YouTubeは顔出しの方が登録者が増えるのは本当?動画投稿者が解説

YouTube視聴者層 どの年代がいいの?-2YouTube

「人気YouTuberの多くは顔出し投稿しているけど、顔出しした方が人気になる?」

「顔出しせずに人気になる方法は無いの?」

このような疑問や悩みはありませんか?

テレビでも取り上げられるYouTuberは顔出ししている方ばかりですが、実は全く顔出ししていなくても稼ぐYouTuberは多いです。

この記事では実際にYouTubeに動画投稿している私が

YouTubeは顔出しした方が人気になるのか

解説します。

記事製作者 cHask

*ブログのアイキャッチ(サムネ)はCanvaで制作しています。

スポンサーリンク

動画に顔だしのメリットはあるのか?

まずはYouTubeに顔出しした方が人気になるのかどうかをよく考えるために、他の動画投稿の方法と比較して考えてみましょう。

現在のYouTubeでは主に下の5つの動画投稿方法があります。

  • 顔出し投稿(一般的なYouTuber)
  • 顔だけ隠し投稿(料理系など)
  • 声だけ投稿(ゲーム実況など)
  • Vtuber(アバターを用いるもの全般含む)
  • ゆっくり(機会音声全般含む)

それぞれの方法に特徴があってメリットとデメリットが存在するので、各方法の特徴を考えた上でどうのような人であれば顔出し投稿で人気になるのか解説します。

多くの人にとっては顔出しが最も良い方法かもしれませんが、あなたにとって良い方法であるかは別であるため、自分の特徴や活動方針と照らし合わせながら参考にしてください。

スポンサーリンク

顔出し投稿の特徴

顔出し投稿のメリット&デメリット

顔出し投稿のメリット

  • 自分自身を人気・ブランド化できる
  • 活動の幅が一番広い・制約が無い
  • 美形や肩書がある人は人気を得やすい

顔出し投稿のデメリット

  • 有名になる程プライベートがなくなる
  • 炎上やオワコンの被害規模が大きくなる
  • 容姿の批判が送られてくる

顔出し投稿の特徴まとめ

やはり顔出し投稿の一番のメリットは自分の姿すべてを売り出すため自分自身に人気が出やすく、どんなジャンルの動画でもある程度ファンがついてくることです。

どんな動画を出しても視聴者が付いてくるので、どんな企業案件でも受けることが出来きて大きく稼ぐことが出来ます。

基本的に顔出しYouTuberであれば余計な制約がないので何でもできますし、顔がある程度良ければ動画の面白さに関係なくファンがつくことも多いです。

そのため、何でも出来る&容姿が良ければ一気に人気になるので手っ取り早く人気YouTuberになりたい方は顔出しが最も効率の良い方法です。

ただし、顔出し投稿はプライベートには注意です。
プライベートを気をつけていないと、炎上やオワコン化が起こる場合があります。

プライベートが原因で炎上・オワコンになったYouTuberは数えきれないくらいいるので、絶対に注意しておく必要があります。

また、動画投稿を開始してからプライベートを改めても過去に何かやらかした経歴がある場合はバレてしまうと炎上に繋がります。

最初に自分から過去の経歴について説明するか、他の投稿方法にすることがオススメです。

オワコンに関する記事はこちら
オワコンYouTuberの未来は?復活できる?元オワコン実況者解説

スポンサーリンク

顔だけ隠し投稿の特徴

顔だけ隠し投稿のメリット&デメリット

顔だけ隠し投稿のメリット

  • プライベートがバレにくい
  • 顔を気にしなくていい
  • ジャンルにあんまり制約がない

顔だけ隠し投稿のデメリット

  • ある程度、表現の自由が無くなる
  • ライバルが意外と多い
  • 顔を暴こうとする人が出てくる

顔隠し投稿の特徴まとめ

顔を隠す最大のメリットは身バレを防ぎつつ、様々なジャンルの動画を出せることです。

現在は副業ブームで会社からYouTubeを認められているケースもありますが、やはり多くの方は会社や近所の方にはバレたくないと考える人は多いので顔だけ隠して投稿する人は多いです。

また、顔を隠すので容姿についてもメリットが大きです。

正直顔はイマイチだけど身体のスタイルが良い場合、顔を隠せば驚くほどのファンが来ます。

顔の真相は分かりませんが、巨乳の方はこのメリットを最大限生かしていますね。
【参考記事】セクシーな料理系YouTuberに未来はあるのか?

顔だけ隠し投稿のデメリットですが、基本的に顔出し投稿以上のデメリットはありません、

身体を張る動画の場合は顔隠しはかなり不利になりますが、それ以外のジャンルであれば顔出しと大きな差は無く、むしろ顔面偏差値の差をある程度埋められるのでメリットにすらなり得ます。

ただし、日本のYouTube上では顔を隠して動画投稿している人の方が圧倒的に多いので、自分と同等レベルのライバルは非常に多いです。

そのため、他のチャンネルと上手く差別化していかないと、他チャンネルの劣化になりかねないです。

スポンサーリンク

声だけ投稿の特徴

声だけ投稿のメリット&デメリット

声だけ投稿のメリット

  • 身バレのリスクがかなり低い
  • 顔・スタイルに自信が無くても大丈夫
  • 声が重要になるのでイケボ・カワボは有利

声だけ投稿のデメリット

  • 動画の内容がかなり限られる
  • 肩書などは利用できない
  • 印象が薄い

声だけ投稿の特徴まとめ

声だけ投稿の一番のメリットは身バレリスクを非常に減らせることです。

顔を隠しただけでは家内部の壁などを映してしまうため、身バレのリスクがありましたが、声だけであればバレるリスクは非常に低いです。

また、身体に関する部分は何も映っていないので容姿に自信がない方のメリットは非常に大きいです。

しかし、身バレリスクが低くて安全ということは多くの方が参入しやすい投稿方法と言えます。

そのため、ライバルが非常に多いです。特に、ゲーム実況はその特徴が大きいためトーク力やゲームスキルを持たずに動画投稿していても伸びることはありません。

必ず動画投稿開始前にどのジャンにどのような動画を出せば伸びるのか考える必要があります。

スポンサーリンク

Vtuberの特徴

Vtuberのメリット&デメリット

Vtuberのメリット

  • 異性になれる
  • 匿名性が高い上、動ける
  • 自身を商品化しやすい

Vtuberのデメリット

  • 機材の割にジャンル制約がでかい
  • ファン層が限られる
  • 他のVtuberが多すぎる

Vtuberの特徴まとめ

Vtuberで投稿する一番のメリットは匿名性が高い上にリアクションも取れる点です。

また、Vtuberは絵であるためYouTubeの収益以外にもグッズやラインスタンプなどでも収益を得やすいのも大きなメリットです。

しかし、このようなメリットが目立ったためか今Vtuber市場は飽和しており、登録者数1000人に満たない底辺Vtuberが大量に存在します。

しかも、飽和しきっている市場なのに。動画ジャンルの制約が大きくてゲーム実況か雑談、歌ってみたくらいしか動画の幅がありません。

そのため、狭いジャンル内で多くの他Vtuberと視聴者を奪い合うことになるので、現在はどの市場よりも弱肉強食の世界です。

Vtuberに関する記事はこちら
【底辺あるある】伸びないVtuberの明確な理由4選

スポンサーリンク

ゆっくりの特徴

ゆっくりのメリット&デメリット

ゆっくりのメリット

  • 匿名性が一番高い
  • 解説などは一番聞きやすい
  • 生声に比べるとライバルが少ない

ゆっくりのデメリット

  • 動画制作に時間がかかる
  • 基本的にエンタメ系は向かない
  • YouTubeのガイドラインに引っかかる可能性

ゆっくりの特徴まとめ

ゆっくりの動画は匿名性の高さと解説の聞きやすさでは他の投稿方法よりも群を抜いて高いです。

また、ゆっくり系はライバルが少ないのでクオリティが低くても伸びやすい傾向にあります。

しかし、ゆっくりを用いるデメリットは大きいです。

ゆっくりお動画の制作時間がかかる事やジャンルが限定されやすい事はまだいいですが、YouTubeのガイドラインに引っ掛かり、BANされる可能性があります。

正直、ゆっくり系動画に先があるかと言われれば、、、、、

ゆっくりについての詳しい記事はこちら
2021年にゆっくり実況を始めるのは有り無し?

スポンサーリンク

まとめ

  • 顔出し投稿(一般的なYouTuber)
  • 顔だけ隠し投稿(料理系など)
  • 声だけ投稿(ゲーム実況など)
  • Vtuber(アバターを用いるもの全般含む)
  • ゆっくり(機会音声全般含む)

上の5つの特徴を説明してきましたが、顔出し投稿で人気になれる人は以下の特徴がある人です。

  • 最低限の容姿の良さはある
  • 身バレ・炎上に配慮できる
  • 何にでも挑戦出来る

特に炎上などに配慮出来ない場合はチャンネルがオワコンになるどころか、人生もろとも終わってしまうことがあるので絶対に炎上に気を付けることが出来ない方は顔出しをオススメしません。

また、下の記事では多くの動画投稿者が辞める理由の一つである「再生回数が一桁で止まってしまう」ことについて解説しています。
YouTubeの再生回数が一桁の理由5選!
合わせて読むとオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました