、転送出来ない事がある
  • 外付けハードディスクのタイプによっては充電が必要
  • 転送に意外と時間がかかる場合がある

オススメの外付けハードディスクについては下記事にまとめてあるので良かったらどうぞ↓

方法3:クラウドストレージサービス

3つ目はicloudやAmazonphotosなどのクラウドサービスを利用する方法です。

この記事ではAmazonphotosを例にして手順を紹介します。

1.iPhoneにAmazonPhotosをインストールする。

Amazon Photos
Amazon Photos
開発元:AMZN Mobile LLC
無料

2.Amazonphotosに登録し、iPhone&pcでログインする。

3.iPhone内の動画をAmazonphotosにアップロードする。

4.pcからAmazonphotos内の動画をダウンロードする。

クラウドサービスを利用するメリット

  • USBケーブルが必要ない
  • 無料でもストレージを使える
  • クラウド上に動画を保存できる
  • pcで一括ダウンロードも出来る

クラウドサービスを利用するデメリット

  • モバイル通信かWiFiが必要になる
  • 長い動画はアップロードに時間がかかる
  • 無料サービスやプランだと容量の制限がある

【容量無制限で色々便利】YouTube

4つ目はYouTubeを利用する方法です。

方法自体は2つ目のクラウドサービスを利用した方法とほぼ同じですが、いくつか差別点があります。

YouTubeでiPhoneからpcへ動画を転送する方法は下記の通りです。

1.iPhoneの動画をYouTubeアプリにアップロードする。

2.pcでYouTubeにログインし、クリエイターツールから「動画の管理」を開く。

3.ダウロードしたい動画の詳細を開き、「ダウンロード」をクリックする。

YouTubeを使う転送のメリット

  • USBケーブルが必要ない
  • 無料なのに無制限で保存できる
  • 著作権や収益化審査を事前に確認できる
  • YouTubeの機能で簡単な編集が出来る

YouTubeを使う転送のデメリット

  • 「非公開」にしないといけない
  • 一括でダウンロードできない
  • iPhoneからのアップロードに時間がかかる

【メールみたいに転送】ギガファイル便

5つ目はギガファイル便を利用する方法です。

引用元:https://gigafile.nu/

ギガファイル便を使用する場合の手順は下記の通りです。

  1. iPhoneからギガファイル便のサイトにアクセスする
  2. 「ファイルを選択」をタップし、pcへ送りたい動画をアップロードする
  3. アップロードするとダウンロード用のURLが表示されるため、pcでURLにアクセスする
  4. 動画をダウンロード出来るようになっているため、保存する

ギガファイル便を使うメリット

  • USBケーブルが必要ない
  • 無料なのに無制限で利用できる
  • メールを送る感覚で転送できる

ギガファイル便を使うデメリット

  • URLが漏れたら誰でもダウンロードが出来る
  • 一括でダウンロードできない
  • iPhoneからのアップロードに時間がかかる

【Macユーザーはこれ一択】Airdrop

6つ目はMacユーザーのみが使えるAirDropです。

AirDropで転送する手順は下記の通りです。

  1. iPhoneとMacのAirdrop機能をオンにする
  2. iPhoneから転送したい動画を選択し、「Airdrop」を選択する
  3. Macが近くにあるとAirdropの選択先に表示されるためMacを選ぶ
  4. 動画が転送されるまで待つ

AirDropを使って転送するメリット

  • USBケーブルが必要ない
  • 無料で使用できる
  • 転送速度が早い

AirDropを使って転送するデメリット

  • Macユーザー以外使用できない

iPhoneの動画をPCで編集できるオススメソフト3選

冒頭でも書きましたが、現在のPC用動画編集ソフトであれば、どれでもiPhoneの動画を編集できます。

個人的にオススメな動画編集ソフトは下表の通りなので、詳細に解説していきます。

ソフト名Wondershare FilmoraCyberLink PowerDirectorAdobe Premiere Pro
価格買い切り版:8980円
サブスク版:6980円(1年間)
パッケージ版:5800円〜16980円
サブスク版:5900円(1年間)
月額:2948円
公式サイトhttps://filmora.wondershare.jphttps://jp.cyberlink.comhttps://www.adobe.com

iPhone対応1:Adobe Premier Pro

AdobeのPremiere Proは世界で1番使われてるサブスク型の動画編集ソフトであり、WindowsやMacでも自由に使えます。

下記の特徴があり、自動字幕起こし機能によってAIが動画内の音声を分析して自動で字幕を入力してくれます。

  • 月額2848円なので機能の割に安い
  • Premiere Proは動画編集ソフトで1番人気
  • 動画編集機能不足になることは無い(自動字幕起こし機能もあり)
  • 利用者が多く、トラブルが起きてもググれば解決する
  • 動画編集の依頼を受けることが出来る
  • PhotoshopやIllustratorと連携しやすい
  • ソフト選びに迷ったらPremiere Proを選べば全部解決する

しかも、Premiere Proであれば機能制限がない無料お試し版もAdobe公式サイトからダウンロードできるため、気軽に動画編集を始められます。

iPhone対応2:CyberLink PowerDirector

PowerDirectorはパッケージ版とサブスク版があり、Windowsはどちらも対応、Macはサブスク版のみが対応しています。

モザイクの自動追従や動画の自動音量調節が可能であり、視聴者へ不快感を与えない編集が簡単にできます。

  • 1年間のプランがお得なので、初心者にも試しやすい
  • 365は常に最新版にアップデートでき、有料アドオンも使い放題
  • 買い切り版は用途ごとに製品を選べる
  • 家電量販店でも購入することが出来る
  • 1番機能が少ないStandardでも十分な動画編集機能
  • 動作が軽めなのでスペックの低いパソコンでも使いやすい
  • 基本的に編集機能で困ることは無い
  • 使用者が多いので情報も多く、公式のサポートも手厚い

PowerDirectorもCyberLink公式サイトから無料体験版が配布されてるので使ってみてください。

iPhone対応3:Wondershare Filmora

Filmoraは初心者向けの動画編集ソフトであり、買い切り版とサブスク版があります。

機能数と質は他の動画編集ソフトに劣るところもありますが、下記の特徴があるので初心者にはオススメです。

  • 動画編集ソフトとしては価格が安く、初心者でも買いやすい
  • YouTube用動画を編集する場合は十分な編集機能がある
  • 画質は4Kまで出力出来る
  • あらかじめFilmoraにbgmや効果音が用意されている
  • トランジション(場面切り替え)やエフェクトが多数用意されている
  • 専用の素材サイト「Filmorastock」がある
  • 利用者増加中なので困ってもググれば解決する

動作も比較的軽めなので、まずはWondershare公式サイトから無料版を試してください。

タイトルとURLをコピーしました