【実例を紹介】youtubeは非公開でも著作権に引っかかるのか解説

youtubeは非公開でも著作権に引っかかるのか解説YouTube

この記事は以下の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • YouTubeの著作権侵害が怖いけど、非公開なら著作権に引っかからない?
  • 非公開の動画でもYouTubeのシステムで著作物は分かる?
  • 初めから非公開でアップしても著作権侵害の通知は来るの?

*ブログのアイキャッチ(サムネ)はCanvaで制作しています。

スポンサーリンク

YouTubeは非公開でも著作権に引っかかる?

結論から言うと、非公開でも著作権に引っかかるため、収益などは分配・全て著作者へ還元されます。

実際にYouTubeへ動画投稿している「熊五郎お兄さんのDIY」さんは非公開の動画であっても著作権侵害の申し立てをされていました↓

非公開にしてる動画に著作権侵害の申し立てが入るって意味わからんな
あと、指摘されたBGMはYouTubeライブラリの音楽です。 わけわからん。

ただし、今回のケースではYouTubeライブラリというYouTubeが提供しているフリー音源を使用していたのに著作権侵害が来ています。

この現象が起きているのは悪質な団体が収益の分配利益を得るためにフリー音源の素材を自分たちが作った著作物だと言いはって申し立てを行なっているからです。

そのため、実際に「熊五郎お兄さんのDIY」さんが著作権w侵害しているわけではありませんが、申し立てを受けている状態となっています。

しかし、「非公開でも著作権に引っかかる」ことは事実です。

今回のケースは悪質な団体でしたが、アーティストの曲などを無断で利用していると管理している企業から申し立てが来る場合があります。

公開前に自動で動画内の著作物は判断される

YouTubeはJASRACと契約して動画内で使われている音源が著作権を侵害しているかどうか自動でチェックしています。

JASRACで管理されているモノであれば著作権を侵害していたとしても収益は自動で著作者に還元されるようになっているため、よほど悪質な使い方をしない限り、訴えられるような事は起きません。

YouTube著作権侵害の申し立てによるステータスを確認する

また、動画内の映像についてもCount IDのシステムで管理しているため、同じ映像があるとチャンネルに申し立てが来る場合があります。

著作権侵害の申し立てをするとアカウントがBANされる危険性も

今回の本題とは少し離れますが、非公開の動画は他人にパクられると自身のアカウントがBANされる危険性があります。

昨年、YouTubeにアップしていた自転車事故動画が自分でもどうかと思ったので非公開にしていたら、佐藤梢というチャンネルでパクられ210万アクセス稼いでいた。
なので著作権侵害でYouTubeに申請したら、反対にいたずらだったらアカウント停止するよ的に脅されるなど。

投稿時期などを考えればどちらが著作者か分かりそうですが、再生回数などもあってYouTube運営には判断が難しいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

YouTubeは非公開でも公開されている動画と同様に著作権に引っかかります。

そのため、「著作権に引っかかっているから非公開にしておきます」は基本的に意味が無く、著作者には公開だろうが非公開だろうが侵害していることが分かります。

後から著作者の申し立てが来てチャンネルにペナルティが付く危険性もあるため、非公開にするくらいなら公開したままにしておくか削除した方がオススメです。
【関連記事】著作権侵害の申し立てが来た時の対処法を解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました