本サイトではASP広告を利用しています

YouTubeの再生回数が急に減る理由7選!バグやおかしい原因を解説

YouTubeの悩み

この記事は下記の悩みや要望を持つ人にオススメです。

  • YouTubeの再生回数が急に減った
  • 再生回数が減るのはバグ?アルゴリズム?
  • 再生回数がおかしい原因は?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事ではYouTubeの再生回数が急に減る理由について解説しています。

動画編集の時短をし、再生回数の増加へ時間を使いたい場合は自動字幕起こし機能を搭載しているAdobeのPremiere Proがオススメです。

スポンサーリンク

【システム面】YouTubeの再生回数が減る理由4選

まずは「人気低迷」や「インプレッション数の減少」では無く、YouTubeのシステムによって再生回数が減ってしまう理由を紹介&解説していきます。

理由1:同じIPアドレスで繰り返し再生された

YouTubeの動画は同じIPアドレスで過剰に再生されると、機械による再生と判断され、後から再生回数が引かれます。

IPアドレス:インターネット上でのスマホやpcの住所にあたる番号。
回線を表すグローバルIPアドレスと端末毎の住所を表すプライベートIPアドレスがある。

上記の仕組みになったのは2012年に公開された「江南スタイル」がキッカケと言われており、この動画はわずか2ヶ月で4億回も再生され、その後も順調に伸びました。

しかし、当時のYouTubeは再生回数などを32ビットの符号付き整数型で記録しており、約21億再生を超えると再生回数が負の値になります。

そのため、同じ視聴者が何度も再生した場合は再生回数をカウントしない仕組みへ変更し、2014年には約922京までカウントできる様にしました。

上記の仕組みは現在も続いており、再生回数が急に減ってしまうメジャーな原因になっています。

理由2:動画が削除又は限定公開になった

公開していた動画を削除or限定公開にした場合は、基本的にチャンネルの総再生回数から該当する動画分の再生回数が引かれます。

実際にチャンネルの動画を削除して総再生回数や総再生時間、収益化条件への影響を検証してみたので参考にしてください↓

理由3:不正がバレた

再生回数はココナラなどで購入できますが、不正なやり方で再生回数を増やした場合は再生回数が減る可能性があります。

引用元:ココナラ

あなたが不正をしていなくても機械を使った自動再生をしている視聴者もいるので、不自然な再生回数の減少が多い場合は気を付ける必要があります。

もし視聴者による不正が分かった場合はすぐにYouTubeへ報告するべきです。

最悪の場合、アカウントがBANされてしまうので、事前にサブチャンネルを作っておくなどの早急な対応が必要です。

理由4:YouTube側のミス&バグ

YouTubeは規模の大きさに違いはありますが、毎時間システム障害やバグが発生しています。

引用元:https://downdetector.jp

よく話題になるのは収益や登録者数に関する障害・不具合ですが、再生回数が減ることも過去に何度かありました。

ただし、バグや不具合で再生回数が減った時はYouTubeからお知らせが届き、システム障害が復旧した時は元に戻ります。

そのため、YouTubeのシステム障害やバグによる再生回数の減少は気にする必要がありません。

【人気面】YouTubeの再生回数が減る理由3選

ここからはシステム面の理由では無く、人気や話題性などによって再生回数が減る理由について解説していきます。

理由1:YouTubeのアルゴリズムに対応していない

YouTubeはTwitchやTikTokなどの他動画配信サイトへ対抗するため、年々バズる動画のアルゴリズムを変えています。

例えば、2016年頃のYouTubeはクリック率によって動画のバズり方が決まっていましたが、現在は動画の再生時間が重視されるようになっています。

ちゃすく
ちゃすく

YouTubeクリエイターでも説明されてます↓

引用元:https://www.youtube.com

そのため、日々変化していくYouTubeのアルゴリズムへ対応していかないと、これからアップする動画の再生回数が増えにくくなります。

特に、現在のYouTubeは「再生時間至上主義」なので、これを知っているのと知らないのでは再生回数に大きな差が生まれます。

ちゃすく
ちゃすく

詳しくは下記事へ

理由2:チャンネルの人気が低迷している

単純にチャンネルの人気が低迷している場合は、新しい動画の再生回数が減っていく傾向にあります。

再生回数低下:ちゃすろぐ

特に、YouTubeは毎日魅力的なチャンネルが誕生していおり、時間が経てば経つほどライバルYouTuberが自然と増える状態になっています。

しかも、日本でYouTubeを利用するユーザー数は既にほぼ限界値へ達しており、視聴者数は変わらないのに投稿者だけが増えている状態です。

そのため、チャンネルの人気が停滞している状態でも再生回数は自然と減っていくので、常に自身の人気を大きくする努力が必要になります。

AdobeのPremiere Proであれば自動字幕起こしによって字幕入力を自動化できるので、人気を得ることへ労力を使いたい人にオススメです。

理由3:インプレッション数が減少している

動画の再生回数が増減する1番の理由はインプレッション数(視聴者へ表示されたサムネの数)です。

インプレッション数が大きければ自然と再生回数も増えますが、インプレッション数が小さくなると再生回数も減ってしまいます。

実は、インプレッション数は投稿頻度や視聴者の満足度によって大きく増減するため、インプレッション数を減らさないようなチャンネル運営を心がける必要があります。

インプレッション数が減ってしまった事例については下記事で解説しているので、気になる場合は読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました