オワコンYouTuberの未来は?復活できない!元オワコン実況者解説

オワコンYouTuberの未来は?復活できる?元オワコン実況者解説YouTube

最近、YouTube界は新たな勢いのあるユーチューバーの登場で大きく盛り上がっています。

しかし、盛り上がっているYouTuberが存在する一方でチャンネルの成長が止まる或いは縮小していくYouTuberも存在します。

かつては飛ぶ鳥落とす勢いだったが、今は全然視聴回数を取れないユーチューバーはオワコンYouTuberと言われます。

果たして、オワコンになったYouTuberに未来はあるのでしょうか?

今回はゲーム実況(チャンネル規模は数千人程度)を行っていたがオワコンになってしまった私がオワコンYouTuberに未来はあるのか解説します。

記事製作者cHask

*ブログのアイキャッチ(サムネ)にはCanvaを用いています。

スポンサーリンク

どうしてオワコンになったのか

まず、オワコンYouTuberに未来があるのかを話す上で大事なことはどのようにしてオワコンになったかです。

ユーチューバーがオワコンになる主な理由は

  1. 犯罪或いは詐欺関係
  2. 異性や友達などの人間関係
  3. 面白く無くなってしまった

以上の3つに分けられます。

犯罪或いは詐欺関係

まず、1.犯罪或いは詐欺関係の理由でオワコンになった場合は復帰は絶望的です。

有名な方だとヒ◯ルさんやて◯ちむさんが1の理由で大炎上し現在なんとか復帰出来ていますが、彼らは元々動画の視聴者の年齢層が高かった為視聴者さんからある程度の理解を得られました。

もし少中学生がメインターゲットの場合は炎上を理解され辛く、ずっと叩かれていたかもしれません。

また、彼らは炎上後や復帰後の対応が良く路線変更も無かった為、視聴者さんが離れる事もありませんでした。

その為、彼らの場合は上手く復帰することが出来ました

しかし、多くの方はそのように立ち回れません。

したがって、1の理由で炎上した場合は基本的にオワコンから抜け出すことはできません。

異性や友達などの人間関係

次に、2.異性や友達などの人間関係の理由でオワコンになった場合は加害者側であるか被害者側であるかで大きく異なります。

加害者側であれば、1の理由と同じ理由でオワコンから抜け出すことは非常に難しいです。

被害者側の場合は、オワコンになるどころか相対的に好感度が上がるため、一時的にチャンネルが大きくなります。

ただし、時間が経てば元のチャンネル規模に戻ることが多いです。

また、グループユーチューバーやカップルユーチューバーで加害者側と被害者側に分かれた場合は最終的にどちらもオワコンになる傾向があります。

加害者と被害者が分かれた時は、チャンネルも二つに分裂することが多いです。

分裂時は被害者側を応援してくれる方が多くつきます。

しかし、そもそも応援してくれる方は元のチャンネルを応援していたので次第に他のカップルユーチューバーやグループユーチューバーのチャンネルに流れてしまいます。

その結果、加害者側と被害者側どちらもオワコンとなります

したがって、グループやカップルで分裂が起こった場合、復帰は難しいでしょう。

面白く無くなってしまった

最後に3.面白く無くなってしまったの理由になりますが、これは私自身が経験した理由になります(笑)

そして、3の理由はオワコンから復帰することが可能です

社会的な信用を失っているわけでは無いので何とかなります。

スポンサーリンク

オワコンYouTuberからの復帰法

まず、オワコンから復帰するためには自分が視聴者さんにとって面白くないorタメにならないことを認めることが大切です。

動画投稿をしている身だと自分が面白くない(タメにならない)と認めることは本当に辛いですが、それが現実です…

ですが、一旦自分が面白くないと認めることが出来れば、次に進むことが出来ます

自分を認めず、ずるずるとオワコン化が進行するよりもマシです!

認めれば、他の面白さを求めることが出来ますし、別のジャンルに挑戦することも出来ます。

最終手段としてチャンネルを1からやり直すことも出来るようになるので、自分を認めた方が良いです!(私はチャンネルを再び1からスタートさせました)

特に、オワコン対策に今までと別ジャンルの動画を投稿しようとする場合はチャンネルを作り直した方が良いです。

なぜなら、視聴者さんは今までのジャンルで面白い動画を見たいのであって、別ジャンルの面白い動画を見たいわけではないからです。

新ジャンルの動画で新規視聴者を取り込む前に、動画は既存の視聴者さんにおすすめ表示されます。

YouTubeで稼ぐにはジャンル選びが大切!ジャンル違いで収益が100倍違うことも!

しかし、既存の視聴者さんは新ジャンルの動画を求めていないので、クリック率も低くて視聴維持率も低い、おまけに低評価まで多かったら、新規視聴者に動画が届く前に運営によって動画がおすすめされなくなります。

ジャンルや視聴者さんの関心が被りやすい路線変更であれば、問題なく運営できる場合もありますが、大きく路線変更する場合は潔くチャンネルを作り替えた方が良いです。

したがって、自分が面白くないと認めることができれば、オワコンから脱却することが可能です!

一回復帰できればオワコンにはなりにくい

人間は失敗から学ぶ生き物とよく言いますが、本当にその通りだと思います。

一回、オワコンになれば二度とオワコンにならないよう細心の注意を払います

(オワコン化してない方も注意しますが、オワコン経験者は注意への熱意が違いますw)

また、自分にどこまでのことが出来るのかはっきりと理解しているため、無茶なことをして炎上に繋がることも少ないです。

そのため、一回オワコンを経験した方は再びオワコンになることは少ないです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 「面白くない」という理由でオワコンになった場合は自分の現実を認めることで前に進める。
  • もし大きく路線変更する場合はチャンネルを作り替えた方が後々良くなる。
  • 一回復活できればオワコンのノウハウがあるため再びオワコンになりにくい。

以上となりました。

もしYouTubeチャンネルが伸び悩んでいる方がいたら、この記事を読んで参考になれば幸いです。

合わせてチャンネル登録者数が伸びない事に対する記事を読む事をオススメします。

2021年チャンネル登録者が増えない特徴5選!YouTube投稿者が解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました