【Vtuber】オススメのアバター購入サイト3選と注意点

【Vtuber】オススメのアバター購入サイト3選と注意点Vtuber

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • Vtuberを今すぐに始めたい!
  • Vのアバターはどこで買うの?
  • アバター購入時の注意点は?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

動画投稿とブログ運営をしている普通の若者男性。
白黒解説氏は登録者3万人、総再生回数は2000万回超え。
ブログは月間13万PV達成!お仕事などはTwitterのDMへ。

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に書くと、Vtuberのアバターを購入する場合はnizima、オリジナルアバターを依頼したい場合はココナラがオススメです。

引用元:https://nizima.com/Search
スポンサーリンク

Vtuberのアバターを購入する時の注意点

Vtuberのアバターを購入できるサイトを紹介する前に、知っておくべき注意点を先に解説しておきます。

注意点1:Live2Dモデルなのか確認する

Vtuberのアバターを購入する時は必ずLive2Dモデルであるかどうかを確認しなければいけません。

「Live2D」とは?

Live2Dとは、2D素材であるイラストへ豊かな表現を追加する技術であり、それを可能にする「Live2D Cubism」というPCソフトの略称。
多くの大手YouTuberが使用しており、Vtuberを始める際にほぼ必須のソフト。Live2Dでモデリングされたイラストを「Live2Dモデル」と呼ぶ。

Vtuberのアバターを動かす際は「Vtube Studio」や「nizima LIVE」などを使いますが、これらのソフトはLive2Dモデルでしか動きません。

もしVtuberのアバターを購入した時にLive2Dモデルでは無かった場合、下記どちらかの対処が必要なので購入時によく確認してください。

  • Live2Dを用意し、自分でモデリングする
  • ココナラなどでモデリング作業を依頼する
ちゃすく
ちゃすく

自分でモデリングするのは超大変です..

注意点2:1点モノアバターなのか確認する

Vtuberのアバター販売は基本的に下記どちらかであり、販売者の説明文をよく確認しないと意図しないトラブルが起きます。

1点モノのVtuberアバター最初に購入した人のみが使える。価格は少し高め。
他の活動者とアバターが被ることは無い。
制限無しのVtuberアバター複数人が購入でき、同じVtuberアバターを使う。
価格は安い(無料も)。他の活動者と被る可能性もある。

もし確実に1点モノのVtuberアバターを購入したい場合は、Live2Dが運営する「nizima」で「限定1品」の条件で探してみてください。

引用元:https://nizima.com
ちゃすく
ちゃすく

nizimaではLive2Dモデルも購入できます

注意点3:出来るだけ早めに購入する

現在、Vtuberになりたい人はどんどん増えていますが、イラストレーター並びにLive2Dモデラーは全然増えていません。

VTuber人数の推移(出典:ユーザーローカル調べ)

そのため、安くてクオリティが高いVtuberアバターは次々に売り切れていますし、人気絵師のアバターであれば転売目的で買う人もいます。

ちゃすく
ちゃすく

制作依頼しても数ヶ月待ちとかあるレベル…

もし安くてクオリティの高いVtuberへ早くなりたいのであれば、出来るだけ早めに購入することをオススメします。

スポンサーリンク

オススメのVtuberアバター購入サイト

Vtuberのアバターを購入できるサイトは下記の通りであり、完成したVtuberアバターを買う場合はnizimaがオススメです。

公式サイトSKIMAココナラnizima
ユーザー数10万人以上300万人以上不明
アバターの購入対応一部対応完全対応
アバター制作依頼完全対応完全対応完全対応
購入者側の手数料無料一律5.5%無料
ちゃすく
ちゃすく

上記サイトの詳細を解説します

アバター購入サイト1:SKIMA

SKIMAはイラストを専門的に扱うサイトであり、Vtuberのアバターに使われるLive2Dモデルも依頼・購入できます。

引用元:https://skima.jp

どちらかと言えば、オリジナルのイラストやLive2Dモデルを依頼するサイトですが、既に完成したアバターの販売もあります。

イラスト専門サイトなので全体的にクオリティが高く、利用しているイラストレーターも多いのでVtuberを目指す人へオススメのサイトです。

アバター購入サイト2:ココナラ

ココナラはクラウドソーシング系サイトの中でも特に利用者数が多いサイトであり、多くのイラストレーターがココナラのアカウントを持っています。

ココナラのイラスト販売の様子
引用元:https://coconala.com

しかし、ココナラでは基本的にオリジナルのアバターを依頼することがメインであり、完成したアバターを売っている人は少ないです。

とは言え、ココナラには動画編集や脚本作成、LINEスタンプ制作などのサービスもあり、Vtuberであれば活動の役に立つことが多いと思います。

ココナラでの具体的な依頼方法については下の「ココナラで動画編集を外注する方法」を参考にしてください。

アバター購入サイト3:nizima

最後に紹介するのはVtuberアバターの販売・依頼サイト「nizima」であり、Vtuber界隈で有名なLive2Dが運営しています。

引用元:https://nizima.com

nizimaでは既に作成されたLive2Dモデルを購入する方法とオリジナル立ち絵をnizimaのイラストレーターへ依頼する方法の2種類があります。

nizimaでVtuberアバターを購入する場合

nizimaではVtuberアバターを購入できるので「Vtube Studio」や「nizima LIVE」を使えば、簡単に動く2DVtuberへなれます。

実際にnizimaでLive2Dモデルを検索すると下画像のように様々なモデルがあり、総数は3000以上もあります。

引用元:https://nizima.com/Search

「他のVと被るんじゃない?」と心配になるかもしれませんが、nizimaでは限定1品のVtuberモデルもあり、完全なオリジナルモデルを購入できます。

イラストレーターとのやり取りがめんどくさかったり、今すぐVtuberになりたい場合はLive2Dモデルをそのまま購入することもオススメです。

nizimaで立ち絵やLive2Dモデルを依頼する場合

nizimaでは気に入ったイラストレーターにVtuberの立ち絵やLive2Dモデルを制作してもらうことも可能です。

実際にイラストレーターを確認してみると、下画像のように「オーダーメイド受付状況」が表示されています。

引用元:https://nizima.com/Profile/2606

オーダーメイド受付状況を確認してみると、立ち絵やLive2Dモデル制作にかかる費用と期間が表示されています。

引用元:https://nizima.com/Profile/2606

オーダーメイドだと価格が10万円以上する場合も多いですが、Vtuberの立ち絵は複雑なので10万円なら十分安い金額です。

上画像のようにLive2Dモデルまで制作してもらえるのは非常に有難いので、本気でVtuberを始めたい場合はnizimaが1番オススメです。

スポンサーリンク

他のVtuberはコチラも読んでいます

当ブログ「ちゃすろぐ」では動画投稿やPCに関する記事を執筆しています。

他のVtuberは下の記事も読んでいるので、興味があればチェックしてください。

ちゃすく
ちゃすく

シェアやブックマークもお願いします

タイトルとURLをコピーしました