動画編集はスマホとパソコンどっち?オススメをプロが解説

PC&スマホ機材など

この記事は下記の疑問や要望を持つ人にオススメです。

  • 動画編集はスマホとPCどっちが良い?
  • スマホで動画編集するメリットは?
  • 動画編集にオススメのPCはどれ?

はじめまして。プロとしてブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2000万回超え。
ブログは月間13万PV達成!インフルエンサー向けのお悩み相談もしてます。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に書くと、YouTuberとして動画編集をするならスマホよりPC(パソコン)がオススメです。

特に動画編集の時短が可能なクリエイター用PCがベストであり、マウスコンピューターなら「DAIV」シリーズです。

マウスコンピューター:クリエイター向けPC「DAIV」
出典元:マウスコンピューター
スポンサーリンク

動画編集はスマホとパソコンどっちがオススメ?

今はスマホでも動画編集は可能ですが、やはりPC(パソコン)での編集に比べると見劣りする点が多いです。

スマホゆっくり編集・編集

具体的には下記の点でスマホの動画編集はPCへ劣っており、動画編集をするならPCが絶対にオススメです。

  1. PCよりも動画編集が遅くなる
  2. 使えないフリーソフトがある
  3. 動画編集ソフトの機能制限がある
  4. グラフィックボードが無い
  5. 投稿画面がPC用サイトしかない
ちゃすく
ちゃすく

上記の点について詳しく解説します

PCよりも動画編集が遅くなる

スマホの動画編集には下記があり、同じクオリティならPC(パソコン)の動画編集よりも遅くなりやすいです。

  • ショートカットキーを使えない
  • キーボードを表示する必要がある
  • 1フレーム単位での移動が難しい

例えば下画像の様に大量の字幕入力を行う場合、スマホは指でシークバーを動かすので1フレーム単位での移動が難しいです。

その結果、音声と字幕位置がズレやすくなりますし、そもそも時間がかかり過ぎて字幕入力自体を諦めたくなります。

ちゃすく
ちゃすく

PCは矢印キーを使えば1フレーム単位で動かせます

そのため、動画編集にかかる時間を意識するならノートPCでも良いので、パソコンを用意した方がオススメです。

マウスコンピューターの「DAIV」ならコスパも高いので、PCスペックがよく分からない場合は参考にしてください。

使えないフリーソフトがある

スマホとPCのどっちで動画編集をするか迷った際、日本特有の文化がある動画を作りたい場合はPCがオススメです。

具体例としては下記があり、コレらの動画を編集する際はWindowsのPCで動くフリーソフトが必要になります。

  • ゆっくり実況・解説
  • MMD系の動画

つまり、スマホでは上記の動画を編集することが難しく、手間もかかるのでオススメできません。

ちゃすく
ちゃすく

どっちも個人クリエイターが制作したソフトを使うからね

もし上記の様な動画を編集したい場合は、下の記事を参考にしてください。

動画編集ソフトの機能制限がある

多くの人気YouTuberが使う動画編集ソフト「Premiere Pro」には、スマホverの「Premiere Rush」もあります。

Adobe Premiere Rush:ビデオ編集&動画作成
Adobe Premiere Rush:ビデオ編集&動画作成
開発元:Adobe Inc.
無料

しかし、スマホ版は本家のPremiereProよりも機能が制限されており、今や動画編集では必須の「自動文字起こし」がありません。

自動文字起こし機能:AIが動画内の音声を分析し、音声を自動で字幕にしてくれる機能。
この機能によって字幕入れ作業が楽になり、誰でもフル字幕が可能になる。

上記の様な自動機能が制限されると、動画編集にかかる労力と時間が大きくなるので、スマホよりPCがオススメです。

パソコン工房でもクリエイター向けPCシリーズ「SENSE」があるため、PCスペックで悩んでいる場合は参考にしてください。

パソコン工房:SENSEシリーズ、クリエイター向けPC
出典元:パソコン工房

グラフィックボードが無い

クリエイター向けPCやゲーミングPCにはグラフィックボードが搭載されており、スマホよりも映像処理が得意です。

グラフィックボード(グラボ):画像や映像を表示するための部品が集積されたPCパーツ。
連続的な演算処理能力に優れており、ゲーミングPCには搭載されている。
非搭載の場合はCPU内蔵パーツが同じ働きをするが、性能はグラボより低い。

グラフィックボードを搭載すると下記のメリットがあり、今や動画編集では必須の存在です。

  • プレビュー映像が滑らか・綺麗に動く
  • 4Kや8Kの高画質でも快適に編集できる
  • 動画の出力時にかかる時間が短くなる
  • PC用ゲームの実況・配信活動も出来る

そのため、スマホとPCのどちらが良いか迷った場合はグラボを搭載できるPCがオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

グラボ搭載だと価格も高いけどね

パソコン工房の「SENSE」シリーズであればグラボも搭載されており、コスパも高いので参考にしてください。

投稿画面がPC用サイトしかない

スマホやPCで動画編集をする場合、YouTubeやTwitchなどへ動画投稿を考えている人も多いでしょう。

一応、スマホからでも動画投稿はできますが、YouTubeの「オススメカード」や「終了画面」はPC用サイトで設定します。

つまり、スマホだけでは上記の設定が難しく、嫌でもパソコンが欲しくなるタイミングが来ます。

そのため、「スマホとPCどっちが良い?」と悩んだ場合、動画投稿も考えているなら確実にPCがオススメです。

スポンサーリンク

動画編集にオススメのパソコン4選

ここからはプロとしてブログと動画投稿をしている私が、動画編集にオススメのパソコンを紹介します。

パソコン工房 SENSE-15FX152-i7-NASX

動画編集にオススメのPC1つ目はパソコン工房の「SENSE-15FX152-i7-NASX」です。

パソコン工房:SENSE-15FX152-i7-NASX
出典元:パソコン工房

SENSE-15FX152-i7-NASXの価格は159,800円であり、具体的なスペックは下表の通りです。

項目SENSE-15FX152-i7-NASX
OSWindows11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7 12700H
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3050
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

15.6インチディスプレイのノートPCでありながら、グラボとしてRTX3050を搭載しています。

4K動画の編集は少し厳しいものの、フルHD動画ならRTX3050とメモリによって余裕です。

ちゃすく
ちゃすく

10分以内の4Kなら十分編集できる

パソコン工房 SENSE-15FX152-i7-NASX

マウスコンピューター DAIV Z3

動画編集にオススメのPC2つ目はマウスコンピューターの「DAIV Z3」です。

マウスコンピューター:DAIV Z3 [ Windows 11 ]、クリエイター向けPC
出典元:マウスコンピューター

DAIV Z3の価格は159,800円(WEB限定)であり、具体的なスペックは下表の通りです。

項目DAIV Z3
OSWindows11 Home 64ビット
CPUIntel Core i5-12400F
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1650
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB、HDD:1TB

CPUへ6コア12スレッドのCore i5、グラフィックスへ定価格帯グラボのGTX1650を搭載しています。

クリエイター向けPCの中ではスペックが低いですが、Premiere ProPowerDirectorを使うなら十分な性能です。

ちゃすく
ちゃすく

ストレージも合計1.5TBなので動画をたくさん作ってもOK

パソコン工房 SENSE-F0X6-LCR57X-DTX

動画編集にオススメのPC3つ目はパソコン工房の「SENSE-F0X6-LCR57X-DTX」です。

パソコン工房:クリエイター向けPC、SENSE-F0X6-LCR57X-DTX
出典元:パソコン工房

SENSE-F0X6-LCR57X-DTXの価格は200,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目SENSE-F0X6-LCR57X-DTX
OSWindows11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 7 5700X
グラフィックスAMD Radeon RX 6650 XT
メモリ16GB
ストレージSSD:1TB

CPUへ8コア16スレッドのRyzen、グラフィックスへRTX3060以上の性能を持つRadeon RX 6650 XTを搭載しています。

4Kの動画も十分編集できるスペックであり、ストレージが1TBもあるので動画クリエイターに嬉しいモデルです。

ちゃすく
ちゃすく

AMD好きへ特にオススメ

マウスコンピューター DAIV A9

動画編集にオススメのPC4つ目はマウスコンピューターの「DAIV A9」です。

マウスコンピューター:DAIV A9 [ Windows 11 ]、クリエイター向けPC
出典元:マウスコンピューター

DAIV A9の価格は304,800円(WEB限定)であり、具体的なスペックは下表の通りです。

項目DAIV A9
OSWindows11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 7 7700X
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3070
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

グラフィックスへRTX3070を搭載しているので、4K動画でも編集できるスペックがあります。

CPUもコスパが高いRyzen7 7700Xであり、動画編集以外の場面でも活躍できるPCになっています。

ちゃすく
ちゃすく

メモリーカードリーダーが付いてるのも嬉しいポイント

スポンサーリンク

【用途別】オススメの動画編集パソコンまとめ

タイトルとURLをコピーしました