iPhoneで撮影した動画をPCで編集する方法!現役動画投稿者が解説

iPhoneの動画をpcに転送するオススメの方法を解説YouTube

この記事は以下の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • iPhoneで動画撮影したけど、どうやってpcに送れば良いか分からない
  • PCでiPhoneの動画を編集したいけど、どうすれば良い?
  • iPhoneの動画を出来るだけ早く転送する方法を知りたい!

iPhoneやiPadで撮影した動画をパソコンで編集したい時は多々あると思います。

そこで、この記事では実際にYouTubeへ動画投稿している私がiPhoneの動画をpcへ転送し、編集する方法を解説していきます。

ちゃすく
ちゃすく

用途別に解説していきます

スポンサーリンク

iPhoneの動画をpcへ転送する方法

正直、現在販売されているPC用動画編集ソフトであれば基本的にiPhoneの動画を編集することは出来ます。(無料のAviUtlやYMMでも大丈夫↓)

YMM4でショート動画

そのため、この記事ではiPhoneの動画をPCヘ転送する方法に重点を置いて解説していきます。

【関連記事】youtubeは非公開でも著作権に引っかかるのか解説

【通信料を気にしない】Lightning-USBケーブル

1つ目はiPhoneとpcをLightning-USBケーブルで接続して転送する方法です。

手順は下記の通りです。

  1. iPhoneとパソコンをiPhoneに付属していたLightning-USBケーブルで接続
  2. iPhoneの画面に「このコンピューターを信頼しますか?」と表示されるため「信頼」をタップ
  3. pcで「エクスプローラ」を開き、「pc」へアクセス
  4. 「デバイスとドライブ」に「Apple iPhone」が表示されるためクリック
  5. 「DCIM」フォルダから保存したい動画を選択してpcにコピーする
  • 通信料が一切かからない
  • Wi-Fiが無くても転送できる
  • 長い動画でも安定した転送が可能
  • まとめてコピーすることも可能
  • USBケーブルが手元に必要
  • 正規品でないUSBケーブルの場合、転送出来ない事がある
  • 写真や動画が多いとpcで選ぶ時に大変
  • 転送に意外と時間がかかる場合がある

【意外と便利】iPhoneの動画を外付けハードディスクに保存

2つ目はiPhoneの動画を直接外付けハードディスクに保存する方法です。

手順は下記の通りです。

1.iPhoneにUSBアダプタを接続し、外付けハードディスクとも接続します。

2.iPhoneの「写真」アプリにある動画を選択し、「ファイルに保存」をタップします。

3.「ファイルに保存」をタップすると、接続している外付けハードディスクが表示されるので好きなフォルダへ保存してください。

4.外付けハードディスクへ動画を保存出来れば、PCに外付けハードディスクを接続することで簡単に動画を取り込めます。

  • 通信料やWi-Fiがいらない
  • 長い動画でも安定した転送が可能
  • まとめてコピーすることも可能
  • 外付けハードディスクをバックアップとして利用可能
  • ケーブル、変換アダプタ、外付けハードディスクが必要
  • 正規品でないUSBケーブルの場合、転送出来ない事がある
  • 外付けハードディスクのタイプによっては充電が必要
  • 転送に意外と時間がかかる場合がある

オススメの外付けハードディスクについては下記事にまとめてるので良かったらどうぞ↓

【完全コードレス】クラウドサービス(icloudやAmazonphotosなど)

3つ目は icloudやAmazonphotosなどのクラウドサービスを利用する方法です。

この記事ではAmazonphotosを例にして手順を紹介します。

  1. iPhoneにAmazonphotosをインストールする
  2. Amazonphotosに登録し、iPhone&pcでログインする
  3. iPhone内の動画をAmazonphotosにアップロードする
  4. pcからAmazonphotos内の動画をダウンロードする
  • USBケーブルが必要ない
  • 無料でもストレージを使える
  • クラウド上に動画を保存できる
  • pcで一括ダウンロードも出来る
  • モバイル通信かWiFiが必要になる
  • 長い動画はアップロードに時間がかかる
  • 無料サービスやプランだと容量の制限がある

