【改善すれば絶対伸びる】ゲーム実況がつまらないVtuberに共通する理由4選!

ゲーム実況がつまらないVtuberに共通する理由4選!Vtuber

この記事は以下の悩みや要望を持つ人にオススメです。

  • Vtuberでゲーム実況してるけど全然伸びない
  • 自分のゲーム実況がつまらない
  • 何で他のVtuberがゲーム実況で伸びてるか分からない

Vtuberと言えば「ゲーム実況・雑談配信・歌ってみた」が基本となっていますが、実はゲーム実況がつまらない事でで悩んでいるVtuberは非常に多いです。

そこで、この記事では底辺Vtuberのゲーム実況に共通するつまらない理由を解説します。

記事製作者cHask 

*ブログのアイキャッチ(サムネ)はCanvaで制作しています。

スポンサーリンク

Vtuberのゲーム実況がつまらない理由4選

この記事では「ゲーム実況がつまらない=実況動画・配信の再生回数が少ない」という意味で用いています。そのため、Vtuber全体のゲーム実況がつまらないと批判する記事ではありません。人気Vtuberのゲーム実況がつまらないと批判する意図はありません。

ゲームのプレイスキルが無い

Vtuberのゲーム実況がつまらない1番の理由はゲームが下手だからです。
【参考記事】ゲームが下手な人は実況をしたらダメ?

実は「ゲーム実況」というジャンルほど多くの動画投稿者が参入しているジャンルは他にありません。

ゲーム実況に多くの人が参入しているため、年々ゲーム実況に求められるプレイングは高くなっています。

その結果、視聴者目線だと「ゲーム実況はプレイングが上手い事は当たり前。さらに面白そうだったら再生する。」であり、強さの上に面白さが成り立っています。(死にゲーなどの例外は有り)

実際に近年伸びているゲーム実況者の多くには以下の特徴があります。

  • 公式・非公式大会で実力を示した事がある
  • 投稿する動画はエンタメ系実況では無く、強くなるための解説系実況
  • 有名実況者を姫プレイする為にスカウトされた経験がある
  • キルシーンや読みを通したハイライトをメインに動画投稿している

どの特徴も共通しているのはゲームが上手い事であり、ゲームが下手な人は絶対に真似する事が出来ません。

Vtuberでゲーム実況をしているとVtuberだけをライバルと思いがちですが、実際には同じゲームをしているゲーム実況者全員がライバルです。

そのため、ゲームが下手だと他のゲーム実況者の陰に隠れてしまい、全然再生回数が伸びません。(というか、再生回数を稼げる動画を作れない)

したがって、ゲーム実況がつまらない事から脱却する1番の方法はゲームが上手くなる事です。

もし上手くなる事が無理だと思った場合は某Vtuberみたいに上手い人を雇う事も一つの手段です。

ココナラBASEで動画を提供している人は多いので、どうしても特定のゲームで伸びたい場合は利用してみるのもオススメです。

つまらないのはゲームでは無くVtuber本人

残酷な話ですが、ゲーム実況がつまらないのでは無く実況するVtuberがつまらない事も理由として考えられます。

Vtuber界隈は顔出しが無いせいか、(いい意味で)頭のおかしい人がたくさんいます。

そのような頭のおかしいVtuberの実況はプレイスキル関係無く面白いと思う事が多いです。
【参考記事】人気Vtuberに共通する特徴10選!

実は、人が頭のおかしい人の実況を面白いと思うのには科学的な理由があります。

頭のおかしい人の話には普段得られない知識や経験があるため、私たちは快楽物質であるドーパミンを発生しやすいです。

ドーパミン系は、予期せぬものを見出したり、新しいものを期待したりすることで活性化される

ワシントン州立大学の神経科学者ヤーク・パンクセップ

一度ドーパミンが発生すると、脳は再びドーパミンを発生させる為に動画を再び見るように信号を送るため、頭のおかしいVtuberの実況には多くのリピーターが付きます。(スマホやS○X中毒の原因とほぼ同じ)

逆に言えば、ただ平凡に生きてきただけの人間の話を聞いてもつまらない為、私たちは快楽物質を発生する事は無く、もう一度見る気にはなりません。

この原理だと人気になる為には頭のおかしいVtuberになる必要がありますが、実はもう少し手頃な方法があります。

それは自分の存在が珍しい界隈を狙う事です。

例えば以下の方法があります。(既に取り組んでいる方がいます)

  • 女性向けゲームを男性がプレイする
  • まだVtuberが進出してない地域を狙う(今はアジア圏を狙う人多し)
  • Vtuberに疎い高年齢層向けゲームをする(将棋、麻雀、チェス、ポーカー)

自分の存在が珍しい界隈に行けば、存在しているだけで未知の存在であるため視聴者のドーパミンを発生させやすいです。

ただし、新規の界隈に訪れた場合は認知されるまで時間がかかる事も珍しくないので、ある程度継続的に動画投稿する必要があります。

Vtuberとか関係無く動画のクオリティが低い

つまらないVtuberのゲーム実況動画は単純にクオリティが低い事もよくある理由です。

明らかにクオリティが低い動画には以下の特徴があります。

  • 字幕やテロップが一切無い
  • カットが少ない、動画が間延びしてる
  • bgmや効果音が小さすぎor大きすぎ
  • 声が小さい・何言ってるか聞き取りづらい
  • サムネがテンプレート過ぎてありきたり
  • タイトルに魅力が無い(○○をプレイ!part△△など)
  • 一部の人しか分からないボケがある
  • だんだんテンションが下がっている
  • ゲームしていて楽しくなさそう
  • 動画や実況にテーマが無い(〇〇を攻略したい!など)
  • 画面のVtuberがあんまり動いて無い
  • 立ち絵がゲーム映像の邪魔になっている
  • リアクションばかりで実況の中身が無い
  • 解説や補足を後付けしていない
  • 終了画面やカードの設定をサボってる
  • 前パートや次パートがあるのに説明欄や再生リストでまとめてない
  • どっかで見たことある企画
  • 視聴者に有益な情報が一切入っていない

多くの人気実況者orVtuberの動画は上の特徴を半分以上は解決しています。

ほとんどの特徴は才能や経験に関係無く解決できる為、動画制作にかけれる時間に合わせて出来ることから取り組むことがオススメです。

また、クオリティを上げれない理由が高機能動画編集ソフトを持っていない場合はこちら、十分なスペックの編集用pcがない場合はこちらを参考にしてください。

興味ないゲーム実況なのに登録する視聴者

最後の理由はYouTubeのシステムが大きく関係しています。

YouTube動画の再生回数はほぼインプレッション数(動画の表示回数)で決まります。
【参考記事】YouTubeに動画をオススメ表示される理由

インプレッション数を決める要因の一つに動画のクリック率がありますが、動画をアップするとチャンネル登録者に優先的に表示される為、まずはチャンネル登録者のクリック率が大切になります。

チャンネルを登録者数0の時から同じジャンルで運営していれば何も問題はありません。

しかし、Vtuberの場合はチャンネル活動前にTwitterなどで告知して登録者を増やしたり、何のゲームをするか伝えてない自己紹介動画だけで登録者が増える事は珍しくありません。

一見、何もしてないのに登録者が増えて得している様に見えますが、登録した人が実況するゲームに興味があるとは限りません。

おそらく、登録した人のほとんどは善意で何となく登録しただけなので「どんな動画でも絶対見る!」という気持ちはありません。

そのため、登録者は興味が無い動画は絶対見ないため、クリック率が低くなる特徴があります。

YouTubeのシステム上、クリック率が低い動画は関連やホームに表示されにくいため動画内容が良くても中々伸びません。
【参考記事】インプレッション数が減った理由

このシステムは非常に厄介であり、似た事例として「突然路線変更したYouTuberのオワコン化」や「初投稿だけ再生回数のある有名人YouTuber」があげられます。

路線変更先が今までの視聴者と異なる視聴者がターゲットであればクリック率が低下するため伸びませんし、見る気が無いのに登録した視聴者がいるチャンネルの動画も同様の理由で伸びにくいです。

私も路線変更してオワコンになった事がありますが、何の告知もなく新チャンネルで同じ動画をそのまま投稿すると伸びて収益化出来ました。(4ヶ月かかったけど)

そのため、最初に意味も無く登録する視聴者がいたVtuberのゲーム実況は動画自体のつまらなさに関係無く伸びなくなっている可能性があります。

当てはまる場合は他の理由よりも最優先で解決する事がオススメです。

解決方法は主に以下の3つです。

  • 告知無し自己紹介無しで新チャンネルを運営する
  • 再生しない登録者に登録解除をお願いする
  • ひたすら動画を出して自然と解除されるのを待つ

上の解決法は下にいけばいくほど時間と労力がかかる為、自分の運営スタイルに合わせて考えてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

つまらないゲーム実況をするVtuberに共通する理由は以下の4つです。

  1. ゲームのプレイスキルが無い
  2. つまらないのはゲームでは無くVtuber本人
  3. Vtuberとか関係無く動画のクオリティが低い
  4. 興味ないゲーム実況なのに登録する視聴者

元々、Vtuberとゲーム実況はライバルが非常に多いジャンルであるため、他の劣化ゲーム系Vtuberになりやすいので常に差別化点を考える事が大切です。

また、下の記事ではVtuberもよく使うボイチェンソフトを紹介しているので合わせて読むとオススメです。
ゲーム実況・Vtuber向きボイスチェンソフト6選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました