【比較】Mac版動画編集ソフト初心者にオススメはどれ?動画投稿者解説

YouTube初心者向け

Macの動画編集ソフトってどれが対応しているのか分からないですよね。

ざっと対応ソフトをあげても、iMovie、Final Cut Pro、Adobe、Filmoraがあります。

そこで今回は現役でYouTubeに動画投稿している私が

初心者YouTuberにオススメのMac対応動画編集ソフト

をざっくりと解説していきます。

Windows版は下の記事からどうぞ!

【比較】Win版動画編集ソフト初心者にオススメはどれ?動画投稿者解説

記事作成者

ゆっくり雑談解説氏【cHask】
仮面ライダー関連のゆっくり解説&雑談を投稿しています。 チャンネル登録、高評価してもらえると動画製作の励みになるので、お願いします。 #仮面ライダーゆっくり解説 #仮面ライダー #ゆっくり解説 #cHask ゆっくり雑談解説の再生リスト↓ Twitter↓ このチャンネル↓ ニコニコ動画にも投稿はじめました!↓ ...
スポンサーリンク

Macユーザーにおススメの無料動画編集ソフト

無料動画編集ソフト(iMovie)

iMovieの使い方!文字入れ・カット・音楽や写真の入れ方【8分】

iMovieはMacに標準で搭載されている無料動画編集ソフトです。

直感的に使用することが可能であるため、説明書を読まなくても動画編集を始めることが出来ます。

無料ソフトであるため動作も十分軽く、基本となるカット、テロップ、効果音、bgm、トランジションにも対応しています。

しかも、著作権フリーのbgmや効果音が大量に初期段階から入っているためわざわざネット上から効果音をダウンロードしなくても良いメリットがあります。

(無料ソフトでダウンロード済みなのはiMovieくらい)

また、画像などであればダウンロードしなくてもコピペで動画上に張り付けることが可能であり、動画編集が非常にスムーズに進みます。

同じ動画を編集する場合、無料編集ソフトの中ではiMovieが一番早く編集作業が終わるくらいスムーズに進みます。

そのため、動画編集初心者には一押しの動画編集ソフトです。

ただし、大きな弱点があります。

まずは、テロップを自由に配置出来ないことです。

テンプレートで決まった位置にテロップを出すことは可能ですが、ユーザー自身が位置を選ぶことが出来ないため非常に使いにくいです。

次に、一つの画面に画像をいくつも表示出来ないことです。

iMovieでは下の画像のように鹿とカニの画像をを一緒に表示することが出来ません。

雑に作った画像

上の画像はスマホのブラウザ上でも7500万点の素材が無料で使えるCanvaで制作しています。

したがって、作業はしやすいが機能はかなり制限されています。

一応、下の本などに載っている裏技でテロップ位置や画像の表示枚数を調整することは可能ですが、ひと手間かかってしまいます。

ただし、完全に動画編集初心者であれば非常に使いやすいため、まずは練習として使ってみることをおススメします。

スポンサーリンク

Macユーザーおススメの有料動画編集ソフト

Filmora

【Filmora動画編集】あなたの「瞬間」をもっと鮮やかに

Filmoraの販売ページこちら

FilmoraはMac対応版も販売している動画編集ソフトです。

価格は8990円とお手頃で無料お試し版も存在します。

Filmoraは安いですが、iMovie並みに使いやすくて動作が軽いことが特徴です。

通常の動画編集ソフトであれば説明書を読まなければどこに何の機能があるのか全然分かりませんがFilmoraは直感的に分かるように設計されているため一時間ほど使用してればすぐに編集作業に慣れてしまいます。

また、iMovieの弱点であるテロップと画像挿入の問題も対応しているため基本的な動画編集の作業はすべて出来ます。

ゲーム実況で必要となるクロマキー合成にも対応している上、画面録画機能も付いてくるのでゲーム実況を行いたい方にはおススメです。

ただし、Filmoraはユーチューバー向け動画編集ソフトであるため高度な映像制作は出来ません。

動画内容ではなく、映像で視聴者を魅了したい方にはおススメしません。

Adobe

Premiere Elements 2021: All-new ways to make movie magic.

Adobeの販売ページはこちら

Adobeにも様々な動画編集ソフトがありますが、初心者には買い切りタイプのAdobe Premiere Elementsがオススメです。

価格は19580円でWindows&Macどちらにも対応しており、無料体験版もあります。

無料動画編集ソフトと違ってpcスペックも必要になりますが、機能は非常に多いです!

例えばAIを用いて自動で画面&音声のノイズを軽減することが可能です。

他のソフトでもノイズ軽減は出来ますが、Adobeは値段が高いだけあってノイズ軽減後のクオリティが高いです。

基本的にAdobeで出来ないことは他の動画編集ソフトでも出来ないことが多いので機能については全く問題ありません。

そのため、Adobe Premiere Elementsを買えば機能不足で困ることはありません!

実際にほとんどのトップYouTuberはAdobe製品を利用しています。

ただし、機能が多い=使いづらいとなります。

操作できる部分が多すぎるのですぐには覚えられないです(笑)

結構根気強く無いと続けるのは大変、、、

幸いなことに、Adobe は利用者も非常に多いので困ったことがあれば検索すると解決方法がすぐに出て来ます。

また、編集ソフト自体に「ガイド付き編集」の機能が付いているので、それに従いながら動画編集を学ぶことも可能です。

Final Cut Pro

【基礎講座】ファイナルカットプロの使い方を10分でマスター出来る!

Final Cut Pro – Apple(日本)

Mac対応ソフトではFinal Cut Proが一番おススメ動画編集ソフトです。

価格は36800円と初心者には手を出しづらいですが無料のフリートライアルもあります。

Final Cut ProはiMovieの完全上位互換とも言える動画編集ソフトであり、これを使うためにMacを購入する方もいるくらい人気ソフトです。

そのため、iMovieの使いやすさを維持したまま機能が増えています。

まず、iMovieの問題であった

  • テロップの位置
  • 複数の画像挿入

これらの問題がクリアされています。

正直、映像制作系の動画投稿者でなければ上の二つがクリアされるだけで十分な気もしますが、さらに360°動画の編集も可能になっています。

また、エフェクトの数もとんでもなく多い上、apple公式がプラグインを配布しているため自分が使いたい(作りたい)エフェクトを使用可能です。

しかも、エフェクトだけでなくテロップやトランジションも大量にあり、追加されていきます。

そのため、Final Cut Proで出来ないことはありません。(Final Cut Proで出来ないことは他のソフトでも出来ない)

実際の映画の編集にも使われるような動画編集ソフトであるため、YouTubeに投稿する素人が使う分には困ることは無いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • 動画編集の練習用として使う場合はiMovieがおススメ!
  • 一般的なユーチューバーであればFilmoraで十分対応可能!
  • 映像制作系であればFinal Cut Proにすべし!

一般的にはFilmoraで十分編集能力があるので事足りると思います。

もし凝ったオープニングなどを作りたい場合はFinal Cut Proを買うのも良い手段ですが、ココナラクラウドワークスなどで外注した方が安く、時間もかからないのでおススメです。

また、下の記事では視聴回数を増やす方法をまとめてあるので合わせて読むことをおススメします。

2021年最新,YouTubeで視聴回数を増やす方法3選!現役投稿者が解説!

コメント

タイトルとURLをコピーしました