【底辺あるある】伸びないVtuberの明確な理由4選!動画投稿者が解説

伸びないVtuberがやりがちなこと4選!Vtuber

数年前からYouTube上にはVtuberという大きな市場が誕生しました。

Vtuberの誕生は既存のYouTuberにも大きな影響を与えて世界的な人気を得るチャンネルも続々と誕生しました。

2021年、「Vtuberはオワコンwww」と思う方もいるかもしれませんがVtuberは終わるどころかさらに市場を拡大しています。(下の画像は「Vtuber」の検索における人気度)

VtuberのGoogleトレンド

【詳しくはこちら】2021年にVtuberを初めて稼げる?稼げない?

一方で、輝かしいVtuberを見た多くの方がVtuberに挑戦して挫折&失踪&引退しています。

そこで今回は伸びないVtuberがやりがちな間違った行動を解説します。

記事作成者cHask

スポンサーリンク

伸びないVtuberの理由

Vtuberになれば伸びると思ってる

Vtuberが流行り始めた段階では、ただVtuberというだけでも登録者数が簡単に一万人を超える方が多くいました。

しかし、時が経つにつれてVtuberブランドに乗っかっていただけのチャンネルは廃れていき、本当に実力のあるチャンネルのみが人気を集めました。

そのため、現在のVtuber市場はとんでもない弱肉強食の世界です。

ただVtuberになっただけだと他のVtuberの人気に埋もれてしまうため、伸びる伸びないの前に見つけてもらうことすらも難しいです。

どれだけあなたが面白くても、伝わらなければ意味がありません。

したがって、Vtubrになれば人気になれるという考えで行動するのは絶対におススメしません。

そもそも現在ではVtuberは動画ジャンルでは無く、動画投稿のスタイルに変化しています。

動画を出すときに顔出しでやるか、それともVtuberでやるかくらいなのでVtuberになること自体に特別な付加価値があるわけではありません。

逆にVtuberでは無い方が視聴者に見つけて貰いやすいジャンルも存在します。

そのため、動画投稿の内容によっては安易にVtuberで動画を出すことはおススメしません。

とりあえずゲーム実況・歌ってみた

Vtuberの多くはゲーム実況と歌ってみたを頻繁に投稿します。

しかし、それらの動画は非常に上手ければ問題ありませんが、中には大した実力が無い人もいます。

大した実力もない場合、メインターゲットはエンタメ性を求める視聴が中心になります。

しかし、エンタメ性を求める視聴者は既に大手のVtuberに流れてしまうため、なかなか人は来ません。

そのため、何の戦略性もなしにゲーム実況や歌ってみたを上げることはおススメしません。

何にもしないよりかはマシですが、もっと良い方法があるはずです。

ゲーム実況であれば、ゲームの小ネタをまとめた動画や新情報をまとめた動画を出しているだけで効率よくチャンネルが伸びていきます。
【参考記事】Vtuberは本当にゲーム実況するべきか考察&解説

毎日とりあえず配信

今、Vtuber=ライブ配信と言われるくらいVtuberはライブ配信しています。

もちろん視聴者がライブ配信を求めているため、悪いことではありません。

しかし、底辺Vtuberの場合は話が違います。

視聴者からすればライブ配信の優先度は

大手の推し>大手>知ってる中堅>>>>>底辺

このため、毎日ライブ配信したところで視聴者は全然来ません。

また、視聴者が来てもライブ配信はめったにバズることがありません。

Vtuberのライブ配信がバズるのは面白いシーンがあった時に大量のファンがSNSや切り抜きで拡散した時です。

そのため、そもそも人が全然いないVtuberのライブ配信がバズることは無いので毎日ライブ配信していてもほんの少しずつしかファンは増えません。

毎日続けていればいつかは収益化が可能な登録者数1000人に到達しますが、ほとんどの方はその前に「副業でバイトした方が良い」となって諦めます。

仮に登録者数1000人突破してもライブ配信で増やし、ギリギリ突破したチャンネルは収益化申請が通りづらいです。

下に似た事例の記事を貼っておきます。
【参考記事】視聴者参加型配信が理由で収益化申請が通らない!

実際に、YouTubeヘルプの質問には収益化申請が半年以上も通らないゲーム配信者が数多くいます。

そのため、毎日ライブ配信していれば何とかなるという考えは持たないことがおススメです。

Twitterで間違った方法の宣伝

底辺VtuberはTwitterでひたすら宣伝している方がいます。

VtuberだとTwitterで宣伝してもチャンネル登録してくれる方は多いですが、これは非常に危険です。

なぜなら、あなたの動画に全く興味が無い視聴者が登録することがあるからです。

宣伝して登録する人にはあなたの動画をこれから見たいと考えてる人もいますが、見ないけど同情で登録している方も多いです。

「動画に興味が無くてもチャンネル登録者数が増えれば良い」と考える方もいますが、これは伸びなくなるチャンネルに見られる特徴です。

この行動を続けているとチャンネル登録者数と動画の再生回数に差が開いていきます。

登録者数に対して再生回数が見合ってないと、新規の視聴者はオワコンや登録者を買っているのでは?と感じてしまいます。

視聴者はこれらの先入観を持つせいで、せっかく見た動画がつまらなく感じてしまいます。

すると、さらに再生回数が減ってつまらなく感じるという負のループに入ってしまいます。

一回負のループに入ってしまうとなかなかオワコンから抜け出せないため、絶対に負のループに入らないように気を付けることをオススメします。
【参考記事】オワコンYouTuberの未来は?復活できない

Twitterで宣伝する場合は長期的に自身の動画を見てくれそうな人に届くよう気を付けるべきです。

スポンサーリンク

まとめ

  • Vtuberになれば伸びると思ってる
  • とりあえすゲーム実況・歌ってみた
  • 毎日とりあえず配信
  • Twitterで間違った方法で宣伝

Vtuberは人気になれば一攫千金を狙える大きな市場ですが、非常に弱肉強食の世界です。

生半可な覚悟と戦略では収益化をすることすら出来ないため、効率的なやり方で挑戦することをおススメします。

また、下の記事ではゲーム配信におススメのゲームの特徴を解説しているので合わせて読むとオススメです。
【参考記事】ゲーム配信にオススメゲーム4選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました