YouTubeの総再生時間を自分で4000時間も増やせる?動画投稿者が解説

YouTubeの総再生時間を自分で4000時間も増やせる?動画投稿者が解説YouTubeよくある悩み

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • YouTubeの収益化をしたいけど、再生時間が全然足りない
  • 総再生時間4000時間を突破する方法を教えてほしい!
  • 総再生時間って自分で4000時間分を増やすことも出来る?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

チャンネル登録者数3万人突破

動画の再生回数は動画本数を増やせば意外と簡単に増えますが、総再生時間は動画を長時間見てもらわなければなかなか伸びません。

もし1回の試聴で1秒しか再生されなかったら、14400000回の再生回数が必要になります。

流石に1440万回も再生されるのは難しく、多くのチャンネルでは下画像のような状態になることも珍しくありません。

YouTubeヘルプのページ

この対策として「自分で動画を再生すれば良いのでは?」と考える人もいるでしょう。

そこでこの記事では、実際にYouTubeへ動画投稿している私が「4000時間を自分で再生できるのか」解説していきます。

ちゃすく
ちゃすく

ブログと動画投稿やってます。

アカウントの詳細はこちら

スポンサーリンク

そもそも自分で4000時間も再生できるのか?

まず、YouTubeのポリシーや倫理観を抜きで考えて4000時間も自分で再生することは可能でしょうか?

結論から言うと、可能ではありますが、ちょっと無理があります。

4000時間は日数だと約167日となります。

そのため、1日中自分の動画だけを見ていれば半年以内に4000時間を達成出来ます。

パソコンであればループ再生が出来るため、半年間再生し続ける事は不可能ではありません。

一応、スマホでも再生リストを使えば実質的なループが出来るので半年間再生し続ける事は出来ます。

しかし、同じIPアドレスで短時間に複数回&長時間再生された分は総再生時間から引かれることが分かっています。

IPアドレス:スマホやPCなどのネットに繋がる機器に設定される住所のような値。この記事では「同じIPアドレス=同じ視聴者」と考えて大丈夫です。

ちゃすく
ちゃすく

総再生時間が減る詳細は下記へ

YouTubeが公式的に「何時間までならカウントされるのか」を発表していない為、どれだけ連続で再生したら総再生時間が引かれるのかは分かりません。

しかし、どう考えても1日中再生している状態は異常です。

睡眠や仕事、学校などの生活を考えると、自然な再生時間は1人当たり多くても8時間が限界ではないでしょうか?

1日8時間分を再生していると、総再生時間4000時間までは1年以上かかってしまいます。

ちゃすく
ちゃすく

ちなみに、倍速でも総再生時間は2倍にならないよ

正直、1年以上も自分で再生しなければ収益化出来ないチャンネルは将来性が非常に薄いため、素直に諦めた方が良いと思います。

YouTubeのポリシー的に大丈夫なのか?

一応、工夫すれば自分で4000時間再生することは可能ですが、YouTube運営のポリシーに違反しないのでしょうか?

結論から言うと、思いっきりYouTubeのポリシーに違反しています。

おそらく、自分で再生している時にチャンネルがBANがされるようなことは(多分)ありませんが、収益化審査時には総再生時間の多くを占める部分が確認されます。

ちゃすく
ちゃすく

総再生時間を占める割合についてはYouTubeヘルプにも書いてある↓

YouTubeヘルプのページ
引用元:https://support.google.com/youtube/?hl=ja#topic=9257498

したがって、自分で動画を4000時間も再生すると総再生時間の割合がどう考えても不自然になるため、収益化条件を突破しても収益化審査で落とされることになります。

ちゃすく
ちゃすく

YouTubeは条件を突破すれば誰でも収益化出来る訳では無いので注意!

自分の再生時間が総再生時間の10%でも多すぎるので、収益化審査で合格するために5%未満へ抑えておきたいです。

最悪の場合、自分で再生した時間が4000時間だとしたら、視聴者による80000時間の再生が必要になることも考えられます。

そのため、自分のためにも自身で再生時間を増やす行為はオススメしません。

再生回数や登録者を買えば良いのでは?

ここまで自分で総再生時間を増やす事はオススメしない内容を解説してきました。

もしかしたら「自分で再生することがダメなら再生回数や登録者を買えば良いのでは?」と考える人がいるかもしれません。

実際に「ココナラ」や「クラウドワークス」などでは再生回数や登録者数を増やすサービスが多数あり、しばしば売れているサービスもあります。

引用元:https://coconala.com/search?keyword=YouTube%20%E5%86%8D%E7%94%9F%E5%9B%9E%E6%95%B0

しかし、再生回数や登録者を購入する方法は逆にチャンネルの成長を妨げるケースが多いです。

詳細な理由については下の2記事で解説しており、どちらも購入するデメリットが大きいです。

正直、再生回数や総再生時間、登録者数が欲しい場合は「YouTube(Google)広告」という正規のサービスがあるので、そちらがオススメです。

引用元:https://www.youtube.com/intl/ALL_jp/ads/

もし自分でYouTube広告を使うことが不安な場合はココナラでYouTube広告運用代行があるので、初めて使う人はそちらがオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

今なら招待コード「C40NGB」で300ポイントプレゼント!

スポンサーリンク

他の人はこんな記事も読んでいます

当ブログ「ちゃすろぐ」では他にもYouTubeに関する記事を執筆しているので、ぜひチェックしてください。

ちゃすく
ちゃすく

ブックマークもよろしく!

タイトルとURLをコピーしました