【YouTube】配信と動画はどっちが良い?ゲーム実況や儲かるかで解説

YouTubeの悩み
この記事がオススメな人
  • YouTubeは配信と動画、どっちがいい?
  • ゲーム実況は配信と動画、どっちがベスト?
  • 動画と配信はどっちが儲かるの?

はじまして。ブログ運営と動画投稿をしている「ちゃすく」です。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2000万回超え。
ブログは月間13万PV達成!インフルエンサー向けのお悩み相談もしてます。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に言うと、今から活動を始めるのであればライブ配信よりも動画投稿がオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

動画は拡散性が大きいので早く人気になりやすいです

AdobeのPremiere Proであれば自動カットや自動字幕起こしによって動画編集の効率を上げられるので、動画編集にはオススメです。

スポンサーリンク

【YouTube】配信と動画はどっちが良い?

冒頭でも書いた通り、今からYouTubeでゲーム実況やVtuberを始めるのであれば、ライブ配信よりも動画投稿がオススメです。

なぜなら、ライブ配信と動画投稿では活動の目的が異なっており、まずは集客が必要になるからです。

  • ライブ配信:主に集金が目当ての活動。視聴者とリアルタイムで接するので、お金を集めやすい。
    ただし、動画投稿よりも拡散性が低い。
  • 動画投稿:主に集客が目当ての活動。YouTubeのアルゴリズムに沿った動画を作れば拡散される。
    ただし、ライブ配信よりも報酬は少ない。

プロゲーマーや企業系Vtuberであれば事務所が「広告を出す」「イベントを開く」などで集客するので、ライブ配信がメインになりやすいです。

しかし、今から個人で始めるのであれば、まずは動画投稿で集客しなければ集金もできません。

そのため、ゲーム実況やVtuberを始めたばかりの段階なら、最初は動画投稿へ力を入れるべきでしょう。

AdobeのPremiere Proであれば動画内の音声を自動で字幕化してくれるので、動画編集で楽をしたい場合はオススメです。

活動初期は配信か動画へ絞った方がオススメ

「動画投稿とライブ配信をどっちもやる」という意見もありますが、チャンネルが小さい間はどちらかへ専念した方がファンが増えやすいです。

なぜなら、活動初期は登録者1人あたりの価値が大きくなりやすいので、登録解除をして欲しくないからです。

そもそもYouTubeでは動画を好む視聴者と配信を好む視聴者が存在しており、両者の求めるコンテンツは異なっています。

動画を好む視聴者からすればライブ配信は時間の無駄であり、ライブ配信ばかりをするチャンネルを登録しておくメリットが小さくなります。

一方で、配信を好む視聴者からすれば動画は配信者との接点が少なく、物足りないと感じ、登録を解除します。

つまり、「動画投稿とライブ配信をどっちもやる」というのは「どっちも中途半端にする」と同じであり、ファンが定着しにくい状態になります。

活動初期はファン1人1人の価値が大きくなりやすいので、配信と動画のどちらかへ集中した方が良いでしょう。

ちゃすく
ちゃすく

ここからは動画投稿とライブ配信のメリット&デメリットを解説します

スポンサーリンク

動画投稿のメリット&デメリット

動画投稿のメリット&デメリットは下記通りです。

【YouTube】動画投稿のメリット

動画投稿のメリットは下記の通りであり、ライブ配信よりもコンテンツが拡散されやすいことは大きな特徴です。

  • 拡散性に優れており、幅広い視聴者へアピールできる
  • 過去動画も見れるので、コンテンツが溜まっていく
  • リアルタイムの活動が必要が無く、時間に余裕がある
  • トーク力などに自信がなくても、編集でカバーできる
  • 動画編集などは外注できるので、撮影に集中できる

活動初期の段階ではトークやリアルタイムの反応にも慣れていない場合が多いと思うので、編集できる動画投稿が良いでしょう。

急に話せない・ちゃすろぐ

ヒカキンさんやフィッシャーズさんが使用するPremiere Proなら自動化機能が多く、初心者でも簡単に動画編集ができるのでオススメです。

【YouTube】動画投稿のデメリット

動画投稿のデメリットは下記であり、特に「動画編集に時間がかかる」で悩む場合が多いでしょう。

  • 動画編集に時間がかかる
  • 広告収益は投げ銭より単価が低い

Premiere ProPowerDirectorの自動カットや自動字幕を使えば時短できますが、それでもライブ配信よりは準備に時間がかかります。

もし動画編集作業が面倒くさい場合はココナラやクラウドワークスで外注することも可能なので、チェックしておくと良いでしょう。

ココナラ:動画編集、外注
出典元:ココナラ

動画編編集の外注相場や依頼方法は下の「動画編集の外注相場は?依頼方法やクラウドソーシングを解説」にまとめてあるので参考にしてください。

スポンサーリンク

ライブ配信のメリット&デメリット

ライブ配信のメリット&デメリットは下記通りです。

【YouTube】ライブ配信のメリット

ライブ配信のメリットは下記の通りであり、時給換算すると動画投稿よりも高くなりやすいことが最大のメリットです。

  • 視聴者と距離感が近く、投げ銭などの応援を貰いやすい
  • スパチャランキングなどへ掲載される
  • 切り抜き動画を作ってもらえる
  • 動画編集が不要なので、毎日でもライブ配信ができる

登録者数1万人程度のゲーム実況者やVtuberでもスパチャがあれば、月に50万円以上を稼ぐことも不可能ではありません。

特にVtuberはゲーム実況者よりもアニメ感が強いので、ファンから課金感覚でスパチャされやすい傾向にあります。

Vtuberを始める際に必要な立ち絵については下の「【Vtuber】立ち絵イラストの相場は?依頼サイト4選」にまとめてあるので参考にしてください。

【YouTube】ライブ配信のデメリット

ライブ配信のデメリットは下記の通りであり、やはり動画よりも拡散性が低いことはネックになります。

  • サムネ編集が超大切になる
  • リアルタイムなので、トラブルが起きやすい
  • 動画よりも拡散性が低い

ライブ配信では視聴者にサムネをクリックされるかどうかが非常に大切なので、サムネ編集を妥協することだけはオススメできません。

ちゃすく
ちゃすく

動画の場合はクリック率よりも維持率が大切

ある意味、サムネは配信内容よりも大切なので、AdobeのPhotoshopなどで丁寧にサムネを編集すると良いでしょう。

Photoshopならサムネ編集で使える自動機能が多く、画像の切り抜きなども楽なのでオススメです。

スポンサーリンク

動画と配信はどっちが儲かる?【YouTube】

時給で換算すると、動画投稿よりライブ配信が儲かりやすいですが、ライブ配信で儲かるためには集客が必要になります。

集客の労力や費用まで考えると、登録者数が少ない時期は動画投稿の方が儲かりやすいです。

実際、私自身も動画投稿で月収180万円を超えたので、登録者が少ない時期は動画投稿がオススメです。

AdobeのPremiere Proであれば動画編集の大幅な時短が可能であり、YouTubeで稼ぎやすくなるのでオススメです。

タイトルとURLをコピーしました