ゆっくりムービーメーカー商用利用できる?ライセンス買うべき?動画投稿者解説

ゆっくりメービーメーカー商用利用できる?ゆっくり実況・解説

「YouTubeで収益化オンのゆっくり動画を投稿したいけど何か必要?」

「ゆっくりムービーメーカーのライセンスって何?」

このような悩みはありませんか?

この記事ではゆっくりムービーメーカーの商用利用について現役ゆっくり動画投稿者が解説します。

記事作成者

ゆっくり雑談解説氏【cHask】
仮面ライダー関連のゆっくり解説&雑談を投稿しています。 チャンネル登録、高評価してもらえると動画製作の励みになるので、お願いします。 #仮面ライダーゆっくり解説 #仮面ライダー #ゆっくり解説 #cHask ゆっくり雑談解説の再生リスト↓ Twitter↓ このチャンネル↓ ニコニコ動画にも投稿はじめました!↓ ...

*ブログのアイキャッチ(サムネ)はCanvaで制作しています。

スポンサーリンク

ゆっくりムービーメーカーは商用利用できるのか?

結論から言うと可能です。

しかし、YouTubeの広告収入を得るためには完全無料で使えるわけではありません!

まず、ゆっくりムービーメーカーには以下の要素が含まれています。(2021/04/12時点)

  • 編集ソフトであるAviUtl
  • 表情を表すゆっくり素材
  • ゆっくり音声を作り出すAquesTalkシリーズ

AviUtl

ゆっくりムービーメーカーの大元はAviUtlから出来ています。

AviUtlはフリーの編集ソフトであり、商用利用が可能となっています。

ゆっくり素材

厳密にはゆっくりムービーメーカーの配布には含まれていませんが、一緒に使われることが多いので記載しておきます。

ゆっくり素材は各配布者によって商用利用が可能かどうかは異なっています。

そのため、ゆっくり素材製作者毎に規約を確認する必要があります。

例えば東方キャラが元となっている「らくがき式ゆっくり素材」では以下のような規約になっています。

キャラ素材規約

この場合はYouTubeやニコニコ動画などの広告収益が元になっている商用利用は大丈夫です。

その代わり、グッズ販売やLINEスタンプに用いることは出来ません。

また、企業がゆっくり素材を使用する場合、YouTubeの収益であっても利用することが出来ません。

もし企業で利用したい場合は製作者さんに直接連絡して許可を頂くか、オリジナル素材を用意する必要があります。

オリジナル素材を用意する場合はココナラを用いることでネット上だけでやり取りし、納品してもらうことが出来ます。

有名なゆっくり素材製作者の方が描いてくれるため非常に助かりますし、個人利用者でも自由に素材を使えるようになるので申し込むのはおススメです。

下の記事では私が実際に外注した体験談も交えながら解説しています。
ココナラで動画素材の外注方法を動画投稿者が解説

また、何か元となっているキャラクターがいる場合はそのガイドラインも確認する必要があります。

例えば「ゆっくり霊夢」や「ゆっくり魔理沙」を用いる場合は「東方Projectの二次創作ガイドライン」を確認する必要があります。(下画像はガイドラインの一部)

東方Projectの二次創作ガイドライン

東方Projectの二次創作ガイドラインでは、基本的に個人がYouTubeやニコニコ動画でゆっくり実況・解説で収益を貰っている場合は問題ありません。

企業としてゆっくり実況・解説を行っている場合は個別に問い合わせする必要があります。

AquesTalkシリーズ

YouTubeで収益化オンの動画を投稿する場合、ゆっくりムービーメーカーで使用しているAquesTalkのライセンスを購入する必要があります。

AquesTalkのライセンスは下記から購入することが可能です。

使用ライセンス | AQUEST Online Store powered by BASE
音声合成エンジンの研究開発を行う(株)アクエストによる直販ショップです。ここでしか入手できない新製品をいち早く販売します。製品にお使いの場合など、まとまった数の購入は、お問い合わせください。ここに無い当社製品やライセンスは、個別にお問い合わせください。 (株)アクエスト

AquesTalkライセンス販売

AquesTalkのライセンスには様々なモノがありますが、ゆっくりムービーメーカーで使われているのはAquesTalk、AquesTalk2 、AuqesTalk10です。

そのため、オンラインストアで購入必要となるライセンスは

使用ライセンス(商用コンテンツ向け)

又は

AquesTalk、AquesTalk2 、AuqesTalk10 3種分の永久ライセンス

どちらかとなります。

長い目で見れば永久ライセンスを買う方がお得ですが、趣味で動画投稿しているくらいであれば一年間のみ利用できる使用ライセンス(商用コンテンツ向け)を買うのも良いと思います。

また、VOICEROIDを利用する場合はVOICEROID自体を購入した後にライセンスが必要になる場合があります。

株式会社AHSが販売している上記のVOICEROIDの場合はスポンサー契約(企業案件など)のある動画をアップする場合は必要です。

ボイスロイド利用規約

VOICEROIDは制作している企業によって規約が異なるので随時確認する必要があります。

スポンサーリンク

まとめ

YouTubeで収益化オンの動画をゆっくりムービーメーカーで作る場合はゆっくり素材の利用規約を確認する必要がある。

また、ゆっくり音声の元となっているAquesTalkは収益化オンの動画を投稿する場合はライセンスが必要となる。

以上がまとめとなります。

下の記事では収益化の基準となるチャンネル登録者数1000人までにやって良かったことをまとめてあります。

2021年チャンネル登録者1000人到達までやってよかったこと4選

合わせて読むとオススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました