【実体験】格安simの乗り換えで後悔した話と対策|月間10万pvブロガーが解説

【実体験】格安simへ乗り換えで後悔した話と対策|月間10万pvブロガーが解説副業・資産運用

この記事は下記の悩みや要望を持つ人にオススメです。

  • 大手キャリアから格安simに乗り換えたい
  • 格安simって実際のところ大丈夫なの?
  • 格安simへの乗り換えで後悔する原因は?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしている「ちゃすく」です。

この記事では、私の格安simで後悔した実体験について解説していきます。

ちゃすく
ちゃすく

月間10万PV突破!YouTubeTwitterもやってます

スポンサーリンク

【実体験】格安simへの乗り換えで後悔した話

私が格安simの乗り換えで後悔した話を簡単にまとめると「家族の乗り換え作業を私が引き受けたら、めちゃくちゃ面倒臭いことになった」です。

詳しく話していくと、私には祖父と祖母がおり、二人とも元気なのでスマホを使用しています。

二人はドコモでAndroidのスマホを契約していたのですが、テレビや新聞で格安simがあることを知ったらしく、私に格安simへ乗り換えしたいことを相談してきました。

ちなみに、私は相談されるまで二人の料金プランを全く知らなかったのですが、確認するとかなりヤバかったです…

ドコモの料金プランが高すぎる!

実際に二人がドコモで加入していたプランを確認してみると、二人とも「ギガライト」のプランでした。

ちゃすく
ちゃすく

ギガライトの料金制度は下表の通り

引用元:https://www.docomo.ne.jp/charge/gigalite-2/?icid=CRP_CHA_promotion_eraberu_to_CRP_CHA_gigalite-2

既に格安simや大手キャリアのオンライン専用プランを使っている人なら分かりますが、1GBまでで月額3485円は高すぎです。

というか、ドコモならahamoがあるため、7GBまでで6000円超えも高すぎです。

ちゃすく
ちゃすく

ahamoは20GBで2970円

一応、ドコモのギガライトでは下記の条件を満たすことで月額2178円まで抑えることが出来ますが、それでも1GBで2178円は高いです。

  1. 1か月以内のデータ使用量を1GB未満に抑える
  2. 通信料金の支払方法をdカード払いに設定する
  3. 通話プランはオプションなし(かけ放題なし)にする
  4. 家族3人以上でドコモに契約して割引を使う

私の祖父母はスマホをあまり使わないので1.は余裕で満たしていますが、他は満たしていないので1GB未満のデータを使うために月額3000円以上も払っていました。

ちゃすく
ちゃすく

実は祖父母だけドコモなんよ

しかも、下記のいらないオプションまで付いており、完全にぼったくられていました。

  • クラウド容量オプション50GB(月額440円)
  • my daiz/iコンシェル(月額110円)
  • あんしんパック モバイル(月額605円)
  • かけ放題オプション(月額1870円)

特に、クラウド容量オプションのことは二人とも存在すら知らなかったみたいであり、めちゃくちゃカモられてました。

ちゃすく
ちゃすく

電話とLINEしか使わないのに50GBもいらんやろ

電話は使っているので「かけ放題オプション」はあっても良いですが、ドコモには「5分通話無料オプション(月額770円)」があるので基本的にはこちらで十分だと思います。

ということで、祖父母の携帯料金は1GBすら使っていないのに1人毎月6500円を余裕で超えている状態でした。

ちゃすく
ちゃすく

2人合わせても1GB無いのに13000円は高い!

しかも、機種代も追加で支払っているので、実際に毎月落ちている金額はもっと大きいです。

正直、自分の祖父母のことなのに、こんなにも高い料金を払っていることは相談されるまで知りませんでした…

流石に料金が高すぎたので、私が祖父母の乗り換えをサポートしていくことになったのですが、乗り換え作業が大変すぎました。

ドコモからOCNモバイルへ乗り換え決定

まずはドコモから乗り換えする前に機種代が残り6ヶ月分だけ残っていたので、先に全額支払っておくことにしました。

乗り換えする時は機種代金が残っていても大丈夫ですが、全額払ってしまえば完全に自分のスマホになるので好きなタイミングで機種変や売却が出来る様になります。

ちゃすく
ちゃすく

毎月引き落としされないのも精神的に楽かも

機種代の残金を払うためにはドコモショップへ行かなければいけないので向かい、事情を説明して2人の残金を払ってきました。

ドコモショップで残金を払っている時に店員さんが下記の事を言ってたので、OCNモバイルなら悪く無いので任せたいと思いましたが…

店員
店員

OCNモバイルONEなら当店で乗り換え出来ますよ。2時間後に来てもらうことになりますが

ちゃすく
ちゃすく

OCNモバイルなら良いか(申込み面倒いし)

丁度、2時間後に再びドコモショップへ行くことが無理だったので、私が2人の代わりにOCNモバイルへ申し込むことになります。

OCNモバイルであれば下画像のように1GBで月額770円ですし、回線もドコモと同じなので祖父母も納得していました。

引用元:https://service.ocn.ne.jp/mobile/charge/

今思えば「無理してでも店員へ任せておけば良かった…」と後悔しているのですが、私は格安simへ自分で乗り換えた経験もあったので、乗り換えへの抵抗感が全くありませんでした。

そのため、用事を優先して自分で申し込む方法を選び、最終的にメンドくさいことが起きてしまいます…

スポンサーリンク

格安simへの乗り換えで後悔したこと

私たちが格安simへ乗り換えた時に後悔してしまったことは下記の通りです。

  1. 申込み時に祖母の電話番号を間違えて記入した
  2. 手続きを引き受けた事でやり取りが不便になる
  3. 祖父母の契約名義がハッキリとしていなかった

上記だけだと具体的にどんな状態なのかよく分からないと思うので、詳細に後悔した内容を解説していきます。

申込み時に祖母の電話番号を間違えて記入した

ドコモからOCNモバイルONEへ電話番号を変えずに乗り換えるためにはMNP予約番号と現在の電話番号を申し込み時に入力する必要があります。

引用元:https://order.mypage.ocn.ne.jp/vp/sim/voice/apply

MNP予約番号を発行してOCNモバイルONEヘ申込みの手続きをしていたのですが、祖母の電話番号を誤って入力し、そのまま気付かずに申し込みをしてしまいました…

自分の電話番号であれば絶対に間違えないのですが、祖母とは数年LINE電話しか使わない状態だったのでミスってしまったみたいです。

ちゃすく
ちゃすく

祖父はLINEが苦手だから普通の電話なんよ

もちろん、電話番号を誤って入力すると申し込みが出来る訳無いのですが、そもそも私自身もミスっていることに気づいていません。

そのため、数日後に祖父のsimカードだけが届き、みんなで困惑することになります。

とりあえず届いた祖父の分だけ乗り換え作業を行い、祖父だけは無事にOCNモバイルONEと契約することは出来ました。

しかし、2日ほど経ってもまだ祖母のsimカードが届かないのでサポートセンターへ電話をすることになり、さらなる後悔が生まれます…

手続きを引き受けた事でやり取りが不便になる

すぐにでもOCNモバイルONEヘ電話をしたかったのですが、実はOCNモバイルONEへの乗り換えは「祖父名義の契約で1枚目のsimを契約し、祖母は追加simで申し込む」というやり方にしていました。

引用元:https://service.ocn.ne.jp/mobile/option/share/

この申し込み方法であれば別々に申し込むよりも安くなるので良いと考えていましたが、サポートセンターへ電話する時は不便になってしまいました。

というのも、今起きている問題には下記のように3人とも関わっており、サポートセンターへ連絡するためには3人とも揃う必要があります。

  • 手続きをしているのはちゃすく
  • simの契約名義は祖父
  • 実際に問題が起きているのは祖母

実際に3人揃ってサポートセンターへ電話をしてみると、祖父と祖母の本人確認をした後に私が担当の人と話すことになったため、やはり3人とも揃う必要があります。

一回だけの電話であれば特に問題は無かったのですが、実は他にも問題点があり、電話をする度に3人が予定を合わせなければいけない状態になります。

ちゃすく
ちゃすく

自分だけのトラブルなら楽なんだけどね

もちろん、3人ともそれぞれの用事があるので予定を合わせる負担は大きく、「ドコモショプで任せておけば良かった」と後悔しています。

祖父母の契約名義がハッキリとしていなかった

サポートセンターへ電話をすることで祖母の電話番号が間違っていたことが発覚し、再度申し込みをしたのですが、実は契約名義を誤解していました。

OCNモバイルONEで追加simを利用するためにはスマホの契約名義を全て同じ名義へ変更しておく必要があります。

引用元:https://service.ocn.ne.jp/mobile/option/share/

私はドコモと契約したことが無かったので自分で確認をせずに祖父へ確認してみたところ、「スマホはどっちも俺名義」と言っていたため、祖父名義で契約し、祖母は追加simを使う方法にしていました。

しかし、実際には2人の料金が祖父の口座から落ちているだけであり、契約名義自体は別々になっていました。

ちゃすく
ちゃすく

祖父は契約名義=引き落とし先と思ってた

もちろん契約名義が異なれば追加simを申し込むことが出来ないため、再びサポートセンターへ確認を行い、最終的には別々の名義で申し込むことにしました。

ドコモショップで乗り換えていれば契約名義のことは店員側が把握しているので、こんなことにはならなかったと思います。

ちゃすく
ちゃすく

あの時ショップで乗り換えていれば…(後悔

格安simへ乗り換え後の後悔は?

祖父母がOCNモバイルONEへ乗り換えて数ヶ月経ちますが、乗り換え後は全く後悔がありません。

むしろ毎月の料金は補償サービスとかけ放題を付けても1700円くらいであり、以前の6500円に比べると5000円近くも料金安くなっています。

そのため、祖父母はどちらも大満足しています。

スポンサーリンク

格安simへの乗り換えで後悔しないための対策

ここからは格安simへの乗り換えで後悔しないために、やっておくべき対策方法を解説していきます。

大手キャリアショップで乗り換える

1番簡単で確実な対策方法が「大手キャリアショップで格安simへ乗り換える」です。

格安simと聞くとオンライン限定と思われがちですが、実は「au」「SoftBank」「docomo」「楽天モバイル」のショップでも乗り換えが可能です。

厳密に言えば格安simに該当しないモノもありますが、下記のサービスであれば大手キャリアよりも携帯料金は一気に下がります。

  • au:UQモバイル(サブブランド)
  • SoftBank:Y!モバイル(サブブランド)
  • docomo:OCNモバイルONE
  • 楽天モバイル:Rakuten UN-LIMIT

上記のようにauショップへ行けばUQモバイルへ、SoftBankショップへ行けばY!モバイルへ乗り換えることが可能です。

使用している回線もUQモバイルならau、Y!モバイルならSoftBank、OCNモバイルONEならdocomoであるため、回線やsimに不安がある人でも乗り換えをしやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

田舎だとSoftBankが繋がらない時がある

しかも、大手キャリアショップであれば駅近くや家電量販店内などにあるため、行き慣れている店舗で申し込み出来る点も魅力的です。

各格安simでプラン内容や料金に差はありますが、大手3社のプランよりは絶対にお得なので基本的にどこでも大丈夫です。

もし1番お得なプランを選びたい場合は税込3278円でデータ無制限の楽天モバイルがオススメです。

引用元:https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/?l-id=gnavi_fee_un-limit
ちゃすく
ちゃすく

楽天モバイルにして楽天経済圏へ入ればさらにお得!

格安simの実店舗で申し込みをする

次にオススメの対策方法が「格安simの実店舗で申し込みをする」です。

先ほどの大手キャリアショップよりは少ないですが、実は格安simを扱う会社も実店舗を出している場合があります。

引用元:https://aeonmobile.jp/amlp/meritdemerit/

具体的には下記のような格安simの実店舗があり、家電量販店やショッピングモールにあるケースが多いです。

  • イオンモバイル(auまたはドコモ回線)
  • yu-mobile(ドコモ回線)
  • mineo(au、SoftBank、ドコモ回線)
  • IIJmio(auまたはドコモ回線)
  • nuroモバイル(au、SoftBank、ドコモ回線)

実店舗さえあれば分からないことがあっても気軽に相談出来るため、近くに格安simの実店舗がある場合は訪れてみるのもオススメです。

申し込み内容をしっかり確認する

格安simへの乗り換えはキャリアショップへ任せれば1番楽ですが、「カモられるのが怖い人」や「ショップへ行く暇が無い人」も多いと思います。

そのような場合はウェブから申し込みを行いますが、必ず申し込み時に入力ミスがないか確認してください。

特に、家族数人で一緒に乗り換えようとしている場合は自然と入力ミスする機会も増えますし、契約名義や支払い先がめちゃくちゃになる場合もあります。

ちゃすく
ちゃすく

今回の記事の原因だね

そのため、現在の契約内容と新しい契約内容について把握しておき、入力ミスをしないように気を付けてください。

また、もし申し込み内容を間違えた場合は出来るだけ早急にサポートセンターへ連絡してください。

スポンサーリンク

他の人はこんな記事も読んでいます

当ブログ「ちゃすろぐ」では他にも生活改善やお金に関する情報を発信しているので、良かったら他の記事も読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました