【クロマキーでOK】どんな動画編集ソフトでも簡単にカットイン編集する方法

どんな動画編集ソフトでも簡単にカットイン編集YouTube

この記事ではクロマキー合成だけで出来るかットイン編集の方法について解説します。

記事製作者cHask

ブログのアイキャッチ(サムネ)にはCanvaを用いています。

スポンサーリンク

クロマキー合成だけでカットイン編集する方法

この記事では動画編集ソフトにゆっくりムービーメーカー4を用いますが、クロマキー合成がある動画編集ソフトであれば同様な編集をすることが可能です。

もしスマホアプリでクロマキー合成出来るアプリを探している場合は下の記事がオススメです。
【参考記事】【無料ロゴ無し】動画編集アプリ「CapCut」が神!

カットインしたい素材を用意する

まずは使いたいカットインをニコニコモンズなどの素材配布サイトでダウンロードします。

この記事では以下の素材を用いてカットイン編集を行います。

PS5風カットインP5風カットイン – ニコニ・コモンズ (nicovideo.jp)

また、今回カットインしたい素材は下の画像とします。(上素材の青い部分に表示したい画像が下の謝罪画像)

カットインしたい素材

カットインの編集を行う

では、実際にカットイン編集を行っていきます。手順は下の通りです。

  1. カットイン作成用の新規プロジェクトを作成。(カットインのみを一回出力する必要があるので必ず新規ファイルで編集してください。)
  2. レイヤー0にカットインしたい画像の背景、レイヤー1にカットインしたい画像(今回は謝罪画像)、レイヤー2にカットイン用素材(今回はPS5風カットイン)を配置します。
    カットイン編集画面この状態では、カットイン素材によってレイヤー0と1の画像が隠れています。
  3. カットイン用素材の青い部分をクロマキーで透明にします。
    YMM4の場合は素材を選択してから、「エフェクト」の「クロマキー」から選択し、プレビュー画面にある青い色をスポイトマークで指定します。
    実際にクロマキー合成した画像上画像ののように下にあるレイヤー画像が見えるようになるので、大きさや角度を調整してください。
  4. 調整が終わった後、動画を出力します。(動画として編集で用いれる拡張子であれば何でも大丈夫です)
  5. カットイン編集を加えたい編集ファイルを開く。
  6. 手順4で出力した動画を編集画面にドラッグ&ドロップ。
    動画編集画面にカットイン動画をドロップ
  7. 手順4で出力したカットイン動画の緑の部分をクロマキーで透明にする。
    クロマキーで緑を透明にする
  8. 後はタイミングや大きさ、効果音を追加して終了です。
    実際のカットインは下動画のようになります。
YMM4でカットイン編集する方法
スポンサーリンク

まとめ

カットイン編集は手間がかかりますが、一応クロマキー機能だけでも行うことが出来ました。

一本の動画に何回も多用するわけでない場合は十分対応出来ると思います。

もし何種類もカットインを使いたい場合はAviUtlや高機能動画編集ソフトを利用した方が良いかもしれません。
【参考記事】Windows動画編集ソフト初心者にオススメはどれ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました