【初心者必見】ゲーム実況でやってはいけないこと10選!登録者3万人が解説

【初心者必見】ゲーム実況でやってはいけないこと10選!登録者3万人が解説ゲーム実況

この記事は下記の悩みや考えを持つ人にオススメです。

  • ゲーム実況をする時に気を付けるべきことは?
  • 実況活動でやってはいけないことってある?
  • 初心者実況者はどんな風に活動をすればいい?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

動画投稿とブログ運営をしている普通の若者男性。
白黒解説氏は登録者3万人、累計再生回数は2000万回超え。
ブログは月間13万PV達成!お仕事などはTwitterのDMへ。

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事ではゲーム実況経験もある私が「ゲーム実況でやってはいけないこと」を解説していきます。

これからゲーム実況を始めたい人は是非参考にしてください。

動画投稿で役立つ機材・サービスを紹介!
\知らないと他の投稿者と差が開くかも/知らないと損!動画投稿で役立つオススメの機材・サービス一覧【サイトまとめ】

スポンサーリンク

モラル編:ゲーム実況でやってはいけないこと

最初にモラル的な面でのやってはいけない下記のことを解説していきます。

  • ゲームのガイドラインを無視する
  • 配信での差別的な発言や行動
  • TwitterなどのSNSで相互フォロー
  • 登録者や再生回数の購入

ゲームのガイドラインを無視する

ゲーム実況でやってはいけないこと1つ目は「ゲームのガイドラインを無視する」です。

そもそもゲーム実況とは本来、完全にゲームの著作権を無視した活動でした。

しかし、2018年に大手ゲーム会社「任天堂」がゲーム実況に関するガイドラインを公表しました↓

引用元:https://www.nintendo.co.jp/networkservice_guideline

この任天堂の行動がキッカケとなり、今では多くのゲーム会社がゲーム実況に関するガイドラインを設けています。

ちゃすく
ちゃすく

ガイドラインが無い場合は問い合わせてみよう!

ガイドラインの内容は各社によって異なりますが、内容を守っていない場合は法的手段を取られる事も十分考えられます。

企業の利益とブランドの為にも、ゲーム実況者は必ずガイドラインを守ってください。

ガイドラインを違反していない場合でも炎上することも!

ガイドラインに違反してない場合でもグレーなやり方でゲーム実況をすると炎上することがあります。

実際に大人気Vtuberである「白上フブキ」さんはガイドラインによってスパチャが禁止されている「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」をライブ配信でプレイしていました。

ゲーム配信中にスパチャ自体は禁止になっていましたが、白上フブキさんはプレイ後にスパチャを許可した感想配信をしていました↓

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=7uZgKV5_eTA

このやり方があまりにも姑息なことから批判が殺到し、彼女は炎上していました。

このようにガイドラインを守っていた場合でも、ガイドラインが設けられた本来の意図から外れた活動をしていると大炎上に繋がります。

配信での差別的な発言や行動

ゲーム実況でやってはいけないこと2つ目は「配信での差別的な発言や行動」です。

これに関してはゲーム実況に限った話ではありませんが、ゲーム実況は他のジャンルよりもライブ配信も多いです。

その為、ライブ配信で話してしまった内容を取り消すことが出来ず、多くの人を傷つけているゲーム実況者もいます。

実際に起きた事件だと、2022年に人気プロゲーマー「たぬかな」さんが「170センチない方は『俺って人権ないんだ』って思いながら、生きていってください」と発言したことで大炎上しました。

引用元:https://pbs.twimg.com/media/FL9gwR_agAEnFC8?format=jpg&name=large
ちゃすく
ちゃすく

身内ノリで言ってしまったみたい

彼女は炎上によってプロゲーマーの契約も解除されており、配信者としては大ダメージを受けています。

ゲーム配信では過激な発言をすれば盛り上がるのも事実です。
しかし、あまりにも差別的な表現だと大炎上を引き起こすので注意が必要です。

TwitterなどのSNSで相互フォロー

ゲーム実況でやってはいけないこと3つ目は「TwitterなどのSNSで相互フォロー」です。

ゲーム実況活動をしていると「全然チャンネルが伸びない…そうだ!Twitterでフォロワーを増やそう!」と考える実況者が出てきます。

とはいえ、フォロワーの増やし方も分からないので、相互フォローで増やすゲーム実況者が多いです。

しかし、これにはモラル的な問題があるうえ、逆に再生回数が増えにくくなる原因にもなります。

ちゃすく
ちゃすく

マジで無駄な作業になるからやめた方がいい

相互フォローをすればするほど、自分の首を絞めることになるのでやめておきましょう。

「なぜ再生回数が増えにくくなるのか」については下記事で詳細に解説しているので、そちらを参考にしてください。

チャンネル登録者や再生回数の購入

ゲーム実況でやってはいけないこと4つ目は「チャンネル登録者や再生回数の購入」です。

これはYouTubeの利用規約でも禁止されているため、バレた場合はどんな処分がきてもおかしくありません。

ちゃすく
ちゃすく

垢BANされてもおかしくない

また、YouTubeの収益化審査ではチャンネル登録者の視聴情報や登録元なども調査されます。

チャンネル登録者や再生回数を購入していると、収益化審査に落ちる原因になるのでやめておいた方がオススメです。

もしチャンネルの成長スピードを早くしたい場合はYouTube広告の利用がオススメです。

引用元:https://www.youtube.com/intl/ALL_jp/ads

YouTube広告はYouTubeの正式なサービスであり、1日1000円からでも利用出来ます。

ちゃすく
ちゃすく

登録者を買うよりも安心!

YouTube広告を利用することが不安な場合は「YouTube広告代理」という仕事がココナラにあるので依頼してみるのもオススメです。

スポンサーリンク

再生回数編:ゲーム実況でやってはいけないこと

次にゲーム実況の再生回数を増やしていくうえでやってはいけない下記のことを解説していきます。

  • 画質とフレームレートが低い
  • ゲーム実況の音質が悪い
  • ペルソナを想定していない
  • 動画や配信の目的が不明確
  • 実績や肩書きを活かさない
  • 動画よりも配信ばかりする

画質とフレームレートが低い

ゲーム実況でやってはいけないこと5つ目は「画質とフレームレートが低い」です。

そもそも画質とフレームレートとはYouTubeで表示されている「1080p60」などのことです↓

最近のゲーム実況は「画質=フルHD(1920×1080)」、「フレームレート=60fps」が当たり前になっています。

もちろん、視聴者も上記のような綺麗で滑らかなゲーム映像に見慣れており、画質とフレームレートが悪いと視聴者は動画の再生をすぐに辞めてしまいます。

その為、最低でもYouTubeで1080p/60fpsを出せる品質にしなければいけません。

画質とフレームレートが悪くなる原因はPCのスペック不足が原因として考えられるため、スペックが高いゲーミングPCの導入がオススメです。

マウスコンピューターであれば毎月セールをしているので、高スペックゲーミングpcをお得に購入できます。

引用元:https://www.mouse-jp.co.jp

しかも、マウスのゲーミングブランド「G-Tune」は人気実況者たちも愛用するゲーミングPCなのでオススメです。

ゲーム実況の音質が悪い

ゲーム実況でやってはいけないこと6つ目は「ゲーム実況の音質が悪い」です。

YouTube全体で見ると、ゲーム実況では顔出しをせず、声だけで活動する人の方が多いです。

そのため、ゲーム実況者は普通のYouTuberよりも音質へ気をつけなければいけません。

実際、下ツイートのように音質が悪いことへ文句を言う視聴者も珍しくありません↓

引用元:https://twitter.com/pintarooooo00

ゲーム実況の音質が悪い原因の多くはマイクなので、まずはゲーミングブランドのマイクを導入することがオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

Logicool傘下のBlue Yetiがオススメ↓

当ブログ「ちゃすろぐ」では実際に人気実況者やVtuberが使っているマイクもまとめているので、音質改善の参考にしてください。

ペルソナを想定していない

ゲーム実況でやってはいけないこと7つ目は「ペルソナを想定していない」です。

そもそもペルソナとは”サービスや商品を利用する典型的なユーザー像”を意味する言葉です。

ちゃすく
ちゃすく

マーケティングで使われる言葉

ゲーム実況でもペルソナを想定していないと、どんな視聴者にウケる動画を作ればいいのか分からなくなります。

あれ?この実況って誰にウケるんだ???

それによって実況活動の軸がブレると、既存の視聴者が離れ、新しい視聴者を狙う事も難しくなります。

まずは大雑把でも良いので、自分のゲーム実況を見る典型的な視聴者像を作ってみることがオススメです。

ペルソナの例
  • 年齢は10代〜20代くらい
  • 性別は男性
  • 好きなゲームはスプラトゥーン
  • 21時〜25時ごろに視聴
  • ハイテンション実況が好き
  • ゲームが上手くなりたい
  • 金銭的な余裕はあまり無い
  • 下ネタは大丈夫

上記のようにペルソナを想定することで、”誰に対してどんな実況活動をすれば良いのか”分かりやすくなります。

動画や配信の目的が不明確

ゲーム実況でやってはいけないこと8つ目は「動画や配信の目的が不明確」です。

先ほどのペルソナと似たことですが、ゲーム実況では「のんびりプレイ」や「〇〇を実況!part3」みたいな動画が星の数ほどあります。

上記のような実況動画は既に人気のあるゲーム実況者だから許されるのであり、底辺実況者がまったりプレイしていても誰も興味はありません。

底辺実況者の場合は、視聴者へ動画や配信を見る理由を明確に与える必要があります。

その為には下記のように具体的な目標や企画を組み込むことがオススメです。

  • 〇〇しながら××したらバレるのか検証
  • 金ネジキをクリアする(ポケモン
  • 初心者でも□□で〇〇する方法を解説
ちゃすく
ちゃすく

企画で伸びる実況者も多いよ!

実績や肩書きを活かさない

ゲーム実況でやってはいけないこと9つ目は「実績や肩書きを活かさない」です。

ゲームがめちゃくちゃ上手くても、それをタイトルやサムネでアピールしないと視聴者へ伝わりません。

ちゃすく
ちゃすく

実績があっても伝わらなければ意味がない

もし下画像のように何かしらの実績や肩書きがある場合は全力でアピールをしたほうが良いです。

肩書きや魅力を数値化するゲーム実況者たち

特に実績を数値化できると、誰にでも具体的な凄さが伝わりやすくなるので活用してみてください。

  • 「ゲームがめちゃくちゃ強い」→「先月のレートは2000超え」

また、上画像ではゲームの上手さばかりですが、トーク力や歌唱力を数値化してタイトルやサムネへ組み込むこともオススメです。

動画よりも配信ばかりする

ゲーム実況でやってはいけないこと10つ目は「動画よりも配信ばかりする」です。

ある程度人気になった実況者であれば問題ありませんが、底辺実況者のうちは配信よりも動画投稿へ力を入れた方がオススメです。

なぜなら、ライブ配信と動画投稿ではチャンネルの拡散力に圧倒的な違いがあるからです。

実際に私は登録者10万人超えVtuberをコンサルしていますが、コンサル前は動画投稿をほとんどしていませんでした。

しかし、動画投稿をする様にアドバイスをすると、下画像の様に登録者数が一気に増加しました。

ライブ配信と動画投稿による登録者獲得数は底辺であればあるほど、大きな差になります。

そのため、これからゲーム実況を始める場合は動画投稿へ力を入れることをオススメします。

ちゃすく
ちゃすく

詳細は下記事へ!

スポンサーリンク

他のゲーム実況者はこんな記事も読んでいます

当ブログ「ちゃすろぐ」ではゲーム実況や機材に関する記事を執筆しています。
良かったら他のゲーム実況者が読んでいる記事もチェックしてください。

ちゃすく
ちゃすく

ブックマークやシェアもよろしく!

タイトルとURLをコピーしました