Youtubeのタグに効果が無い理由と再生回数の増やし方【意味ない】

Youtubeのタグに効果が無い理由と再生回数の増やし方【意味ない】YouTubeの悩み

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • YouTubeのタグに効果はあるの?
  • 再生回数が増えるタグを知りたい!
  • タグを大量に付けたらどうなるの?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

動画投稿とブログ運営をしている普通の若者男性。
白黒解説氏は登録者3万人、総再生回数は2000万回超え。
ブログは月間13万PV達成!お仕事などはTwitterのDMへ。

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事では私の経験から「YouTubeのタグに効果が無い理由」と「再生回数の増やし方」について解説します。

動画投稿で役立つ機材・サービスを紹介!
\知らないと他の投稿者と差が開くかも/知らないと損!動画投稿で役立つオススメの機材・サービス一覧【サイトまとめ】

スポンサーリンク

YouTubeのタグに効果が無い理由

よく「YouTubeのタグを付ければ動画SEOで有利になる!」と記載しているWebサイトもありますが、YouTubeのタグが動画SEOへ与える影響はほぼ0です。

ちゃすく
ちゃすく

SEOは検索エンジン最適化のこと。
SEoで有利になる=閲覧数が増える

これはYouTubeヘルプにも下記のように記載されており、私が100万再生を突破した動画でもタグは1個も設定していません。

動画の検索時には、動画のタイトル、サムネイル、説明などのメタデータのほうがタグよりも重要な役割を果たします。
タグは、動画のコンテンツがスペルを間違えられやすいものである場合には役に立つことがあります。その場合を除けば、動画の検索時にタグが果たす役割はごく小さなものです。

引用元:YouTubeヘルプ

執筆時点で100万再生を突破した動画は5本ありますが、どれもタグは設定しておらず、チャンネル運営でタグを意識したこともありません。

YouTubeのタグが動画SEOへ優先されない理由

結論から言えば、YouTubeのシステムはタグを使わなくても、サムネや動画内データで関連性や需要を判断できるからです。

例えば、YouTubeにセクシーすぎる動画をアップしても年齢制限や強制削除になります。
これはYouTubeのシステムが動画内データを読み取り、ガイドラインに違反する動画だと判断したからです。

上記のようにYouTubeのシステムはサムネや動画内データを取得できる為、タグよりも情報の信頼性が高い動画そのものを動画SEOへ優先しています。

ちゃすく
ちゃすく

タイトル詐欺や釣り動画の防止にもなる

関係ないタグ、大量のタグを付けるとどうなる?

YouTubeの動画へ関係ないタグや大量のタグを付けても全く意味がありません。

そもそもタグ自体に意味が無いので、無駄に炎上のリスクを増やすことになります。

実際にゲームレビュー系YouTuberである「ナカイド」さんは関係ないタグを使っていたことで炎上し、大量の批判を受けました。

引用元:https://youtu.be/PD4p929ocVQ

もはや大量のタグを付けている時間が無駄なので、サムネイル編集の練習でもしてた方がチャンネルの役に立ちます。

サムネ作成はAdobe Photoshopが1番!
まずは無料体験版をチェック

Adobe
※PC版だけでなく、スマホ版もあります。

スポンサーリンク

YouTubeで再生回数を増やす方法

YouTubeで再生回数を増やす時はタグよりも下記の要素が大切です。

  • チャンネルのジャンルを絞る
  • 視聴者維持率を高める
  • 動画の再生時間を伸ばす

上記の詳しい内容について解説します。

チャンネルのジャンルを絞る

チャンネルのジャンルを絞ることでYouTube(Google)が好む専門性が高いチャンネルになり、リピーターを獲得しやすくなります。

ジャンルが難しいエンタメ系YouTuberであってもチャンネルに一貫した雰囲気があり、その雰囲気を楽しむために視聴者は動画を見ます。

ジャンルやテーマ

もしチャンネルのジャンルがバラバラだと、リピート率が下がる=クリック率が下がるのでチャンネルの再生回数が伸びにくくなります。

YouTubeの動画ジャンル統一について

ジャンルが多ければ多いほど投稿者に魅力がなければ再生回数を獲得できないため、初心者YouTuberであればジャンルを絞ることがオススメです。

視聴者維持率を高める

YouTubeで再生回数を増やす為にはタグの設定よりも動画の視聴者維持率を高め、ブラウジング機能でオススメ表示されることが大切です。

視聴者維持率とは、「視聴者が動画をどれだけ再生していたか」を表す数値。10分の動画を8分再生した場合は維持率80%となる。

ブラウジング機能:YouTubeを開いた時にある「あなたへのオススメ動画」へ動画を表示する機能。
伸びている動画は再生元がYouTube検索やSNSよりもブラウジング機能の割合が大きい。

ブラウジング機能:https://www.youtube.comより引用

YouTubeはTikTokやTwitchなどのプラットフォームへ対抗する為に再生回数よりも総再生時間へ力を入れています。

その為、総再瀬時間へ繋がる視聴者維持率はブラウジング機能へ大きく影響しています。

ちゃすく
ちゃすく

ちゃすくのバズった動画も視聴者維持率が高いです

視聴者維持率を上げるのは難しいですが、動画内の全セリフへ字幕を付ける方法は誰でも出来る視聴者維持率の上げ方なのでオススメです。

AdobeのPremiere Proなら動画内の音声に自動で字幕を付けてくれるので、使ってない場合は導入してみてください。

動画編集ソフトは自動字幕起こしがある
AdobeのPremiere Proがオススメ!
\今なら無料体験版もある/

動画の再生時間を伸ばす

「視聴者維持率を高める」でも言った通り、YouTubeは短い動画を投稿出来るサイトと棲み分けする為に総再生時間へ力を入れています。

その結果、再生時間の長い動画がバズりやすくなっており、タグなんかの影響はほぼありません。

ちなみに、再生時間の長い動画がバズりやすいことはYouTubeクリエイターでも明らかになりました↓

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=4YBts8yIPwg

再生時間に関する話は少し複雑なので、下の「YouTubeの再生時間は短い・長いどちらがバズる?」にまとめておきます。

スポンサーリンク

他のYouTuberはコチラの記事も読んでいます

このブログ「ちゃすろぐ」では動画投稿や機材に関係する情報を毎日発信しています。

良かったら他のYouTuberが読んだ下の記事もチェックしてください。

ちゃすく
ちゃすく

ブックマークやシェアもお願いします

タイトルとURLをコピーしました