人気ゲーム実況者が実際に使っているオススメマイク8選【選び方解説付き】

人気ゲーム実況者が実際に使っているオススメマイク8選【選び方解説付き】ゲーム実況

この記事は以下の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • 実況者になりたいけど、どのマイクが良いの?
  • マイクを買うときは、どんな機能が必要になる?
  • マイクじゃなくてヘッドセットではダメなの?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

この記事では実際に人気ゲーム実況者達が使っているオススメマイクを紹介・解説していきます。

ちゃすく
ちゃすく

ブログと動画投稿やってます。

アカウントの詳細はこちら

スポンサーリンク

ゲーム実況用マイクの選び方

最初にゲーム実況用のマイクを選ぶ時のコツや注意点を解説しておきます。

マイクの種類を確認する

マイクは「コンデンサーマイク」と「ダイナミックマイク」の2種類があります。

配信や実況を始めたい方はより良い音質を求めるために、コンデンサーマイクを検討するべきでしょう。

コンデンサーマイク

  • 広い周波数を拾うことができる
  • 集音性が高い
  • レコーディングにも使用されるほど高音質が期待できる

ダイナミックマイクよりも高価な製品が多いですが、その分音質にこだわることができるマイクです。

ダイナミックマイク

  • 電源につなぐ必要がない
  • 耐久性に優れている
  • コンデンサーマイクに比べ安価
  • カラオケやコンサートに使用されている

丈夫なうえに価格が抑えめなので、初めてマイクを買う初心者にオススメです。

指向性の種類を確認する

マイクを購入する際は、「指向性」について注意しなければなりません。

どの方向から音を拾うことができるかを示す指標で、配信する人数で決めることもできます。

一般的に配信やゲーム実況したい場合は、単一指向性のマイクをオススメします。

単一指向性

単一指向性のマイクは1方向からの音声を拾うことができます。

自分の声だけを収めてくれるので、周囲の雑音を拾いにくいメリットがあります。

1人でゲーム実況する場合は単一性指向のマイクがオススメです。

双指向性

双指向性のマイクは2方向からの音声を拾うことができます。

表と裏にそれぞれマイクが設置されているので、インタビューなど向き合っている状態での収録には向いていますが、ゲーム実況だとゲームの前に張り付く必要があるのでオススメできません。

全指向性

全指向性のマイクは360度どこからでも音声を拾うことができます。

大人数で収録するのに使用しやすいです。

しかし、広く音を集める分、周囲の雑音やノイズも拾ってしまいますので、防音対策に気を付けなければいけません。

大人数でゲーム実況する場合は全員の声を拾うため、全指向性のマイクがオススメです。

マイクの接続方法を確認する

マイクをパソコンに接続するために、USBで直接繋げる方法とオーディオインターフェースを使ってパソコンとつなげる方法があります。

オーディオインターフェースは音のノイズやバランスなどを調整するために非常に有用ですが、接続するまでが大変です。

したがって、歌や楽器を使用しない配信やゲーム実況をする人にはお手軽なUSB接続タイプが好んで使用されている傾向があります。

ちゃすく
ちゃすく

山田涼介さんのように拘りがある人はオーディオインターフェイスも使ってる↓

引用元:https://youtu.be/qNX9ayNkjBM

オーディオインターフェースを介して接続

  • ノイズカットが可能
  • 音量のバランス調整が可能
  • USBタイプより高価

オーディオインターフェイスを使用する場合はUSBで接続するよりも費用は高くつきますが、その分機能面は充実します。

注意点として、パソコン用の機材が必要なので正しい機材を選択して、そちらに関しても知識をつけなければなりません。

手軽さより高音質を求める方にオススメであり、実況者から1番使われているモデルはYAMAHAのAG03です。

先ほど画像で見せたように超人気アイドルである山田涼介さんも使っているオーディオインターフェイスなので非常にオススメです。

USBで接続

  • オーディオインターフェースを使用するよりも安価
  • 音質面が劣る
  • 接続が簡単

USBで繋ぐだけなので、簡単に扱うことができます。

安価なので入手もたやすいですが、その代わり音質面や機能面ではオーディオインターフェースを使用するよりも劣ります。

接続が簡単なほうがいいという方や初心者にはUSBタイプがオススメです。

マイクの感度を確認する

「感度」とはマイクの集音性を示す指標です。

音質に影響するため、できるだけ感度が良いマイクを選ぶべきです。

db(デジベル)という単位で示され、数値が0になるほど感度が良いことを示します。

一般的にダイナミックマイクは-60~50db、コンデンサーマイクは-40~30dbの製品が多いので、購入するにはこの数値を基準にしましょう。

スポンサーリンク

ヘッドセットを使ってはいけないのか?

「マイクの紹介ばかりしているけど、ヘッドセットを使ったらダメなの?」と思う方もいると思います。

FPSやTPSのゲームをするときはヘッドセットを使用している方も多いと思います。

先に結論を言うと、もちろんヘッドセットを使用しても構いません。

ヘッドセットの特徴はヘッドセットとマイクが一体になっていて、頭と耳に固定されるので動きながらプレイすることができます。

ただし、音質面を考慮するなら別途マイクを購入したほうが良いです。

ちゃすく
ちゃすく

プレイするだけならヘッドセットで良いけど、実況なら音質を優先した方が良いかも

また、ゲーム実況など配信をしたい方は基本的に自由に動き回る必要がありません。

したがって、どうしてもヘッドセットでないと嫌だ!という方以外は、マイクを選ぶべきだと思います。

スポンサーリンク

人気ゲーム実況者が使用するオススメマイク8選

では、実際に人気ゲーム実況者達が使っているオススメのマイクを紹介・解説していきます。

【プロゲーマー&人気Vtuber使用】audio-technica AT2020

audio-technica AT2020は「audio-technica」から発売しているコンデンサーマイクです。

AT2020:使用イメージ
引用元:https://www.audio-technica.co.jp/product/AT2020

ゲーム実況者界隈ではもはや定番と言っても過言ではありません。

Amazonでは10000円程度で購入できるエントリーモデルですが、性能がかなり良く、コストパフォーマンスにも優れています。

ダイナミックマイクと違い、少し距離が離れたところに設置してもクリアな音声を拾うことができます。

オーディオテクニカはイヤホンやスピーカーマイクなどでは代表的なメーカーですので、信頼度も高いですね。

単一指向性マイクですので、1人で実況や配信をしたい方にオススメです。

海外の元プロゲーマーの「aceu」さんや人気Vtuberの「桜ころみん」さんなどが使用しています。

【ゲーム実況者みやゆう使用】RODE/NT1-A

RODE NT1-Aは「Rode Microphones」から発売しているコンデンサーマイクです。

引用元:https://ja.rode.com/microphones/nt1-a

多くの有名YouTuberが愛用しており、はっきりとした元気な音声を収録できるのが特徴です。

コンプレッサーやイコライザーの調整をせずとも解像度が高く、音が抜けやすいです。

したがって、実況だけでなくギターや歌などの録音にも適しているでしょう。

また、保証期間が10年と長く、安心して使い続けることができるのも愛用者が多い一因ですね。

Amazonでの価格は32980円であり、ちょっと高いですが、保証期間を考えると適正価格になります。

現在後継機のNT2-Aも販売されていて、音質がさらに向上しているのでそちらも検討するべきだと思います。

ゲーム実況系YouTuberの「みやゆう」さんをはじめ多くの人が使用しています。

【コスパ最強&初心者向き】SONY ECM-PCV80U

ECM-PCV80Uは「SONY」から発売されているエントリーモデルのコンデンサーマイクです。

引用元:https://www.sony.jp/microphone/products/ECM-PCV80U/

Amazonで3000円台と非常に安価でお手軽に入手できます。

安いマイクでは音がこもってしまい、エコーがかかっているような雰囲気になってしまうことが多いですが、この製品は明瞭でクリアな音声を収録できます。

また、接続方法もミニプラグとUSB接続どちらも対応しているので便利です。

料金のお手軽さとコストパフォーマンスから、多くの実況者が愛用しています。

ゲーム配信者の「おぼ。」さんなどが使用しています。

安くて音質の良いマイクですが、PS4やPS5に接続すると「ピーピー」という機械音が一定間隔で流れてしまうことがあります。
対策方法についてはこちらで解説しているので参考にしてください。

【光るマイク・kinako使用】HyperX QuadCast

QuadCastは「Kingston」のゲーミングブランド「HyperX」から販売しているコンデンサーマイクです。

引用元:https://row.hyperx.com/products/

本体にポップガードが内蔵されており、吐息のノイズや湿気を防ぐことができます。

USB接続タイプで、帆体上部にタッチセンサーのミュートボタンが搭載されているので、扱いが簡単です。

また、マイクが光るのがおもしろいポイントで、ゲーミングデバイスらしさも発揮しています。

なんと約1677万色も使用しており、力が入っていることが分かりますね。

機能の手軽さや音質を鑑みて、ゲーム配信者に適しているマイクです。

ゲーム配信者の「kinako」さんなどが使用しています。

【プロゲーマー&ひろゆき使用】Blue Microphones Yeti

Blue Microphones Yetiは「Blue」から販売しているコンデンサーマイクです。

引用元:https://www.bluemic.com/ja-jp/products/yeti/

日本ではそれほど馴染みがないと思いますが、海外を中心にマイクを販売するメーカーとして有名です。

音質や機能の豊富さから海外の実況者やプロゲーマーから人気です。

機能面について、ミュートボタンの搭載、感度調節機能、指向性変更などさまざまな機能を有しています。

特に指向性の変更に関しては、利用環境によって単一指向性、双指向性、全指向性、ステレオモードと4つのモードに切り替えることができ、非常に便利です。

韓国プロゲーマーの「Ras」さんや切り抜きで有名な「ひろゆき」さんなども使用しています。

【たこまる使用】Razer Seiren X

Razer Seiren Xは「Razer」から販売しているコンデンサーマイクです。

引用元:https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-audio/razer-seiren-x

「Razer」はゲーミングデバイス製品に関して強大な認知度を誇ります。

USB接続ができるので、開封後すぐに使用可能です。

他のコンデンサーマイクよりもコンパクトな仕様になっており、卓上がかさばる心配が少なくなります。

コンパクトな分マイクのジョイントがやや短いですが、それを補うだけの感度の高さを持ち、小さな声でもしっかりと音を拾うことが可能です。

Amazonでの価格帯10000円ほどですが、メーカー自体が配信用と銘打ってるだけはあり音質面は高級マイクと引けを取りません。

ゲームガジェット系投稿者の「たこまる」さんなどが使用しています。

【NIRU使用】AVERMEDIA USBマイクロホン AM310

USBマイクロホン AM310は「AVerMedia」から販売しているコンデンサーマイクです。

引用元:https://www.avermedia.co.jp/product-detail/AM310

ゲーム実況のために製作されたマイクなのでUSB接続で簡単に使用できます。

実況する際に便利な機能がいくつも搭載されており、多くのゲーム実況者が愛用しています。

まず、収録しながら自分の声を確認する機能があるので、配信に声が入っていなかったり、音量が小さすぎたりするトラブルを防ぐことが可能です。

また、マイクにつまみがついていて、回すことでその都度音量を調整できます。

もちろんボリュームを0にすればミュートの扱いにできますので、席を外すときなど音を入れたくないタイミングに使用することができます。

ゲーム配信者の「NIRU」さんなどが使用しています。

【世界一のYouTuber愛用】Blue Microphones SPARK SL

Blue Microphones SPARK SLは「Blue」から発売しているコンデンサーマイクです。

Header image
引用元:https://www.bluemic.com/ja-jp/products/spark-sl/

Amazonで約40000円という価格に見合った高級なデザイン。

決して安くないこのマイクは上記で紹介した他のマイクよりも高音質が期待できます。

ノイズの少なさ、音の明瞭さなどがトップレベルなので、配信以外のバンドや楽器のレコーディングにも使用されるほどの性能を誇ります。

世界一のYouTuberである「PewDie Pie」が愛用しており、海外を中心に人気のマイクです。

スポンサーリンク

他のゲーム実況者はこんな記事も読んでいます

当ブログ「ちゃすろぐ」では他にもゲーム実況やPC機材に関する情報を発信しているので、他の記事もぜひチェックしてください。

ちゃすく
ちゃすく

ブックマークもよろしく!

タイトルとURLをコピーしました