【容量無制限で色々便利】YouTube

4つ目はYouTubeを利用する方法です。

方法自体は2つ目のクラウドサービスを利用した方法とほぼ同じですが、いくつか差別点があります。

YouTubeでiPhoneからpcへ動画を転送する方法は下記の通りです。

  1. iPhoneの動画をYouTubeアプリにアップロードする
  2. pcでYouTubeにログインし、クリエイターツールから「動画の管理」を開く

3.ダウロードしたい動画の詳細を開き、「ダウンロード」をクリックする

  • USBケーブルが必要ない
  • 無料なのに無制限で保存できる
  • 著作権や収益化審査を事前に確認できる
  • YouTubeの機能で簡単な編集が出来る
  • 「非公開」にしないといけない
  • 一括でダウンロードできない
  • iPhoneからのアップロードに時間がかかる

【メールみたいに転送】ギガファイル便

5つ目はギガファイル便を利用する方法です。

引用元:https://gigafile.nu/

ギガファイル便を使用する場合の手順は下記の通りです。

  1. iPhoneからギガファイル便のサイトにアクセスする
  2. 「ファイルを選択」をタップし、pcへ送りたい動画をアップロードする
  3. アップロードするとダウンロード用のURLが表示されるため、pcでURLにアクセスする
  4. 動画をダウンロード出来るようになっているため、保存する
  • USBケーブルが必要ない
  • 無料なのに無制限で利用できる
  • メールを送る感覚で転送できる
  • URLが漏れたら誰でもダウンロードが出来る
  • 一括でダウンロードできない
  • iPhoneからのアップロードに時間がかかる

【Macユーザーはこれ一択】Airdrop

6つ目はMacユーザーのみが使えるAirDropです。

手順は下記の通りです。

  1. iPhoneとMacのAirdrop機能をオンにする
  2. iPhoneから転送したい動画を選択し、「Airdrop」を選択する
  3. Macが近くにあるとAirdropの選択先に表示されるためMacを選ぶ
  4. 転送されるまで待つ
  • USBケーブルが必要ない
  • 無料で使用できる
  • 転送速度が早い
  • Macユーザー以外使用できない
スポンサーリンク

iPhoneの動画をPCで編集する方法

先ほども書きましたが、現在のPC用動画編集ソフトであればどれでもiPhoneの動画を編集出来ます。

個人的にオススメな動画編集ソフトは下表の通りなので、レビュー記事を参考にしながらどの編集ソフトが自身に向いているか判断してみてください。

編集機能に格安で自動字幕機能が欲しい場合は EaseUS Video Editorがオススメ↓

動画編集ソフトに安さとエフェクトの多さを重視する場合はWondershare Filmora Xがオススメ↓

買い切り版の動画編集ソフトで高機能な製品が欲しい場合はPowerDirector Ultraがオススメ↓

超本格派動画投稿者になる場合はAdobe Premiere Proがオススメ。もしPCスペックに自信が無かったり、買い切り版編集ソフトが良いと思った場合はAdobe Premiere ElementsでもOK!

スポンサーリンク

まとめ

  1. 【通信料を気にしない】USBケーブル
  2. 【意外と便利】iPhoneの動画を外付けハードディスクに保存
  3. 【完全コードレス】クラウドサービス(icloudやAmazonphotoなど)
  4. 【容量無制限で色々便利】YouTube
  5. 【メールみたいに転送】ギガファイル便
  6. 【Macユーザーはこれ一択】Airdrop

iPhoneの動画をPCで編集する時には必ずどれかの方法で転送する必要があるため、自分に合った方法を利用してください。

また、下記事ではゲーミングルーターを使用することでWi-Fiなどに変化があるのか検証しているので参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました