【解明】Youtube総再生時間が減る原因5選!動画投稿者が解説

【解明】Youtube総再生時間が減る原因5選!動画投稿者が解説YouTubeよくある悩み

この記事は下記の悩みや要望を持つ人にオススメです。

  • YouTubeの総再生時間が減ってる!?
  • なぜ総再生時間が減ったのか知りたい
  • YouTubeの再生時間って変化するの?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

チャンネル登録者数3万人突破

先日、YouTubeヘルプを読んでいたら、YouTubeの総再生時間が減る原因を探している人がいました。

意外と同じ悩みを持っている人が多かったので、今回は私の動画投稿経験からYoutubeの総再生時間が減る原因について解説します。

ちゃすく
ちゃすく

ブログと動画投稿やってます。

アカウントの詳細はこちら

動画編集ソフトは自動字幕起こしがある
AdobeのPremiere Proがオススメ!
\今なら無料体験版もある/

スポンサーリンク

YouTubeの総再生時間が減る原因5選

今回、Youtubeの総再生時間が減る原因を調べていた人は下記の特徴がありました。

  • キッズチャンネルを運営
  • 毎日総再生時間が400分減る
  • 視聴回数も減る
  • 不正をしているつもりは無い

毎日400分ってことは約7時間なので、意外と総再生時間が減っている状態です。

本人が書いてるので不正はないと思いますが、個人的にはキッズチャンネルを運営していることが引っかかります。

ちゃすく
ちゃすく

キッズチャンネルは色々制限も多いからね

では、こちらの例を前提になぜYouTubeの総再生時間が減るのか解説していきます。

同じIPアドレスで再生している

YouTubeの動画は同じIPアドレスで過剰に同じ動画を再生していると、機械による再生と判断されます。

IPアドレス:インターネット上でのスマホやpcの住所にあたる番号。回線を表すグローバルIPアドレスと端末毎の住所を表すプライベートIPアドレスがある。

ちゃすく
ちゃすく

要は「同じ端末でループ再生している」こと

機械による再生と判断されると、自動的に再生時間を総再生時間から減らされてしまいます。

特に、子供は気に入った動画を何度も繰り返し再生する傾向にあります。

今回の相談者はキッズチャンネルを運営をしているため、子供が自分の動画を繰り返し再生していることにより、総再生時間が減っている可能性があります。

また、子供と親が別々に同じWi-Fi環境で自分たちの動画を再生している事は珍しくないと考えられます。

仮に親と子供の動画再生端末が異なっていても、同じWi-Fi環境であればグローバルIPアドレスは同じです。

そのため、YouTubeのシステムに同一人物による過剰な動画再生と判断されてもおかしくありません。

投稿者本人の再生時間が引かれている

YouTubeのシステムでは投稿者本人による過剰な再生回数や再生時間を後から引いています。

今回の悩みで減っている総再生時間は約7時間です。

正直、7時間はそれほど多い時間ではありません。

子供達に投稿用アカウントと同じアカウントを使わせていることもあるでしょう。

子供が2人いる家庭であれば合計再生時間は7時間を超える日があってもおかしくはありません。

ちゃすく
ちゃすく

LINEリサーチによれば10代の28%は1日3時間以上もYouTubeを見るそうです

引用元:https://livedoor.blogimg.jp/linerp/imgs

その場合、YouTubeから投稿者本人よる再生回数の水増しと判断され、視聴回数と再生時間が引かれます。

1日に自分で2、3時間ほど見ているだけであれば総再生時間から引かれることはありません。

しかし、流石に7時間以上となってくると総再生時間から引かれてもおかしくありません。

動画を削除、限定公開、非公開にした

実は動画を公開以外の設定にしたり、削除したりすると総再生時間から該当する動画の分だけ引かれてしまいます。

もちろん、非公開にすると再生回数も総再生回数から引かれます。

詳しい内容については下記事にまとめてあるので、そちらを参考にしてください。

視聴者のアカウントが消えた

視聴者のアカウントが消えると動画の再生情報が一緒に消えるケースがあります。

今回はキッズチャンネルを運営しているため、動画の視聴者には幼い子供も多いと考えられます。

子供の場合は勝手に家族のアカウントを使って動画を見ることもあるでしょう。

家族としては子供に悪影響な動画を見せたくないですし、知らない間に家族のアカウントでスパチャをされても困ります。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiakiko

そのため、アカウントを消す人が一般的な動画を視聴する層よりも多いと考えられます。

特にキッズチャンネルは視聴者1人当たりの再生時間が長いため、1人の再生時間が消えるだけでも数時間分の総再生時間がなくなります。

YouTube側のミス

単純にYouTube側のミスの場合もあります。

ただし、YouTube側のミスであれば数日後には回復しているため、あまり深く考える必要はありません。

戻らなかった場合は上記にあった理由のいずれかに当てはまるか、視聴者の一部が不正に動画を再生している可能性があります。

もし視聴者の一部に問題があると発覚した場合は、すぐにYouTube運営にフィードバックを送ってください。

スポンサーリンク

総再生時間を減らさない為の対処法

YouTubeの総再生時間を減らさない為の対処法は下記の通りです。

  • 自分の動画を過剰に再生しない
  • 動画投稿本数を増やす
  • 総再生時間が増える運営をする

自分の動画を過剰に再生しない

まず、自分の動画を過剰に再生しないように気を付けてください。

もしかしたら再生回数や再生時間を自分増やしたい人がいるかもしれませんが、ほぼ無駄な作業になってしまうので辞めた方がオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

詳細は下記事へ

動画投稿本数を増やす

動画の投稿本数が増えれば視聴者が同じ動画を再生することが減ります。

投稿本数を増やすことは簡単ではありませんが、今はAdobeの「Premiere Pro」のように自動カットや自動字幕入力が搭載されている動画編集ソフトもあります。

引用元:https://www.adobe.com/jp/products/premiere

特に自動字幕入力は編集作業を一気に減らせる神機能なので、まだ使った事がない人にはオススメです。

動画編集ソフトは自動字幕起こしがある
AdobeのPremiere Proがオススメ!
\今なら無料体験版もある/

総再生時間が増える運営をする

動画を再生した視聴者のアカウントが消えた場合などは再生時間が減っても仕方ないです。

そのため、総再生時間が減っても気にならないほど再生時間を増やす運営をする事が大切です。

当ブログ「ちゃすろぐ」では僕の実体験から得られた再生回数や再生時間を増やす方法を紹介しています。
他の記事を読んで総再生時間が増える運営の参考にしてみてください。

ちゃすく
ちゃすく

ブックマークやシェアもよろしく!

タイトルとURLをコピーしました