【解説】YouTubeからA copyright owner using Content ID~のメールが届いた時の対処法

A copyright owner using Content ID~のメールが届いた時の対処法YouTube

YouTubeからメールで「[Copyright claim] Your video has been blocked in some countries:~」と届き下画像の本文がありました。

A copyright owner using Content ID has claimed some material in your video. As a result, your video has been blocked in some countries. This means that your video is still up on YouTube, but people in some countries may not be able to watch it.

本文には「A copyright owner using Content ID has claimed some material in your video. As a result, your video has been blocked in some countries. This means that your video is still up on YouTube, but people in some countries may not be able to watch it.~」と書かれていました。

調べてみるとSNS上では上のメールが来て悩んでいる人がいましたが、ネット上に対処法の記事が無かったので備忘録も兼ねて記事にしておきます。

記事製作者cHask

*ブログのアイキャッチ(サムネ)にはCanvaを用いています。

スポンサーリンク

A copyright owner using Content ID~とは何なのか?

いきなりYouTube運営から長文の英文字メールが届くと不安になりますが、まずは落ち着いて翻訳してみましょう。

メールの見出しにある「[Copyright claim] Your video has been blocked in some countries:~」は「【著作権の主張】あなたの動画は一部の国でブロックされています」という意味です。

次にメール本文の冒頭を日本語に翻訳すると以下の様になります。

A copyright owner using Content ID has claimed some material in your video.
(Count IOを使用する著作権者があなたの動画の一部素材を主張しています。)

As a result, your video has been blocked in some countries.
(その結果、あなたの動画は一部の国でブロックされました。)

This means that your video is still up on YouTube, but people in some countries may not be able to watch it.
(これはYouTube上にあなたの動画があったとしても、一部の国の人々は視聴することが出来ないかもしれません。)

This is not a copyright strike.
(これは著作権侵害ではありません。)

This claim does not affect your account status.
(この主張はあなたのアカウントステータスに影響を与えません。)

つまり、私に届いたメールでは「一部の国で動画がブロックされるけど、著作権侵害では無いからペナルティは無い」ということです。

ペナルティが無いのはCount IDのシステムがあるおかげですね。
(Count IDについてはこちらで解説しています)

しかし、メールの見出しが同じでも本文の内容は人によって異なっているようです。

おそらく多くの投稿者にとって一番重要ななのはチャンネルに与えるステータスやペナルティの有無だと思うので、「your account status(あなたのアカウントステータス)」という単語に対して何が起きているのか各自確認する必要があります。

もし英語が原因でアカウントのステータスの状態が分からない場合、pc表示でYouTubeにログイン&YouTubeStudioの「チャンネルのダッシュボード」に「需要なお知らせ」が表示されているのでそちらから確認できます。(下画像の様に表示される)

YouTubeのダッシュボードの重要なお知らせ

実際に上画像にある「オプションを表示」をクリックすると下画像が開かれ、チャンネルステータスへの影響や収益化の有無などを確認できます。

YouTube一部の国でブロックされる

私の場合は動画で使用したbgmが著作権者に主張されて一部の国でブロックされていますが、日本では表示されているみたいですね。

日本で表示されているので問題はありませんが、収益化をしたい場合は「操作」でbgmを無音化あるいはカットすることで収益化出来るようになります。(詳しいやり方は後述する記事へ)

ちなみに使用していたbgmはアニメ・銀魂に流れる「糖分取らねぇとなー」というbgmだったのですが、動画を投稿してから2年以上経ったタイミングで著作権の主張が来るとは思いませんでした(笑)

動画を投稿した当時、Count IDのシステムに引っかからないのはおかしいと思っていましたが、当時はまだCount IDに登録されていなかったという事なのでしょうか?

真相は不明ですが、動画投稿後にも著作権の主張が来ることは覚えておかなければなりませんね。

Count IDに引っかかって収益化オフになったり、一部の国でブロックされたりした場合の解決方法は下の記事で紹介しているので参考にしてください。
【参考記事】著作権に引っかかった動画を編集して収益化・ブロック解除する方法

スポンサーリンク

動画やサムネイルが削除されたメールの場合

上のメールでは著作権に引っかかっりましたが、動画は削除されず、ペナルティも発生していませんでした。

しかし、動画やサムネイルが削除された場合は以下のようなメールが届きます。(画像は知人に借りてます)

YouTubeサムネが削除された時

英字ばかりですが、先ほどの動画が削除されていないメールとは文章の構成が大きく異なっているので英語がよく分からない人でも明らかに違うことが分かります。

サムネイルが削除された時の対処方法や確認すべき事は下の記事にまとめられているので参考にしてみてください。
【参考記事】YouTubeのサムネが削除された!対処法を解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました