知らないと損!iPhoneの動画をpcに転送するオススメの方法を解説

iPhoneの動画をpcに転送するオススメの方法を解説YouTube

この記事は以下の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • iPhoneで動画撮影したけど、どうやってpcに送れば良いか分からない
  • 転送方法はいくつかあるけど、どれがオススメ?
  • 出来るだけ早く転送する方法を知りたい!

この記事では実際にYouTubeやニコニコへ動画投稿している私がiPhoneの動画をpcへ転送するオススメの方法を解説していきます。

スポンサーリンク

iPhoneの動画をpcへ転送する方法

【関連記事】youtubeは非公開でも著作権に引っかかるのか解説

【通信料を気にしない】USBケーブル

1つ目はiPhoneとpcをUSBケーブルで接続して転送する方法です。

手順は以下の通りです。

  1. iPhoneとパソコンをiPhoneに付属していたLightningケーブルで接続
  2. iPhoneの画面に「このコンピューターを信頼しますか?」と表示されるため「信頼」をタップ
  3. pcで「エクスプローラ」を開き、「pc」へアクセス
  4. 「デバイスとドライブ」に「Apple iPhone」が表示されるためクリック
  5. 「DCIM」フォルダから保存したい動画を選択してpcにコピーする
  • 通信料が一切かからない
  • Wi-Fiが無くても転送できる
  • 長い動画でも安定した転送が可能
  • まとめてコピーすることも可能
  • USBケーブルが手元に必要
  • 正規品でないUSBケーブルの場合、転送出来ない事がある
  • 写真や動画が多いとpcで選ぶ時に大変
  • 転送に意外と時間がかかる場合がある

【完全コードレス】クラウドサービス(icloudやAmazonphotoなど)

2つ目は icloudやAmazonphotosなどのクラウドサービスを利用する方法です。

この記事ではAmazonphotosを例にして手順を紹介します。

  1. iPhoneにAmazonphotosをインストールする
  2. Amazonphotosに登録し、iPhone&pcでログインする
  3. iPhone内の動画をAmazonphotosにアップロードする
  4. pcからAmazonphotos内の動画をダウンロードする
  • USBケーブルが必要ない
  • 無料でもストレージを使える
  • クラウド上に動画を保存できる
  • pcで一括ダウンロードも出来る
  • モバイル通信量かWiFiが必要になる
  • 長い動画はアップロードに時間がかかる
  • 無料サービスやプランだと容量の制限がある

【容量無制限で色々便利】YouTube

3つ目はYouTubeを利用する方法です。

方法自体は2つ目のクラウドサービスを利用した方法とほぼ同じですが、いくつか差別点があります。

YouTubeでiPhoneからpcへ動画を転送する方法は以下の通りです。

  1. iPhoneの動画をYouTubeアプリにアップロードする
  2. pcでYouTubeにログインし、クリエイターツールから「動画の管理」を開く

3.ダウロードしたい動画の詳細を開き、「ダウンロード」をクリックする

  • USBケーブルが必要ない
  • 無料なのに無制限で保存できる
  • 著作権や収益化審査を事前に確認できる
  • YouTubeの機能で簡単な編集が出来る
  • 「非公開」にしないといけない
  • 一括でダウンロードできない
  • iPhoneからのアップロードに時間がかかる

【メールみたいに転送】ギガファイル便

4つ目はギガファイル便を利用する方法です。

引用元:https://gigafile.nu/

手順は以下の通りです。

  1. iPhoneからギガファイル便のサイトにアクセスする
  2. 「ファイルを選択」をタップし、pcへ送りたい動画をアップロードする
  3. アップロードするとダウンロード用のURLが表示されるため、pcでURLにアクセスする
  4. 動画をダウンロード出来るようになっているため、保存する
  • USBケーブルが必要ない
  • 無料なのに無制限で利用できる
  • メールを送る感覚で転送できる
  • URLが漏れたら誰でもダウンロードが出来る
  • 一括でダウンロードできない
  • iPhoneからのアップロードに時間がかかる

【Macユーザーはこれ一択】Airdrop

5つ目はMacユーザーのみが使える方法です。

手順は以下の通りです。

  1. iPhoneとMacのAirdrop機能をオンにする
  2. iPhoneから転送したい動画を選択し、「Airdrop」を選択する
  3. Macが近くにあるとAirdropの選択先に表示されるためMacを選ぶ
  4. 転送されるまで待つ
  • USBケーブルが必要ない
  • 無料で使用できる
  • 転送速度が早い
  • Macユーザー以外使用できない
スポンサーリンク

まとめ

  1. 【通信料を気にしない】USBケーブル
  2. 【完全コードレス】クラウドサービス(icloudやAmazonphotoなど)
  3. 【容量無制限で色々便利】YouTube
  4. 【メールみたいに転送】ギガファイル便
  5. 【Macユーザーはこれ一択】Airdrop

動画編集の使用環境に合わせて転送方法を選んでください!

また、下の記事ではオススメの外付けハードディスクを紹介しているので参考にしてみてください。
【参考記事】動画編集用!オススメ外付けハードディスク5選

コメント

タイトルとURLをコピーしました