YouTubeチャンネル相互登録は逆に伸びない!動画投稿者が解説

YouTubeチャンネル相互登録は逆に伸びない!YouTube

「YouTubeチャンネルの相互登録ってしていいの?」

「チャンネルを相互登録するメリットってある?」

YouTubeチャンネルを作ったばかりの時はチャンネル登録者数が全然増えなくて困りますよね。

そんな時に手っ取り早く登録者数を増やす方法としてチャンネルの相互登録があります。

しかし、相互登録にはチャンネルが伸びなくなる大きなデメリットが存在します。

今回は現役で動画投稿をしている私が

YouTubeチャンネルの相互登録をしてはいけない理由

を解説します。

記事作成者

ゆっくり雑談解説氏【cHask】
仮面ライダー関連のゆっくり解説&雑談を投稿しています。 チャンネル登録、高評価してもらえると動画製作の励みになるので、お願いします。 #仮面ライダーゆっくり解説 #仮面ライダー #ゆっくり解説 #cHask ゆっくり雑談解説の再生リスト↓ Twitter↓ このチャンネル↓ ニコニコ動画にも投稿はじめました!↓ ...
スポンサーリンク

相互登録でチャンネルが伸びない理由

そもそも相互登録とは?

相互登録:YouTubeチャンネル登録者数や再生回数を増やすために、二人の動画投稿者がお互いのチャンネルを登録すること。主にYouTube上やTwitter上で相互登録相手を募集することが多い。また、相互登録は規約違反です。

YouTube上ではチャンネル登録者数=視聴者からの信頼度であるため、同じ動画でも登録者数の多い方が人気になります。

そのため、規約違反になってでも登録者数を増やしたい方がいるわけですね!

ですが、せっかく規約違反をしてまで登録者数を相互登録で増やしても伸びなくなる大きな理由があります。

しかも、その大きな理由はYouTube運営からのペナルティとは一切関係ありません!

したがって、相互登録には「伸びない理由」+「運営からのペナルティ」があるため、おススメしません。

下↓では伸びない理由を解説します。

視聴者が動画に興味ない

基本的にYouTubeチャンネルを相互登録したい人は自分優先で考えています。

そのため、相互登録先の動画になんて興味ありません。

しかし、YouTubeはシステム上、新しい動画をアップするとまずはチャンネル登録している視聴者に優先的に表示されます。

優先的に表示した時のクリック率や視聴者維持率で動画の価値を判断し、さらに伸びると判断された場合はまだ動画を見ていない視聴者の関連動画やおすすめに表示されます。

逆に言えば、優先的に表示されたチャンネル登録している視聴者が動画に興味が無ければ、当然クリック率と視聴者維持率が下がってしまうため、動画がそれ以上拡散されることはありません。

ぜっかく動画内容が良くても最初に見る視聴者が全く動画に興味がないせいで動画が伸びなくなってしまうのです。

したがって、相互登録で得た登録者はあなたの動画に興味があって登録したわけでは無いので、通常の登録者よりも動画へのクリック率は非常に低くなります。

その結果、YouTubeのシステムによって動画の価値が無いと判断され、関連動画に表示されることが一気に減ります。

当然、関連動画などに表示されなければ動画を知ってもらうことが出来ないため、再生回数&登録者数が伸びなくなってしまいます。

そのため、相互登録で登録者数を増やそうとするのはおススメしません。

登録者の趣味がバラバラ

実は相互登録をしていてもチャンネルが伸びている方もいます。

その方たちに共通するのは登録者の趣味が一貫していることです。

登録者の趣味が一貫していれば、その人たちが必要としている動画を出すことで興味を持ってもらうことが出来ます。

興味を持ってもらえれば、先ほどの「視聴者が動画に興味ない」に当てはまらくなるため動画が伸びます。

しかし、視聴者の趣味が一貫していなければ、これは非常に難しいです。

基本的に誰もが興味を持つ動画なんて中々作れません。

というか、作れたら相互登録しようなんてと思いませんからね。

そのため、どうしても相互投稿したい場合は、自分が投稿している動画に興味を持ちそうな人だけに相互登録を持ちかけることが大切です。

もしあなたが「ゲームA」の実況をメインで上げているならば、同じように「ゲームA」をメインで上げているチャンネルと相互登録した方がチャンネルは伸びやすくなります。

現時点であなたのチャンネルと相互登録している方々が「ゲームA」、「ゲームB」、「やってみたA」、「ドッキリB」とバラバラな場合は相互登録を解除してもらい、どれか一つに絞った方が良いです。

チャンネルに一貫性を持たせることで、確実に動画は伸びやすくなります。

ただし、相互登録が規約違反であることに変わりはないため収益化審査時に通らなくなります。

似たような事例として視聴者参加型で参加権代わりにチャンネル登録を強制していたことがあります。

詳しくは下の記事を読んでみてください。

視聴者参加型配信が理由で収益化申請が通らない!YouTubeライブは注意!

スポンサーリンク

【おまけ】Twitter相互フォローで伸ばすのも意味無い

よくTwitterでYouTube動画を宣伝している方がいます。

普通に宣伝しているだけであれば何も問題ありませんが、YouTubeのチャンネル登録者数よりもTwitterのフォロワーが多いと印象最悪です。

さらに、Twitterのフォロワーよりもフォローの方が多い場合はさらに印象が悪いです。

動画がどれだけ面白くても、視聴者は「相互フォローでしか人を増やせないのかwww」と先入観を持ってしまうため、つまらなく感じてしまいます。

登録者数はTwitter相互フォローで伸びなくなる理由3選!

そのため、相互登録も相互フォローも自分でハードルを高くして、自分で苦しむだけの苦行となります。

スポンサーリンク

まとめ

相互登録をしてもチャンネルは伸びない上、仮に伸びても収益化が通らない

相互登録はYouTubeの規約違反がどうこうの前に、YouTubeのシステム上伸びないようになっています。

動画やチャンネルを伸ばすためには相互登録よりもクリック率と視聴者維持率を上げることが重要です。

下の記事ではクリック率の上げ方をまとめてあります。

YouTubeサムネのクリック率を上げる方法4選!

また、こちらの記事では視聴者維持率を上げる方法をまとめてあるので、好きな方から対策することをおススメします。

2021年YouTubeの視聴者維持率を上げる方法&コツ4選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました