【絶望】ゲーム配信しても人が来ない驚きの理由5選!動画投稿者が解説

2021年ゲーム配信しても人が来ない理由5選!ゲーム実況

「三時間もライブ配信してるのに誰も来ない!」

「どうやったら生放送に人が来るのか分からない」

このような悩みはありませんか?

私もゲームの生放送をしていた経験があるので非常に気持ちが分かります。

特に長時間配信しても誰も来ない時はへこみますよね。

しかも、来ても何もコメントせずにいつの間にか消えちゃう視聴者もいますからね…

ですが!

私は以下の方法を意識することでゲーム配信チャンネルで収益化を達成することが出来ました。

そこで今回はどうすればゲーム配信で視聴者さんが来てくれるのか解説していきます。

記事製作者

また、ゲーム実況に未来があるのか以下の記事で説明しているので合わせて読むとオススメです。
【参考記事】ゲーム実況で一生暮らせる?

スポンサーリンク

ゲーム配信に人が来ない理由5選

*以下の理由はチャンネルが伸びる前の状態で当てはまります。既に伸びている人は固定ファンがいるため、下の理由には当てはまりません。

誰か知らないor没個性

いきなり知らない所へ行くのってワクワク感もありますが、不安もありますよね。

ゲーム配信も一緒で配信主が誰か分からないと行っても面白いのか分からないし、すごい事をしてくれるのかも分からないです。

特に、チャンネル登録者数が少ない時期は「少ない」という理由だけでゲーム配信を見てもらえないため、登録者数の代わりになりうる実績や肩書きがある場合は積極的に名乗ることがオススメです。

そのため、下の悪いタイトルよりも良いタイトルの様に実績や経歴を生かしたタイトル付けをする必要がります。

悪い例のタイトル

  • (ゲーム名)初心者のまったり雑談配信
  • 今日は(ゲーム名)をやっていくよ~
  • (ゲーム名)/生放送/ライブ配信

良い例のタイトル

  • (ゲーム名)の勝率○○%!見るだけで強くなれる生放送
  • 元アナウンサー志望による(ゲーム名)配信!〇〇攻略まで
  • (ゲーム名)を一ミリも知らない俺が初見攻略をめざしてみる

上例はあくまで私のセンスによる一例ですが、悪いタイトルよりも良いタイトルの方が何者であり、何をしようとしているのかはっきりと分かります。

配信で行う事が伝わらなければ、視聴者は見に行くか悩む事すらせずに別の配信へ行ってしまうので絶対に配信で行う内容について細かくタイトルに書いた方が良いです。

毎日バラバラな時間に配信している

動画と配信に共通して言えることですが、毎日同じことが出来る人はチャンネルが伸びやすいです。

毎日同じ時間に配信していると最初のうちは人が来ないかもしれませんが、確実にあなたが配信している様子をサムネで見ている人がいます。

これを毎日同じ時間に行うと以前あなたのサムネを見た人が再びサムネを見ます。

これを繰り返すと「配信を見たことは無いけどサムネはちょくちょく見たことあるな」と、視聴者さんに少しずつ好意的に思ってもらえます。

人は単純に接触回数が増えたものに対して好意的になっていくので、同じ人に自分の配信のサムネが何度も表示されるように毎日同じ時間に配信することをオススメします。

ただし、毎日同じ時間に生放送するのは非常に難しいです。

その場合は決まった曜日だけは同じ時間に配信することもオススメです

タイトルやサムネなどに「毎週水、土曜夜7時から放送」という風に書いておくことで視聴者さんに覚えてもらいやすくなり、自然と好意的に思ってもらえます。

ゲームタイトルに問題がある

ゲームの中には配信に向いていないゲームもあります。

特に「画面映えしない」「作業量が多い」ゲームは配信がグダッてしまうことが多く、視聴者もライブ配信を見る前から分かってしまうため、オススメしません。

ゲームの辛い作業を視聴者と共にやりたい気持ちも分かりますが、基本的に需要が無いので控えた方がオススメです。

また、ライブ配信を見る人はYouTubeユーザーのごくわずかです。

そのためマイナーゲームだとそもそも視聴するユーザーが存在しない場合があります。

もし心当たりがある場合はゲーム名をYouTubeで検索し、同じゲーム配信をやっている人がどれほど再生回数があるか確認してみましょう。

1番多い再生回数で1万回を切っていた時は他の有名ゲームにした方が伸びやすいです。

もしマイナーゲームをどうしてもやりたい場合は動画化することをオススメします。

追記
ゲーム配信するのにオススメのゲームタイトルとその特徴を下の記事まとめました。
【参考記事】ゲーム配信にオススメゲーム4選!

選ぶタイトルによってゲーム配信の盛り上がりも大きく変わるので合わせて読むとオススメです。

視聴者にメリットが無い

最近、YouTubeではエンタメ系の動画以上に解説系やノウハウ系の動画が伸びています。

これは視聴者がYouTubeに求めているものが「エンターテイメント」から「知識や経験」に変わっていることが原因と考えられています。

動画で起きていることはYouTubeのライブ配信にも当てはまってきます。

例えば最近のYouTubeライブ配信で視聴者のゲーム攻略を手伝ってあげる配信者も増えました。

「ゲームの攻略が出来る」というメリットを視聴者に提供する事でチャンネルには人が来ます。

実際に協力プレイ出来なくても、アドバイスや悩みを受け付けるようにすると人が集まりやすくなります。

ただし、この方法はライブ配信の労力が非常に大きいので注意が必要です。

また、視聴者を手伝う代わりにチャンネル登録を強制させることは収益化申請を通りにくくするためオススメしません。
【参考記事】視聴者参加型の配信が理由で収益化申請が通らない!

他に人がいない

人は人がいるところに魅力を感じます。

飲食店でもガラガラのお店よりも行列ができている店の方が気になりますよね。

それと一緒でライブ配信も人が多いところに視聴者さんの興味は移ります。

そのため人を呼ぶことをおススメします。

と言っても、最初の一人目が来ないから困っているという方もいると思います。

その場合は友人や家族に頼むかサブアカウントで生放送を見ましょう

わざわざコメントをしてもらうor自分でする必要はありません。

サムネが表示されたときに一人視聴中と表示されているだけで来てくれる人の量は変わります。

スポンサーリンク

まとめ

  • 誰か知らないor没個性
  • 毎日バラバラな時間に配信している
  • ゲームタイトルに問題がある
  • 視聴者にメリットが無い
  • 人がいない

以上がゲーム配信に人が来ない理由でした!

もしニンテンドーswitch系のゲームを配信したい場合はキャプチャーボードが必要になります。

私が実際に使っているキャプチャーボードを下の記事でおススメしているので参考にしてみてください。
【Mac対応】初心者におすすめのキャプチャーボードは?

また、ゲーム実況をしていて声に自信が無い方は下の記事をおススメ!!!!
声は悩みが多い問題なので参考にしてもらえると嬉しいです。
ゲーム実況はイケボじゃないとダメ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました