【驚愕】歌い手はuuumネットワークに入らないと損する理由を解説

【驚愕】歌い手はuuumネットワークに入らないと損する理由を解説YouTubeよくある悩み

この記事は以下の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • 歌い手はuuumネットワークに入るべき?
  • 歌い手が事務所に入るメリットはある?
  • 歌い手がuuumネットワークに入るメリットは何?

歌い手は動画投稿スタイルの関係上、必ず音楽の著作権が絡んできます。

そンな時に事務所などが著作権関係の問題を対処してくれると歌い手にとっては大変ありがたいですが、実際にuuumネットワークなどの事務所へ加入することで問題は解決できるのでしょうか?

この記事では歌い手がuuumネットワークに入るメリットについて解説していきます。

この記事では「歌ってみた」を投稿している動画投稿者を「歌い手」と表記しています。

*ブログのアイキャッチ(サムネ)にはCanvaを用いています。

スポンサーリンク

uuum所属とuuumネットワーク所属の違い

【関連記事】YouTubeの収益化黄色マークから緑にする事は可能?

uuum所属の場合

有名YouTuberのようにuuum所属の場合、uuum株式会社の事務所に所属している動画クリエイター(YouTuber)という扱いになります。。

uuum所属の場合は所属YouTuberに対して企業の案件やスケジュール管理、編集スタッフの確保などでサポートしてくれます。

また、uuumの事務所へ訪れることもあるため、uuum所属YouTuberと親しくなってコラボすることも珍しくありません。

uuum所属の契約期間は2年間であり、uuumは所属YouTuberが得た広告収益から税込80%を所属YouTuberへ支払っています。

広告収益以外(グッズや案件、ライブイベントなど)で発生した収益はuuumが一定の料率を乗じた額を所属YouTuberrへ支払い、残った額をuuumが受け取ります。

uuumネットワーク所属の場合

uuumネットワークはuuum株式会社が設立したマルチチャンネルネットワーク(MCN)であり、審査に合格すれば誰でも所属できます。

あまりuuumネットワークは聞き慣れませんが、所属すると以下のメリットがあります。

  • フリー音源や動画・画像編集用ソフトの提供
  • 人気になる為の講習やコンサル
  • 所属YouTuber同士の交流やコラボ
  • もしかしたら企業案件などを貰えるかもしれない

ただし、上記メリットは特にuuumネットワークへ所属しなくても、個人で十分補える範囲のメリットになっています。

*実際に個人活動である私でも企業案件を受けて動画編集ソフトの提供を受けた事があります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 87f6a8b4669b779aab2dfaf4429a2953.png

そのため、普通の動画投稿者であればuuumネットワークへ加入しなくても良いですが、歌い手の場合は少々事情が異なります。

そこで次の章では歌い手がuuumネットワークへ加入するメリットを解説していきます。

スポンサーリンク

歌い手がuuumネットワークに入るメリット

【関連記事】予算8万円以内おすすめのデスクトップpc7選

歌ってみた用のカラオケ音源が使える

歌い手がuuumネットワークに入る一番のメリットはJOYSOUNDのカラオケ音源が使えることです。

もしJOYSOUNDのカラオケ音源が使えない場合は以下の方法で歌ってみたを作る必要があります。

  • 無断で本家の音源を使う
  • 著作権フリーの曲のみで歌ってみたを投稿する
  • フリーで使えるカラオケ音源を探す

YouTubeの場合だと、無断で本家の音源を使用すると広告収益が音源提供者のもとへ分配する必要があります。

また、勝手に本家の著作物を使用している状態のため、いつYouTube上から動画が削除されてもおかしくありません。

著作権フリーの音源(製作者が自由に使っても良いと許可した曲)であれば収益を分配する必要が無いものもあります。

しかし、著作権フリーの音源だと種類が限られているため、歌ってみたに使いたい音源が見つからないことも多いです。

以上のことから、カラオケ音源が使えないことは歌い手にとって大きな問題です。

他のYouTuber向きの事務所でもカラオケ音源を扱っているところはありますが、uuumネットワークはカラオケ音源を使用できるYouTuber向け事務所では一番加入しやすいです。

そのため、歌い手活動をするのであればuuumネットワークに加入するのはほぼ必須です。

歌い手がuuumネットワークに入る他のメリット

歌い手がuuumネットワークへ加入するカラオケ音源以外のメリットは以下の2点も考えられます。

  • アカウントBAN対策になるかもしれない
  • 歌ってみた動画のアドバイスを貰える

「歌ってみた」動画はカラオケ音源を使っていたとしても普通の動画より他人の著作物に関わる機会が多く、アカウントが誤BANされる機会も多いです。

そのため、アカウントBANされた時に対応してくれるuuumネットワークの存在は歌い手にとって非常に大きなメリットです。

また、事務所からアドバイスを貰えることも大きなメリットです。

歌ってみたの動画は性質上、伸ばすことが難しく、よく考えてチャンネルを運営しなければなかなかバズりません。
【参考記事】YouTubeのシステムから考察する歌ってみたが伸びない理由4選

そのため、他のYouTuberの情報も持っている大手事務所からアドバイスを貰えるのは嬉しいメリットです。

uuumネットワークに入るデメリット

uuumネットワークに所属すると、YouTuberはuuumからマネジメント料を取られます。

今までは収益の20%がとられていましたが、uuumネットワークの料金が以下の様に変更されました。

uuumネットワークの料金が以下の様に変更されました。

収益が¥5,000以上の人は一律¥500、収益が¥5,000以下の人は無料

現在のuuumネットワークであれば収益を稼げば稼ぐほど、事務所に取られる割合が減る様になりました。

お金がかかることは大きなデメリットではありますが、歌い手の場合はそもそも事務所へ加入しないと動画の収益が半分以下になってしまうため、あまりデメリットにはならないと思います。

スポンサーリンク

まとめ

歌い手活動するのであればuuumネットワークに入るべき

チャンネルを健全に運営するためにも歌い手はどこかの事務所へ加入することがオススメです。

また、下の記事では歌い手が嫌われる理由をまとめてあるので一緒に読むとオススメです。
【関連記事】歌ってみたが嫌われる理由5選!対策は?

タイトルとURLをコピーしました