Vlogは顔出し無しでも稼げるのか登録者3万人が解説【YouTube】

Vlogは顔出し無しでも稼げるのか登録者3万人が解説【YouTube】YouTube

この記事は下記の悩みや要望を持つ人にオススメです。

  • Vlogを始めたいけど、顔出しって必要なの?
  • 顔を出したくないけど、それでも稼げるの?
  • Vlogで稼ぐ為に必要な知識や情報を知りたい

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

チャンネル登録者数3万人突破

この記事では実際に動画投稿をしている私が「Vlogは顔を出さなくても稼げるのか」解説していきます。

ちゃすく
ちゃすく

ブログと動画投稿やってます。

アカウントの詳細はこちら

動画投稿で役立つ機材・サービスを紹介!
\知らないと他の投稿者と差が開くかも/知らないと損!動画投稿で役立つオススメの機材・サービス一覧【サイトまとめ】

スポンサーリンク

YouTube:Vlogは顔出ししなくても稼げるの?

結論から言うと、Vlogは顔出ししなくても稼げます。

Vlogで顔出ししなくても稼げる理由には下記があり、実際に顔出しせずに稼いでるVlog系YouTuberはたくさんいます。

  • 視聴者が顔出しを求めているわけではない
  • 顔を隠すことで人気が大きくなる人もいる
  • 顔出ししなくても表情を変えられる

しかし、下記のような注意点もあるので、それぞれ詳しく解説していきます。

  • ファン増加率が低くなる可能性がある
  • 動画の内容を真似されやすい
  • 動画内容へ依存する運営になりやすい

稼げる理由:視聴者が顔出しを求めているわけではない

顔出し無しのVlogでも稼げる理由1つ目は「視聴者が顔出しを求めているわけではない」です。

YouTubeの視聴者がVlogに求めているモノは下記のような傾向があります。

  1. 自分とは違う人の私生活や考え
  2. 共感できる思いや経験
  3. お洒落な料理やインテリアなど
  4. イケメンや美女、可愛いペット

4.については顔出しが必要になりますが、視聴者全員がイケメンや美女を求めてVlogを見る訳ではありません。

下画像のように他人のリアルな家庭料理やお洒落なご飯が気になって動画を見る視聴者もいます。

引用元:https://www.youtube.com/results?search_query=Vlog

このように「料理」「インテリア」「考えや経験談」などのテーマであれば、顔出しを求める視聴者は非常に少ないです。

ちゃすく
ちゃすく

「〇〇した話」とかも顔はあんまり関係無いね

そのため、投稿するテーマさえ正しければ顔出しをしなくてもVlogで稼ぐことが出来ます。

稼げる理由:顔を隠すことで人気が大きくなる人もいる

顔出し無しのVlogでも稼げる理由2つ目は「顔を隠すことで人気が大きくなる人もいる」です。

同じ動画の内容でもルックスが優れているかどうかでサムネのクリック率、視聴者の動画再生時間は変わります。

ルックスが良い場合
ルックスが良くない場合

逆に言えば、ルックスがあまり優れていない場合はむしろ隠した方がクリック率や再生時間の伸びが良くなる事もあります。

実際に日本顔学会の理事でもある高野ルリ子さんが行った実験では下記のような結果が得られたそうです。

20代の女性32人の真顔と笑顔の顔写真を用いて、目、鼻、口の部分を隠し、さらに化粧の有無も加えた上で、見た人の印象がどう変わるかを短期大学の女子学生32人に回答してもらったのです。
それぞれの写真が「美しい」か「好き」かを、「全くそう思わない」(0点)~「確かにそう思う」(3点)で評価してもらったのですが、面白い結果になりました。どこも隠していない時と比べて、隠した部分があるときの方が評価が高かったのです。
それぞれの人が感じる美しさに関しては、どこかを隠していた方が評価が上がる傾向がある。マイナスにはならないんですね。隠された部分に、私たちは理想的な形態を想像して当てはめているようだという結果になったのです。

引用元:https://globe.asahi.com/article/14283432

つまり、顔を全部隠してしまえば視聴者は勝手に理想の姿を想像してくれるようになります。

そのため、ルックスによっては顔を隠した方が稼げるようになる場合もあります。

稼げる理由:顔出ししなくても表情を変えられる

顔出し無しのVlogでも稼げる理由3つ目は「顔出ししなくても表情を変えられる」です。

「顔出ししないと表情が伝わない!」「言葉や文章だけで雰囲気を伝えづらい…」と思う人がいるかもしれません。

しかし、今は個人でもVtuberのように立ち絵を利用出来ますし、表情差分のあるオリジナルイラストを用意することも簡単です。

引用元:https://www.live2d.com

上のgif画像のような立ち絵はオリジナルイラストとLive2Dがあれば誰でも作れるので、Vlogへ導入することも難しくありません。

上のような立ち絵とまではいかなくても、下画像のように顔へオリジナルイラストを貼って活動している人もいます。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=cpIMPEBkM-Q&t=1s

いくつかの表情を用意しておけば顔出し無しでも表情を変えられるので、その場の雰囲気を伝えやすいです。

しかも、このような方法はまだ導入している人が少ない割に人気が高いです。(上画像は70万再生超え)

オリジナルイラストは「ココナラ」や「SKIMA」で依頼出来るので、興味がある場合は利用してみてください。

ちゃすく
ちゃすく

ココナラは招待コード「C40NGB」で300円分のポイント配布中

また、オリジナルイラストの依頼方法について下記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

YouTube:Vlogで顔出しをしない時の注意点

Vlogは顔出しをしなくても稼げますが、注意点がいくつかあるので紹介しておきます。

注意点:ファン増加率が低くなる可能性がある

Vlogで顔出ししない時の注意点1つ目は「ファン増加率が低くなる可能性がある」です。

日本のトップYouTuberを考えれば分かるとおり、顔出し動画投稿者の方がチャンネル登録者が増えるスピードは早くなる傾向にあります。

これはコンテンツだけでなく、投稿者へのファンが増えやすいことが原因だと考えられています。

具体的に人気YouTuberのヒカルさんで例を出すと、下記の視聴者Bへ該当する人が多くなりやすいからです。

  • 視聴者A:お金を使う企画が好きだから登録する
  • 視聴者B:ヒカルさんの言動が好きだから登録する

一応、顔を隠していても稼ぐことは出来ますが、最終的なファン数を考えると顔出しVlog系YouTuberへ負けてしまう可能性が高くなります。

こればかりは仕方ない部分もあるので、出来るだけブラウジング機能でバズり、登録者が増えるスピードを早くするしかありません。

注意点:動画の内容を真似されやすい

Vlogで顔出ししない時の注意点2つ目は「動画の内容を真似されやすい」です。

はっきり言ってYouTubeではネタのパクリパクられは当たり前なのですが、顔出ししていない動画は真似しやすいです。

例えば下画像は4つとも異なるVlog系YouTuberのサムネなのですが、非常によく似ています。

引用元:https://www.youtube.com/results?search_query=vlog

まだサムネだけなら気になりませんが、動画内容も「大学生」「ぼっち(1人)」「ルーティーン」「勉強」「ご飯」であり、まるで同じテンプレートを使っているみたいです。

特に「大学生+ぼっち」系は伸びている動画も多く、真似して投稿しているVlog系YouTuberが多いです。

このように動画内容を真似されると視聴者が他の類似動画へ分散してしまい、だんだんと再生回数が落ちるようになります。

そのため、視聴者へ自分の動画が分かりやすいように「オリジナルイラストをサムネへ入れる」などの対策が必要になります。

引用元:https://www.youtube.com/channel/UC9WJo5ZJVXMZiA5XV2jLx5Q

顔を隠す場合は自身の代わりとなるオリジナルイラストを用意しておいて損はありません。

注意点:動画内容へ依存する運営になりやすい

Vlogで顔出ししない時の注意点3つ目は「動画内容へ依存する運営になりやすい」です。

注意点の1つ目「ファン増加率が低くなる可能性がある」で解説した通り、顔出ししないVlogは投稿者自身よりもコンテンツへのファンが多くなりやすいです。

具体的に言うと、ルーティーン動画で伸びたチャンネルはルーティーン動画ばかりが伸びやすくなるため、他のテーマでアップした動画が伸びにくくなりやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

顔出しだけど、こんな感じ↓

引用元:https://www.youtube.com/channel/UCz4P_74bkZd6YHkrokACSWw

そのため、再生回数や収益を気にした運営をする場合は動画内容が限定されやすく、活動を続けにくい場合があります。

もし再生回数や収益を優先的に考えたい場合は動画投稿をする前に投稿できそうなネタ数や市場の大きさを事前に確認しておくことがオススメです。

確認方法の1つには「サジェストキーワード」があるので、気になる場合は使ってみてください。

スポンサーリンク

他のVlog投稿者はこんな記事も読んでいます

当ブログ「ちゃすろぐ」では他にもYouTubeへ関係する記事を執筆しています。
良かったら他の記事もチェックしてください。

ちゃすく
ちゃすく

ブックマークやシェアもよろしく!

タイトルとURLをコピーしました