本サイトではASP広告を利用しています

YouTubeのインプレッション数を復活させる方法6選!ブラウジング機能や広告も解説

YouTubeの悩み
この記事がオススメな人
  • YouTubeのインプレッションが減った
  • インプレッション数を復活させたい
  • ブラウジング機能が復活する方法は?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事では実際にYouTubeのインプレッション数を復活させた経験の私が「YouTubeでインプレッション数を復活させる方法」を具体的に解説していきます。

たった1つの動画だけでも下画像のようにインプレッション数を増やせるので、インプレッション数を復活させたい場合は参考にしてください。

cHasLogストアのコンサル依頼では各チャンネルに合わせた悩み相談で個別で受けているので、具体的な復活戦略を一緒に考えて欲しい場合は利用してください。

スポンサーリンク

YouTubeのインプレッション数を復活させる方法6選

YouTubeのインプレッション数を復活させる方法には下記があるため、詳しい内容を解説していきます。

  • 他のチャンネルとコラボする
  • 昔の動画を利用した企画を行う
  • しばらく休止し、クオリティの高い動画で復活する
  • YouTube広告を出す
  • 動画の視聴者維持率を見直す
  • 外部インプレッションを獲得する

方法1:他のチャンネルとコラボする

自身のYouTubeチャンネルでインプレッション数が落ちてきた場合、他のYouTubeチャンネルとコラボすることでインプレッション数を底上げできる可能性があります。

現在のYouTubeは動画の内容をある程度認識し、動画内容の関連性を正確に計測できるため、インプレッション数が上昇しているチャンネルとコラボすれば自身のチャンネルでもインプレッション数が上がりやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

インプレッションが上がっているチャンネルの関連動画へ表示されやすくなるからね

ただし、コラボでインプレッション数を上げる場合はお互いのチャンネルで関連性が必要であり、コラボ先のファンが自身のチャンネルへ興味を持たなければクリック率が下がってしまいます。

クリック率が下がってしまうとインプレッション数が伸び悩んでしまい、最終的にはコラボによってさらにチャンネルのインプレッション数が下がってしまう悪循環が発生するケースもあります。

そのため、コラボでインプレッション数の復活を考えている場合はコラボ先のファンが自身のYouTubeチャンネルへ興味を持つかどうかが非常に大切です。

cHasLogストアのコンサル依頼ではYouTubeチャンネルの運営相談を受け付けているので、どんなYouTuberとコラボすればよいか悩んでいる時はぜひ活用してください。

方法2:昔の動画を利用した企画を行う

以前に投稿した動画や企画を利用した企画であれば、その企画を見た視聴者が昔の動画をさらに再生してくれる可能性が高いのでインプレッション数を稼ぎやすいです。

というのも、YouTubeの視聴者が見ている動画の90%以上は基本的に「ブラウジング機能」か「関連動画」だけなので、昔の動画を見ていない視聴者や認識すらしていない視聴者が一定数いるからです。

コラボやYouTube広告よりもインプレッション数が増える割合は小さいものの、定期的に昔の企画や動画を使ったコンテンツを投稿していけば着実にインプレッション数を稼げます。

  • 「今年の動画」→「去年の動画」→「一昨年の動画」
    >>>新規視聴者を過去の動画へ流していく
ちゃすく
ちゃすく

「昔、こんなのやったね~」と話すだけでも効果は期待できます

コラボのようにクリック率の減少があまり無いため、低リスクで少しずつインプレッション数を復活させたい場合はオススメの方法です。

方法3:休止→クオリティの高い動画で復活

どんなに魅力的なYouTuberであってもほぼ毎日見ていれば視聴者は飽きてしまうので、インプレッション数が伸びにくくなる原因になりかねません。

そのような時は一度動画投稿の休止を宣言し、2週間以上の間隔をあけてからクオリティの高い動画で復活する方法がオススメです。

実際に私は1年以上放置していたチャンネルへ動画を投稿したことがあり、投稿してからしばらくするとチャンネルのインプレッションが復活してきました。

テキトーな動画で復活してもインプレッション数は回復しませんが、視聴者が満足できる動画であれば「休止からの復活」と「視聴者維持率の高さ」が相まってインプレッションも復活しやすいです。

2月や4月は広告単価が下がりやすい時期なので、その時期に動画投稿を休止して広告単価が高くなった時期で動画投稿を復活すると効果的です。

方法4:YouTube広告を出す

YouTubeのインプレッションを復活させるのに資金を使っても良い場合はYouTube広告を出す方法もオススメです。

引用元:https://www.youtube.com/intl/ALL_jp

時期にもよりますが、YouTube広告であれば1000インプレッションを200~500円ほどで購入できるので資金力さえあれば簡単にインプレッションが復活します。

しかも、動画を表示するユーザーの特徴を設定できるため、自身のチャンネルに合った視聴者を獲得することも可能です。

YouTube広告を初めて出す場合は不安も多いと思いますが、ココナラにはYouTube広告の代行もあるので初めてでよく分からない場合は参考にしてください。

方法5:動画の視聴者維持率を見直す

動画の視聴者維持率が以前よりも下がっている場合、動画の構成や台本を見直して視聴者維持率の向上を目指す対処法もオススメです。

視聴者維持率(平均再生率)とは、視聴者が動画をどれだけ再生していたのかを表す数値です。

YouTubeのシステムでは視聴者維持率を下画像の様に毎秒測定しており、シーンや再生時間によって同一動画内でも視聴者維持率へ差がでます。

基本的に「視聴者維持率」と言えば上画像のグラフデータ部分ですが、話の内容によっては「平均再生率」を表していることも珍しくありません。

また、YouTubeでは「視聴者維持率が高い=視聴者を魅了する内容=バズるべき動画」と判断しており、ブラウジング機能や関連動画で表示されやすくなります。

ちゃすく
ちゃすく

ブラウジング機能が何か分からない場合は下の記事へ

YouTubeのシステムは視聴者維持率が高い動画をブラウジング機能でオススメ表示してくれるため、視聴者維持率を伸ばせればインプレッションも復活しやすいです。

動画の視聴者維持率を上げる一般的な方法には下記などがあるため、視聴者維持率の改善を考えている場合は参考にしてください。

  • 動画の無駄部分を徹底的にカットする
  • 視聴者へ新鮮味を与える
    →普段とは違う企画や動画編集をする
  • 動画の中盤で盛り上がるシーンを入れる

cHasLogストアの「コンサル依頼」では私が各チャンネルに合わせたアドバイスや悩み相談をしているので、視聴者維持率の具体的な改善方法を相談したい場合は活用してください。

方法6:外部インプレッションを獲得する

YouTubeのインプレッションを復活させる場合、サムネのクリック率を同時に上げなければ最終的にはインプレッション数が伸び悩みやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

外部インプレッションは下動画のようなYouTube外での埋め込みやリンクのことです

しかし、外部インプレッションであればクリック率が計測されないので、インプレッションを過剰に増やしてもクリック率の減少を起こしにくいです。

実際に私のチャンネルは当ブログから外部インプレッションを得ているのでインプレッションが安定しつつ、クリック率が減少しにくい状況が続いています。

私はブログをConoHa WINGで作っており、プログラミングやWEBの知識が無くても手軽にブログを始められるので、外部インプレッションを自力で獲得したい場合はオススメです。

YouTubeのインプレッション数が減少する理由

YouTubeのインプレッション数が減少してしまう理由には下記があり、複数の要因が複雑に影響しているケースもあります。

  • 他チャンネルとの関連性が薄い
  • 動画の視聴者維持率が低い
  • チャンネルのリピーターが少ない
  • 外部インプレッションが少ない
  • サムネのクリック率が低い

上記の詳しい内容については下の「YouTubeのアルゴリズムに嫌われる原因は?」で詳しく解説しているので、インプレッションの減少が気になった場合は確認してください。

タイトルとURLをコピーしました