【実体験】再生回数100万回の収益や登録者増加数を公開・解説【YouTube動画】

【実体験】再生回数100万回の収益や登録者増加数を公開・解説【YouTube動画】YouTube

この記事は以下の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • 再生回数100万回で一体どれくらい稼げるのか知りたい
  • YouTuberとして生きていくために大雑把な再生単価を知りたい
  • 100万再生で登録者数は一体どれくらい増えたのか気になる

実際に100万再生を達成したため、収益や登録者の増加数を公開・解説していきます。

*ブログのアイキャッチ(サムネ)はCanvaを用いています。

スポンサーリンク

100万再生を達成した結果、収益や登録者数は?

今回は100万再生を達成した動画は2本あり、再生回数や総再生時間は下画像のようになっています。

*YouTubeの規約上、正確な収益額を表示することは禁止されているため、収益額は塗りつぶしてあります。

動画1

動画1は再生時間が10分ほどの動画であり、公開してから約2〜3週間で100万再生を達成しています。

動画2

動画2は再生時間が13分ほどの動画であり、100万再生を達成したのは公開から約2ヶ月半後でした。

収益額は動画1と動画2の収益を足した金額がだいたい正社員の平均月収の2倍でした。(平均月収参照元:https://hataractive.jp/useful/3718/)

正直なところ、YouTubeの収益額は動画の再生回数よりも総再生時間が基準になるため、再生時間が30分ほどの動画を投稿しているYouTuberの場合はより高い収益になります。

逆に言えば、100万再生であっても動画の時間が10秒ほどしかないと、収益額は数千円ほどになる可能性もあります。

また、収益額は表示される広告の種類にも依存します。

視聴者に表示される広告は各視聴者ごとに合わせた内容であるため、「車が好きな人には中古車買取や新車の広告」「ゲームが好きな人には新作ソフトやアプリゲームの広告」などが表示されます。

今回の2つの動画は比較的年齢層が高い動画であるため、やってみた系やゲーム実況に比べると再生単価は高いかと思います。

スポンサーリンク

100万再生達成までにやってよかったこと

【関連記事】ニコニコはYouTubeより稼げるのか実際に試してみた

iPadでイラストを描くようになったこと

やってよかったこと1つ目は「iPadでイラストを描くようになったこと」です。

最初は電子書籍や漫画を快適に読むために購入したiPadでしたが、絵も描けることに気づき、動画にも活かしてみました。

【4K】iPad mini&iPad Air 開封の様子

私はイラストレーターでは無いため絵は下手くそですが、サムネや動画内の素材が欲しい時に自分で描いたり、フリー素材を手軽に加工できたりしたのは非常に便利でした。

自分で描いたイラストの一例↓

100万再生の動画内に使われている素材の一部もiPadで作成したため、役に立っています。

スマホでもイラストを描き、フリー素材を加工することもできますが、やはり単純に画面が大きい端末は描きやすかったのでオススメです。

5年間YouTubeを続けたこと

やってよかったこと2つ目は「5年間YouTubeを続けたこと」です。

私は5年前からYouTubeで活動を行なっており、何度もオワコン&新チャンネルを0から立ち上げを繰り返していました。

本来ならオワコンになったチャンネルで再び人気になれるように頑張るべきですが、正直なところ、私にはオワコンから脱却できるほどの実力がありませんでした(詳しくは下記事へ)

しかし、チャンネルを変えながらも5年間YouTubeで活動してきたおかげで、1年目と5年目ではネタへの考え方や編集技術などが大きく変わりました。

おそらく5年間続けていなかったら再生数100万回の動画が出ることは無かったため、やはりYouTubeで活動していくためには継続が大切だと痛感しました。

そして、今も0から新しいチャンネルを運営しようと考えています。

ストレスフリーな環境をつくったこと

やってよかったこと3つ目は「ストレスフリーな環境をつくったこと」です。

基本的に動画作りはノートパソコン一台でも出来ますが、私は出来るだけ快適に動画作りをするために色んなモノを購入&制作していました。

例えば、やってよかったこと1つ目に挙げたiPadやゲーム実況をするためのゲーミングPC、脚本やブログ更新用のMac Book pro、動画編集&雑務用のデスクトップPCなど、各用途ごとに使いやすいデバイスを揃えてきました↓

Mac book pro

特にMac Book proは私がiPhoneを使用していることもあって非常に使いやすく、脚本やブログを書く時には重宝しています。

iPhoneやiPadで撮った写真も簡単にAirDropで簡単に高速送信できるため作業が早くなりました。

また、最初はパソコンにも詳しくありませんでしたが、ストレスフリーで使用するために自分でグラボやメモリの交換にも挑戦してきました↓(交換した記事はこちら

グラボ

パソコンパーツの交換は初めてだったので大変でしたが、明かにゲームの画質が上がり、fpsも上昇したので交換してよかったです↓

ShadowPlayで録画した動画

しかも、お店で交換してもらうと最低でも5000円はかかるため自分で交換した方が安くなります。

他にも手が疲れにくいエルゴノミクスマウスやキーボード、自作撮影用ボックスなど、周辺機器も色んなモノを試してきました。

サンワサプライのエルゴノミクスマウスMA-ERG9Nの高さ

特にエルゴノミクスマウスは手の疲れを全然感じなくなったので動画編集作業が一気に楽になりました。

形状が通常のマウスと異なるため慣れるのには時間がかかりますが、手がとっても楽なのでオススメです。

出来るだけストレスフリーの環境を作ることで動画制作にも意欲が出てくるので、環境作りは非常に大切です。

気長に待つこと

最後のやってよかったことは「気長に待つこと」です。

YouTubeはバズる動画やチャンネルであっても人気になるまで時間がかかることは珍しくありません。

私がこれまで運営してきたチャンネルでも人気が出るまで3ヶ月〜半年ほどかかることはよくありました。

そのため、これからYouTubeを始めたい方は「すぐに100万再生を出してやる!」と意気込むのではなく、出来るだけ気長に待つことをオススメします。
【関連記事】【危険】チャンネル相互登録で動画が伸びなくなる衝撃の理由

タイトルとURLをコピーしました