【真実】YouTubeは今から始めても稼げる理由を動画投稿者が解説

【真実】YouTubeは今から始めても稼げる理由を動画投稿者が解説YouTubeよくある悩み

この記事は以下の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • 今からYouTubeを始めてお金を稼ぐことは出来るの?
  • YouTube初心者でも人気YouTuberになる事は可能?
  • YouTubeの収益化がどれくらい難しいのか知りたい!

6、7年前ほどであれば「YouTuberなんてwww」と思われていましたが、現在では一般人だけでなく、多数の芸能人や企業も色んなアプローチでYouTubeへ力を入れています。

Canvaで作成

素人でもYouTubeで有名になり、テレビやラジオへ出演したり、本を出したりと幅広く活躍している人たちがいます。

そんな活躍しているYouTuberに憧れてYouTubeへ動画投稿を始めようと考える人は多くいますが、今から動画投稿を始めて人気YouTuberへなり、大きく稼ぐことは出来るのでしょうか?

この記事ではYouTubeへの動画投稿歴が5年目になり、オワコンを繰り返しながらも無名から3回も収益化を達成した私が「今からでもYouTubeで稼ぐことが出来るのか」解説していきます。

ちゃすく
ちゃすく

ギリギリで生きています。
SNSなどはこちら

*ブログのアイキャッチ(サムネ)にはCanvaを用いています。

スポンサーリンク

今からでもYouTubeで稼ぐ事は出来るのか?

結論から言うと、今からでもYouTubeで稼ぐことは出来ます。

実際に多くの若手・新規YouTuberが活躍しており、YouTuber市場でも世代交代が起きつつあります。

私自身も2021年から新しくチャンネルを1つ立ち上げて、なんとか稼ぐ事が出来ています↓

しかしながら、誰でもYouTubeで活躍し、多額を稼げるわけではありません。

むしろYouTubeで成功するハードルは年々高くなっており、今からYouTubeで稼ぐためには高いハードルを超える必要があります。

年々難しくなる:ちゃすろぐ

以下では「YouTubeで稼ぐことが年々難しくなっている理由」を考えることで「どのような人であれば今からでもYouTubeで稼げるのか」詳細に解説していきます。

YouTubeは収益化の条件が厳しすぎる

まず、YouTubeで稼ぐためには絶対に収益化の条件を満たす必要があります。

YouTubeで収益化するための条件

  • チャンネル登録者数1000人以上
  • チャンネルの総再生時間4000時間以上

普段、動画を見ているだけだとチャンネル登録者数1000人なんて大した事がないように思えますが、ネット活動に慣れていない方だとチャンネル登録者数を1000人を集めるのは非常に難しいです。

他の方の調査によると、「YouTubeに動画投稿を始めた人の90%以上は3ヶ月もしないうちに動画投稿を諦めている」と公表されているため、視聴者を集める事がどれだけ大変かよくわかります。

実際に私もほぼ無名の状態から3回収益化を達成していますが、3回とも収益化達成に最低でも2ヶ月はかかっており(↓)、youtubeチャンネルの収益化は決して楽ではありません。

また、公表されているYouTubeの収益化条件は上の通りですが、実際にはGoogleアドセンスの収益化審査にも合格する必要があり、最低でも下の7つを意識しなければなりません。

  1. チャンネルを自然に登録し、定期的に動画を再生する登録者が1000人以上
  2. 総再生時間4000時間の内9割以上が自然なユーザーであり、半年で十分な総再生時間を得ている
  3. 引用では無く転載である動画を主軸にして登録者数&再生時間を増やしていない
  4. 収益化条件(チャンネル登録者数&総再生時間)を余裕で到達する(見込みがある)
  5. 反社会的、実際の人物や団体に迷惑をかける動画を出していない
  6. YouTubeにチャンネルの価値が無いと判断されない動画を出している
  7. YouTubeの利用規約に違反する動画を出していない

上の条件を満たしていないとチャンネル登録者数1000人を突破しても収益化審査に合格する事が出来ず、YouTubeで稼ぐ事が出来ません。

実際に収益化審査に落ちた人審査に半年以上かかる人もいるので、登録者を1000人を集めれば簡単に収益化出来る訳ではありません。

合格後に落とされるケースもあるので注意

逆に言えば上の条件を満たしてしまえば金額に差はありますが、誰でもYouTubeで稼ぐ事が出来ます。

そのため、上の条件を意識しつつ絶対に諦めずに動画投稿を続けられる人はYouTubeで稼げる可能性が十分にあります。

YouTubeは強力なライバルに視聴者をとられやすい

YouTubeで稼ぐ事が難しい理由・2つ目は「強力なライバルが多いこと」です。

年々YouTubeへ参入するアイドルや俳優、モデル、芸人、企業(隠れ企業チャンネルも含む)が一気に増えている一方で、YouTubeの視聴者数は大きく増えていません。

また、YouTube上にチャンネルが急激に増えても、1人の視聴者が1日にYouTubeを見る時間は基本的に変りません。

ちゃすく
ちゃすく

自粛で少し視聴者数は増えたけど、
投稿者数も一気に増えたからね。

そのため、現在のYouTubeで稼ぐためには知名度やルックス、面白さが優れている芸能人や資金と人手がある企業から視聴者を奪う必要があります。

しかしながら、芸能人や企業から視聴者を奪うことは簡単ではありません。

今や「テレビはオワコン」と呼ばれている時代ではありますが、芸能界で生き抜いてきた芸能人のトーク力や演技力などはただの素人と明らかにレベルが違います。

レベルが違う:ちゃすろぐ

企業チャンネルの場合、金をかけて各分野の専門家を雇った動画を提供しているため、ただの一般人が視聴者を奪うことは非常に難しいです。

そのため、YouTubeで稼ぐためには芸能人や企業にも負けない「何か」が大切になります。(以下例)

  • 日常で役立つ法律知識をユニークに解説 岡野タケシ弁護士【アトム法律事務所】さん
  • 身体能力を活かしたパルクール動画を投稿 シュリケンボーイ /Shuriken Boyさん
  • 韓国の状況についてほぼ毎日投稿 しまむらいだーのお部屋【ゆっくり解説】さん

現在、有名YouTuberとして知られているヒカキンさんもビートボックスで知名度を上げ、月間再生回数で日本1位を何度もとったフィッシャーズさんもアスレチックを得意としています。

引用元:https://www.youtube.com/user/HIKAKIN/videos

したがって、一般人がYouTubeで稼ぎたい場合は芸能人や企業に負けない特技や知識が大切になります。

特技や知識が無いことは底辺YouTuberに共通する特徴でもあるため、今からYouTubeで稼ごうと考えている人は絶対に意識しておく必要があります。

動画撮影と動画編集が大変過ぎる

YouTubeで稼ぐ事が難しい理由・3つ目は現在のYouTubeは「動画撮影と編集が辛過ぎること」です。

今のYouTubeで動画の再生回数を伸ばすためには「動画の質」と「動画の時間」を上げる必要があります。
【参考記事】YouTubeに動画をオススメされる方法4選

YouTuberの動画をよく見ている人であれば、編集に手が込んであり、動画時間が長い動画が多いことも分かると思います。

実際に2021年一番バズったコムドットさんは動画時間が1時間近くあり、めちゃくちゃ長いです。

引用元:https://www.youtube.com/channel/UCRxPrFmRHsXGWfAyE6oqrPQ/videos

しかし、「動画の質」と「動画の時間」両方を維持することは簡単ではありませんし、チャンネル登録者数1000人〜10000人程度であればコストコでバイトをしていた方が時給が良いことも珍しくありません。

特に最近はYouTube運営が他の動画投稿サイト(主にTikTok)と差別化しようと「再生時間が長い動画」のインプレッション数を増加させる傾向にあります。

インプレッション数が増えると再生回数が増える

そのため、YouTuberは長時間の動画撮影に加え、長時間撮影した動画を飽きずに見てもらえるように編集する必要があり、作業は大変です。

もちろん、クラウドワークスココナラなどで動画編集を外注することは可能です。

しかし、外注すると動画編集のセンスが変わってしまうと動画の面白さや見やすさが変わってしまううえ、編集のされ方によっては動画時間をバッサリ短くされたり、動画時間が長いと編集料が割高になる事もあります。

そのため、今からYouTubeで稼ぐ場合は撮影と編集の長時間化へ対処しなければいけません。

例えば東海オンエアさんやはじめしゃちょーの畑さんのようにチャンネルのメンバーが複数人いれば1人で何かをしているよりも動画時間を伸ばしやすいうえ、動画編集を分担出来るため長時間編集でも負担を低くする事が出来ます。

また、動画に出ている人物が1人であっても事務所に入れば補佐スタッフが付く事もありますし、友人に裏方作業を手伝ってもらっているYouTuberも少なくありません。

友人に依頼する:ちゃすろぐ

他にも、現代の技術であれば動画のテロップ入れはAIが全自動で出来るため、そのような機能がある動画編集ソフトを購入するのもオススメです↓

人や機材を有効活用できれば撮影や編集の負担を減らせれば、youtubeで稼ぐことも十分出来ます。

スポンサーリンク

今からYouTubeで稼ぐことについてのまとめ

まとめ

今からでもYouTubeを始めても稼ぐことは出来ますが、下記の3点によって稼ぐまでのハードルは非常に高いです。

  1. YouTubeは収益化の条件が厳しすぎる
  2. YouTubeは強力なライバルに視聴者をとられやすい
  3. 動画撮影と動画編集が大変過ぎる

個人的にはネットで稼ぐ事が初めての人であればYouTubeよりも、この記事のようなブログの方が簡単に稼ぐ事が出来ると思います。

ただし、YouTubeとブログでは向き不向きがあるため下記事を参考にしてどっちに向いているのか確認してみてください。

また、ブログを始める場合はサーバー選びが大切になるため、価格が安くて伝達速度が早いConoHa WINGか運営歴が長くて伝達速度が早いエックスサーバーをオススメします。

タイトルとURLをコピーしました