本サイトではASP広告を利用しています

【実家】ゲーム実況&配信の親フラ対策7選【防音】

PCを使ってる時に親フラゲーム実況

この記事は下記の悩みや要望を持つ人にオススメです。

  • 実家で配信をしたいけど、親フラが怖い…
  • 家族にバレない防音やマイクはない?
  • オススメの親フラ対策を知りたい!

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事ではゲーム実況・配信活動で親フラしない為の対策方法やオススメの機材を解説します。

段ボールで作られた防音室「だんぼっち」などもあるので、活動の参考にしてください。

引用元:https://danbocchi.com/
スポンサーリンク

【実家】ゲーム実況&配信の親フラ対策7選【防音】

ここからは実家で行うゲーム実況・配信活動での親フラ対策を解説していきます。

対策1:家族が家に居ない時を狙う

1番確実な親フラ対策方法は家族が居ない時にゲーム実況・配信活動をすることです。

PCを使ってる時に親フラ

どれだけ小さな声で活動をしていても、家族が家に居れば親フラリスクは0になりません。

また、小さな声でボソボソ話すのは視聴者ウケが悪く、人気も伸びにくいので、家族が居ない時にまとめて収録しておくことがオススメです。

もしも実家内に常に家族が居る場合は、だんぼっちなどの防音室を導入しても良いでしょう。

対策2:友達とゲームをしている雰囲気を出す

家族が家に居ても友達と一緒にオンラインゲームをプレイしている雰囲気を出せば、堂々と実況・配信活動ができます。

親へ事前に「友達とゲームをするから、うるさくなる」「ネットのゲーマーもいるから名前で呼ばないで」と伝えておけば、より安心です。

対策3:ミュート機能付きヘッドセットを使う

ヘッドセットタイプのマイクで親フラが起きると直ぐにミュートができず、家族の声が実況・配信に流れることがあります。

ちゃすく
ちゃすく

安いヘッドセットにはミュート機能が無い…

LogicoolのゲーミングヘッドセットG331であれば、マイクのバーを上げると自動でミュートになるので急な親フラにも対処できます。

Logicool製品なので品質も高く、メーカー保証も手厚いのでゲーミングヘッドセットG331はオススメです。

対策4:実況・配信場所を自宅以外にする

家の中ではいつ親フラが起きるのか分からないため、外に出てしまえば思いっきり実況・配信活動が出来ます。

例えばカラオケ店に入れば、誰の迷惑にもならない状態でWi-Fiも自由に使えます。

また、地域によっては格安でスタジオを貸し出しており、自由なゲーム実況・配信が可能です。

対策5:配信部屋に防音室を導入する

そもそも自分の部屋で話している様子自体を家族へ知られたくない場合は、防音室や防音材の導入がオススメです。

音楽用の防音室は30万円以上もしますが、段ボールでできた「だんぼっち」なら格安で購入できます。

引用元:https://danbocchi.com/

しかも、組み立て式なのでカスタマイズも自由にでき、引越し先へ持って行くことも簡単なのでオススメです。

対策6:配信部屋に防音材を導入する

防音室が難しい場合は、防音材を使うことでも他の部屋へ響く音を小さくでき、親フラの可能性を減らせます。

マイク周りに使えば音の反響も減らせるので、配信活動のクオリティを上げることも可能です。

対策7:ゆっくり・VOICEROID実況にする

合成音声である「ゆっくり」や「VOICEROID」であれば、あなたが実況しなくても良いので親フラが起きても何も問題ありません。

ゆっくり実況・解説

しかも、ゆっくり・VOICEROID実況はライバル投稿者が少ないので、生声実況よりもチャンネルが伸びやすいメリットもあります。

編集の手間は少しかかりますが、家族へバレるリスクは非常に小さいので気になる場合はオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

やり方は下記事へ!

親フラ対策なら防音室の導入がオススメ

実家で親フラ対策をする方法は色々ありますが、ゲーム実況や配信をしていれば確実に他の部屋へ声が聞こえます。

そのため、実家でゲーム実況&配信を続けたい場合は、だんぼっちなどの防音室がオススメです。

タイトルとURLをコピーしました