2021年YouTubeの視聴者維持率を上げる方法&コツ4選!現役投稿者解説

YouTube 視聴者維持率を 上げる方法4選YouTube

「動画の再生時間が全然伸びない…」「動画の冒頭で離脱されてしまう…」

このような悩みはありませんか?

実は私もチャンネル運営当初は視聴者維持率が低くて悩んでいました…

特に、このチャンネルの前に運営していたゲームチャンネルの維持率が低かったんですよね(笑)

ですが、試行錯誤しながらチャンネル運営を続けていくうちにチャンネルの視聴維持率が上がっていきました!

動画の視聴者維持率の表示上の動画だと、一番視聴者維持率が下がった状態でも維持率を60%以上キープすることが出来ました!

そこで今回は、私の経験談を元に何をすれば視聴者維持率を上げることが出来るのかを解説していきます。

記事製作者cHask

スポンサーリンク

視聴者維持率を上げる方法4選

【関連記事】視聴者維持率増加!動画のチャプター機能がメリット大

冒頭10秒に全力を注ぐ!

まず、YouTubeの動画は冒頭10秒以上見てもらえると最後まで見てもらえる確率が40%以上あがります。

そのため動画冒頭10秒に全力を注ぎましょう!

ではどのように全力を注ぐのかというと、サムネやタイトルの内容を冒頭に10秒分だけ持ってくることです。

視聴者さんは動画のサムネとタイトルを見て視聴することを決めているので、冒頭で全然関係の無い話などが流れると興味が薄れて視聴を離脱してしまいます。

なので、よくYouTubeのオープニングを採用している方がいますが、長ければ長いほど視聴者維持率の観点では悪い動画となります。

出来るだけサムネ&タイトルの内容に動画冒頭でふれるようにするべきです。

(オープニングを採用することが悪いわけではないです。チャンネルのブランド化にもつながりますし、動画上のネタとして利用することも出来ます)

また、ドッキリ系や検証系の動画であれば冒頭10秒に結果を持ってくることは難しいので小ネタをはさんだり、検証内容をざっくりと説明してしまうことが効果的です。

可能なら台本を作る

台本があると基本的にトークのクオリティが高くなります

(有名なユーチューバーでも台本があることを公表してる方は多いですよね。また、解説系は基本的に台本が存在しますし漫画動画もある飯味台本があると言っていいでしょう)

ライブ感が欲しい動画やドッキリ系であれば台本は無い方が良いですが、それ以外の動画であれば話の構成がまとまっている方が視聴者は分かりやすいです。

実際に、ライブ活動をメインとしているユーチューバーであってもトークテーマくらいは事前に用意しておくことが基本です。

ライブ配信よりも構成感が求められる動画市場では、トークテーマと緊急時のトーク内容を最低限は考えておくべきでしょう。

特に、なめらかに視聴者維持率が下がり過ぎている方はトーク力や構成力に問題がある場合が多いです

当てはまる場合は台本を用意して動画作成した方が良いでしょう。

「ゆっくり」でもいい場合は「ゆっくり」を使えば台本がそのまま動画になるのでお勧めです。

2021年にゆっくり実況を始めるのは有り無し?現役投稿者が解説,YouTube
動画投稿を始めたい方には 「ゆっくり実況や解説に興味あるけど難しそう...」 「2021年にゆっくりって収益通らないんじゃない?」 とお考えの方もいると思います。 今回は現役でゆっくり解説をYouTubeに投稿してい...

動画の無駄を省く

自分で作った動画を自分で見ると三割増しで面白く感じます。

なぜなら、動画の細部までネタが全て分かりますし、自分が面白いと思うものを作っているからです。

ですが、視聴者全員が自分と感性であるわけはないです。

感性が異なれば、動画に無駄だと感じる部分が出てきます

その視聴者が無駄だと感じている部分は取り除くようにしましょう!

無駄を取り除くにはある程度動画を投稿して、視聴者維持率からどの部分急激に下がっているか判断する必要があります。

動画数や視聴回数が十分な数あれば簡単ですが、分析するのに必要な数を得られない方もいると思います。

その場合は、自分と同じジャンルの方の動画を見て無駄だと感じる部分を探したり知っている人にしか伝わらないようなネタが入っていないかチェックしましょう。

とにかく第三者の立場に立って、無駄の無い動画を作ることが必要です。

YouTubeの動画時間は短い?長い?どっちがオススメ?動画投稿者が解説
「最近のYouTubeは長い動画と短い動画どっちがよく再生されるの?」 「10分くらいの動画よりも1分未満の動画の方が再生されてるよね?」 などなど疑問に思ったことはありませんか? 最近はYouTubeショートの登場もあっ...

エンディングを工夫する

10秒ほどのエンディングをそのまま入れてませんか?

おすすめ動画チャンネル登録を促すためにエンディングは必要ですが、エンディングまで待って次見る動画を決める方は少数派です。

そのためエンディングの効果は低い上、視聴者維持率も急激に下がるためデメリットの方が目立ちます。

また、動画の最後にも広告が入りますがエンディングがあるとエンディング中に他の動画に視聴者が移ってしまうため動画後の広告の意味がなくなります。

以上のことから、エンディングを短くorエンディングを無くした方がチャンネルの成長に繋がります。

また、どうしてもある程度の長さのエンディングを入れたい場合は、エンディングにも動画本編の内容を含むようにしたり、エンディング後にも動画が少しだけ続くようにすることが効果的です。

スポンサーリンク

まとめ

  • 動画冒頭10秒に全力を注ぐ
  • 可能なら台本を作る
  • 動画の無駄を省く
  • エンディングを工夫する

以上が視聴者維持率を上げるための方法4選でした。

特に効果が大きいのは動画の無駄を省くことですが、できるようになるにはある程度チャンネルが大きくなる必要があるので他の三つで維持率を高めながら少しずつ良くしていくことをおすすめします。

また、視聴者維持率を上げるだけでは動画を見てもらえないのでサムネのクリック率対策も併せて行うことをおススメします。
YouTubeサムネのクリック率を上げる方法4選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました