【驚愕】YouTuberは全員著作権侵害をしている!訴えられない?

YouTuberは全員著作権侵害をしているYouTube初心者向け

「YouTubeで著作権ってどうなってるの?」

「みんな侵害してる気がする、、、」

この様な悩みはありませんか?

この記事では動画投稿歴3年の私が

YouTubeでの著作権について

解説します。

記事製作者cHask

スポンサーリンク

著作物を勝手に扱って良いのか

結論から言うと、YouTube上でも著作物を扱うと著作権侵害になるが、問題(裁判や罰則)になるかは非常に曖昧です。

世の中には大変ありがたいことに素材元を明示しなくても使用できるフリー素材が存在します。

しかし、世の中に出回っているほとんどの素材は許可が必要な著作物です。

有名人の画像を利用する場合は著作権のみで無く、肖像権も関与します。

漫画の一コマや誰かの書いた文章、YouTube上で公開された曲なども当然著作物になります。

しかし、多くのYouTuberは無断で著作物を利用して著作権侵害をしています。

特に「ゲーム実況」や「歌ってみた」は著作物をメインとして扱っているので、思いっきり著作権を侵害しています。

そのため、「YouTubeで勝手に著作物を扱ってはいけない!」と抗議する視聴者もいるくらいです。

しかし、著作権を侵害すること=悪い事とも言い切れないため、著作権侵害で問題が起きるかどうかについては非常に曖昧です。

普通は著作権を侵害されると著作者にはデメリットしか無いように思えますが、著作者によってはメリットも存在します。

先ほどのゲーム実況や歌ってみただと、著作物の宣伝や著作者自身の宣伝になるため著作権侵害が起きていても著作者が放置していることが多いです。

また、「著作者が侵害されている!」と訴える事が出来るのも基本的に著作者のみであるため、著作者にメリットが無くても訴え無ければ何も起こりません。

そのため、著作権侵害をしても問題が起きるかどうかは著作者の判断次第となります。

スポンサーリンク

どうすれば著作者に訴えられない?

著作権侵害で問題が起きるかは著作者の判断によります。

本来であれば著作物を含まない動画を投稿する事が著作権対策として一番良いですが、動画のジャンルによってはどうしても侵害してしまう場合があります。

では、どのようにすれば著作者に訴えられないのでしょうか?

昨今では、著作者自身が著作物の利用規約を発行していることが多いです。

利用規約を確認して規約に従った使い方をしていれば問題はありません。

もし規約に違反するかもしれない場合は直接問い合わせて確認することが一番安全な方法です。

では、著作物の利用規約が公表されていないけど、どうしても利用したい場合はどうせれば良いでしょうか?

一番確実な方法は著作者に問い合わせることです。

しかし、個人では問い合わせても取り合ってくれないところも多いです。

その場合は利用を控えるか、著作権を侵害した状態で利用することになります。

著作権を侵害した状態でも、出来るだけ訴えられないようにするためには以下のことを気を付ける必要があります。

  • 著作者に不利益が無いこと
  • 著作権は著作者に帰属していること
  • お問い合わせを用意すること

まずはチャンネルの概要欄に上のことを詳細に記載し、お問い合わせ先を載せることがおススメです。

著作権は自身に無いことを明らかにして著作者に不利益が無いことを伝えることで、著作者に対して誠意が伝わります。

著作者に誠意が伝われば、著作権侵害でいきなり訴えられることは少なくなるかもしれません。(著作者の考えに依存します)

誠意が伝わってお問い合わせ先が用意してあれば、著作権侵害が起きても動画削除のお願いだけで済むこともあります。

あくまで著作者の考えによるため上のことをしておけば完全に大丈夫とはなりませんが、何もしないよりかは誠意が伝わります。

また、引用できるものであれば引用として明らかにすることが大切です。

著作権法では、公表された著作物は引用できることが明示されています。

ただし、無断で引用するには条件があります。

  • 引用が主でないこと
  • 引用元を明らかにすること
  • 引用を勝手に改変しないこと
  • 未公開の著作物で無いこと
  • 引用の目的としてふさわしいこと

これらの条件に当てはまらない引用は無断転載となるため、著作権を侵害していることになります。

しかし、これらの条件は見る人によっては守っているか破っているか曖昧です。

例えば、やってみた系動画の背景bgmとして他者の音楽をフルで用いる場合は投降者が引用条件を守っていても、著作者からすると守っていないと感じることがあります。

投降者は動画の主は自分だからbgmは主では無いと主張しますが、著作者はbgmがフルで使われているから引用にはならないと主張します。

そのため、引用を行う場合も可能であれば著作者にどこまでなら引用しても良いのか確認することが一番おススメです。

スポンサーリンク

まとめ

数多くのYouTuberは著作権侵害をしているが、著作者と問題が起こるかは場合による。

下の記事ではおススメの動画編集ソフトを紹介しています。

【比較】Win版動画編集ソフト初心者にオススメはどれ?動画投稿者解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました