【ヤバい】YouTubeの再生回数が減る理由4選!現役動画投稿者が解説

YouTubeの再生回数が減る理由4選!YouTube

「YouTubeの再生回数が突然減った!」

「減る前と後でどっちが正しいの?」

このような悩みはありませんか?

実はYouTubeの再生回数が減る悩みは非常に多いです。

実際に、私も過去に何度か再生回数が減ったことがあります。

そこで今回は私自身の経験も含めて

なぜYouTube再生回数が減ってしまうのか

その理由を解説します。

*今回の解説は今までカウントされていた再生回数が突然減ってしまう場合であり、人気低下などのチャンネル運営方法による再生回数低下ではありません。

記事作成者cHask

スポンサーリンク

YouTubeの再生回数が減る理由4選

【関連記事】【解明】Youtube総再生時間が減る原因4選!

短い時間で同じ端末によって再生されたから

YouTubeでは同じIP(同じ端末や同じWIFI環境と思ってもらって大丈夫)で短時間に何度も再生された場合は再生回数をカウントしないようになっています。

明確な時間は公表されていませんが、体感では1時間くらいは時間を空けないとカウントされていない気がします。

このカウントするシステムによって再生回数の水増しを防いでいますが、実は誤ってカウントされることがあります。

誤ってカウントされた場合は、しばらく時間が経った時に自動で再生回数が引かれてしまいます。

そのため、短期間に何度も同じ端末で再生された場合は再生回数が減ることがあります。

動画の再生回数は下がりますが代わりに視聴者維持率が上昇するため、あまり気にする必要はありません。

それに合わせて広告が再生されていれば動画の収益が下がることもありません。

MVやPV系の動画は同じ人が短期間に何度も再生することが多いため、再生回数の減少も起きやすいです。

視聴者のアカウントが消えたから

視聴者のアカウントが消えたときに誤って再生回数も一緒に消えてしまうことがあります。

YouTubeでは定期的に大規模なアカウント削除が行われているため、その時期になると一気に再生回数が減ってしまうこともあります。

しかし、これが原因で再生回数が減った場合は後からYouTube運営によって対応されます。

そのため、こちらもあまり深く考える必要はありません。

動画が削除又は限定公開になったから

公開していた動画を削除したり、限定公開にした場合は基本的にチャンネルの総再生回数から動画分の再生回数が引かれます。

実際にチャンネルの動画を削除して総再生回数や総再生時間、収益化条件への影響を検証してみたので参考にしてください↓
【参考記事】動画を削除・非公開にすると総再生時間などは減る?

不正がバレたから

あなたが不正をして再生回数をココナラクラウドテックで買っていた場合はいつかバレてしまいます。

当然バレてしまうとその分の再生回数は減ってしまいます。

また、あなたが不正をしていなくても視聴者が勝手に不正をしている可能性があり、中には機械によって自動再生している人もいるので不自然な再生回数の減少が多い場合は気を付ける必要があります。

もし視聴者による不正が分かった場合はすぐにYouTubeへ報告するべきです。

最悪の場合、アカウントがBANされてしまう為、事前にサブチャンネルを作っておくなど早急な対応が必要です。

YouTube側のミス?

単純にYouTube側のミスの場合もあります。

実際に私も再生回数が減ったのはYouTube側のミスであることが多いです。

ただし、YouTube側のミスは基本的に数日経つと元に戻っていた為、あまり気にしたことはありませんでした。

もし戻らなかった場合は他の理由であると考えられる為、早急に対応するべきです。

【事前対策】再生回数が減らないために

まず自分で自分の動画を過剰に再生しないようにするべきです。

確認のために再生するのは仕方ありませんが、過剰に再生しても良いことは一つも無いので絶対にオススメしません。

また、視聴者に過剰な再生をしている人物がいないかチェックしてくおことも必要です。

必ずアナリティクスをチェックして不自然な再生回数の上昇がないか確認することをオススメします。

そして、不正をして再生回数を買ってしまった場合はアカウントBANの可能性もあるため、すぐにサブアカウントを作って活動するべきです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 短い時間で同じ端末によって再生
  • 視聴者のアカウントが消えた
  • 不正がバレた
  • YouTube側のミス

これらが再生回数が減ってしまう理由であることが多いです。

基本的には再生回数が減っても数日後には元に戻ることが多いので、あまり気にする必要はありません。

しかし、視聴者による不正の場合は早急にYouTube運営に報告するべきです。

また、下の記事では再生回数を増やす方法をまとめているので合わせて読むとオススメです。
【参考記事】YouTubeで視聴回数を増やす方法3選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました