【絶望】ゲーム配信をしても人が来ない驚きの理由6選!登録者3万人が解説

【絶望】ゲーム配信しても人が来ない驚きの理由6選!登録者3万人が解説ゲーム実況

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • どうやったら生放送に人が来るのか分からない!
  • 3時間もライブ配信してるのに視聴者が誰も来ない
  • ゲーム配信で視聴者が来ない理由を教えてほしい

はじめまして。ブログ運営とYouTubeへの動画投稿をしているちゃすくです。

現在、私のYouTubeチャンネルは登録者数3万人を突破しましたが、元々はゲーム配信系チャンネルから運営を始めました。

ゲーム配信をしていた当時は視聴者がなかなか集まらず、困っていましたが、いろいろ試行錯誤することでチャンネル登録者数1000人を突破しました。

そこで、この記事では私の実体験をもとに「ゲーム配信に人が来ない理由」を紹介・解説していきます。

ちゃすく
ちゃすく

ブログと動画投稿やってます。

アカウントの詳細はこちら

*ブログのアイキャッチ(サムネイル)はCanvaを使っています。

スポンサーリンク

ゲーム配信に人が来ない理由6選

実績や肩書き、特徴が無い

ゲーム配信に人が来ない理由1つ目は「実績や肩書き、特徴が無い」です。

ゲーム配信で視聴者を集めることが出来る人は「他人に自慢できるモノ」、特に「数値として表せるモノ」を持っている人が多いです。(↓例)

実績や肩書き

数値として表せる実績や肩書きは視聴者へ魅力が伝わりやすく、ゲーム配信クリック率を一気に上げることが出来ます。

一方で、実績や肩書きを持っていない配信者はそもそも見る価値が無いので、視聴者がサムネをクリックすることはありません。

ちゃすく
ちゃすく

この真実に気づくまでが長かった….

しかも、実績や肩書きを持っていないゲーム配信者はトークを自慢できるモノと考えていることが多いです。

しかし、トークの面白さを数値化することは非常に難しいうえ、そもそも数値化出来ないモノは本当に自慢できるモノなのか怪しいです。

そもそも多くの視聴者からすれば「配信へたくさん人が来ている≒面白い」なので、配信へ人が来ないと悩んでいる時点で面白く無いです。

対策としては、今自分が自慢できるモノを改めて確認し、視聴者へ分かりやすく伝えるしかありません。

ちゃすく
ちゃすく

ルックスが良い場合はサムネの時点で分かる
ので数値化しなくても魅力が伝わりやすい↓

もし自慢出来るモノが全く無い場合はゲーム実況を諦めて他の分野で活動することをオススメします。

毎日バラバラな時間に配信している

ゲーム配信に人が来ない理由2つ目は「毎日バラバラな時間に配信している」です。

動画と配信に共通して言えることですが、毎日同じことが出来る人はチャンネルが伸びやすいです。

毎日同じ時間に配信していると最初のうちは視聴者が来ないかもしれませんが、あなたが配信している様子をサムネで見ている人が確実にいます。

引用元:https://www.youtube.com/results?search_query=

毎日同じ時間にゲーム配信をしていると、以前あなたのサムネを見た人へ再びサムネが表示される可能性が高くなります。

これを繰り返すと「配信を見たことは無いけど、サムネはちょくちょく見たことあるな」と、視聴者へ覚えてもらうことが出来ます。

しかも、人間は単純接触効果により、繰り返し見たモノに対して好意的になっていくので、あなたの配信へ来てくれる可能性がさらに上がります。

ちゃすく
ちゃすく

単純接触効果は繰り返し接すると
好意度や印象が高まる心理効果!

したがって、同じ視聴者へ自分の配信が何度も表示するために毎日同じ時間にゲーム配信することをオススメします。

ただし、毎日同じ時間に生放送をするのは非常に難しいです。

その場合は「決まった曜日だけは同じ時間に配信する」もオススメです。

タイトルやサムネなどに「毎週水、土曜夜7時から放送」という風に書いておくことで視聴者に覚えてもらいやすくなり、自然と好意的に思ってもらえます。

ゲームタイトルに問題がある

ゲーム配信に人が来ない理由3つ目は「ゲームタイトルに問題がある」です。

正直なところ、ゲームの中にはライブ配信へ向いていないゲームもあります。

特に下記に当てはまるゲームは配信がグダッてしまうことが多く、視聴者もライブ配信を見る前からグダることが分かってしまうため、あまりオススメしません。

  • 画面映えしない
  • 作業量が多い
  • 話すことがない

ゲームの辛い作業を視聴者と共にやりたい気持ちも分かりますが、基本的に需要が無いので控えた方がオススメです。

また、ライブ配信を見る視聴者はYouTubeユーザーのごくわずかです。

そのためマイナーゲームだとそもそも視聴するユーザーが存在しない場合があります。

もし心当たりがある場合はゲーム名をYouTubeで検索し、同じゲーム配信をやっている人がどれほど再生回数があるか確認してみましょう。

1番多い再生回数で1万回を切っていた時は他の有名ゲームにした方が伸びやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

どうしてもマイナーゲームで人気に
なりたい場合は動画の方が良いかも

視聴者にメリットが無い

ゲーム配信に人が来ない理由4つ目は「視聴者にメリットが無い」です。

最近、YouTubeではエンタメ系の動画よりも解説系やノウハウ系の動画が伸びています。

これは視聴者がYouTubeに求めているものが「エンターテイメント」から「知識や経験」に変わっていることが原因と考えられています。

ちゃすく
ちゃすく

実業家たちの切り抜きが若い世代へ広まっているね

動画で起きていることはYouTubeのライブ配信にも当てはまってきます。

例えば最近のYouTubeライブ配信では視聴者のゲーム攻略を手伝ってあげる配信者も増えました。

引用元:https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%A9%

視聴者へ「ゲームの攻略が出来る」というメリットを提供する事でライブ配信へ人が来やすくなります。

例え実際に協力プレイが出来なくても、アドバイスや悩みを受け付けるようにすると人が集まりやすくなります。

ただし、この方法はライブ配信の労力が非常に大きいので注意が必要です。

また、視聴者を手伝う代わりにチャンネル登録を強制させることは収益化申請を通りにくくするためオススメしません。

他に人がいない

ゲーム配信で人が来ない理由5つ目は「他に人がいない」です。

実は、人間は人間がいるところに魅力を感じます。

実際に大手のコンビニは出来るだけ多くの客を呼び込むために、わざと客が立ち読みしている様子を店外からも見えるようにしています。

なぜなら、他にも客がいることで安心して入店出来ますし、ハンドワゴン効果によってさらに客が入ってくる可能性が高いからです。

バンドワゴン効果:特定の選択肢を大勢の人が選んでいる状態自体が、その選択肢を選ぶ人を更に増やす心理効果。バンドワゴン効果によって行列が出来ている店が気になったり、話題になった商品を欲しくなってしまう傾向が人間には存在する。

ゲーム配信もコンビニのケースと同じであり、誰かがライブ配信を見ていれば他の視聴者がライブ配信へ訪れやすい状態になります。

そのため、ライブ配信で視聴者を増やしたい場合は視聴者を増やすしかありません。

ちゃすく
ちゃすく

小泉◯次郎さんみたいな文章

とは言っても、最初の1人目が来ないから困っている配信者も多いと思います。

その場合は友人や家族へ頼むかサブアカウントで自分のライブ配信を見てください。

ちゃすく
ちゃすく

コメントはしなくても大丈夫かな

ライブ配信のサムネが表示されたときに「1人視聴中」と表示されているだけで、視聴者が来てくれる可能性は上がります。

ゲーム配信のクオリティが低い

ゲーム配信に人が来ない理由6つ目は「ライブ配信のクオリティが低い」です。

現在のゲーム配信界隈はVtuber人気もあってクオリティが非常に高く、視聴者からすれば下記のことは当たり前になっています。

  • オリジナリティに溢れるサムネやイラスト
  • ゲーム配信の画質は1080p/60fps
  • ゲームプレイ自体はフルHD144fps以上
  • 数万円以上のマイクとキャプチャーボード

そのため、初心者ゲーム配信者であっても上記のことは最低限達成しておかないと、高クオリティゲーム配信に見慣れた視聴者を獲得することが出来ません。

ちゃすく
ちゃすく

ゲーム配信って実はめちゃくちゃ
ハードル高いんだよね…

そのため、今から本気で人気配信者になりたいと考えている場合は既に人気のある配信者たちを参考にし、同じような機材を揃えていくしかありません。

人気ゲーム実況者やVtuberが実際に使用しているマイクやゲーミングPCなどは下記事にまとめてあるので参考にしてみてください。

もしあなたが学生であったり、ゲーミングPCを購入するお金が無かったりした場合は下記事が参考になるのでオススメです。

スポンサーリンク

「ゲーム配信に人が来ない理由」まとめ

私が実際に経験してきたゲーム配信で人が来ない理由は下記の通りでした。

  • 実績や肩書き、特徴が無い
  • 毎日バラバラな時間に配信している
  • ゲームタイトルに問題がある
  • 視聴者にメリットが無い
  • 他に人がいない
  • ゲーム配信のクオリティが低い

上記の中にはすぐに改善できない内容もありますが、出来るだけ諦めずにゲーム配信活動を頑張ってください。

また、当ブログ「ちゃすろぐ」では他にもゲーム実況やゲーミングデバイスに関する記事があるので参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました