【実践してみた】動画を削除・非公開にすると総再生時間&再生回数は減る!?動画投稿者が解説

YouTube

この記事は以下の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • YouTubeの動画を削除したいけど、総再生時間が減るか心配
  • 動画を削除するとYouTubeチャンネルの総再生回数は減るの?
  • チャンネル収益化条件には削除した動画の分もカウントされるか知りたい!

この記事では実際に私が新チャンネルを立ち上げて動画を数十本投稿→動画を全削除した結果を元に総再生時間や総再生回数の変化、収益化に与える影響を解説していきます。

記事製作者cHask

*ブログのアイキャッチ(サムネ)にはCanvaを用いています。

スポンサーリンク

動画を削除すると総再生時間や総再生回数、収益化に影響はある?

【関連記事】総再生時間を自分で増やしてもいい?

動画を削除すると総再生時間は減る?

YouTubeで収益化する為に必要となる総再生時間ですが、動画を削除すると再生されていた分の総再生時間は減るのでしょうか?

答えは総再生時間は動画を削除した分、減ります。

実際に私が動画を削除する前のチャンネル総再生時間は下画像の様になっています。

YouTubeの再生時間表示

この段階では

  • 動画本数は30本ほど(ほぼショート動画)
  • 5本ほど再生回数が2000回を超えていた
  • 登録者数は33人
  • 総再生時間は1時間

でしたが、動画を全て削除すると下画像の様に総再生時間が0時間になりました。
*登録者が増えてますが、削除するまでの期間中に増えただけです。

動画削除後の層再生時間

したがってYouTubeの仕様上、動画を削除すると削除した動画の再生時間分、チャンネルの総再生時間が減ってしまいます。

これはYouTubeチャンネルを収益化する時の条件である「総再生時間4000時間以上」にも関わってくるため、動画の削除は収益化に大きな影響を与える事があります。

限定公開や非公開なら総再生時間が減らない?

動画を削除すると総再生時間が減ってしまうのであれば、限定公開や非公開にしようと考える人は少なくありません。

しかし、結論から言うと、限定公開や非公開動画の再生時間もチャンネルの総再生時間から引かれます。

そのため、YouTubeの収益化申請は公開されている動画の総再生時間が4000時間を超えなければなりません。

一応、非公開や限定公開であれば収益化申請を送る時のみ公開に戻す事が出来るため動画を削除してしまうよりは収益化しやすいかもしれません。

動画を削除すると総再生回数は減る?

動画を削除したり、公開以外の設定にしたりすると総再生時間が減りました。

では、動画を削除する事で総再生時間は減るのでしょうか?

答えは「減ります」

実際に私が動画を全削除してみた時の総再生回数が下画像になります。

総再生回数

動画を全削除したのに121回分の再生回数がありますが、この再生回数は新規で投稿した分の再生回数なので動画を削除した分の再生回数は総再生回数から引かれています。

総再生回数は非公開や限定公開にした場合も同様に引かれてしまいます。

したがって、動画を削除したり、公開以外の設定にしたりすると総再生時間&総再生回数共に減ってしまいます。

スポンサーリンク

【例】こういう時は迷わず動画を削除した方が良い

総再生時間や総再生回数が減ると分かったら、動画の削除をためらってしまいますが、迷わず削除した方がいい場合もあるので例を紹介します。

YouTubeのCount IDをすり抜けている著作物が含まれる動画

よくテレビやアニメの無断転載で動画の映像を加工したり、二画面同時に映したりして本来著作権に引っかかるべき動画が著作権をすり抜けている場合があります。

しかし、著作権を侵害している事実に変わりはありません。

その為、Count IDをすり抜けて著作権を利用している動画はYouTube運営によっていずれ削除されます。(Count IDが何か分からない方はこちらを参照してください)

ただ削除されるだけであれば何も問題ありませんが、著作権を侵害した動画であるためチャンネルはペナルティを受けてしまいます。

ペナルティを受けると最悪の場合、アカウントがBANされるのでCount IDをすり抜けている動画は削除しておいた方が良いです。(ペナルティについてはこちらを参照)

*限定公開や非公開の動画でもYouTube運営は監視しているため、強制削除→ペルティを受ける事があります。

一方、Count IDに引っかかっている動画は収益化出来なかったり、収益を折半する必要があったりしますが、YouTubeの規約に従った利用方法であるためペナルティを受ける心配はありません。

炎上や差別表現に繋がる動画

炎上や差別表現に繋がる動画もチャンネルが伸びる前に削除しておく事がオススメです。

収益化が通るまで炎上しそうな動画を残すチャンネルもありますが、収益化条件を達成しそうなチャンネルは既に登録者数が1000人近くいるため炎上しそうな動画や差別表現のある動画は既に視聴者によって保存されている危険性があります。

1人にでも保存されると、どれだけでも拡散されるため有名になる前に炎上に繋がりそうな動画は削除しておくべきです。

また、YouTubeの収益化は条件を満たせば誰でも収益化出来る訳ではありません、

収益化審査では人の目による判断もあるため炎上や差別表現が多いチャンネルは収益化の返事が1年以上返ってこない事もあります。

実際に収益化の返事が一向に返ってこない事例を紹介した記事は下にあるので気になる方は読んでみてください。
【参考記事】収益化申請が通らない!動画投稿者はt注意

コメント

タイトルとURLをコピーしました