視聴者参加型配信が理由で収益化申請が通らない!YouTubeライブは注意!

視聴者参加型収益化ゲーム実況

初めまして!

YouTubeに動画投稿しているcHaskです!(↓こういうの)

ゆっくり雑談解説氏【cHask】
仮面ライダー関連のゆっくり解説&雑談を投稿しています。 チャンネル登録、高評価してもらえると動画製作の励みになるので、お願いします。 #仮面ライダーゆっくり解説 #仮面ライダー #ゆっくり解説 #cHask ゆっくり雑談解説の再生リスト↓ Twitter↓ このチャンネル↓ ニコニコ動画にも投稿はじめました!↓ ...

今回はゲーム実況者の方がよくやる視聴者参加型の配信についての話です。

一番話したいことは、視聴者参加型配信に頼ったチャンネルは収益化申請が通らない場合が多々あることです!

これは私も体験したことあるので、知っておかないと結構後悔します

では、なぜ収益化申請が通らないのか詳しく話していきます。

スポンサーリンク

そもそも視聴者参加型とは?

名前の通りですが、視聴者参加型というのは主にゲーム配信で視聴者さんと一緒にオンラインプレイを楽しむことですね。

視聴者さん視点では、好きな投稿者さんと一緒に遊ぶことができるため満足感を非常に得られます。

配信者さん視点では、ただ見ているだけの配信よりは人が来てくれますし、基本的に参加する場合はチャンネル登録を必要条件にしてるためメリットが大きいです。

このように視聴者と配信者、それぞれにメリットが大きいため視聴者参加型で配信を行うチャンネルは一定数います。

ただし、このメリットはチャンネルを大きくする気がない人やすでに十分大きなチャンネルを持っている方には嬉しいメリットですが、登録者1000人を突破して収益化したい人にはちょっと問題があります。

もし視聴者参加型配信でも視聴者がこなくて悩んでいる場合はタイトルやゲーム選びを間違っている可能性があります。

下の記事では人が来ない理由をまとめてあるので合わせて読むことをオススメします。

2021年ゲーム配信しても人が来ない理由5選!動画投稿者解説YouTube

スポンサーリンク

1000人突破したのに収益化申請が通らないのか?

答えは意外にもシンプルでチャンネル登録を強要しているからです!

そもそもチャンネル登録とは視聴者さんが定期的に見たいと思ったチャンネルをいつでも確認できるようにするシステムです。

そのためチャンネル登録を強要させるようなやり方はYouTube運営の意図に反しています。

(YouTubeでは運営の意向が絶対なのです、、、)

少し前にもプレゼント企画でチャンネル登録者を一気に増やす方法が流行ってましたよね。

その方法も現在ではYouTubeの規約に反するため使われなくなりました。

(もしやったら最悪の場合、BANの危険性あり)

視聴者参加型でチャンネル登録を強要するってやり方も、視聴者に対してプレゼントの代わりに参加券を売っている事になりますから、YouTube運営の意向に十分反していると言えるでしょう。

俺はチャンネル登録絶対必須にしてなかったけど、 申請通らなかったよ?

俺はチャンネル登録絶対必須にしてなかったけど、

申請通らなかったよ?

そもそも生放送で登録者を増やす行為自体が 運営の意向に反しているでしょう

そもそも生放送で登録者を増やす行為自体が
運営の意向に反しているかも

そもそもYouTubeは動画投稿サイトです。

生配信を推奨するサイトでは無いんですよね。

そのため、YouTube運営からするとそういうチャンネルは収益化の順番を後回しにした方が良いと判断します。

生配信で登録者を増やした場合は登録者数の変化が不自然になるので、登録者を買ってると判断される可能性も…..

また、YouTube運営も慈善活動を行っているわけでは無いので、見込める収益額が低い生放送チャンネルの申請は後回しにする傾向があります。

私も見込める収益額が低かった頃は収益化が全然通りませんでした。

(稼いでいる配信者もいますが、動画投稿者の方が稼いでいる割合が高いです)

以上のことから、そもそも生配信メインで収益化を通すこと自体が難しいでしょう。

(元タレントや別サイトで元々の人気があった場合は除く)

ただし、生放送には動画に無い利点もたくさんあるためそれぞれの利点を理解することが必要です!
2021年,動画投稿と生配信どっちがいい?YouTube投稿者が解説

スポンサーリンク

どうすれば収益化申請が通るの?

この答えも簡単です。

チャンネルを大きくすればいい!

収益化の条件を達成しているのであれば、あなたには収益化するだけの力があります。

しかし、運営的には「まだ小さいチャンネルだから他の大手のチャンネルの手続きをしよう」という考えになります。

ならば、配信活動や動画投稿を続けてチャンネルを大きくすれば良いのです。

よく生放送のアーカイブを消した方が良いとか、生放送の回数を減らすと言った対処法が様々なサイトで紹介されていますが、あんまり効果は無いでしょう。

そのような対処をするよりも、自分が続けてきたやり方を貫いてチャンネルを大きくすれば良いのです。

そうすれば、視聴者参加型であったとしてもYouTube運営は収益化を認めしかありません。

下の記事にはゲーム配信に向いているゲームの特徴をまとめてあるので合わせて読むことをオススメします。

2021年ゲーム配信にオススメゲーム4選!元実況者が特徴解説

もし動画も投稿してみたい場合は以下の記事を参考にしてみてください。
6ヶ月間YouTubeに動画投稿して月収○万円達成!チャンネル登録者を増やす方法

コメント

  1. […] 視聴者参加型の配信が理由で収益化申請が通らない!?YouTubeライブ配信は… YouTube シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー […]

  2. […] 視聴者参加型の配信が理由で収益化申請が通らない!?YouTubeライブ配信は注意!初めまして! YouTubeに動画投稿しているcHaskです!(↓こういうの) 今回はゲーム実況者の方がよくやる […]

タイトルとURLをコピーしました