本サイトではASP広告を利用しています

Mac版OBSへSwitchやキャプチャが映らない原因5選【hd60s/ゲーム】

ゲーム実況

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • MacのOBSでSwitchが表示されない!
  • OBSへゲームキャプチャが映らない…
  • Macとhd60sの相性が悪いのはなぜ?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事では実際にMacを使っている私が「MacでOBSにゲーム画面が映らない時の対処法」を解説していきます。

ただし、Mac版OBSはWindowsよりもトラブルが起きやすいので、可能であればWindows搭載PCの導入がオススメです。

スポンサーリンク

MacのOBSへSwitchやキャプチャが映らない原因5選

私の経験上、MacでOBSを使った時にゲーム画面が映らない原因は下記が考えられます。

  • キャプチャーボードが対応していない
  • Macのスペックが低い
  • Macのセキュリティが妨害している
  • 変換ケーブルの質が悪い
  • キャプボにhd60sを使っている

上記の詳細と具体的な対処法について解説して行きます。

原因1:キャプチャーボードが対応していない

任天堂SwitchやPS5のゲーム映像をOBSへ映す時は「キャプチャーボード」が必要ですが、中にはMacへ対応していない製品もあります。

任天堂Switchとpcをキャプチャーボードで接続

例えばAVerMediaのGC550 PLUSは非常に人気なキャプチャーボードですが、実はMacへ対応していません。

もちろん、Macへ対応していないキャプチャーボードは、どうやってもゲーム画面がOBSへ表示されません。

ちゃすく
ちゃすく

ちゃすくも経験したことがあります….

そのため、もしMacへ対応していないキャプボを使っていた場合は下表の様にMacへ対応したキャプボを使ってください。

商品名AVerMedia AVT-C878 PLUSFaunow HDMI キャプチャーボードI-O DATA GV-USB3HDS/ETreasLin HSV321
商品画像I-O DATA GV-USB3HDS/E
価格23,760円(Amazon)2,098円(Amazon)22,900円(Amazon)8,000円(Amazon)
録画画質1080p/60fps1080p/60fps4K/60fps、2K/120fps1080p/60fps
エンコード方法ハードウェアソフトウェアソフトウェアソフトウェア
パススルー4K/60fpsで対応非対応4K/60fps、2K/120fpsで対応4K/30fps、1080p/60fpsで対応
他の特徴動画編集ソフトPowerDirector付き。
microSDへ単体録画可能。
特になし。動画編集ソフトPowerDirector付き。
専用の録画ソフト付き。
Amazonでベストセラー1位。
Amazon/楽天Amazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見る

上表のキャプボはそれぞれ特徴がありますが、総合的に考えるとAVerMediaのAVT-C878 PLUSが1番万人に使いやすい製品だと思います。

[itemlink post_id=”13477″]

原因2:Macのスペックが低い

Macの中でもMacBookAirでソフトウェアエンコードのキャプボを使っていた場合、処理が重すぎてゲーム映像がOBSに表示されないことがあります。

ハードウェアエンコード:キャプボ本体がゲームハードの映像をPCへ出力できるように処理すること。
キャプボが処理するためPCに表示される映像は遅れる。
ソフトウェアエンコード:
PC本体がゲームハードの映像をPCへ出力できるように処理すること。
PCが処理するためPCに表示される映像は遅れにくい。

エンコード方法負担がかかるパーツ製品の価格製品の種類
ハードウェアキャプボ高い少ない
ソフトウェアPC(CPU&GPU)安い多い

世代にもよりますが、MacBookAirの性能でソフトウェアエンコードのキャプボを使うことは非常に厳しいです。

対処法としては下記のどれかになり、お金をかけるならWindowsのゲーミングPC、お金をかけたくないならハードウェアエンコのキャプボがオススメです。

  1. 今よりも性能が高いMacへ買い換える
  2. WindowsのゲーミングPCを使う
  3. ハードウェアエンコードのキャプボを使う

オススメのWindows搭載ゲーミングPCとハードウェアエンコのキャプボは下の記事で解説しているので、選ぶ際の参考にしてください。

原因3:Macのセキュリティが妨害している

MacはWindowsよりもセキュリティが厳重であり、OBSがPCの機能を利用できていない場合があります。

ちゃすく
ちゃすく

ウインドウや画面キャプチャで映らない場合に多い

そのため、Macの設定でOBSがPCの機能を利用できるように許可しなければいけません。

具体的な対処法はまず、リンゴマークから「システム環境設定」を開きます。

次に、「セキュリティとプライバシー」をクリックして開きます。

「プライバシー」を選択すると、下画像の様な表示が出るので「カメラ」や「マイク」にあるOBSへチェックを入れます。

チェックを入れることでOBSがPCの機能を使えるようになり、ゲーム映像なども表示できるようになります。

上記で「OBSへチェックを入れる」と解説しましたが、使用状況によってはそもそもOBS自体がチェックリストへ表示されてない場合があります。

その場合はOBSを起動し、「ソース」の「+」から「画面キャプチャ」を追加します。

これを行うとOBSがMacへ許可を求めるので、許可してください。

許可した後にOBSを再起動すると、ウインドウキャプチャや画面キャプチャが映るようになります。

原因4:変換ケーブルの質が悪い

MacBookには接続端子がUSBtypeCしかないモデルもあり、変換ケーブルを使っている人は多いと思います。

しかし、質の悪い変換ケーブルではキャプチャーボードなどの映像を表示出来ないケースがあります。

そのため、可能であればキャプチャーボードなどに付属している変換ケーブルを使ってください。

もしどうしても変換ケーブルや変換アダプタを 使わなければいけない場合は、Apple純正品か私が使っている製品がオススメです↓

※こちら(↓)はちゃすくが使っている範囲では問題が無いだけです。全員へ動作を保証することは出来ないため、自己責任でお願いします。

原因5:キャプボにhd60sを使っている

キャプチャーボードのhd60sはMacへ対応していますが、OBSで使う場合は「OBS NDI Plugin」という専用のプラグインが必要です。

OBS NDI PluginがなければMacがhd60sを認識しないので、どれだけ頑張ってもSwitchの映像などが映りません。

そのため、キャプボとしてhd60sを使っていた場合は、プラグインをインストールしてください。

「プラグインとかよく分からない」「難しい…」と思った場合は、ハードウェアエンコのAVT-C878 PLUSがオススメです。

[itemlink post_id=”13477″]

OBSにオススメのWindows搭載PC

Macは利用者が少なく、フリーソフトでトラブルが起きることも多いうえ、ネットで対処法を探しても全然見つからないことがあります。

ちゃすく
ちゃすく

正直、PCヘ詳しくない場合はWindowsの方が安心です

そのため、OBSで配信をしたいのであれば、WindowsのゲーミングPCへ乗り換えることをオススメしています。

下の記事ではOBSの配信にオススメのPCを紹介しているので、Macから乗り換えたい場合は参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました